mieki256's diary



2019/03/05(火) [n年前の日記]

#1 [proce55ing][processing] Processing 3.5.3をインストール

気づいたら Processing (proce55ing) 3.5.3 が公開されていたので、Windows10 x64 上に 64bit版をインストール。今までは 3.3.6 をインストールしてた。

以前書いたソースを読み込もうとしたら文字化けしてしまって悩んだり。設定を変更して、日本語に対応したフォントを選ばないといけないのだろうけど、フォント選択欄がグレーアウトしたまま。何故。

何度か再起動してたら日本語フォントを選べるようになったけど、何でこうなるのだろうな…。

2018/03/05(月) [n年前の日記]

#1 [dxruby] EDGE2からエクスポートしたアニメデータをDXOpalで描画

EDGE2からエクスポートしたキャプチャフレームアニメデータのxmlを、JSONに変換して DXRuby/DXOpal で読み込んで描画するサンプルを書いてみたり。

_DXOpal animxml2json

カーソルキーの上下でパターン切り替え。左右で水平反転の切り替え。

素材画像について。 :

今回作成したドット絵画像は以下。License : CC0 / Public Domain ってことで。自由に使ってください。1パターン 96x96ドット。10x12個並べてある状態。

scifistk01_pose.png

各パターンを作成するため使ったパーツ画像は以下。これも 96x96ドット単位で並べてある。何か抜けてるところがありそうだけど…。

scifistk01_parts_only.png

EDGE2のキャプチャフレームアニメxmlファイルと、変換後の JSON は以下。

_scifistk01_anime.xml
_animedata.json

攻撃方向は減らしたほうが良かったかも。 :

画像を作っていて思ったけれど、プレイヤーキャラの攻撃方向は、横のみにしたほうが良かったのかもしれないなと。上下や斜めも攻撃できるようにすると、御覧の通り、膨大なパターン数になってしまう…。

これでもまだ、斜め床には非対応なわけで…。仮に、斜め床も対応させようとすると、上記画像の立ってるパターン数 x 4倍のパターン数を増やさないといけない。 *1 更に、しゃがみ攻撃まで加えた場合は、2倍のパターン数になる。

考えてみたら、例えばストライダー飛竜、悪魔城ドラキュラシリーズ、SHINOBIシリーズなどは、基本的に横方向にしか攻撃できないけれど、それでもプレイしていてちゃんと面白いわけで。攻撃方向に制限があったほうが、攻略方法を工夫することに繋がって、むしろ遊びになる、ような気もしてきた。

とは言え、上下や斜めに攻撃できると、敵が空中で派手に動いても狙い撃てるから、敵の動きの制約が少なくなって、ゲーム画面の見た目を派手にできるところもあるわけで。うーん。

せめて、上半身と下半身を、分けて管理するとか…。それもそれでパズルになりそうだけど。

*1: x:y = 2:1(22.5度)、1:1(45度)の角度の床に対して、右向きと左向きの足の角度をそれぞれ別途用意しないといけないから、4種類(4倍)を追加することになる。

#2 [ruby][dxruby] RubyのOpalで少しハマったかもしれず

DXRuby で動いていたスクリプトを DXOpal で動かしたら謎のエラーが出て悩んでしまった。

どうも、ハッシュのキーを配列で返してくれる、Hash#keys が、Opal では動かない気配がする…。いや、もしかすると、自前で(?)JSON からハッシュに変換した際に妙なことになったのかもしれないけど。

更に加えて、以下の記述もエラーになった。

_Hashのキーを文字列からシンボルに変換する - Qiita
Hash[ h.map{|k,v| [k.to_sym, v] } ]

どうも Opal のハッシュ関係は、未実装な部分があるか、あるいは動作が元々の Ruby と何か違っている状態なのかもしれない…。いや、もしかすると、自前で(?)JSON からハッシュに変換した際に妙なことに以下略。ちょっと自信無し。

何にせよ、素直な書き方をしてる分にはOpal上でも動くけど、どこかRubyらしい変態チックな書き方をし始めると、Opal上では動かなくなる可能性があったりするのかもしれないなと思えてきたりもして。

文字列のキーをシンボルのキーに変換したいのだけど。 :

JSON を読み込んでハッシュにすると、キーが全部、文字列になってしまう。シンボルのキーにしたいのだけど…。

Ruby の _JSONライブラリ を使えるなら、オプションの :symbolize_names に true を指定してやれば変換してくれるのだけど。DXOpal の場合、そういうことはできない予感。おそらく JSONライブラリ自体が使えない状態であろう気もする。

となると、自前で変換しないといけないわけだけど。おそらく今後も何度かそういう処理をすることになるだろうから、文字列やシンボル名を決め打ちにして処理せずに、汎用性がある関数にできれば…。

いや、以下の記事によると、あまり気にしなくてもいいのかな。シンボルのほうが速くなるのだろうと思ったけど、昔ならともかく最近はそうでもないようだし。

_HashキーのStringアクセスとSymbolアクセスのパフォーマンス比較 - Hack Your Design!

少し話はずれるけど。Ruby 2.5 は、ハッシュのキーを文字列からシンボルに変換する機能を標準で持っているらしい。

_Ruby の Hash のキーを Symbol に変更する - Secret Garden(Instrumental)

調べているうちに、ふと思った。一般的なプログラミング言語では、ハッシュのキーを文字列にしてあるのが普通で、シンボルにして扱うなんて特殊だよなと。処理速度的に大きなメリットがあるならともかく、たいして変わらないのであれば、キーは文字列のままでいいんじゃないか…。

ということで、一旦はキーをシンボルに変換する処理を書いていたけど、やっぱり文字列のまま扱うことにしてしまったり。

2017/03/05() [n年前の日記]

#1 [autohotkey] AutoHotkeyスクリプトをexeファイルに変換するやり方をメモ

メモしておかないと忘れそうなのでメモ。いや、メモしても忘れそうだけど…。

AutoHotkey現行版(v1.1.24.05)には ahk2exe.exe (Ahk2Exe.exe) というツールが同梱されているので、ソレを使えば AutoHotkeyスクリプト(.ahk) を .exe に変換できる。

ahk2exe の場所は、AutoHotkeyインストールフォルダ\Compiler\Ahk2Exe.exe。

オプションを何もつけないで実行すると、GUIでウインドウが開く。

ahk2exe_ss.png

スクリーンショットを見れば分かるけど…。 等を指定できる。

オプションをつけて実行することで、CUIでも使える。そのあたりは以下のページで解説されてる。

_ahk2exe (スクリプト コンパイラ) | AutoHotKey
_使用方法 - AutoHotkey Wiki

Unicode 64bit以外のコンパイルにMPRESSを使用すると、作成されたファイルはNortonによってマルウェア (Suspicious.Cloud.5) とみなされることがあります。

ahk2exe (スクリプト コンパイラ) | AutoHotKey より

むう。であれば、下手に圧縮しないほうが良さそうな…。

#2 [autohotkey] AutoHotkeyで右クリックメニュー

AutoHotkeyで表示したウインドウ上で右クリックしたら、右クリックメニューを表示したい。

以下が参考になった。

_[SOLVED] GUIcontextmenu and Menu - Ask for Help - AutoHotkey Community

こんな感じかな…。

_contextmenu_test.ahk
; gui context menu test
; use AutoHotKey v1.1.24.05

#SingleInstance, Force
#InstallMouseHook
CoordMode, Mouse, Screen

appliname=contextmenu_test
wtitle=%appliname%

; set context menu
Menu, ctmenu, Add, %wtitle%, SettingsLable
Menu, ctmenu, Add,
Menu, ctmenu, Add, Settings, SettingsLable
Menu, ctmenu, Add, Exit, EXIT

; GUI settings
; Gui, +Owner +AlwaysOnTop -Resize -SysMenu -MinimizeBox -MaximizeBox -Disabled -Caption -Border -ToolWindow
Gui, +Owner +AlwaysOnTop +Resize
Gui, Color, 336699
Gui, Font, CFFFFFF S24 W700 Q2, Arial
Gui, Add, Text, Vkeytext, ...( RButton : ContextMenu )
Gui, Show, NoActivate, %wtitle%
; GuiControl, , keytext, Alt+Q : Exit
; WinSet, Transparent, 200, %wtitle%

Loop
{
  Sleep, 16
}

EXIT:
GuiClose:
  ExitApp

GuiContextMenu:
  Menu, ctmenu, Show, %A_GuiX%, %A_GuiY%
  Return
  
SettingsLable:
  MsgBox, Settings
  Return
  
~!Q Up::
  ; Alt+Q ... Exit
  Goto, EXIT

contextmenu_test_ss.gif

右クリックメニューが表示された。

補足説明。 :

GuiContextMenu というラベルを書くと、ウインドウ上で右クリックした時にそこに飛んでくるらしい。

メニューは、Menu コマンド?で生成しておくようで。

_Menu - AutoHotkey Wiki

メニュー(カスタムメニュー)への項目追加は以下のような記述になる模様。
Menu, カスタムメニュー名, Add, メニュー項目, その項目が選ばれた時の飛び先のラベル名

メニューの表示は以下。
  Menu, カスタムメニュー名, Show, %A_GuiX%, %A_GuiY%
%A_GuiX% , %A_GuiY% は、イベント発生時のマウスカーソル座標。

#3 [zatta][neta] 放射能を浴びて体が光ると噂の福島県人のソレ

バカ妄想と言うか思考メモというかそんな感じのソレをメモ。

福島県人の自分としてはちょっと気になるニュースを見かけて。

_「放射能浴びているから光る」 福島出身女子学生に差別発言 関西学院大の外国人講師(1/2ページ) - 産経WEST
_「放射能浴びて光るかと」=福島出身学生に差別発言-外国人講師を懲戒処分・関学大:時事ドットコム
_【原潜ジョーク】放射能を浴びると体が光る - Togetterまとめ

あちらはジョークのつもりで言ったのだろうということは容易に想像できるけど、とは言えこれが小中学生〜高校生なら当然ショックを受けるだろうとも思えるわけで。しかし大学生ぐらいなら頭もそれなりに回るようになってるのだから、できれば鮮やかな返しができたら理想的ではあるよなと。でもまあ、ソレって難しいけど。自分が大学生だった頃に上手い返しができたかと言うと「いや、無理。全然無理」なのでアレなんだけど。 *1

とは言え。例えばだけど、「五体不満足」の著者、乙武氏のその手の返しを見てると「この人スゲエな」「敵わねえな」と思うわけで。あのレベルは到底無理だとしても、ちょっとぐらいは近づく努力をしてみたい、てな気分もあったりなかったり。

どうせ今後も福島県人はこの手のブラックジョークを外国人はもちろん他県の日本人からも未来永劫子々孫々言われ続けるのだろうけど、そういう場面でも上手に返して「福島県人、やるな…」と少しは思われてみたい、そんな気もしてくるなと。

が、しかし、どういう返しをすればウケそうなのか、ちょっと思いつかない…。そういう場面では、どういう返しができるんだろう…?

例えばだけど。 :

例えば髪の毛がアレな人だったら、「ああ、体は光りませんけど、ココは光ってますよ?」と言いつつ頭をペチン、とかやって返せそう。それともアレかな。「また髪の話してる…」とつぶやいて「そっちじゃねえよ!」的ツッコミを誰かが入れてくれるのを待つとか。

いや、髪の話にすり替えるのも微妙か。それも放射能絡みになっちゃうか。「俺の髪がこんな状態になったのも東電のせいですよ東電許せませんよ一族皆この頭ですよひいおじいちゃんの代からコレですよ東電マジ許せない」てのはどうか。もちろん「お前ソレ遺伝だろ!」のツッコミ待ちなんですが。

「体は光りませんが瞳は若々しさで常に輝いてます。さりげなくギンギラギンです」てのはどうか。カッコつけすぎか…。ていうか「さりげなくギンギラギン」って言い出すあたり全然若くねえ…。

「そうなんですよ懐中電灯要らずでコレ結構便利、ってねえから! 光らねえから!」と話に乗りつつキレて〆るとか。芸人さんがよくやってますな。

「体は光りませんが俺のビッグマグナムは光るらしいです。コレ使うと相手の方がスパークするともっぱらの噂で」てのはちょっと意味分かりづらいですね何言ってんだこいつ的冷たい視線に晒されそう。

全然関係ないけど本当に股間が光ったらそれはそれで面白いんだけどな。福島県人がズボンとパンツをすっと下ろすと激しい光がカッ!。周囲の人達が「うわああ!」「目が〜目が〜!」とムスカ状態ってソレ一体どんな光景やねん。「福島県人には気をつけろ。やつらはバルスを持ってる…」って無いから。残念ながらこれっぽっちも光らないので。何? そんなもん見たら違う意味で目が潰れる? 貴方酷いことを仰る。

などと他県人からアレコレ言われることを想定して上手い返しができないものかと繰り返しシミュレーションしているうちにそれらの返しが蓄積かつ洗練されて結果「原発漫才」「フクイチ漫才」と呼ばれる新ジャンルが福島県人の中から誕生してしまうのです。「逆境を笑いに転化して乗り越えていく福島県人のタフさを如実に感じさせる文化である」とWikipediaあたりに書かれちゃったりしてってないか。その展開は無理があるか。全然タフじゃないし。既にかなりグロッキー状態だし。

アメコミヒーローみたいに放射能を浴びて特殊能力が身に付いたならまだしも何もないですからね…。目からビーム出せるようになるとか特典ぐらいつけろよと。いや実際ビーム出たら困るけど。これじゃ被曝損ですよ…。せめて何か捻って少しは美味しい状況に持っていけないか。難しいか。難しいな。かなり難しい…。

体が光る設定と言えば。 :

銀河鉄道999に、そういう設定の回があったような…。ゲストの美少女キャラがそのことで コンプレックスを抱えていて部屋の隅で小さくなって「見ないでください…見ないでください…」と口走るんだけど、見てしまった鉄郎が思わず 「綺麗だ…」ってつぶやくんですよね…。

「もし、お前の体が光ったとしても、俺が鉄郎のように 『綺麗だ』って言ってやるよ」とか言いながら口説けるぐらいの男になってみせろ! てのは無理か。そもそも福島県人は光りませんので。

考えてみたら銀河鉄道999のソレで出てくる光は、夢とか希望とかその手のメタファー、だった気がしてきたり。

「福島県人の体は光らない。でも、心の中には○○と言う名の光がある」ぐらいのことを言えるようになりたいなあ。や、その○○がさっぱり思いつかないんですけど。 コシヒカリとかどうか。なんでや。意味分からん。コメントに困りますな。米だけに。

元ネタは何だろう。 :

真面目な話、「放射線を浴びて体が光る」という与太話の元ネタが _ロシア(ソ連)の原潜絡みのジョーク らしい、というのは分かったけど、そのジョークの元ネタが分からないなと。ちょっとググった程度では出てこなくて。まあ、検索キーワードが悪いのだろうけど…。

仮に、「放射線を浴びた物質が光る」という現象が存在するなら、「人体が光るほどの放射線を浴びるとなると○○シーベルトを浴びなければならないがその○○分の一の○○シーベルトを浴びた時点で人間は即死する。故に、放射能で光るようになった人間が目の前に居たとしたらその人は生まれた時から地球人ではなかった可能性が極めて高いので放射能がどうこう言ってる場合じゃないですぞ?」みたいな似非理系っぽい返しもひょっとするとアリなんじゃないかと妄想したのですが。そもそも「放射線を浴びた物質が光る」という現象が実在しなかったらそんな返しもできないし、同時に、「そのジョークって一体どこから連想したの?」「どうして光ると貴方達は思ってしまったの?」という謎が浮かんでくるわけですよ。

まあ、専門家さんや、あるいはSF作家さん、SF考証をやってる方なら、「ああ、あのネタの元ネタはねえ…」と解説できるのかもしれませんが…。

まさか、映画「ゴジラ」からの連想だったりしないだろうな…。となると、日本人は「アレはロシアのジョークが元ネタだから」とか言ってロシア人のせいにしてたけど、実は元凶は日本人じゃねえか! って話になってきそうで嫌な感じだなと。日本人は一体どんだけ罪を重ねれば気が済むのか。なんと恥ずべき民族であらうか。

でもまあ、その場合、「そもそも生物だったはずのゴジラを、どうして光らせようと思いついたんだろう?」「ゴジラは何故光るのか? 元ネタは何なのか? どうしてそんな発想に至ったのか?」という話に繋がっていきそうですけど。当時劇場で見ていた人達は「なんで生き物が光るんだ?」と疑問を持たなかったのだろうか。持たなかったとしたらそれは何故か。まあ、蛍なんかも光るけど、蛍とゴジラはデザイン的にも飛躍し過ぎてないか、とも。

やっぱり _このあたり とか _このあたり からの連想なのかな…。しかし、電球も、蛍光灯も、LEDだって光るよな…。「TVばかり見てると液晶TVの電磁波で体が光るようになるよ!」とか言われてもおかしくなさそうだけど、そういうことはあまり言われないのは何故だろう。

どうも世の中、「これは体に移らない」「これは体に移るかもしれない」的な境界線が非科学的に引かれている可能性が。どこにその境界線があるのか分からんけど、何か奇妙な心理というか、判断基準が日本人の中にありそうな気がする。いや、日本人に限った話じゃないか。外国でもその手のジョークが存在するわけだし。

まあ、個人的には、件のジョークの元ネタが気になるなと思った次第です。謎だ。どうして我々人類は、「放射能を浴びると光る」と思ったんだろう…。

*1: そもそもロシアのジョークなんて無知だったから知らないし。双方に知識が無いとジョークは通じないという問題が。

2016/03/05() [n年前の日記]

#1 [web] Markdownを表示できるWikiシステムって無いのかな

Markdown や GFM に対応したWikiシステムって無いのかな、と思って少しググってみたのだけど、これが見つからず。

一応 MDwiki というWikiはあるらしいけど、ブラウザ側のJavaScriptでMarkdownからHTMLを生成するから、検索サービスにクロールしてもらえないのだとか。それはちょっと…。

どうしてWikiシステムでは、ここまで Markdown が無視されてるのだろうと不思議に思ったけれど。考えてみれば、Wikiシステムが流行ったのは結構前の時期だし。その頃の Wiki は、それぞれ独自のWiki記法が当たり前で。その後ブームが去ってしまった頃に Markdown が普及し始めたから、Markdown非対応のWikiしか残ってないのは当然かもしれないなと。

それに今は、Wikiにしろ掲示板にしろ、Web上に公開されてるものはSPAM書き込みで実用にならない状態に追い込まれていくし。例えば、GIMPの有用なプラグイン・スクリプトが集まってた _GIMP Plugin Registry も、有効なSPAM対策ができなくて凍結されてしまったわけで。

こうなってくると、おそらくWikiの使える場所は、せいぜい社内Wikiぐらいなものだろうと。そりゃ新規に開発される機会も少なくなるよなと。

今時は _Static Site Generator (静的サイトジェネレーター) が主流っぽいので、そちらを探したほうがいいのかもしれないか…。

#2 [web] Hikiって今はどうなってるんだろう

DXRuby開発版を入手しようとしたら、配布ページを兼ねてる DXRuby Wiki が 500 (Internal Server Error)で。ウチの環境だけがそうなるのかなと不安に思って掲示板で質問してみたところ、DXRuby作者様から「DXRuby Wikiは死んでるのが正しい」と返事が頂けて一安心(?)したのですが。

DXRuby Wiki は、 _Hiki という、Rubyで実装されたWikiシステムで提供されていたっぽいのだけど。この Hiki とやら、どうも動作が…。と言うのも、ウチの自宅サーバ(Ruby 1.8.7、Apache 2.2.31)上でも、ついこないだまで Hiki を動かしていたものの、Hiki のプロセスが大量に残り続けて消えてくれず、サーバ機全体がほぼ無反応に陥ってしまって。なもんで仕方ないから削除したという。ちなみに、Hikiを使って公開してた内容は _Googleサイト に移しましたが。

知識が全然無くて、ちゃんと調べることができてないので自信が無いけど、ひょっとして Hiki は、今時の Ruby / Webサーバ上では動かないWikiシステムになってたりしないか、などと大した根拠もなく勝手に邪推してるのですが、どうなんだろうなと。 *1 Webサーバ側の設定を変えればちゃんと動くようになったりするのかしら。それともパーミッション絡みなのか…。どこかにハマるポイントがあって、そこさえクリアすれば問題無く動くのか、それとも今の環境では不具合が出る実装になっているのか…。

Hikiの最新版は 2013/03/30 にリリースされた 1.0.0 らしいですが…。ウチの自宅サーバ上で、Hiki 0.8.8.1 から Hiki 1.0.0 にアップデートする方法が分からなかったんですよね…。上書きしてみたら動かなくなってしまって 0.8.8.1 に戻してみたけど、ソレだとプロセスが残り続けるし…。

Hiki は、ググっても情報がほとんど無い点も初心者(?)にはちと厳しくて。導入事例が少ないのかしらん。
*1: や、Ruby 1.8.7 は今時どころか古い版だろと思うんですが…。

#3 [anime][movie] 「長ぐつをはいたネコ」を視聴

NHKで放送されてたので見てみたり。東映の昔のアレじゃなくて、ドリームワークス作品の3DCGのアレ。「シュレック」のスピンオフ的なソレ。

徹底的に、落差というかギャップというかアップダウンというか、そのあたりを意識した構成に舌を巻いてしまったり。 とにかく徹底してる…。

メインキャラの表情が、これまた実にそれらしい。本当に3DCGなのか…。いや、3DCGだからこそ、ここまで完璧に調整できるのだろうけど。何度も何度も延々とトライ&エラーを繰り返して辿り着いた表情だったりするのだろうな…。

3DCGのアレコレも凄いけど、脚本や演出レベルでこれは敵わないなと。あらゆる場面にツッコミどころをしっかり漏れなく盛り込んでいく、どこまでも真面目なオフザケぶり。真面目に不真面目とはこういうことだ、みたいな。

ここまで作り込んであるのだから、これはかなり大ヒットしたのだろう。と思っってググってみたら、日本国内においてはCASSHERNより興行収入が低かったようで。そんな…嘘だろ…あのCASSHERN未満って…。CASSHERNが大好きな自分だけど、さすがにソレはおかしいだろ…。 *1

アレかな。タイトルの持つイメージが日本ではウケなかったとか、基本的に笑える系の映画は日本では興味を持たれないとか、そういうことだろうか。これといってしんみりする要素、泣ける要素も無かったし。日本では泣ける映画じゃないとダメなのかな…。日本国内の「とにかく泣けます!」的な宣伝は正しいってことか…。それが国民性だから仕方ないのか…。

それはともかく、東映の長猫も見てみたいのだけど、NHKあたりでTV放映したりしないかなと。宮崎駿氏が参加してる映画だよと番宣CM打てば視聴率ゲットできそうだけど。見たことないから分からんけど、たぶん子供さんにウケるんじゃないかと想像したりもするし。
*1: と言っても、全世界で見ればちゃんとヒットしてるのでアレだけど。

#4 [anime][neta] 「このすば」のアイキャッチがイイ感じ

「この素晴らしい世界に祝福を!」(通称「このすば」)というアニメを毎回楽しくて見ております。話の内容は、異世界に飛ばされてしまった主人公が女神や仲間達の力を借りて苦難困難に立ち向かう、というよりむしろ仲間達が余計な苦難困難を日々繰り出してくるというか。とにかく話がどこに転がるのか予想できないあたりが面白いなと。

さておき、「このすば」の場面転換時に挿入されるアイキャッチがなんだかイイなと思ったのでメモ。基本的にはメインキャラ4人分のシルエットを表示して、「こ」「の」「す」「ば」と声優さんに言ってもらうという、ただそれだけのフォーマット。なのだけど、よくまあこれだけバリエーションを思いつくものだなと感心することしきり。まさか某配管工おじさんのゲームの動きまで、そのフォーマットで披露するとは…。

アニメ本編中の場面転換時のアイキャッチというと、昔「けいおん」で見たカラフルで凝ったソレを思い出すのですが。「このすば」も、「けいおん」に全然負けてねえよなと。や、アイキャッチに関しては、ですけれど。「けいおん」と堂々肩を並べるアニメですよ、「このすば」は。アイキャッチに関しては、ですけど。

設定よりアレンジが大事、なのだろうか。 :

考えてみたら「このすば」って、おそらく「灰と幻想のグリムガル」と基本設定は同じではないのかなと。でも、両作品を見間違えるなんてまずないよなと。

「落第アスタリスク」とは何だったのか…。

や、「このすば」と「グリムガル」はジャンルからして違うだろと言われそうですが…。設定が同じでも、結局はアレンジ次第でいくらでも差別化できるのかもしれぬと、「このすば」を眺めていて思えてきたりもしたのでした。…ちと無理があるか。

#5 [anime][neta] カットの切り替えと色について

「ブブキ・ブランキ」のOP映像の「1! 2! 3! 4! 5!」が、個人的にお気に入りなのです。毎回アレを見るたびに「カッケー」「たまんねえ」と思うのです。

あのシーン、「キャラの顔のアップ+数字を示す指」という同じ構図が連続で表示されるので、そのまま見せちゃうとカットを切り替えてる感じが弱くなってしまうはず、なのですけど。そこはさすがプロというか…。 それらの工夫を加えていくことで、気持ち良さを感じる映像にどんどん近づけているのだなあ、などと感心しながら見ているのです。あのシーン、たまんねえッス。

失敗事例について。 :

どうして自分がそのあたりを気にしながら見ているかというと、昔、軽い失敗事例を目にした記憶があるからで。

戦隊シリーズの何かのタイトルで、赤い人が初めて変身する回、だったと思うのですが。赤い人の顔のアップ、胸のアップ、腰の武器のアップをバン!バン!バン!と見せてたのですよ。それを見た時、一瞬「おおっ、カッケー」と思ったものの、なんだかカットが切り替わってる感じが分かりづらいなと。「アレ? ひょっとして今、カットを切り替えていました?」ってぐらいに分かりづらい。どうしてだろう。なんでだろうと。

赤い人は赤いから、なのですよ。赤い人の体のどの部位をアップにしてみても、赤、赤、赤、が画面に映ってしまう。だから、カットを切り替えてることが分かりづらい。

おそらくですけど、人間の目や脳は、明度の違い → 色の違い → 形状の違い、の順番で認知していくんじゃないのかなと。そして、形状の違いを認知するためには、結構そこそこ長い時間凝視しないといけない。短い時間でバッバッバッと見せていく時は、形状の違いはちょっと認知しづらい。

「各カットの絵がそもそも違うんだから、カットが切り替わってることぐらい分かるだろ」なんて思ってたら、それはおそらく甘い。「明度と色以外は認知してもらえないかもしれないよね」ぐらいの予想をして、仮にそうだとしても全然OK、てな構成を、短い時間でパッパッパッと見せていくときは、意識しないといけないのだろうと…。

てなわけで、その赤い人のシーンを目にして以来、それらの見せ方が時々気になって。「おお、やってるやってる」「さて、これは上手くやってるのかな」「どんな手を使ってキレを良くしているのだろう」みたいな。そういうところが、ちょっと気になっているわけなのです。

まあ、昭和アニメの頃から「まずは色で差をつけろ」なんてのは当たり前のテクニックですし。そもそも戦隊シリーズだって、5人が別々の色だから、激しく動いていても見分けやすく、故に子供さんにも人気が出たはずで。「色の使い方がポイント」なんてのは今更な話、ではあるのですけど。

回避策。 :

同じ色調のカットが連続で出てきても、カットが切り替わってることを強調する策はいくつかありそうな気もするわけで。例えば…。
  • 白いコマや黒いコマをカット切り替え時に挿入する。一瞬だけ明度差を盛り込んで、そこに映像としてのトリガーがあることを認知させるというか。
  • フェードイン/フェードアウト/ホワイトフェードを使う。…EVAのTVシリーズのOP映像でやってますよね。ミサトさんや綾波の顔のアップがパッパッパッと出てくるところ。色調が同じというわけではないですが。
  • 高速ズームイン/ズームアウトを挿入する。…宇宙刑事ギャバンの登場シーンで使ってた記憶があるけど、偽記憶かしらん。EVAのTVシリーズの本編でもしょっちゅう使ってましたな。指令室のミサトさんの顔にいつも高速ズームインしてた印象が。もっともEVAのソレは、カットの切り替えの強調ではなく緊迫感を付加するために使ってたと思うのですが、アレは切り替えの強調にも使えるよなと。
  • 縦・横方向に動きをつける。高速スライドというか、高速PANというか。…BLOOD+の最初のOPや、ガンダムOOのOPでやってたはず。そこで動きにブラーをかけるか/かけないかによっても印象が少し変わるな、と当時思った記憶が。
そんな感じで色々思いつくわけで。…それぞれちゃんとした用語があると思うんですけど、そのあたりはよく知らないのですスミマセン。

ただ、ズームインにしろ、PANにしろ、動きを伴う切り替え方には、ちょっと問題があって。

画面の中が激しく動いてる最中は、そこに一体何が写ってるのか見ている人には把握しづらくて。だから、動きが止まってから「ああ、コレが写ってたのか」と認知してもらえる程度には、少々じっくり見せてやる必要が。つまり1カットが若干長目になって、映像のテンポ(?)が少々弱くなるという。その代り、各カットが動きを持っていることで、シーン全体としてダイナミックな印象が得られる利点もあるのですけど。

そう考えると、「ブブキ・ブランキ」の「1! 2! 3! 4! 5!」の僅かな揺らしは、
  • カットの切り替えを強調しつつ、
  • 何が写ってるか認知するまでの時間も短縮しつつ、
  • 動きを加えたことでダイナミックさを付加することもできている
わけでして…。この見せ方は上手いなあ、バランスが取れてる気がする、などと感心したのです。

とかなんとかだらだらと書いてはみたけど、要するにあのOPのあのシーンが個人的にお気に入りッス、ってだけの話なのでした。とっぴんぱらりのぷう。

2015/03/05(木) [n年前の日記]

#1 [gimp] GIMPのブラシサイズを本来のブラシサイズにするスクリプトについてメモ

昔の GIMP はブラシサイズを自由自在に変えられなかったので、ブラシサイズを変更したいときは、サイズの異なるブラシ画像・ブラシ種類をそれぞれ用意して、それらを切り替えてどうにかしていたのです。

しかし、どのバージョンからそうなったのか忘れましたが、「GIMPのブラシサイズを変更できる機能がついたぞ」「ブラシ画像は1種類用意しとけばOKだぞ」という状態になりまして。

でも、たしか GIMP 2.8.x になった時、ブラシ種類を変更しても、ブラシサイズがそれまで使ってたサイズを引き継ぐようになってしまって。それまでは、ブラシ種類を変更したら、そのブラシ種類が持つ本来のブラシサイズで、ブラシサイズがリセットされていたのです。たしかそのはず。

この変更が地味に不便でして。

例えば、1ドット単位できっちりドットを打ちたいと思って、1x1ドットのブラシ画像を作るじゃないですか。今までは、ドット編集したいと思ったら、その1ドットブラシを選ぶだけで、即座にドット打ちができたわけですよ。

ところが GIMP 2.8.x 以降は、1ドットブラシを選んだ後、ブラシサイズ指定欄の横にある「本来のブラシサイズにしますよ」ボタンを一旦押さないと、1ドットのブラシになってくれない。毎回毎回、「このブラシを使おう」と思って切り替えるたびに、「本来のブラシサイズに戻す」ボタンも押す羽目に。

これがまだ、「本来のブラシサイズに戻す」ボタンにショートカットキーを割り当てることができれば、多少は作業が楽になるのですけど。割り当て一覧に、その機能名が出てこないので、ショートカットキーの割り当てもできないという。

てなわけで「不便だ」「不便だ」「これはアホ過ぎる」と思ってたのですが。解決策を提示してる記事に遭遇。

_GIMP -2.8.10 Brushes (2014) ・ Help & Support ・ gimpusers.com

要するに、gimp-context-set-brush-default-size を呼ぶだけのスクリプトを書いて、そいつにショートカットキーを割り当てれば良い、という作戦のようで。これで少しは楽になりそう。助かった。ありがたや。

導入手順をメモ。 :

環境は Windows7 x64 + GIMP 2.8.10 Portable。

_Ofnuts' Gimp Tools - Browse /scripts at SourceForge.net から brush-size-to-native-0.0.py という Python-fuスクリプトをDLして、~/.gimp-2.x/plug-ins/ 以下にコピー。

GIMPを起動。編集 → キーボードショートカット、を選ぶとショートカットキー設定ができるダイアログが開くので、「native」と打ち込んで検索。「brush-size-to-native」という関数名が出てくるので、クリックして、割り当てたいショートカットキーを指定。

自分の場合、ファイル → Export に割り当てられてた Ctrl+E を潰して、件の機能に割り当ててみたり。

メニューに出したい。 :

しかしこのスクリプト、ショートカットキーを割り当てることが前提で書かれてるので、メニューに出てこなくて。どうせならメニューに出して、「この機能には、このショートカットキーが割り当てられてる」と目視でも確認できる状態にしたいなあ、と思ったのです。

が、スクリプトのメニュー登録部分を修正しても、メニューに出てこない。自分の作業が何か間違ってると思うのですが、どうも上手く行かない。

てなわけで、Script-fu で書き直してみたり。これならメニューに出てきました。
; Script-fu -> Set Brush -> Brush size to native

(define (script-fu-brush-size-to-native)
  (gimp-context-set-brush-default-size))

(script-fu-register
 "script-fu-brush-size-to-native"
 "<Image>/Script-Fu/Set Brush/Brush size to native"
 ""
 "mieki2566"
 "CC0/Public domain"
 "2015/03/05"
 ""
 )
  • set-brush-size-to-native.scm というファイル名で保存。
  • ~/.gimp-2.x/scripts/ にコピー。
  • GIMPを起動すると、Script-Fu → Set Brush → Brush size to native、という項目が増えてる。
  • 「動的キーボードショートカット」が有効になってる状態なら、件の項目にマウスカーソルを合わせた状態でショートカットキーを押せば割り当ては終了。

どういう仕様が望ましいのだろう。 :

例えば CLIP STUDIO PAINT PRO などは、ブラシ種類を選ぶとそのブラシサイズになるわけで。絵描きさんが使うツールなら、フツーそういう仕様にするよな…。

GIMPも、せめてオプション項目で、「ブラシ種類を選んだらブラシサイズを本来のサイズにリセットする」という項目・機能が用意してあれば良かったのに。…実はあったりしないのかな。「そこかよ!」ってところに設定があったりして。と思って探してみたけど見当たらず。

ちなみに、「頻繁に使うブラシ種類はツールプリセットで保存しておけ」という解決策も見かけたり。使うブラシ種類が少ないならそれもアリかも。ブラシ種類を選ぶのではなく、ツールプリセットを選ぶように癖をつけることができれば、だろうけど。

そういや Krita はどうなんだろうと確認してみたら、異なるブラシを選ぶとちゃんとサイズがリセットされました。しかし、よくよく見てみると、「ブラシのプリセット」と書いてある…。ブラシ画像は、各プリセットに割り当てる要素として別に存在してる模様。となると、実はブラシ種類を切り替えるのではなく、プリセットを切り替えて使うのが、この手のソフトの正解なのだろうか。どうもよく分からなくなってきました。

ていうか、絵を描きたいなら Krita を使って、GIMP は画像編集ツールとして使ったほうが、という気もしてきたり。なんでもかんでも GIMP でやらなくてもいいよな。餅は餅屋。

#2 [pc][zatta] 画面を指でぐいぐい押すおじさんのほうが正しかった気がする

唐突に思い出したけど。昔、何かのコンピュータのシステム稼働の場で、マウスの存在に気付かず画面を指でぐいぐい押した政治家さんが居たよなと。

たしか当時、「この人はマウスも知らないのか」「PC操作もできないのか」と世間は笑ってた気がするのだけど。今になって考えると、あの人のほうがUIについてあるべき姿を示していたような、そんな気がしてきたり。

ググってみたら、記事が見つかった。

_Mainichi INTERACTIVE ソリューション
2002-11-08

■■コラム■■ 片山総務相に期待 (太田 阿利佐)
 総務省は10月25日、電子入札システムの運用を開始した。そのオープニングセレモニーで、ちょっとしたハプニングがあった。片山虎之助総務相が、会場のパソコンでシステムを稼動させようとした、ちょうどその時である。

 「あれ?あれ?動かんぞ」。そう言いながら、片山さんは、パソコンのモニター画面に大きく映し出された「開始」のアイコンを、指でぐいぐいと押していた。一瞬、会場は静まり返り、一瞬後にカメラマンから「おおーっ」という低いどよめきが起きた。

 片山さんがパソコンの前に着席してから、職員がマウスでカーソルを「開始」に合わせ、「大臣、ここを」と左クリックの方法を教えていたが、片山さんは、モニターを見詰めていて気が付かず、タッチパネルと勘違いしたらしい。

 「電子政府、電子自治体の旗振り役の総務省の大臣がこれでは、日本の未来は暗い」という声が聞こえてきそうだ。「住基ネットが頼りないのももっとも」と言う人もいるかもしれない。でも私は、片山さんこそ総務相にふさわしい、と思う。

 電子政府や電子自治体の利用者は、パソコンに詳しいとは限らない。全国民が対象なのだ。片山さんのように、(繰り返してごめんなさい)パソコンモニターとタッチパネルの区別が難しい人々でも、安心して簡単に使えることこそ求められている。要は、片山さんが「これなら簡単」というようなシステムを作ればいいのである。

Mainichi INTERACTIVE ソリューション より



このコラムを書いた人は正しい。今では見事に、皆が画面を指でぐいぐい押してる。このほうが一般人にとって本来あるべきUI・入力機器だった。もっとも、ソレを広めてくれたのは日本人じゃなくてジョブズなのだけど。日本人が件の光景を見て、ただ単に笑っている同じ時に、ジョブズがその光景を目にしていたらピンときたか、もしくは確信したかもしれないなあ。

そういや、 _「ファミコンの画面を押す少年」 の事例も思い出したり。この少年のほうが、UIのあるべき姿に関しては正しい認識を持ってる。なんで画面の中にソレが映ってるのに、マウスだのコントローラだの別の何かを使って遠隔操作しなきゃいかんのか。そこにソレがあるんだからソレに触ったら動き出すのが正解やろ。みたいな。 *1

とは言え、全てがソレで済むわけでもなく。 :

デジタルかつシビアな操作をしたいときは、やっぱり十字キーが便利で。チョンチョンチョンと位置合わせ、なんてのを「遊び」にしたい時は、アナログスティックどころかマウスでもツライ。まして指の太さでは微調整できんし。考えてみたら、十字キーの操作は、距離を時間に変換してる、のかな。よく分かりませんが。

タッチパネル系は、そこに映ってるモノを選ぶだけなら便利だけど、指の太さより細かい入力をしようとすると役立たずで。何せ文字すら書けない。荒過ぎる。そういう時はせめてペン入力だよなあ。猿ですら蟻塚から蟻を取って食べるときは木の枝を使ったりするわけで、指だけで全てをやろうとするのは猿にも及ばない存在、かもしれず。

とりあえず、「PC操作と言えばマウスでしょ」という時代は終わったと思うので、適材適所で色んな入力機器が考案されてほしいな。と思ったけど、その都度異なる入力機器に慣れなきゃいけないのもツライ話ではあるのかな。

オチは無いです。ただなんとなく唐突に、こんなことを思ったとメモ。

*1: しかしこの事例、そこに居る人達が「こういう写真撮ったらウケるんじゃね?」とかやってたらなんだかアレだなあ。と思ったけど、仮にそうだとしてもソレって実写の風刺画みたいなものかもしれないなと。絵を描かなくても・描けなくても、視点・着眼点さえあれば風刺画に近い何かをスマホのカメラで作れてしまう時代になっている、かもしれず。食品につまようじ刺す映像をスマホで撮って逮捕されるより、同じスマホを使っても社会風刺作品を撮って公開するほうがCOOLなんじゃないか。と言っても、何かを目にした時、そこに隠れてるものに「気付けない」人には無理な話なのだけど。

2014/03/05(水) [n年前の日記]

#1 [anime] ライダー鎧武、8話まで視聴

ドリアンライダーやマンゴーライダーが出てきたあたりまで視聴。

次から次へとライダーが出てきて、飽きさせないなと感心を。こんなに出して大丈夫なのかなと不安になるぐらい、アクセル踏みっぱなしな印象。

てっきり、最初の数話が虚淵脚本で、そのうちベテラン脚本家さんが参加してくるのでは、と予想してたのですが。ずっと虚淵脚本が続いているあたりにも驚いたり。この時期は、ライダーに全力投球、ということなのかな…。

諸田演出が巨匠(石田監督)なみにぶっ飛んでいて、なんだか凄いなと。以前は、映像を見ればどの監督さんが担当したのかうっすら当てることができたような気もするのだけど、最近はちょっと、いや、全然分からんなと。どの監督さんもどこかしらで積極的に冒険していて、見ていて面白いです。

ドリアンライダーが吹き出し付きで外国語を喋るあたりに感心。一見するとコミカルな見せ方だけど、日本語訳も一緒に表示してるから、ちびっ子達にも何を言ってるか伝わって、その分楽しんでもらえそうだなと。楽しげなムードを作りつつ、それでいて実利も含んだ、上手い見せ方かもしれないと思えてきたり。

アキバレンジャーの時も思ったけど、実写で表現できる幅を広げているという点では、もしかすると東映特撮ヒーロー番組のスタッフが、日本国内では最先端を走ってるのかもしれないなと…。アニメや漫画の各種表現まで取り込んで、「実写でこんなことできるのか…」と驚かされる場面が結構あって。いや、どうもそのあたり、TV畑はフットワークが軽い印象もあるけれど。邦画と比べると、TVのソレは、まだまだ全然アクティブなほうだよなと…。

フルーツ云々。 :

制作裏話が気になって、スタッフインタビュー記事がないかググってみたのだけど。

虚淵氏が、「ライダーは悪から生まれたもの。てな定義を元に考えてたら、フルーツがお題で困り果てた。フルーツは別に『悪』ってわけじゃないし…」てなことを言ってたらしくて笑ってしまったり。しかし、そこから、「禁断の果実」というキーワードに辿り着いて、てな話が続いて、うわー、頭いいなあと。そういう連想をしますか…。スゲエな…。さすが軍師…。いや、禁断の果実云々は、Pやバンダイから出てきた可能性もありそうだけど。何にせよ、ソレを連想した人、頭いいなあ。そんなの自分は全然思いつかん…。

考えてみれば、大ヒット作品の「ワンピース」では、「○○の実」が重要設定だし。ポパイだって、単なる「ほうれん草」をゲットして超人に変身してしまうわけで。そのあたりを考えると、「フルーツで戦うライダー」ってのもアリだったのかもしれないなと。使い方次第、アレンジ次第だよなと。

見てるこっち側は、「フルーツで戦うライダー? 馬鹿なこと言ってんじゃねえ。もっと真面目に仕事しろ」てな反応になりがちだけど。そういう頭の固いことを言ってるようでは全然ダメダメだなと。発想する段階では、もっと柔軟に考えないといかんよなと、なんだか反省してしまったり。

でもまあ、自分などは、バナナライダーは股間からバナナが伸びて攻撃するのダ、とかそういうことを連想しちゃってアレですけど。まあ、それはそれでなんだか禁断の果実・危険な果実っぽいけど、たぶんそういうことじゃねえよな…。

杉田智和氏は凄いな。 :

武部Pが虚淵氏に連絡をとった際、声優の杉田智和氏を経由して、という話を見かけてビックリしたり。そういうルートもあるんか…。てっきり、脚本家仲間の小林靖子氏から、みたいなルートなのかなと想像してましたが…。違ったのか…。

もしかして、杉田氏と知り合っておけば、アニメ業界のあらゆる人材に連絡がとれてしまうのでは…。てな妄想を。皆、とにかく杉田氏とお近づきになっておくべき、ですな。なんちてぽっくん。

2013/03/05(火) [n年前の日記]

#1 [dtm] SuperSawについてまだ調べてたり

そもそも FL Studio に入ってる Sytrus の標準プリセットにそれっぽい音があることに気付いたり。Synth string の中の、 あたりが、もしかするとなんだかちょっとそれっぽい、ような気もしてきた。また、Pad の中にも Supersaw という音があるけれど、これは名前が同じでも、何かちと違う印象の音。

Image-Lineのフォーラム?にもプリセットが投稿されてるようで。

_A sytrus supersaw (Topic) - Image-Line
_Low CPU Supersaw 2 (much better sounding this time!) (Topic) - Image-Line
_Yet another Epic Sounding Supersaw! (Topic) - Image-Line
_CAN SOMEONE PLEASE MAKE ME THIS SOUND? (Topic) - Image-Line

「sytrus supersaw」で検索すると投稿記事が見つかる模様。

フリーのVSTiでSuperSawっぽい音が出そうなものをメモ。 :

_GWAVEII、爺馬〜(GFPBETA)
_Lallapallooza lite (LPLL2)
_Synth1
_Oatmeal
_Voyager
_SuperWave P8
_Xhip
_TranceDrive
_Transcender SE
_COSMOS-2

標準で入ってる音色バンク?に含まれてないものの、先輩方が公開してくれてるプリセットをDLして読み込ませるとそれらしい音が出るVSTiも列挙。

2012/03/05(月) [n年前の日記]

#1 [neta][anime][comic] 願望充足漫画、願望充足アニメ

思考メモ。

昔どこかで、ヒットする娯楽コンテンツは、えてして読者視聴者の願望を満足させる形になっている、という言説を目にした記憶があるのだけど。はて、どこで見たのだったか。

それ以前に、その言説は正しいのだろうか。…ググってみたら、それらしい話にいくつか遭遇。

_物語は世相を反映している・ラノベ文学史
_■vol.6: 「物語が書きたいッ!」ブログ  ストーリー&キャラクター創作講座♪
_赤松健「バクマンは原作者の願望充足漫画」:アルファルファモザイクだった
_サルでも描けるまんが教室 - Wikipedia

もしかすると、自分はサルまんあたりでそれを知ったのだろうか。それともマンガ夜話のような番組で…どうも記憶が怪しい。

何はともあれ、それを踏まえて、事例を思い浮かべてみたりして。
  1. デスノート … 一介の学生が、ある日特殊能力を手にして、世界を揺るがす存在にまで登り詰める。
  2. コードギアス … 上に同じ。
  3. ハイスクールDxD … 上に同じ。
  4. はじめの一歩 … 不良にボコられる程度の主人公が、ボクシングを通じて世界チャンピオンにのし上がる。
  5. バクマン … 一介の学生が、漫画家として大成功。
  6. めぞん一刻 … さえない浪人生が、美人の未亡人をゲット。
  7. 水戸黄門 … 庶民のことをわかっているお偉いさんが腐った役人を一喝して問題解決。
水戸黄門だけちょっと違うけど、大体は、主人公が何かに成功して、どんどん成り上がっていく様子を描いてる。読んだことはないけれど、課長島耕作、サラリーマン金太郎も、その系譜なのだろうか? わからんけど。 *1 何にせよ、そこには読者視聴者の願望を満足させる展開がある、のは間違いなさそうだなと。

成り上がるタイプは、受け手側がある種の「万能感」を持っていたらウケるのかなと想像したりもして。「自分には、自分すら気づいていない隠れた能力があるのだ」「チャンスさえ与えられれば、有名になったり、世間から賞賛される立場になれるのだ」みたいな? 例えば、はじめの一歩は、まさにそんな感じ。

で。願望、理想があるなら、現実もあるはずで。「隠れた能力? あるわけないだろ」「チャンスが与えられても、ことごとく失敗して、痛い目見て終わるに決まってる」みたいな。そういう作りでありながら、ヒットした作品も存在するはずで。…デビルマンとか? EVAとか? ちょっと違うか。いや、合ってるか。どうなんだろ。漫画やアニメをたくさん見てる人なら、「アレなんかそうじゃないか?」と思いつくのだろうけど。

なんでこんなことを急に思い出したかと言うと、とあるアニメが、最初から一貫して後者の作りだったことに今頃気付いてゾッとしてしまったからなのですが。たぶん、アレ、わざとやってる…。見ているこっちが試されてる気がする。感想が、全部ブーメランになって視聴者側に飛んでくる。あのアニメ、怖い。そこが面白い。
*1: 水戸黄門も、視聴者の願望を満足させるタイプ。下々の生活を理解してくれる頭のいいお偉いさんが、酷い上司・役人達を一喝してくれたらなあ、という願望を満たす展開。お上意識が強くて他力本願な日本人向けの作品だよなと常々思っているのですが。いや、韓国の時代劇(?)ドラマ ―― チャングムあたりでもそういう展開を見かけたので、日本に限った話じゃないのかもしれないけれど。

#2 [pc] モードについてメモ

_モードレスな UI としての Clear | OVERKAST
_アップル ヒューマンインタフェースガイドライン
_「モーダル」と「モードレス」 ? Website Usability Info
_Modeless and Modal | Just another Modeless Design site

ざっくり読んでみたけれど、わかったような、わからないような…。何にせよ、現代のUI設計において、モードの排除を検討することは、もはや常識になっている、のかな。たぶん。

vimをバラバラにしたら直観的に使えるのだろうか。 :

「vimのモードは便利」という意見を読んで、それはモードが便利なのではなく機能が便利という話で、モードがあるとわかりやすいとか、モードがあることで直観的に使えるとか、そういう話と繋がっておらず、UIにおけるモードと機能としてのモードが混同される現状がありそうだと思ったわけだけど、そのようなことを考えているうちに、先日ちらりと思った、モードと道具の違いをまたぼんやり考え始めたわけで。仮にモードと道具が別の概念であり、モードを道具に変換することで異なる印象を利用者に与えられるのだとしたら、vimをモード毎にバラバラにして、多数の道具の集合体としてvimを再設計したら印象がガラリと変わるのだろうかと妄想を。操作している時のイメージとしては、閲覧時はlessモドキを使って、文字列挿入時は別プログラムをその都度起動する感じ、ではどうかと。

妄想してみたものの、便利になる気が全くしない。それどころか、不便になりそうな気がする。どうしてこうなった…。

モードと道具は違うという前提が間違っているのだろうか。それとも、コンピュータ上におけるプログラムと言う分類が、現実世界に存在する道具に相当しているわけではない、ということだろうか。あるいはvimでモードと呼ばれているものが実はモードではないということだろうか。

いや、違う。今、自分も混同していた。便利さと、わかりやすさは、違う。vimをバラバラにすれば、わかりやすくなる。しかし、それは便利ではない。わかりやすいのに、便利ではない。これはおかしい。両立するのが優れたUIのはず。どうやらどこかで考え方を間違えている気がする。

vimの挿入モード、iだのaだのを押して切り替えた状態を、別の見せ方にするだけでも印象が変わったりはしないだろうか。例えば挿入箇所に吹き出しが表示され、吹き出しの中で文字を打ち込み、確定キーを押せば文字列が挿入される、とか。

どう考えても、それもまたモードか。ダイアログが表示され、そこで作業し終わるまで他の操作が一切できない、悪しきUIと変わらない。そこには「不自由」がある。アプリという奴隷が、ユーザという主人を、奴隷側のルールに従わせている。やっぱりモードだ。しかし、vimが何を主と捉えているエディタなのか、そこは明確になりそうな気がする。一般的なエディタは、キーを打てば文字が打てる。vimは違う。キーを押しても文字が打てない。文字を打つこともできるけど、それはオマケ。「俺は文字を打つために作られたエディタじゃない! テキストを“編集”するためのエディタなんだ!」と、利用者に対してメッセージを発信することぐらいはできるのかもしれない。

どうしてvimだのemacsだののアレコレを考えてるかというと、それらを通じて、やってはいけないUI設計、ダメなインターフェイスの特徴が見えてくるのではないかと予想しているから、なのですが。でも、今のところ、まだ全然見えてないです。

#3 [pc] カーソルキーの十字配置と逆T字配置

「esdx( _ダイヤモンドカーソル ) という配置もあるでよ」と教えてもらって勉強になったのだけど。その配置で指を置いてみたら、なんだか違和感が。…なぜだろう?

esdxは十字配置。 _MZ-700 を使ってた自分にとっては、懐かしい。おそらく、 _MSX を使ってた方々も同様のはず。8bitPC時代は、この配置を結構見かけた。見た目が十字なので、キーの役割がわかりやすい。配置だけでキーの役目を明確に伝えていると言う点では、結構珍しい事例のようにも思える。

現在のカーソルキーは、逆T字配置。上キーが一段上にあることで、どれが上下キーなのか伝わるけれど、仮に上キーが無くなったら、各キーの役割が途端に伝わりにくくなる。ギリギリのバランスで成功している配置かもしれない。

見た目でわかりやすいのは、どう考えても十字配置。ところが指を置いてみると、「うーん?」と思えてくる。むしろ逆T字型のほうがしっくりくる。さて、なぜだろう? …まあ、実際やってみれば、10人中10人が「ああ、ハイハイ、そういうことね」と原因を見出せるだろうから答えは書かないけれど。

どうして昔のPCは、十字配置が見受けられたのだろうか? 勝手な想像だけど、PCに触れる人が初心者か否かを意識して配置を決めていたのかしら。思い返してみれば、初心者向けの機種は十字配置で、高額機種はそうではなかった印象もある。…と思ったが、 _昔のPCのキーボード を眺めると…ううーん。一貫性というか、傾向が見えてこない。一体全体何を考えて、カーソルキーをこんな配置にしていたんだろう? 製造技術の問題?

同じことは、ゲームのコントローラについても言えるのかもしれない。

ファミコンの十字ボタンは、わかりやすい。見ただけで、そのボタンの役割が瞬時に分かる。今もほとんどのゲームコントローラは、ソレに倣っている。しかし…。

もしかすると十字ボタンは、PCのキーボードで言うところの、esdx配置だったりしないか。本当は、逆T字配置に相当するボタンのデザインが、あり得たのではないか。例えば、十字ボタンは、えてして親指で操作するけれど。親指は、横方向にはよく動くが、前後には動かしづらい。しかし、今の十字ボタンの形は…。

まあ、慣れの前では、全ての合理性は否定されるので。今頃になって本来あるべき十字ボタンの姿を考えてみても、意味はないのかもしれないけれど。

キーボードの逆T字配置も、これが本当に正解なんだろうか。エルゴノミクスキーボードあたりでは、カーソルキーはどういう配置になってるんだろう。気になって画像検索してみたが、目から鱗が落ちるような配置には遭遇せず。現時点では、逆T字配置が正解なのかなあ…?

#4 [nitijyou] AmazonからCDが届いた

Appuntamento Con O Vanoni というCD。お袋さんが、「小さな村の物語 イタリア」という番組が好きで、そのOP曲が欲しいと言っていたので、購入しようと。該当曲について検索。

_BS日テレで放送中の「小さな村の物語」イタリア編の主題歌(曲名・歌手・発売レコ... - Yahoo!知恵袋
曲名:L'APPUNTAMENTO (邦題:逢いびき)
歌手:オルネラ・ヴァノーニ/ORNELLA VANONI

BS日テレで放送中の「小さな村の物語」イタリア編の主題歌(曲名・歌手・発売レコ... - Yahoo!知恵袋 より

この情報を頼りに更に検索したら、どうやら色んな版があるようで。廃盤CDがあったりするものの、冒頭タイトルのCDにも入っていると知ったので、数日前にポチッとな。で、今日届いたという。

考えてみたら、CCCDが導入されて以来、自分でCDを買うのは、これが初めてだな…。

業界がCCCDを導入した当時、「わざわざ金を払ってCDを買ってくれている、正規の客を泥棒扱いするなんて! しかも再生機器を壊したり、PCにrootkitを仕込むなんて!」と怒り心頭に発し、「金輪際、レコード会社にはビタ一文払わん! もちろん新曲も聴かない! 当然CDも買わない! 今まで買ってきて溜め込んだCDしか聴かないぞ!」と心に誓ったのだけど。…ああ、うっかりしてた。誓いを破ってしまった。

いや待て。別に自分が聴くわけじゃないし。聴くのはお袋さんだし。だったら、まだセーフじゃないか。よし、今後もレコード会社には金を落とさない方針を貫くぞ! って今回のソレでCD一枚分落としたのは事実じゃん。…本当にうっかりしてた。

まあ、いいか。お袋さんは喜んでくれたようだし。

そういや、ここ数年、音楽なんて滅多に聴いてないな…。携帯にデータを入れてあるけど、それすら再生しなくなった。聴かなくても、意外とどうにかなるものなんだな…。

2011/03/05() [n年前の日記]

#1 [linux] Ubuntu 10.04の設定中

samba に関して丸一日アレコレ試したけど解決せず。

pdbeditでパスワードの設定ができてないような。 :

やはりユーザのホームディレクトリも覗けないと各種作業がしづらい気がしてきたので、security = user に。

それはともかく症状としてはこんな感じ。
  • Ubuntuを再起動すると、Windows機のマイネットワークからアクセスできなくなってしまう。
  • sudo pdbedit -a -u hogeuser を実行してパスワードを入力・設定したり、swatからパスワード変更をすると、その直後からアクセスできる。
  • しかし、その後 Ubuntu を再起動するとアクセスできなくなる。
謎。

OS起動時に smbd と nmbd が起動していないのかと思ったけれど。ps auxgw | grep mbd と打つと、
root       679  0.0  0.1  15288  4036 ?        Ss   13:49   0:00 smbd -F
root       784  0.0  0.0  15288  1232 ?        S    13:49   0:00 smbd -F
root       928  0.0  0.0   8740  1600 ?        Ss   13:49   0:00 nmbd -D
mieki256  1556  0.0  0.0   2892   892 pts/0    S+   13:52   0:00 grep --color=auto mbd
と出てくるので、起動してるように見える。

sudo sysv-rc-conf --list と打つとサービスの有効無効情報が一覧で表示されるが、smbd と nmbd は特に設定がされてない。なのに起動しているのは何故。と思ったら、Ubuntu 10.04 からは、samba 関係は upstart なるものが起動を担当していて、/etc/init/*mbd.conf の中で、run level 2〜5 の際は起動するようになっているらしい。

samba 3.0 からは、/var/lib/samba/passdb.tdb にパスワード情報が記録されているらしく。その設定をするのが pdbedit。なのだけど。もしかして、最初に smbpasswd を使った後で、pdbedit を使ってしまったのがマズかったのだろうか。/var/lib/samba/passdb.tdb をリネームして sudo pdbedit -a -u hogeuser を実行。/var/lib/samba/passdb.tdb が再作成された。が、Ubuntu を再起動すると、やはりアクセスできなくなる。

passdb backend = tdbsam が怪しいのではと、passdb backend = smbpasswd に変更して色々試してみたが、変化なし。

Ubuntuを起動すると、passdb.tdb なり、smbpasswd なりのタイムスタンプが更新されていることに気付いた。何かがパスワード記録ファイルを書き換えているのだろうか。

/etc/samba/lmhosts や /etc/samba/smbusers を作成したけど、これは必要なのかどうか…。

どうもよく分からない。swat からパスワード変更をすればアクセスできるようになるから、アクセスできなくなったらそういう操作をする、ということにして誤魔化そうか。…sambaはよく分からん。

とりあえず今現在の smb.conf はこんな感じ。
[global]
        dos charset = CP932
        display charset = UTF-8
        workgroup = RAD11
        server string = %h server (Ubuntu, Samba %v)
        map to guest = Bad User
        username map = /etc/samba/smbusers
        syslog = 0
        log file = /var/log/samba/log.%m
        max log size = 1000
        smb ports = 139
        load printers = No
        disable spoolss = Yes
        ldap ssl = no
        panic action = /usr/share/samba/panic-action %d
        invalid users = root
        hosts allow = 127.0.0.1, 192.168.1.
        hosts deny = ALL

[homes]
        comment = %U Home Directories
        read only = No
        browseable = No
        browsable = No

[pub]
        comment = public space
        path = /home/samba_public_dir
        read only = No
        create mask = 0777
        directory mask = 0777
        guest only = Yes
        guest ok = Yes

[regza]
        comment = public space
        path = /home/regza
        read only = No
        create mask = 0777
        directory mask = 0777
        guest only = Yes
        guest ok = Yes
余談。sudo aptitude install nbtscan で nbtscan もインストールした。nbtscan 192.168.1.0/24 みたいな感じで使うらしい。

…む。コレが原因だろうか。

_[Samba] password reset after SSH login - Unix Linux Forum - Fixunix.com
try to disable "migrate" in /etc/pam.d/common-auth
Code:
# and here are more per-package modules (the "Additional" block)
#auth optional pam_smbpass.so migrate
auth optional pam_smbpass.so

[Samba] password reset after SSH login - Unix Linux Forum - Fixunix.com より


_Ken's Memo: UbuntuでSambaパスワードが勝手に変更される
家と会社のUbuntuサーバで、再起動するたびにSambaのパスワードが変わってしまうという問題が発生していた。シェルからsmbpasswdすれば元に戻るのだけど、理由が分からないのが気持ち悪い。最近になってようやくその原因と対処方法が分かったので、メモとして残しておく。ちなみに、Ubuntu は10.04。対処方法は簡単で、/etc/pam.d/common-auth の中で auth optional pam_smbpass.so migrate をコメントアウトする。

Ken's Memo: UbuntuでSambaパスワードが勝手に変更される より


_ML115 G1/Ubuntu 8.04 LTS Serverセットアップメモ - nabeの雑記帳
要するにデフォルトのままだと、Sambaパスワードとローカルパスワードが常に一緒になってしまう。セキュリティ上若干気持ち悪いので、2つのパスワードを分離するための方法。
/etc/pam.d/common-password
以下をコメントアウト
# password optional pam_smbpass.so nullok use_authtok use_first_pass missingok

/etc/pam.d/common-auth
以下をコメントアウト
# auth optional pam_smbpass.so migrate missingok

/etc/pam.d/samba
# @include common-auth
# @include common-account
# @include common-session
auth requisite pam_smbpass.so migrate missingok
account required pam_unix.so
session required pam_unix.so

ML115 G1/Ubuntu 8.04 LTS Serverセットアップメモ - nabeの雑記帳 より

/etc/pam.d/common-password や /etc/pam.d/samba を変更したら swat が起動しなくなった。/etc/pam.d/samba と swat で検索すると解説ページが出てくるので、適切な設定が必要なのかもしれない。とりあえず /etc/pam.d/common-auth だけ修正して様子見。

_Chapter
_Chapter
英語なので何がなんだか。

Windows機とLinux機のパスワードを同じにしてしまうのがトレンドなのだろうか…。

Ubuntuデスクトップのメニューが設定できない。 :

システム→設定→メイン・メニュー、を選択すれば、メニュー表示項目を設定できるウインドウが開くはずなのだけど。

Atom機のUbuntuでは出てこない…。VirtualBox で動かした Ubuntu 10.04 LTS サーバ版では動く。システムモニタで確認すると、alacarte なるプログラムらしいが…。

_Ubuntu日本語フォーラム / メインメニューを実行できない

これと同じ症状っぽい。~/.config/menus/applications.menu が書き込めない、みたいな。調べてみたら、Atom機側は、menus/ ディレクトリの所有者がrootになっていた。VirtualBox側は、ユーザが所有者。コレかな…。sudo chown -R hogeuser:hogegroup /home/hogeuser/.config/menus で所有者を変更。

Vncでクリップボードの内容を持ってくるにはどうしたら。 :

なんか前も似たようなことで悩んだ記憶が。後で調べ直そう。

仮想PCのほうが速い気がする。 :

Atom機のほうはネイティブ?で動いているから速いだろうと想像していたが、そうでもなかった。仮想PCを動かしているメインPCのCPUは 3.0GHz。CPUの速度が関係しているのだろうか。

Atom機側のメモリが足りないのかと思い free と打ってみたが、2GB中640MBぐらいしか使ってない。となるとメモリではないわけで。やはりCPUの速度だろうか。

ユーザアカウントを作成し直し。 :

sudo userdel -r hogeuser で、ホームディレクトリごと削除。 _昔スクリプトでユーザアカウントを追加できるようにしていた のを思い出したので、そのやり方で作業。

コンソールの数を減らした。 :

_Ubuntu10.04をさくらVPSにいれてWebサーバー構築したい その2 - 明日から本気出す

上記記事を参考に。sudo vi /etc/default/console-setup で、
# ACTIVE_CONSOLES="/dev/tty[1-6]"
ACTIVE_CONSOLES="/dev/tty[1-3]"
に。/etc/init/tty4.conf,/etc/init/tty5.conf,/etc/init/tty6.conf の内容を全てコメントアウト。

avahi-daemonを停止。 :

Mac用のサービスらしいので停止する。
sudo stop avahi-daemon
sudo sed -e '/^start/,+1s/^/#/' /etc/init/avahi-daemon.conf
とすると、/etc/init/avahi-daemon.conf をどう書き換えれば停止するのかが出力されるので、そのように。start〜とその下の行をコメントアウトすればいいみたい。

2010/03/05(金) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 腹の調子が

よろしくない。またかよ。うーん。

目がまた見えなくなった。 :

例のギザギザ模様が出てくる状態。視界が全部覆われる前に、布団に入って目を瞑って休むことに。目を瞑っても見えている。それぞれ片目を隠してみても見えている。ということは、神経のほうで何か起きてるんだろうなあ…。

#2 [nitijyou] 窓の外に羽虫が

ベランダに羽虫の大群が。ここのところ、急に暖かくなってきたせいだろうか。

2009/03/05(木) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 買い物に自転車で

あちこちに。

Amazonにお金を払ってきた。 :

メインPCに積んでいるDVD±R/RWドライブ LG GSA-4163Bのトレイが動かなくなってきたので、IO-DATA DVR-AN20GL (IDE?ATAPI?接続)をAmazonで注文していたのだけど。「在庫が揃ったので金払えや」メールが届いたので、FamilyMartで払ってきたり。

これから無くなっていくであろうIDE接続より、主流になるであろうSATA接続のほうがいいのかなと悩んだけれど。HDDはともかく、光学ドライブに関しては、SATA接続によるトラブル話を未だに若干見かけてしまったりもするわけで。そういう理由で、IDE接続を選択。

いや、場合によっては、弟が置いていった5.25インチ光学ドライブ専用外付けケースに入れて、USB接続の外付けドライブとして使うかもしれず。ここ最近は、光学ドライブをほとんど使ってない・せいぜいアプリのインストール時ぐらいしか使わないわけで。使ってないのに電流を流し続けてるのもなんだかもったいない話でもあるし。また、ケース排気量のほうが吸気より多いのか、光学ドライブのトレイその他から空気が入っていく=結構埃が積もってしまったりもするので、ドライブにとってもあまりよろしくない気もするしで。外付けにして、使う時だけ繋ぐほうがいいのかもしれない。

夜食を購入。 :

カワチに寄ってアレコレ購入。

#2 [game] ガンスタースーパーヒーローズを購入

GBA用ソフト。ずっと気になっていたタイトルなのだけど、自分はGBAを持っていないので購入できなかったわけで。しかし妹が「ニンテンドーDS貸してやるぞ」と言ってくれたので、ようやく購入。妹の所有してるソレは、少し前の機種なので、最新機種と違ってGBAソフトも動かせるらしい。ありがたや。

ワクワクできたのはプレイを始めるまで。少しプレイして、かなり絶望的な気分になってきた。非常にプレイがしづらい。また、自分にとっては非常に難しい。クリアできそうな予感がしない。

プレイしづらいのは、おそらく、ニンテンドーDS(以下NDS)のA・Bボタンの配置故。自分は、親指の先と親指の腹で、攻撃ボタン(Aボタン?)とジャンプボタン(Bボタン?)を押して、アクションゲームをプレイするのだけど。NDSのA・Bボタンは、下・右の順で配置されているため、いつもの持ち方・使い方でボタンが押せず。ゲームセンターでのプレイのように、右手を上から置くスタイルも試してみたけど、ボタンが小さいせいか、それもまた慣れることができず。…コレ、ボタンのCONFIGとかないのであろうか。でも、GBA自体はボタンが2つしかないみたいだから、GBAのみを念頭に置いて作られたアプリ側にそういう仕様が入ってるわけもないし。うーん。

NDSじゃなくてGBAならプレイしやすいのだろうか。でも、もう店頭ではGBAの入手が難しいみたいだし。これは厳しいなあ。

2008/03/05(水) [n年前の日記]

#1 [cg_tools] Shade10を注文

利用頻度を考慮すると要らないんじゃないかと思えてきてものすごく悩んだけど。今後お仕事(?)で使うことになるかもしれない、と思えてきたのでポチッとな。basicのソレではアニメ調レンダリングができないので、グレードアップを選択。これが最後のアップグレード、になると個人的には嬉しいのだけど。

たぶん、線画タッチの出力画像なら、iアプリのアレコレにも使えるんじゃないかと想像していたり。や、blenderにも一応線画っぽくする機能はあるんだけど。そっちは思ったような結果にならないことが多いので。

#2 [digital] RD-H1のファームウェアをアップデート

YK13→YK15に。

RDシリーズの番組予約が多少楽になるという、番組ナビゲータというソフトを試しに使ってみたかったのだけど。RD-H1と通信ができなくてハマったり。どうも、IE7対応版ファームウェアの入ったRD-H1なら、ex-beta2 なる版でアクセスできるという話を見かけたので、ファームウェアを試しに更新。

RD-H1の画面に赤文字で表示がでてきてから、ずいぶん時間が経っても先に進まず。ちょっとビビってしまう。改めてネットの説明ページを見たら、どうやら10分ほどかかるらしい。そんなにかかるなら、プログレスバーかカウンター表示が欲しいところ。まあ、家電メーカ的には、「ファームウェア更新できるだけでもありがたいと思いやがれこの野郎」って感じだったりするのかもしれないけど。…最近の機種ならそのへんちゃんと情報表示もしてるんだろうな。

それはさておき、YK15にしたら番組ナビゲータから接続できるようになったっぽい。

_東芝HDD&DVDレコ 番組ナビゲータ 開発 09 :

2 :名無しさん┃】【┃Dolby:2008/01/05(土) 00:35:18 ID:4Sqi1qwH0
  前スレからコピペ
  EX用

  21名無しさん┃】【┃Dolbysage 2006/06/24(土) 13:45:07 ID:5uPDhCKm0
  1.21をDLして、
  ttp://www.roy.hi-ho.ne.jp/masao/rd/ban_navi_ex_beta2.lzh
  を、上書き。
  その他細かい事は、前スレ参照してください。



3 :名無しさん┃】【┃Dolby:2008/01/05(土) 00:36:19 ID:4Sqi1qwH0
  スカパー!対策版

  878 :863:2007/06/21(木) 22:25:29 ID:twRdxrmT0
  お詫び。
  >>863で「変更後のバイナリが残っている」と書きましたが、間違いでした。
  >>871で指摘されているとおり、ファイルが残っているのは作者のサイト(変更前)です。
  と言うことで、以下のサーバに改めてファイルをアップしました。
  (アップローダとかではないため、消えることは無いです)

  http://orz.waterblue.biz/ban_navi_patch.zip

  バイナリエディタの扱いなどに慣れている方は、
  >>559に記載されている以外の妙な変更が無い事を確認していただけるとありがたいです。
  いきなり「exeを入れ替えろ」と言われたら不安な人も多いと思うので・・・。

東芝HDD&DVDレコ 番組ナビゲータ 開発 09 より

194 :名無しさん┃】【┃Dolby:2008/02/11(月) 19:05:45 ID:6PHUZFvJ0
  >>192
  12/3版が一応最新(最終?)だね。俺XS53だから一度も使ったことないけど。

  んで、ちょっとあらためてまとめてみた。

  名称:番組ナビゲータ
  対応:RD-X3x〜5xなどアナログ機向け
  最新版:2005/06/11 Ver 1.21
  ttp://www.roy.hi-ho.ne.jp/masao/rd/yoyaku.htm

  名称:RDReserveChecker
  対応:RD-X6
  最新版:2007/12/29 Ver 0.24.0.0
  ttp://www.rody.dev-asp.net/tool/rdreservechecker/index.html

  名称:RDナビ
  対応:RDシリーズ?
  最新版:2007/12/09(開発終了によりソースコード公開)
  ttp://www14.atwiki.jp/vram/pages/10.html

  名称:EPG実験くん
  対応:RD-XD92
  最新版:2007/02/06 実験版09
  ttp://mepg.seesaa.net/

東芝HDD&DVDレコ 番組ナビゲータ 開発 09 より

#3 [iappli] 自前のsin,cos,atan2を検証中

sin,cosに関しては、プロトタイプ版のソレとは違うテーブルを作り直してみたり。どうせshort配列で持ってるんだから、1.0=4096とかで持っちゃったほうが、精度は少し良くなるんじゃないかなと。

atan2()については、 _sin()とcos()で2分探索していくらしい ものと、 _テーブルで求めてしまう ものを、Javaの関数?としてある atan2() の結果と比較してみたり。…どれもそれほど結果に違いはないような。微妙に違う値が返ってくるけど、めちゃくちゃ違う値でもなく。ただ、処理速度に関してはかなり違いがあった。 _System.nanoTime を使用して計ってみたところ、テーブル参照のものが圧倒的に速かった。

それはともかく、アークタンジェントのテーブルってどうやって作ればいいんだらう。

2007/03/05(月) [n年前の日記]

#1 [pc][digital] 親父さんがUSB接続ワンセグチューナーを買ってきた

ヤマダ電機に寄ったら、8,800円で売られてたので、買ってしまったのだとか。ロジテック製。LDT-1S200U。

帰宅後、マニュアルも読まずにいきなり接続したとかで。ドライバのインストールウイザードが開いたのに消してしまって、わけがわからなくなったとの話で、そのあたりを質問された。デバイスマネージャで、妙な状態になってる機器(というかドライバ)を削除。USB端子から機器を抜いて、また差し直す。新しいハードウェアが見つかったと言ってくるので、後はマニュアルどおりにCD-ROMからドライバをインストール。

視聴ユーティリティなるものをインストールして起動したが、映らない。地域設定や、チャンネルのフルスキャン操作が必要。

でも、映らない。ユーティリティウインドウの左側に、電波の受信状態を示すアンテナマーク+グラフがあるが、ほとんど入ってないらしい。チューナーを持ってあちこち動かしてみて、比較的マシなところを探す。…親父さんPCの上のほうにぶらさげてある、蛍光灯の電源ケーブルにクリップで挟むと、アンテナグラフが3〜4つぐらいは入るようになった。ええのかな。変なノイズが入ったり、火事になったりしないか。不安だ。

民放は入るが、NHKは入らない。地デジだから、どっちもUHF帯じゃないのだろうか。…考えてみたら、ブースター入れないとTV画面にノイズが入る地域だし。>自宅周辺。電波が入らないのも当たり前かもしれん。

画質は、想像以上に悪い。テロップなんか読めないだろ、コレ。まあ、Video-CD程度の解像度だし、当たり前なんだけど。とはいえ、今まで親父さんが使ってた、かなり昔の携帯液晶TV *1 に比べたら、人の顔が判別できるだけまだマシ。「これで野球中継が見れる」と親父さんは喜んでるので、これはこれで。

自分も一時期買おうかと思ってたけど、この画質だったら買わんでもいいな。つーか RD-H1 からネット経由で、QVGA程度でよければ地上波アナログが見れる状況ではあるんだけど。まったく使ってないし。>自分。

_パソコン用ワンセグチューナー12製品そろい踏み :

ロジテック製は機能的に貧弱だな。画質はダメな分、便利さでどうにかしなきゃいけない製品じゃないのかと。

機能面で選んでいくと、バッファロー製とIO-DATA製のどちらか、ということになりそうな感じ。

*1: 弟が、会社で何かの折に貰ったのを、親父さんにプレゼントしたらしい。

#2 [ubuntu][windows] VMware Server を WinXP にインストールしてみた

VMware Tools なるものを入れると、ホストOS(親亀)とゲストOS(子亀)でクリップボードの共有ができるという話を見かけて興味が湧いたり。しかし、VMware Player には、件のツールは入ってない。が、VMware Server ならソレが入ってる上に、ゲストOSのディスクイメージも作れたりするというじゃありませんか。しかも、今時は無料で使えるらしい。なら、試用してみようかしらと。

ちなみに、VMware Player は、バイナリさえダウンロードすればそれでOKなのだけど。VMware Server のほうは、ダウンロードする際に、ちゃんとしたメールアドレスを入力しないと、シリアルキーだかライセンスキーだかが貰えない模様。

VMware Player をインストールしてあると、VMware Server のインストール時に怒られるらしい。ということで、VMware Player のほうをまずはアンインストール。で、次に VMware Server をインストール。… VMware Player で使ってたゲストOSイメージ(Ubuntu 6.10)を読んでみた。動いた。

VMware Tools をインストールしようと試みる。 _Installing vmware-tools on Ubuntu 6.10 を参考に、というかそのまんま作業。WMware Server のウインドウのメニューに、Install VMware Tools という項目があるのでソレを選ぶ。CD-ROM (.iso)がマウントされる。その中から、.tar.gz をどこぞに解凍して、vmware-install.pl を実行して、みたいな。

…デフォルトでバシバシEnterを押してったら、どうも変な設定にしてしまったみたいナリ。再起動したら Ubuntu が起動しなくなってた。タコだから、ディスクイメージの中をどうやって覗くのか、各種設定ファイルをどのように書き換えるのかがわからん。…最初からイメージ作り直すか。

_VMwarePlayerHowTo Ubuntu Japanese Team :

Ubuntu 6.10 の VMware 用イメージが公開されてた。ありがたや…。自分でインストール作業しなくても済む…。しかも、最初から VMware Tools が入ってるらしい。素晴らしい。

ということで、wget で DL。7zip で解凍して、動かしてみた。…おお。マウスが、ホストOSとゲストOSの間で、シームレス(?)に動かせる。クリップボード共有もできてるっぽい。まるで、Windows上で Linux のアプリを使ってるような感覚。素晴らしい。ただ、vmware-toolbox なるものを動かしっぱなしにしておく必要があるけど。Windows と違って、タスクトレイに格納、なんてことができれば見た目もグッドなのだろうけど。

VMware Server は重い感じがする。 :

複数のゲストOSを動かせるとか、ゲストOSのディスクイメージを作れるとか、VMware Tools をインストールできるとか、VMware Player に比べて利点はあるけれど。しかし、画面描画がなんとなく遅い感じ。

検索してみたところ、VMware Server は画面描画に関しても、ホストOSとゲストOSの間で通信をしてるのだとか。… vnc みたいな感じで処理してるのかしら。VMware Player、VMware Workstation のほうは、ホストOS上で直接描画、みたいなことをしてるらしいので、若干軽く動いてるように見えてるらしい。ただ、VMware Server は内部的に処理が遅くなってるわけではなく、描画が追いつかないときはフレームレートを落としたりもしてくれるので、実はトータルでの処理の重さは VMware Server のほうが軽い、という説も見かけた。<ホントかどうかは知らない。

とはいえ。どうも体感的に我慢できなくなってきたので、VMware Server をアンインストールして、VMware Player をインストールした。…VMware Player 上でも、VMware Tools の効能は有効な模様。ならば、VMware Player のほうを使うことにしやう。

常時、Windows上でLinuxをサーバとして動かす、それもテキスト画面オンリーで、という場合は VMware Server のほうがいいのかもしれんか。

お手軽に試すにはグッドかも。 :

Windows というOSの上で、Linux という別のOSも、一緒になって動いてるというのは、なんだか不思議な感じ。しかも、インターネットから、たった2つのファイルを落としてくるだけで、それが体験できてしまうという。…素晴らしい。でも、これ、いつまで無料で試用できるのだろう。そのうちまた有償に戻るかもしれんよなぁ。

Xenのほうが速く動くという話をどこかで見かけた。 :

Vmware より倍近い速度で動く、みたいなグラフをどこかで見かけた。気になる。とはいえ、たしかOSを移植するとかなんとかそういう話になるような。作業が面倒な予感。

そもそも Windows上で動かせるのかな。Windows を動かせるようになりつつはある、という話はどこかで見かけたけど。

_Open Tech Press | XenSource、WindowsをサポートしたXenを発表 :

Xenハイパーバイザの開発を管理するとともに、Xenの加入サービスとサポート・サービスを販売している米XenSourceは11月6日、Windows仮想マシンを稼働させることができるオープンソースの仮想化技術を発表した。

Open Tech Press | XenSource、WindowsをサポートしたXenを発表 より

XenSourceのCTO(最高技術責任者)であるシモン・クロスビー氏によると、Xenは、IntelとAMDの新型チップに組み込まれるハードウェア・ベースの仮想化機能にも対応する予定だという。また、すでに出荷されているXenの無償バージョンでも、Windows仮想マシンを稼働させることができるとしている。ただし同氏は、「WindowsをサポートするためにXenに組み込まれた独自ドライバのおかげで、XenEnterprise製品のほうがWindows仮想マシンのパフォーマンスが高いと自信を見せる。

「オープンソース版のXenでもWindowsを稼働させることはできるが、スピードは遅い」(クロスビー氏)

Open Tech Press | XenSource、WindowsをサポートしたXenを発表 より

これは「Windowsを動かす」という話なんだろうか。よくわからん。

_仮想マシンとは何か? :

なるほど。OSの上で別のOSを動かすわけじゃないのか。>Xen。だから、Windowsが動かせたかどうかが話題になるのね。

_仮想マシンモニタXenの特徴
_Xen導入のメリット

ふむ…。Xenが親父で、Linuxが長男で、他のOSが弟や妹で、しかも長男の服やパンツや自転車を借りている、という感じ? 親父である Xen が、「おい。お前は長男なんだから、弟にパンツ貸してやれ」と命令してる、みたいな。違うか。

#3 [ubuntu] _Viva! ubuntu : 固定アドレスを設定しなきゃ

GUIでネットワーク設定ができたのか…。知らなかった、というか気づかなかった…。

_VMware の共有フォルダ機能を利用する :

_Vmware:WindowsをホストにしてUbuntuをインストールする :

_Samba - Ubuntu
_Ubuntuでsamba
_Ubuntuでswat(Samba Web Administration Tool)が起動せずにハマッた件
_Ubuntu:Edgy ja - samba
_Ubuntu:Edgy ja - INETD Superserver をインストールするには

よくわからないまま samba、smbfs、smbclient、swat、netkit-inetd をインストール。/etc/samba/smb.conf を修正。testparm で /etc/samba/smb.conf に間違いがないかチェック。/etc/init.d/samba restart で sambaサーバ再起動。あるいは、/etc/inetd.conf、/etc/hosts.allow、/etc/hosts.deny を書き換えて swat を実行可能にしてブラウザから設定。

#4 [windows][web] Windows Live Toolbar はヤバイところがあるのかも

親父さんの写真仲間の方から、「Webサイトのスライドショーが見れない。表示がおかしくなる」という相談が。どうも JavaScript で実現されてるスライドショーらしい。URLを教えてもらって、自分の環境で閲覧してみたところ、Firefox では最初の画像から先に進まず。しかし、IEなら先に進む。…が、その方の環境では、IEで表示すると表示位置がおかしくなって、画像クリックでウインドウを閉じることができないとかで。

IEのポップアップブロックの設定か、ウイルスバスターの設定か、等々想像してみるも何が原因なのか思い当たらず。話してるうちに、相手の方のIEには、Windows Live Toolbar がインストールされてることが判った。試しにアンインストールして動作確認してもらう。…まともな表示になった。原因は、ヤツか。

ということで、どうも Windows Live Toolbar には怪しいところがありそうだなと。…blogサービスもそうだけど、Windows Live と名のつくものは、三流プログラマーが開発してる予感。

他サイトのスライドショーでも不具合が起きてたとのことで。一応、それらも閲覧・確認してみたけれど、 という共通点があるように思えた。…閲覧者からウザがられる典型例。

苦労して撮影した写真だから、デスクトップ全体に表示してアピールしたいのだろうけど。そうすることで、無難に作っておけばちゃんと見てもらえたものが、そもそも見れなくなってしまう状態を招いてしまうこともあるわけで。…なんだか本末転倒(?)だなと思ったり。

#5 [web] mapbbsに広告書き込みが

英文オンリー・URL列挙タイプの書き込みなので、対策しようと思えばできるだろうけど。かなり昔に中を覗いただけなので、どこに処理を追加すればいいのやら。

2006/03/05() [n年前の日記]

#1 [digital] _クチコミ情報:東芝製RDシリーズのDVDレコーダーのiNET接続について(補足)

この問題で困っておられる方は殆ど解説書通りに『番組ナビ』を設定して行かれたと思います。解説書ではiNETから番組情報をダウンするときの設定として『ADAMS』と『iNET』の両方にチェックを入れて、『ADAMS』の設定をまず行う様指示されています。ここまではそれで間違いないのですが、その後ネットから情報取得をする場合には各放送メディアごとにその設定をしなさいと書いてあるのですが、その具体的な方法がどこに記載されているのかさっぱりわかりません。

『番組ナビ』『番組ナビチャンネル設定』の順に選択してゆくと『番組ナビチャンネル設定』の画面が出てきます。この表示順の番組の右端に設定という部分がありますので、これを選択して各放送メディアを表示します。表示された各放送メディアの右端に『AD』とか『NK』とか表示されています。自分の地区の放送局は全て『AD』になっていると思います。カーソルをこの位置までもってきて、これを『番組情報取得先変更』(確かモードボタンだったと思います)のボタンを押して『NK』にすべて変更します。あとは、登録とか設定とか表示された通りに選択して内容の更新変更を行います。これを全てのチャンネルで行います。

クチコミ情報:東芝製RDシリーズのDVDレコーダーのiNET接続について(補足)(AV・デジタルカメラ) - こねこみ(価格比較サイト coneco.net) より

参考にして設定。…ADAMSは時間がDL時間がかかり過ぎるので。5分ぐらいかかってしまう。

#2 [pc] Sycomから届いたPCを開封してみた

利用されてるミニタワーケースの仕組みに衝撃を受けた。ありとあらゆる箇所で、ネジを締めずに済むような仕掛けになっている…。 これほど開け閉めしやすいケースがこの世に存在していたとは…。素晴らしい。 *1
*1: 自分、今まで4種類ほどのミドルタワーケースを入手したけど。こんなケースを見てしまったら、もう、そのへんのヘボケースなんて触れないかも…。

#3 [anime] エウレカセブン、地図を読めない人と艦長さんが技術関係の基地に向かう回

島編。カツくんの告白?がいいなぁ。…カツじゃなかったっけか。後になって 少年と同じ行動をとってみるあたりもグー。わかりやすいな。

#4 [anime] ボウケンジャー、忍者登場の回

またヒルズ族か…。社長自らプログラムを作るような企業は、パーティを開けるほど儲からないよなぁ、と思ってしまったり。まあ、ガキ向けだからそのへんテキトーでいいわけで。…どうせ嘘をつくなら見た瞬間に「いや! そんなヤツいないから!」と笑ってしまうぐらいの嘘をついてほしい気もする。…ていうか今回ソレは諸葛亮云々が該当するのであろうか。

#5 [anime] ライダーカブト、拉致監禁の回

机を揺らしてケータイをキャッチしてしまう図に笑った。

ライダーのクロックアップ時のぶれ方にシビレタ。たった数フレームなんだけど、上下にぶれるあたりがなんだか気持ちいい。

怪人の攻撃を刀で受けて、その衝撃を逃すように手をくるんと回しながら「ワン」。ベルト部分にカメラがズームしながら「ツー」。先週に引き続き、素晴らしい。こんな見せ方ができるとはなぁ…。

#6 [anime] プリキュアSS、お兄さん登場の回

もうちょっとズレた言動を見てみたい。>お兄さんキャラ。

#7 [pc] 旧PCの中身をファイル化

WinXPの、「ファイルと設定の転送ウイザード」を使ってみたり。必要なファイルをマイドキュメント中にコピーしてから、「ファイルと設定の転送ウイザード」で、旧PCのHDDに一旦ファイルとして保存して、自宅サーバに転送する予定。

なかなか終わりません。ほっといて寝よう。

2005/03/05() [n年前の日記]

#1 [python] wxPythonをインストール

最初、あふから .exe を実行したら、16ビットモジュールがなんちゃらとエラーメッセージが。DLし直して、モノグサせずにDOS窓を開いた上で .exe を実行したら、インストーラが起動した。なんだったんだろう。

sample demo を実行したら動いたので、たぶんインストールは成功したのだろうと。…結構色んな部品(?)があって、なんだか面白そう。HDBENCHの画面描画ベンチマークみたいなサンプルもあって、ちょっと感動。想像してたより速いかも。

#2 [anime] ネクサス、謎のUFO愛好サークル出現の回

飛行機がカメラの手前を横切るときに、あるいは合体するときに、画面がブレるのがいい感じ。ジェットを吹かすときに衝撃波(?)らしきエフェクトが出てるのもいい。…でも、その直後、操演になって勢いがなくなるあたりが寂しい。ひょっとすると、操演のほうが短時間で映像を作れるのかな。であれば仕方ないか。TV番組は時間的な余裕がなさそうだし。

以下ネタバレ。

UFOだの宇宙人だのの嘘臭い情報を意図的に混ぜて流すことで、真実の情報を科特隊から隠蔽されることを回避してると主張する謎の市民団体(?)の設定にシビレました。シャノンの法則がどうとか言ってた。スゲー。

科特隊が、実験材料として拉致監禁したウルトラマンを、実験のやり過ぎで殺しちゃいましたよ。スゲー。

なんていうか、今回のウルトラマンは、1stガンダムに相当する作品かも。

2005/03/08追記 :

ビデオを見返したら、『シャノンの法則』じゃなくて『シャノンの情報理論』と言ってた。

#3 [anime] ジャスティライザー、黒の人の親の回

熱いな! 特に、赤の人の親父と黒い人。熱い。こういうベタな話を恥ずかしがらずに出せるあたり、この作品のいいところかも。

ビデオ合成(?)で船から船へと飛び移るの図。仕上がりは別にして、発想が豪快。大冒険。

黒の人が敵に氷づけにされる → 手前で赤と青が敵大将と乱戦 → 黒の人、氷を溶かして敵を倒す → 敵大将の、仲間になれとの呼びかけ → それに対する熱い返答、…の流れをたった1カットで表現。いやー、長い長い。大冒険。というかコレはアレか。トリッキーなカット割り満載の、ライダーヒビキへの挑戦状か。「俺たちは貴様等と違って、小手先の技に溺れたりはせん! 特撮ヒーロー番組の王道を進む!」みたいな所信表明、とか。<またバカ妄想を…。

たとえ些細な部分であっても。仕上がりに難はあっても。冒険してる作り手は、自分、好きであります。イイヨイイヨー。

#4 [ore_xxxxx] 俺ウルトラマン - 民間企業の科特隊ってのはどうか

株式会社科特隊、みたいな。遺伝子工学で巨大人型兵器を開発した株式会社ウルトラマンと、怪獣退治業務においてシノギを削ります。ていうか『ダイガード』『トライダーG7』のパクリか。

地方に転勤させられる科特隊員とか。リストラされる科特隊員とか。合コンで盛り上がっちゃう科特隊員とか。特許申請のノルマを課せられるイデ隊員とか。管理職になれないのは差別だと裁判を起こすフジ隊員とか。ダメか。

民間企業が怪獣退治って、雨宮監督が既に作ってたような気もする。作品名忘れたけど。

#5 [game] _ふたりはプリキュア・ファミコン版

個人的には「プリキュア対戦ぱずるだま」のほうが気になる…。

_SUPERヒロインタイム :

プリキュアとデカレンジャーが夢の対戦格闘。

_ぶっちゃけプリキュア・レインボーバトル!! :

アクションゲーム。らしい。

ていうかプリキュアの設定なら :

ゲームメーカも対戦格闘ゲームを真面目に制作・販売してもいいんじゃないかと思うんだけど。やっぱり女児向けという制限がアレなんだろうか。

この記事へのツッコミ

Re: ふたりはプリキュア・ファミコン版 by けいと    2005/03/07 13:21
主人公の二人をわざと負けさせる
いぢわるなおにぃちゃんがたくさんでそう
Re: ふたりはプリキュア・ファミコン版 by mieki256    2005/03/10 06:15
> いぢわるなおにぃちゃん

うーむ。やっぱりそっちのほうがメインの購買層になってしまいますかなぁ…
やはり対戦格闘プリキュアは色々問題があるか… (;´Д`)

#6 [anime] _行け!グリーンマン

感動すら覚えるビジュアル。さらに、 _神経質なヒーロー、行け!ゴッドマン も哀愁を誘えば、 _「総括」とか言われても困る、ミラーファイト も味わい深く、 _斬新過ぎる、魔人ハンターミツルギ にも熱い冒険心を感じる。素晴らしい…。

ていうか雨宮監督が作った、民間企業が云々の番組を探してて上記情報に辿りついたのですが。雨宮監督の作品は、 _「鉄甲機ミカヅキ」 というタイトルだった。…自分、どうして「ミツルギ」で覚えてたんだろう。作品の存在すら知らなかったのに。

さておき。前述の「ミツルギ」紹介記事を見ていて、なんとなくライダーヒビキを思い出しちゃったんだけど…。うーむ。

#7 [game] _スペースマンボウ

懐かしい…。

#8 [game] なんとなくゲームを遊びたくなったので

メガドラを引っ張り出して、ダンボール箱の中で眠ってたROMカセットを漁る。

マジンサーガをプレイ :

永井豪原作漫画のキャラゲー。通常ステージは、キャラが小さくなった代わりにドット絵パターンがやたらと増えて滑らかにチマチマ動くベアナックル。ボスステージは、鎧をつけた巨大アーネスト・エバンス同士が対戦格闘。 *1

谷間に落ちると一発死にの強制スクロール面で、自機を大量に失ってイライラ。そのステージの最後に1upが置いてあるのを目にしてちょっと呆れた。 *2

直後のボスステージで、体当たりしてくるボスを倒せず、プレイ中止。やっぱり難しいのう。

ベアナックルIIIをプレイ :

メガドライブ版のファイナルファイト。 *3 なんかスッキリしたくなったので、プレイ。

スッキリしないわー。打撃音が鳴るべき場面で鳴らないことのほうが多く、プレイしていて全く気持ちよさがない。必殺技を出して、敵にキャンセルされても、必殺技の音声だけ鳴り続けるあたりもアレだし。ゲーム中の効果音の鳴らし方・扱い方に関しては、ベアナックルIIのほうが、よほど出来が良かったなぁ。

幽遊白書をプレイ :

対戦格闘ゲーム。という分類でいいのだろうか。

ガーディアン・ヒーローズより、プレイ中の気持ちよさは上、と思ってたんだけど。どうも思い出として美化しちゃってたみたい…。

メガドラなのに拡大縮小してるように見せるあたりはやっぱり技あり。考えたよなぁ…。

ダイナマイトヘッディーをプレイ :

上下が逆さまになる強制スクロール面で、先に進めず。ボスを倒せる気がしない。どうやって倒してたんだっけ。

どうも自分、強制スクロール面とは相性が悪いみたい。

パノラマコットンをプレイ :

箒に乗って空を飛ぶ魔法少女が自機になったスペースハリアー。

名作としかいいようがない。こんな非力なハードで、よくまあここまで表現したものだと。階段や壁が出てきた時にはビックリ。職人だ。

何よりファンタジー世界のビジュアルが美しい。メガドラなのに。2Dドット絵の異世界の中を奥へ奥へとどこまでも飛んでいく感覚が、なんとも楽しく。その世界をどれだけ堪能できるか、その一点に限って言えば、例えばハリーポッターあたりを軽く凌駕してる。かも。

エンディングからスタッフロール(?)にかけてのエフェクトに感動。狭いウインドウの中で話を見せていたからこそ効果が得られるエフェクト。上手いなぁ。

ただ、ゲームのスタイル自体がどうも…。自機の真正面で敵が弾を撃っていても、あるいは障害物があっても、プレイヤーにはそれが判らない。自機がそれを隠してしまうので。かといって、魔法少女のビジュアルがないと、なんとも風情のない絵になるし。フレームレートが低いことと相俟って、 *4 自分が今何をしてるのかよく判らなくなるあたり、とてももったいない。が、解決策も思いつかず。難しいよなぁ。

コレ、今の技術でリメイクしたらどうなるんだろう。…と思ったら、ドリームキャストで作られてたのか。知らなかった。レインボーコットンというタイトルらしい。でも、評価は低いみたい。前作の問題点=自機が敵や障害物を隠してしまうあたりも解決されてないらしく。残念。

つーか :

今頃メガドラのゲームを遊ぶってどうなんだ…(爆)

*1: 『アーネスト〜』はプログラマーが動かしてる感じがしたのだけど、『マジンサーガ』はデザイナーが動かしてる感じがする。スプライトでパーツ分けしてキャラを動かしてるといっても、違うものとして分類すべき。かも。
*2: 「ご褒美」のつもりで置いたのだろうけど>1up。難易度の高い面では、プレイヤーの再挑戦を促すアイテムとして使ったほうが効果的。つまり、ステージ最後ではなく途中に置いたほうがいいだろうと。…こういうところが、「セガのゲームは難しい」という評価に繋がる所以なのかしら。って、この商品はセガが作ったのかどうか知らんけど。ちなみに、途中に置くにしても、置き場所は気をつけないと。プレイヤーが地形に挟まれた時の救済として置いちゃうと、プレイヤーは、「1upを取った上でステージをクリアできる方法があるはず」と思い込んでガンガン死んじゃうので。<と教えてもらったことが。…この手のノウハウって、業界、あるいは企業の中で、どの程度文書化されて残ってるのだろう。と思ったけど残しても開発者が読んでる暇がないから残す意味がないか…。
*3: いや、メガCDでファイナルファイトは出てるけど。
*4: …低いよね? たぶん。

2004/03/05(金) [n年前の日記]

#1 [game] _バラエティに富んだ6つのホールを楽しめる3Dゴルフゲーム「PlainGolf」

おお。フリーの3Dゴルフゲームを制作・公開してる方が居たとは。素晴らしい。一時期、あちこち探してみたけど見つからなかったので、作ってはいけない理由・作れない理由でもあるのかなと疑問に思ってたけど。別にそういうわけではなく、単に自分が探しきれてなかっただけでしたか。

#2 [anime] 勢いがあってイイヨイイヨー

デカレンジャー。3話になったら勢いが落ちるかと思ってたけどそんなことはなかった。予想が外れてくれて嬉しい。合体せずにナントカしちゃうあたりもマル。今後も色んな工夫が見られそうな予感。だといいな。

#3 [anime] むっころす

ライダー剣。むっころすの回。もしかすると意図的に、1〜2話に1回はオンドゥル語を織り交ぜてるんだろうか。んなわけないか。いや、わからない。何がヒットするか判らない時代だし<説明になってないやん。いっそ、変身を繰り返すうちに言葉が喋れなくなるライダーはどうか。番組終盤は「アー」「ウー」しか言わないライダー3人に。意思疎通できなくてコタロウ大弱り。アマゾンライダーの逆の展開。MSX版グラ2的ライダー。などと思いながら見てたら、そもそも壊れてくライダーじゃないみたいだ。狂ってくライダーが見たかったのに。つまらん<オイ。それはそうと、先の展開が読めなくて、そのへんはイイ感じ。オンドゥル王子がこのまま悪の組織に改造されたりしないか。ライダーシリーズ初、改造人間のライダー誕生。いや、それ、「初」じゃないから。元々そうだから。でも実現したら平成ライダーの中では珍しい存在になるのかな。

#4 [anime] OPで宝石がいくつもあるのはなんでだろ

プリキュア。宝石の数だけメインキャラが増えるのだろうか。横目でチラチラ見る程度なので設定把握してなかったり。それはともかくデートの回。前半の日常シーンはイイ感じ。作画レベルは高くないけど、表情が崩れるのはいいなと思った。どれみぐらい崩しても良さそう。…二人揃わないと変身できないのか。バロム1みたい。するとケンカして変身できないベタな回も今後用意されてるのだろう。…戦闘シーンは、工事現場、電車の上、川原、水面と、次々に移動したあたりに感心したものの、コンテが悪いのか、作画が悪いのか、全く面白くない仕上がりに。もったいない。…後半、随分と説教臭いのが気になったので、脚本:羽原大介で検索したら、よく判んないプロフィールが。同姓同名の実写畑の脚本家さんが居るのか、それとも同一人物がアニメにも進出したのか。前者かな。なんとなく。それはともかく、事前に伏線も張らず、唐突に建前論の説教が始まるのは、いきあたりばったりで稚拙すぎやしないかと思ったけど、昔の富野アニメよろしく時間稼ぎではないのかという疑念もチラリ。それとも自分が気付かなかっただけで、伏線はあったのだろうか。…日常シーンでじわじわ溜めてラスト近くで爆発系が好きな自分なので、そういう構成が見られないものかと期待をしたり。

#5 [anime] 解体処分

アトム。何かというと「解体処分」の決定が下される本作品。作劇の都合上、あるいは子供にも判るように作ってるから仕方ないのだろうとは思いながらも、ついつい「ソフトウェアの書き換えで済むやん」とツッコミたくなってしまう。実は脚本家がハードとソフトの区分すらできてなかったりしないだろうかと不安だったりもして。それはないか。ソフト制作者がソフトとは何かを知らないまま仕事してるなんて有り得ないだろうし。…かの世界に登場する高度に発達したAIロボットとやらはハードとソフトが一体化して不可分な設計なのだ。そういう設定なのだ。たぶん。…でも、子供ですら、ゲーム機だのなんだのでハードとソフトの違いを認識する機会の多い今日この頃。そのあたりに触れた説明が少し出てくるだけで、幼い視聴者達の作品に対するイメージも違ってくる可能性はないかとも。…そもそも子供はこの番組を見てるのだろうか。一体どんな層が見てるのだろう。幼稚園児が主流だったりするのかな。だとしたら、ハードだのソフトだのは邪魔なだけか。…そもそもそういう作品を見たかったら攻殻機動隊でも見ればええやん>俺。アトムに要求するなよ。可哀想やん。アトムがごっつ眉しかめて例の不安げな表情してるやん。スマン。おじさんが悪かった。泣かんといてや>アトム。科学の子は笑顔が一番やで。

そもそもアトムって泣いたっけか :

原作ではワンワン泣くところもあるらしいけど。今回のシリーズ中、泣いてるところを見た記憶がないような。そんな機能はついてないのだろうか。これもジェンダー問題か。あるいは、伏線なのか。

_「ジェンダー=性差別文化」への疑問 :

「これもジェンダー問題か」と自分もうっかり書いてしまったけど、そもそも本来何と呼べばいいのか。オープンソースなる言葉の定義と同様の問題がここにも。…なんだか、 _「handicapped」「Challenged」 の話を思い出してしまう。

#6 [anime] 笑い男

攻殻機動隊SAC。総監暗殺(?)の話。犯人がボケていくあたり、Winnyを連想してしまった。…ボケ? だから老人なのか!<違うんじゃないか?

#7 [zatta] 花束

花束を貰ったら、どんな気持ちになりそうですか。嬉しいですか。悲しいですか。それとも困ってしまいますか。

電車の中で花束を持ってる自分が周囲からチラチラ見られたら、どんな気持ちになりそうですか。誇らしい感じがしますか。どこか恥ずかしいですか。それとも持ち歩くのが面倒臭いので駅のゴミ箱に捨てますか。

部屋に帰ってきて、花束をどうしますか。花瓶に挿しますか。花瓶はないけど入れ物を探して挿しますか。それともゴミ箱に突っ込みますか。

いや、なんとなくそんな事を思っただけなんですけど。

2003/03/05(水) [n年前の日記]

#1 イラク関連話

数日前にイラク情勢説明のNHK番組を見た。全ての視点・情報がそこに示されていたとは到底思わないが、国際的制限を設けられているイラクの石油輸出において、現在その枠内で利を得ている国々が攻撃に反対し、イラクからの石油輸入量拡大を望む国々が攻撃に賛成している図式は判り易い。となると、日本国内の感情論から来る各種意見はズレている。金勘定で攻撃の是非を選択している相手に対し、情に訴え攻撃反対を唱えてみても通ずるはずもなく。稚拙だ。国としてYes・Noを明確にせよと主張する方々も居るが、現状で日本がそんな事をする意味は何一つ無い。明確にしている国々とは状況が違う。精神論的自己満足のみを求めるだけの戦前・戦中的思考の人間に国が同調してやる必要など無い。

2002/03/05(火) [n年前の日記]

#1 Sambaサーバが見えない

偕楽園で撮影したデジカメ写真を、アルバムHTMLに変換してみたり。
親父さんのHPB v6.5を借りて試しに作業してみたんですが。
作業、楽ですねぇ。
テンプレートや素材が豊富で、プレビュー・サムネイル表示されるし。
指定・設定も、ほとんどウイザード形式。


作ったアルバムHTMLを、サーバにアプして、妹に見せようとしたんですが。
妹のPC(Windows Me)からページが見えない。
結局、URLを間違えて入力してただけらしいんですが…
少し調べてみたら、『検索』→『ほかのコンピュータ』でも、サーバ機が見えない…むぅ…
Sambaサーバが見えるはずなんですがねぇ…

2001/03/05(月) [n年前の日記]

#1 メタセコイア

スゴイ雪。

メタセコイアLE版をDLして使ってみました。
軽い〜気持ちいい〜。コレは評価が高いはずですわ。
どうしよう。送金登録しようかな。
DXF出力をしてblenderで読みこんでみたい。
…ホントに読みこめるのかな。不安になってきた。
そのへん確認しておかないと。

六角大王ってのもDLして動かしてみたり。
これもサクサク動いてなかなか面白かったです。
しかし、巷である「六角大王で作りました」ってデータは、これ使ってるんでしょうか?
それともsuperがつくバージョンで作成されてるんでしょうかね。

2000/03/05() [n年前の日記]

#1 (NoTitle)午前中CD-Rを焼いた後...

午前中CD-Rを焼いた後、Painter6をいじってみたり <なんか誤解(?)を招きそうな表現だ…
フィルタ処理ですが、レイヤーに対して行った場合プレビュー確認できるのとできないのがあるようで。キャンバスに対してはどれもプレビュー確認できますが。前からこうだったかもですが。
また、レイヤーのマスクされてる部分にどんな色がついているのかちょっとわからないところがあるのも気になるかも。Photoshopのレイヤーと同じ感覚でフィルタをかけると違った結果になる場合もあるようで。
どうもレイヤー上の画像に関してはPhotoshopで効果をかけていくほうが楽でしょうね。オイラめんどくさがりやなんで一つのアプリで全部出来てしまうのが嬉しいのですが、そうもいかないか。

昼からPM8:00にかけて爆睡。

NHKスペシャルで新潟少女監禁事件に関わった柏崎署の署長(当時・現在)のまるで他人事のようなコメントを聞いてしまい腹が立って仕方ありません。こいつらなんなんだ。自分達がどれほどトンデモな事をしていたのか全然自覚が無いのか。これではどう考えても自浄能力なんてカケラも期待できない。システムを書換えなきゃダメでしょうね。バグだらけ。このままでは永遠のY2K組織ですな(笑)>警察

1999/03/05(金) [n年前の日記]

#1 (NoTitle)今日も一日家でゴロゴ...

今日も一日家でゴロゴロ。
GIFアニメを作る勉強をしてました。
いくつかシェアウェアを落としてきて試してみたけど、どれも今一つ。
BGとスプライトを意識できるようなツールがあると嬉しいんだけどなぁ。
まあ、アニメをさせたいならFLASHを使えばいいのでアレなんですけど。

以上、21 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2019/11 - Next
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project