mieki256's diary



2021/10/19(火) [n年前の日記]

#1 [gimp] GIMP用の矢印ブラシを作ってみた

GIMP 2.10上で利用できる矢印ブラシを作ってみた。環境はWindows10 x64 21H1 + GIMP 2.10.28 x64 Portable samj版。

形状に関して参考にした矢印ブラシ群は以下。

_GIMP Arrow Brush set by Banekai on DeviantArt
_arrow brushes BW 2

どれもブラシ画像が小さ目なのでブラシサイズを大きくするとぼやけてしまうこと、また、描画色が反映されずに必ず黒一色で描画されてしまうことが気になっていたわけで。

そんなわけで、大き目のブラシ画像(512 x 512ドット)を作成し直して、かつ、描画色が反映されるように、グレースケール画像としてGIMP用ブラシファイル(.gbr)を保存(エクスポート)してみた。

尚、前述のブラシ群の中から、自分が利用しそうな形状のブラシだけを自作した。

種類の一覧は以下。

m256_arrow_01_14_sample.png

ファイルは以下。

_arrow_m256_20211019.zip

GIMP用のブラシファイル、.gbr の他に、.svg と .png も同梱しておいた。
ライセンスは…。arrow brushes BW 2 は Public Domain らしいので、今回作成したブラシもそれと同様に Public Domain ってことで。GIMP Arrow Brush set by Banekai はライセンスが不明だけど、「自由に使ってくれ」「使ったら報告が欲しいけど別に報告しなくてもいいよ」と書いてあるように見えるので、今回作成したブラシもソレに従って、自由に使ってくれ、ってことで。

「右向きしかないんだけど?」「大き過ぎるんだけど?」 :

Q. 「コレ、右向き矢印しかないんだけど? 左、下、上は?」
Q. 「コレ、ブラシとして大き過ぎるんだけど?」

A. GIMP 2.10 はブラシのオプションに「角度」という項目があるので、角度に、90度、180度、-90度、等を指定すれば、下、左、上向きになります。また、「サイズ」という項目もあるので、好きなサイズを指定すれば小さいブラシとして使えます。と一応メモ。

ss_20211019_195421.png

余談。テキストツールを使ったほうが早い。 :

余談。GIMPには矢印を描画する機能が無いので、矢印ブラシを新規追加しようだの、矢印描画スクリプトを新規導入しようだの、そういうアレな話になるけれど。

日本語環境でGIMPを使ってるユーザなら、テキストツールを使えば矢印を簡単に描画できますよ、と一応メモしておくのです。

_Gimp: 手っ取り早くシンプルな矢印を描く方法 | anobota

日本語フォントを選べば、「みぎ」「ひだり」「うえ」「した」「やじるし」で矢印記号を打ち込めるので…。
  • テキストだからサイズを大きくしても画像が荒れない。
  • テキストレイヤーからパスを生成すれば回転拡大縮小も自由自在。画像も荒れない。
  • 標準機能で使える。
矢印の形状にこだわらないなら、かなりオススメです。

余談。水平反転や垂直反転。 :

余談。GIMPのブラシのオプションには「角度」という項目があるので、任意の向きに回転させれば事足りる、そんな形状のブラシであれば、全方向分を持たずに、一方向分だけのブラシを持っておくだけで済むのだけど。

場合によっては、ブラシ形状を水平反転、垂直反転して使いたい時もあるわけで…。でも、GIMP のブラシオプションに、「xx反転」なる項目は無いわけで…。

そういう時はどうすればいいのか、少しググってみたのだけど、どうやらクリップボードブラシを利用することでなんとかなりそうだと分かったので一応手順をメモ。

まずは、ブラシを画像として開く。ブラシを選択 → 右クリック → 画像として開く、を選ぶ。

gimp_brush_flip_ss01.png


ブラシ画像が開かれた。

gimp_brush_flip_ss02.png


画像を変形させる。画像 → 変形 → 水平反転 or 垂直反転 or etc.

gimp_brush_flip_ss03.png


変形させた画像をクリップボードにコピーする。Ctrl + A。もしくは、選択 → すべて選択。

gimp_brush_flip_ss04.png


コピーする。Ctrl + C。もしくは、編集 → コピー。

gimp_brush_flip_ss05.png


これで、クリップボードに、変形したブラシ画像がコピーされた状態になった。

ブラシ一覧ウインドウの一番左上に、「Clipboard Image」という名前のブラシがあるはずなので選択。これが、クリップボードに入っている画像をブラシ画像として利用できるGIMPの機能、とでもいうか…。

gimp_brush_flip_ss06.png


ということで、元のブラシ画像を水平反転した状態でブラシ描画ができた。

gimp_brush_flip_ss07.png


手順が多くて面倒臭いけど、それでも一応、一つのブラシを水平反転や垂直反転して使うことができると分かった。

でもまあ、利用頻度が多いなら、その画像を .gbr としてエクスポートして、新規ブラシとして追加したほうがいいですわな…。

ていうか、どうして GIMP のブラシには水平/垂直反転が無いんだろう…。もっとも、反転した状態からサイズ変更や回転をさせると、ブラシ描画の処理内容が更に面倒なことになりそうではあるか…。

#2 [nitijyou] 日記をアップロード

2021/09/22を最後に日記をアップロードしてなかったのでアップロード。

2021/10/18(月) [n年前の日記]

#1 [gimp] GIMPのブラシファイルを作ってる

Windows10 x64 21H1 + GIMP 2.10.28 x64 Portable samj版上で、GIMPの矢印ブラシファイルを作成中。

今まで色々な矢印ブラシファイルを追加してきて、結果、ファイル数が多くなってしまったので少し整理していたのだけど。

_GIMP Arrow Brush set by Banekai on DeviantArt
_arrow brushes color 1
_arrow brushes color 2
_arrow brushes BW 1
_arrow brushes BW 2
_arrow brushes black gloss
_hand pointer brushes
_button arrow brushes
_gimphelp.org Arrow Action
_cursor brushes

それぞれのブラシについて改めて確認してみたら…。 これじゃ使い辛い…。

GIMP って昔からある画像編集ソフトだから、当時は何かにつけてファイルサイズが小さいほうが良しとされていたようで、故に、昔から配布されているブラシ画像も妙に小さいサイズになってる傾向があって…。また、どうも当時はブラシファイル(.gbr)のフォーマットに制限があったか、あるいは仕様についてよく知られてなかったのか、描画色を反映せず、ブラシ画像に含まれている色でしか描画できないタイプのブラシも多く…。

ということで、この際自作してしまおうかなと。せめて 512x512ぐらいの画像サイズにしたい。てな感じで作業を始めたところ。

2021/10/17() [n年前の日記]

#1 [gimp] GIMP 2.10.28 をインストールした

今まで Windows10上で GIMP 2.10.22 x64 Portable samj版を使っていたけど、GIMP 2.10.28 x64 Portable samj版をインストールしてそちらを使うようにしてみた。

今までと同じ設定に再設定していく作業が面倒臭い…。特定ファイルをコピーするだけで反映できたらいいのに…。もっとも、設定を保存しているファイルが分かっても、おそらく記録された各フォルダのパス指定も変更しないと問題が起きそうな予感もあり…。

矢印生成スクリプトが動かないことに気づいた。 :

GIMPのバージョンを上げたついでにアレコレ動作確認をしていたら、矢印生成スクリプト、sg-arrow-stroke-path.scm が正常に動作しないことに気づいた。

_矢印ストロークパス

パスを生成して、先端からハンドルを引き出して矢印の角度相当を指定して、編集 → 矢印ストロークパス、で呼び出すと、レイヤー全体が前景色で塗り潰されてしまう。

以前から動作しなかったのだろうかと気になって、GIMP 2.8.22 Portable 上で動作確認してみたけれど、そちらならそれっぽく動作した。ということは、GIMP 2.10 になった際に Script-Fu の仕様が変わって動かなくなっていたのだろうか。いや、Script-Fu というより、GIMPのAPI?が変わったのだろうけど。

ちなみに、arrow-set-size.scm という矢印生成スクリプトは動いてくれた。

_Arrow Script
_ぼやけのない自由な形の矢印を挿入するスクリプト ?GIMP | カンデザWeb

こちらのスクリプトで生成した矢印は、先が丸まっていて、あまり好みではないのだけど…。

#2 [digital] 階下のREGZAが不調

茶の間で使っている REGZA 37Z9000 の画面がおかしいとお袋さんから報告。見てみたところ、画面の上半分に横線が表示されて、映像が時々フリーズする感じで。音声はちゃんと聞こえる。

B-CASカードを抜き差ししてみたり、本体の電源ボタンを長押ししてリセットをかけてみたけれど、変化なし。

ググってみたところ、東芝 REGZA Z9000シリーズでは結構発生している不具合だそうで…。

_価格.com - 『画面に横線が入るようになりました』 東芝 REGZA 37Z9000 [37インチ] のクチコミ掲示板

部屋の温度が7度以下になると発生するとか、8時間以上電源を入れてないと発生する、といった傾向があるらしい。液晶パネルを制御してる基板の不良だそうで…。そのまま電源を入れて本体が温まると症状が出なくなる時もある、とかなんとか。

もう買い替えの時期だろうか。しかし、買い替えとなると、REGZAにUSB接続している外付けHDDに今まで録画してきた番組が全部見れなくなるはずで…。この手のTVで録画した番組は、その製品個体でしか再生できないように暗号化された状態で保存されているわけで…。せめて、同じ会社の製品に買い替えた時ぐらいは、今まで使ってた製品の録画データを移行可能、ぐらいの状況を実現しておいてほしかった。最低限そのくらいはできなきゃあかんやろと…。日本の家電メーカは、本当にろくでもないクソ仕様を堂々と普及させてしまったもんだよなと…。こういう仕様では迂闊に買い替えもできないじゃん…。

一応、今まで使ってたTVがまだ生きているなら、録画番組をDTCP-IP対応のNASにダビングして、以降はそのNASにアクセスして番組を再生、という形で引っ越しができなくもないらしいけど…。今現在販売されてるTVで、NASにアクセスして録画番組再生可能な製品がどれだけあるのかがよく分からず…。価格.comで検索してみたけど、各製品が実際どこまで対応しているのか、今一つ分からんなと…。例えば、LAN経由のダビングができるかどうか、NASに入った録画番組を削除できるのか等々、各製品の公式サイトを眺めてすぐに分かるかと言えばそうでもなく…。

以上、3 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2021/12 -
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project