mieki256's diary



2018/12/01() [n年前の日記]

#1 [tic80] TIC-80のサイトに作成したプログラムをアップロードしてみたり

_TIC-80公式サイト に、今まで作成したプログラムを試しにアップロードしてみたり。 _Time Tripper: TIC-80で簡単なプログラムを作ってみる の後半が参考になった。ありがたや。

以下で見れるはず…。たぶん。

_Play NEWTOTOTONE in TIC-80
_Play WCQ NO.6 in TIC-80
_Play WAVETEST2 in TIC-80

公式サイトにアップロードしたことで、ローカルで TIC-80 を実行した際に、自分の書いたソレも実行しやすくなった。 と進んでいけば、ネット経由でダウンロード・実行することもできる。はず。たぶん。

アカウントの取得。 :

自作の cart(.tic) をアップロードするためには、公式サイト上でアカウントを取得する必要がある。一応手順をメモ。

_TIC-80公式サイト の右上に「Sign In」というリンクがあるのでクリック。ログインページ(?)が開く。

既にアカウントを持ってる場合は、ユーザー名とパスワードを打ち込み、「私はロボットではありません」にチェックを入れて、「Sign in」ボタンをクリックすればアカウント管理ページに入れる。

今回は新規にアカウントを取りたいので、下のほうにある「Create an account.」のリンクをクリック。

ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力するページが開くので、それぞれ打ち込んで「Create an account」をクリックすればアカウントを取得できる。ちなみに、巷のWebサービスではありがちな、登録完了等のメールは送られてこなかった。

アカウント管理画面では、自分のアイコン(Avatar)をドットを打って設定できる模様。

cartのアップロード。 :

cart(.tic)をアップロードする際は、アカウント管理ページの、左下の「Add game...」をクリック。Add game のページが開く。

手元の .tic ファイルを、参照ボタンを押して選ぶか、エクスプローラ等から参照ボタンのあたりにドラッグアンドドロップして渡してやる。

カテゴリーの指定は、以下から選ぶ。
  • Games (ゲーム)
  • Demos (デモ)
  • Tools (ツール)
  • Music (音楽)
  • WIP (作業中)

「Leave a text for the game...」と表示されてる入力欄に、cart(.tic)の簡単な説明を…打ち込みたければ打ち込んでもいい。おそらく英語で書かないと海外の閲覧者が読めなくてで困るだろうけど…。自分は英語が分からんので何も打ち込まなかった。

内容に間違いが無ければ、左下の「Add game」をクリックすればアップロードができる。

どうやら、cart(.tic)のソースコードの、最初のあたりのコメント部分が読み取られて、ページタイトルその他に反映されるっぽい。そのあたりも、日本語文字列は使わずに、英数字で打ち込んでおいたほうがヨサゲ。
-- title:  (ゲームタイトル)
-- author: (作者名)
-- desc:   (簡単な説明)
-- script: lua

利用の仕方。 :

上のほうでちょこっとメモしてあるけど、再度メモ。

ローカル環境で TIC-80 を起動すれば、surfコマンドを使って、公式サイト上のプログラムをダウンロードして試すことができる。

TIC-80が入力待ちの状態で surf と打って Enterキーを叩けばリストが表示されるので…。その中の「[tic.computer/play]」を選んで決定キー(Zキー)を叩くと、公式サイトにアクセス・情報を取得してPlayページのプログラム一覧が表示される。試してみたいプログラムを選んで決定キーを叩けば、プログラムのダウンロードと実行ができる。

プログラム実行中にESCキーを叩けばメニューが表示されて、CLOSE GAME を選べばプログラムを終了できる。surfコマンドの画面に戻ってくるので、更にESCキーを叩けば、surfコマンド画面からも抜ける。

#2 [zatta] 4K/8Kってどうなんだろうな

とりとめのない思考メモ。

なんでも、NHKや民放が4K/8Kの新しいチャンネルを作ったらしくて。ブラタモリを見ようとしてNHKにチャンネルを変えたら特番が流れてて、あらそうなんだ、みたいな。

どうなんだろうな。4K/8Kって…。「そんな放送は要らない」という意見も見かけるけど…。

考えてみれば、日本のTV放送って、 という経緯があるわけで。それを考えると…この流れも延長線上としてアリなのかな。今の時代に「カラー放送なんて要らない」「白黒放送で十分だ」と言ってたら只の馬鹿だけど、「4K/8K放送なんて要らない」「HD放送で十分だ」という意見は、さて、数十年後にどう思われるのだろうか。「妥当な意見だったね」と思われるのか、それとも、「想像が足りてなかったね」と思われるのか。どっちなんだろうな…。

とはいえ、白黒放送の信号にカラー信号を追加したソレを思い返すと、4K/8Kの、アンテナもケーブルも全部交換しないと見れません、というソレはどうなんだろうという気もする。解決策が富豪的というか、そこに若干の安易さを…。いやまあ、圧縮技術や帯域の割り当てのアレコレを考えると、これでも努力したほうだろうけど。東京オリンピックに間に合わせようとしてちょっと無理してないか。みたいなところも。それとも、今回の交換作業で、将来の規格にも対応できる予定があったりするのだろうか。「次回? その時はまた全交換を」なんて言い出したりしないだろうな…。

「大画面じゃないと意味が無い」という意見もどうなんだろうなと。

例えば、ハイエンド? ハイレゾ? オーディオの世界では、加齢で聴力を失いつつある世代が、あーだこーだと自論を主張してソレしてたりするけれど。センサとしては目より耳のほうが雑なスペックだろうに、音の世界では、より高解像度なデータを求める流れも実際にあるわけで。 *1

映像も同じじゃないのかな、と。1ドットを認知できるかどうかではなく、全体としてなんとなく高精細と感じる、みたいな判定だってアリなのではないか…。自分達はCDを聞く際に、16bit、44.1KHz の解像度を正確に捉えつつ聞いてるわけではないけれど、だったら映像も同じじゃないかしらん。CDのスペックじゃ足りない、という主張をしながら、HDのスペックで十分、と主張してたら、それはなんだかおかしい話だなと…。

もっとも、若い世代は、CDスペックより落ちるMP3で音楽を聴いていて、しかもそれで結構満足してるわけだから、それを考えたら映像だって…という主張も成り立つのかな。更に、楽曲データは、記録メディアよりマスタリング技術のほうが影響大、とも聞くし。それはおそらく映像に対しても同じことが言えそう。

何にせよ、安くなってくれないと自分は買えないので…。普及と低価格化が進んでほしいなと…。

全然関係ないけど、先日たまたま見てた何かの番組で、芸人さんが「4K/8Kをやたら宣伝してるけど、この後すぐに16Kが出てきたりしませんか?」という質問をしていて、宣伝部隊が何も答えられなかった場面が気になった。16K…もう用意されているのか…。まあ、ハイビジョンが普及するのに何年かかったかを考慮すれば、16Kの普及なんて随分先だろうけど…。
*1: うっかり「目より耳のほうが」と書いてしまったけれど、「目より耳のほうがスペックが高い」という見方・主張だってありそうな気もする…。あるいは、「視覚と聴覚を比べること自体無理がある」という意見もありそうな…。このあたり、どういう見方が適切なのかな。

#3 [nitijyou] 日記をアップロード

2018/11/23までアップロードしたままの状態だったので、溜まってた分をアップロード。

2017/12/01(金) [n年前の日記]

#1 [raspberrypi][love2d] 端末へのキー入力を無視してくれる shut-term-keys をRaspberry Pi Zero Wにインストールしてみたり

Raspberry Pi Zero W上で、OpenGL ESを有効にしたSDL2を使うと、キー入力をした際、入力したキーが端末上にも打ち込まれてしまって非常に危ない。うっかり「rm *[Enter]」なんて打ち込んだ日にはどうなることやら。 *1

そのあたりのキー入力を無視する状態にできる、shut-term-keys というプログラムがあるらしいので、試しに導入してみたり。ちなみに、Raspberry Pi1上で gosu をインストール手順について説明してる、 _Getting Started on Raspbian (Raspberry Pi) - gosu/gosu Wiki で紹介されてた。

_inoremap/shut-term-keys: Workaround for keystrokes leaking into terminal on Raspbian

作業環境は Raspberry Pi Zero W + raspbian jessie。 *2

git でクローンして make してビルド。
git clone https://github.com/inoremap/shut-term-keys.git
cd shut-term-keys
make

shut-term-keys というプログラムが生成された。

使い易い場所にコピーしておく。今回は ~/bin を作って、そこに入れておくことにした。
mkdir ~/bin
cp shut-term-keys ~/bin

~/.bashrc を編集して、~/bin にパスを通す。
export PATH="$PATH:/home/USERNAME/bin"

反映させる。
source ~/.bashrc

これで、shut-term-keys というコマンド(?)が使えるようになったはず。

例えば love2d で使ってみる。
shut-term-keys love hoge
キー入力が端末に打ち込まれなくなった。ありがたや。
*1: OpenGL を有効にしたSDL2を使う場合は、こういった問題は起きない。あくまで、OpenGL ES を有効にしたSDL2を使ってる場合の話。
*2: Raspberry Pi Zero W + raspbian stretch では、音声を鳴らせる SDL2 がビルドできないので、仕方なく raspbian jessie を使ってる。

2016/12/01(木) [n年前の日記]

#1 [python] ドットエディタモドキをgithubにアップロードしておいた

Python + PySide + Pillow(PIL) を使って、ドットエディタモドキを作ってるところ、なのだけど。少しずつそれっぽくなってきたので、github にアップロードしてみたり。

_mieki256/stampixelart: Pixel art creation tool.

とりあえず、Python + PySide を使えば、こういうアプリを作れるようですよ、と実証するサンプルぐらいにはなっているかなと。

現状。 :

ここまで作ってはみたけれど。悲しいかな、今のところ、売りが無いなと。ドットエディタとしての基本機能すら満足に実装されてない状態なので、まだこれでは使い道が…。

RGBAブラシ画像の色を変えながら描画できたら新しい何かが見えてきたりしないか、とか、既に出来てるパーツ画像を気軽にペタペタやれたら何か見えてこないか、などと思って作ってみたものの。うーん。どうなんだ。

「ブラシの色を変える? そんなのフォトショでもできるじゃん」とか言い出す人だって出てくる予感。まあ、そのあたりは、 _2016/10/05の日記 を眺めてもらえば話が分かるだろうけど。

#2 [zatta] 流行語ってどこで流行してるのだろう

たまたまNHKをつけてたら流行語大賞なるものを紹介していて。選ばれた言葉が…。自分、「神ってる」なんて知らなかったんだけど…。ソレ、一体どこで流行してたの…。

ああ…野球関係から出てきた言葉なのか…。自分、野球は嫌いなもんで、その手のニュースの類は見てないから、完全に知らなかったですわ…。へえ。そうなんだ。流行ってたんだ。へえ。

ていうかNHKの番組の中でも、スタッフが街に出て独自に行ったアンケート結果と、大賞の結果が大きくずれていて、「どうしてこの言葉が選ばれたんでしょう?」と専門家と称する人に質問していて。つまり、TV番組の中でも疑問を呈されてしまうほどに、大賞なるものを審査してる人達の感覚や印象と、世間のソレが、もはや大きくずれている、ということなのかもしれないなと。

まあ、ジャンルの細分化が進んで、特定分野では流行してるけどその分野に興味が無い人は全くソレを知らない、てな場面が増えたのだろうと思わないでもないけど。例えばアニメのタイトルなんて、アニメに興味がない人達なら、まず知らないだろうし。もちろん、逆もしかりで。その言葉を知ってた人は「ええー、アレ流行ってただろー」と言うだろうけど、知らない人は「あ、そうなの?」みたいな。ますます更に温度差が、てな状況があったりするのだろうか。分からんですが。

それはともかく。気になったので選考委員を調べてみたら、やくみつる氏が居て、なるほどそれじゃこうなるわなと納得。

2015/12/01(火) [n年前の日記]

#1 [pc] ELECOM M-XGM10UB、ダメかもしれん

昨日購入した ELECOM M-XGM10UBRD を一晩使ってみたけれど。このマウス、ダメかもしれん。(自分にとっては。)

兎にも角にも拡張ボタンが押しづらい。これは厳しい。

音からして違うことに気づいたり。旧製品 M-XG1UB は拡張ボタンが「コチ、コチ」って感じだけど、新製品 M-XGM10UB は「カキッ! カキッ!」なわけで。

近所一帯が静まり返った深夜、部屋中に響き渡る「カキッ! カキッ!」。これはさすがに隣室から苦情が出るかもしれぬ。あるいは万が一職場で使おうものなら「カチャカチャカチャ、ターン!」ぐらいのレベルでウザがられる予感。…いやまあ、ちょっとオーバーに書いてますけど、そのぐらいの印象の違いが。

力を入れないと「カキッ!」にならないのもツライ。旧製品は、タブブラウザのタブを山ほど開いて、拡張ボタンを「コチコチコチコチコチ」と連打してあっという間にタブを閉じられたけど。新製品は、「ふんぬっ!(カキッ!)…ふぬうっ!(カキッ!)」って感じで、もう右肩がバキバキになってしまって痛み出してしまったり。

深夜の通販番組で、「今日からあなたも肩がバッキバキ! 新世代エクササイズマウス! ELECOM M-XGM10UB!」とCMを打てるんじゃないかなあ、ってぐらいにコイツはキツイ。…いやホント、右肩が痛くなって「イテテテ。今日はもう寝よう」となったぐらいに押しづらい。まあ、旧製品がそれだけ押しやすかった、ってことなんですけど。

要は、このシリーズ、5ボタンマウスじゃなくて、3ボタンマウス相当になったのかもしれず。盆と正月ぐらいしか拡張ボタンを押さない人なら不満は出ないのかもしれないけれど、四六時中拡張ボタンを連打してきた自分にとっては、絶望的なまでに合わないシリーズになってしまいましたとさ。とっぴんぱらりのぷう。

#2 [pc] 旧製品 ELECOM M-XG1UBを探しに出かけたり

「新製品はダメだ。コレは合わない」「旧製品を入手しないとツライ」と完全に分かってしまったので、市内のお店を自転車で回って、旧製品を探しまくったり。

家電店はもちろん、古いマウスをうっかり置き続けてそうなホームセンターも覗いてみたり。もし見つからなかった場合、手元にある壊れた個体を修理できないか模索するだろうから、Y型ドライバーも入手しないといかんのだけど、ひょっとするとホームセンターならY型ドライバーも置いてあったりしないかなと。

Y型ドライバーは、最初に回ったホーマックで見つかったので購入。てっきりAmazonじゃないと購入できないぐらいに珍しいドライバーなのかと思ってたけど、ホームセンターにも一応置いてあるのだな…。

その後、ダイユーエイト、ケーズデンキ、サンデー、ヤマダ電機を回ってみたけど。最後の最後、ヤマダ電機で、旧製品に遭遇。ラッキーだった。

ヤマダ電機も、店頭の展示棚には旧製品が一つも無くて肩を落としたけれど。ダメ元で、レジの店員さんに型番を伝えつつ尋ねてみたところ、レジの機械を「カチャカチャカチャ、ターン!」と操作しながら「データ上は倉庫に一つありそうなので探してみますね」との返事で。しかも、倉庫には色違いで2つも在庫があったとのこと。店員さん、ありがとう。本当にありがとう。尋ねてみてよかった。「そんなのあるわけないですよ」と養豚場のブタでもみるかのように冷たい目で言われるのだろうなーと予想してたので、マジで感謝ッス。

店員さんの話によると、先日、メーカの営業の方がやってきて、展示棚をごっそり入れ替えていったそうで。なるほど、それで、ケーズデンキもヤマダ電機も、店頭には新製品しか並んでなかったのか…。

せっかくだから調子に乗って2つとも購入。M-XG1UBBK と M-XG1UBSV。このタイミングで買っておかないと、おそらく今後、このマウスとは二度と巡り合えない気がする…。そしておそらく、これで計算上は、1台1年 x 2個で、2年程度は持ってくれるはず。…初期不良品でなければ、だけど。

帰宅後、2つとも動作チェック。一応動いたので大丈夫そう。もっとも、耐久性に関してハズレの個体を掴んでたら、あっという間に壊れる可能性もあるわけで。

仮に保証期間中に壊れたとして、保証書を持って店頭に持ち込んでみても、どうせ在庫は無いから交換できないだろうし。その場合は少々面倒くさいことになるんだろうな。

TTC製のロータリーエンコーダが入手できれば、自分で半田付けして修理できそうだけど。どうにかならないものか。まだ、A4tech製のマウスのほうが、部品を入手できる可能性がありそうな。

2014/12/01(月) [n年前の日記]

#1 [dxruby] DXRubyのSpriteのアタリ範囲について実験中

もしかして、Spriteのアタリ範囲は、x,y から相対座標で云々、ではなくて、画像の左上から相対座標で云々、ではないのかという気がしてきたり。てなわけで、そのあたりをテストするスクリプトを書いてるところ。

#2 [pc] SlideShareを試用中

_LibreOffice Impress で作成したスライドをPDFエクスポートして、 _SlideShare にアップロード。表示がおかしくないか確認してるところ。まだ公開設定にはしてないけど。

さておき。スライドを作成する際に、以下のスライドが勉強になりました。ありがたや。

_見やすいプレゼン資料の作り方 - リニューアル増量版
_表現力を上げる!Impressで美しいスライドを作る

と言っても、まだ全然このレベルには行ける気配がなかったり。数日前に触り始めた状態だから当たり前ですけど。

2013/12/01() [n年前の日記]

#1 [anime][prog][neta] 声優さんの演技と3回繰り返しとemacsのdmacro

物語シリーズを見ていたら、カイキ?なるおじさんが、鏡の前で自問自答するシーンがありまして。 「〜はどうだ?」「ノーだ」「〜はどうだ?」「ノーだ」…コレを延々繰り返す、というシーンだったのですけど。

おそらく脚本には、 「ノーだ」「ノーだ」としか書いてないと思うんですけど。声優さんの演じるソレは、同じ 「ノーだ」なのに微妙にバリエーションがついていて。たぶん即興で、次々に引き出しを開けていくんだろうなと。声優さんってスゲーと感心してしまったのでした。

いや、もしかすると、どれも同じ 「ノーだ」で聞こえるように演技してたのかもしれないけど。だったらゴメンナサイ。

さておき。そのシーンを見ていて、「おや?」と思った部分があって。1回目と2回目は、似た感じの 「ノーだ」だったのですが、3回目からちょっと演技が変わってきて。…たしかそうだったと思うけど。

なるほど、これは「3回繰り返しの技」だなと。1回目と2回目は似たようなソレで、3回目から飛躍するアレ。こういうところでも使えるのかと…。

そこでふと唐突に。「この、3回繰り返しって、プログラミングにも利用できないのかなー」と思ってしまったり。でもまあ、「お前何言ってんだ。バカじゃねえのか」と言われそうな話ですわな。全然ジャンルが違うだろ。何考えてんだ俺。

が、そこで、「アレ? もしかして?」と思い出した。emacs の dmacro って、ソレじゃないのかと。

1回目では、そのキー操作を人間が繰り返したいと思っているのか、emacs側では判断しようがない。しかし2回目なら、そこでキー操作が繰り返されていると判断できる。なので、3回目からは、dmacroのショートカットキーを叩くだけで、今まで繰り返してたキー操作が再生される。

なるほど、それで3回繰り返すのかと、なんとなく分かったようなな気分になってきたのでした。dmacroの処理内容と同じことを、娯楽コンテンツを見ているときの人間の脳も行っているのだろうと。2回目で、繰り返しが認知されるから、3回目で変化があれば面白く感じる…。そういう仕組みかー。

「それがなんなの?」「今頃そんなことに気付いたの? バカじゃないの?」と言われそうですね。スイマセン。自分、バカなんで…。今頃気がつきました…。

しかしコレ、ゲーム仕様にも利用できたりもするのかしら。二段ジャンプより三段ジャンプのほうが感覚的に気持ちいいとか。パンチを、ビシバシ、ビシバシ、より、ビシバシパーンのほうが気持ちいいとか。爆発音が、ボンボーン、より、ボンボンボーンのほうが気持ちいいとか。

いやー、ソレ、どうなんだろ。短い時間で行われるソレは、繰り返しが行われてると認知しにくいから、少し違ってくるのかな。もしかすると、同じ「魔力を持った数字」でも、7とか12のほうが効果があったりするのかしら。ボボボ、ボボボ、ボーン、とか。…いやいや。短い時間内に行われるソレは、どちらかというと音楽的なリズムのほうが絡んできそうな予感。

ちなみにdmacroってのは。 :

dmacro ってのは、キー操作の繰り返しを動的に行える拡張機能…という説明でいいのかどうか…。

_Dynamic Macro

コンピュータ上で動く各種入力システムに関して次々に成果を上げている Toshiyuki Masui 氏が作ったシステム、という説明でいいのかしらん。

本家は、emacs用の拡張として公開されてますが。自分は、連番にも対応した、 _ndmacro.l を、xyzzy 上で使わせてもらっていたり。ちなみに、emacs 用にも、 _ndmacro.el があります。

一応ざっくりと「売り」を説明。

一般的なエディタ上で、キー操作を繰り返したい場合は、えてして「キーボードマクロ機能」を使うのですが。
  1. 「キーボードマクロ記録開始」のショートカットキーを押す。
  2. 繰り返したいキー操作をする。
  3. 「キーボードマクロ記録終了」のショートカットキーを押す。
  4. 「キーボードマクロ再生」のショートカットキーを押す。記録した操作が再生される。

でも、人間って、頭が悪いわけですよ。「さあ、これから、このキー操作を何度も繰り返すぞー」と、あらかじめ気づけない時がある。カタカタ打ち込んでる最中に、「アレ? なんか俺、さっきから同じキー操作を繰り返してるぞ?」と、繰り返しのキー操作を始めちゃってから、ようやく気付く時が多い。

そんな時でも、dmacro なら大丈夫。dmacro を割り当てたショートカットキーを押すだけで、自分がソレとは知らずにやっていたキー操作の繰り返しを再生してくれるわけです。

さらに。「キーボードマクロ機能」は、3つのショートカットキーを使い分けないといけませんが、dmacro なら、覚えておくべきショートカットキーは、たったの1つ。それだけで、全く同じことができちゃう。

この dmacro に慣れてしまうと、一般的なキーボードマクロ機能は、ツラくてツラくて…。 *1

他のエディタも、dmacro 相当を実装すればいいのに…。

*1: まあ、一般的なキーボードマクロ機能は、マクロをファイルとして保存して、後で使いまわすことができるというメリットもあるんですけど。フツー、そこまでしなきゃいけない場面ってあまり無いので。

#2 [anime] 聖闘士星矢Ωの次回予告にシビレタ

次回は兄さんが頑張る回らしいのだけど。次回予告が…。

「闘争こそ本性! 煉獄こそ故郷(ふるさと)!」
「紅蓮の炎で体を冷やし、不死鳥は歩む…修羅の道を!」

ですよ。炎で体を冷やしちゃうあたりで、シビレました…。これぞ少年漫画ノリ。カッコよすぎて、逆に笑えてきたぐらい。いいぞ、もっとやれ!

こういうの、誰が書いてるんだろう。よくまあ、こんな文章、思いつくものだなあ…。

2012/12/01() [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 雪が積もった

とうとう福島県中通りの真ん中よりちょっと下でも雪が微妙に積もりました。以前からチラホラ降ってはいたらしいけど、積もるほどではなかった、ような。

#2 [zatta] 「原発」と「もったいない」

“原発”を相手に「もったいない」精神を持ち出して何かを判断し始めたら、それは死亡フラグです。「もったいない」は災厄を招く。気を付けないと。 こんな危険な判断基準がありますかね?

福島第一原発(以下、福一と記述)の爆発事故までの経緯を思い返せば、「もったいない」はヤバイと納得できるはずです。 そして地震。津波。大爆発。アレもコレも「もったいない」が原因。「もったいない」が正しい判断を叩き潰してきた。

「もったいない」精神は、現地で汗をかいて調べ上げた確かな事実も、その事実から裏付けられる正確な科学的予測も、 国を揺るがしかねない人災の予兆も、全て問答無用でゴミ箱に放り込んで無かったことにしてしまいます。

「もったいない」は、現状をさっぱり知らない会議室の連中が、その場の空気だけでなんとなく、間違った方針を気軽に選択する…そんな流れを容易に作り出してしまいます。

「もったいない」で物事を決めていると、後で泣いても取り返しがつかない、もっともっと酷い「もったいない」を、自分達で引き寄せてしまいます。「もったいない」にはそんな危険性がついて回るのです。

だから、原発でソレ持ち出しちゃダメです。原発に対して「もったいない」と思った瞬間、「あ、ヤバイ。コレ凄い事故起こすわ」とゾッとしてもいいぐらいですよ。

なのに、今、「もったいないから再稼働しろ」と言う人が居る…。

それ、フラグですって。考え方が福一の時と、まるっきりおんなじ。東電がやらかしちまった判断の仕方を、そのまんま貴方もトレースしてますよ。またですか。何度やらかすつもりですか。いいかげんにしてくださいよ。何も反省してないでしょ。

福一はどこで選択肢を間違えたのか、どうしたら事故を回避できたか、考えたら分かるはずです。原発で、「もったいない」は死亡フラグです。ソレが出てきたらヤバいんです。せめてこのくらいは肝に銘じてくださいよ。頼むから。

#3 [zatta] 「原発」を停止しておくことの意味

例えば、こういうことを仰る方が居るわけですが。
冷やし続ける為に電気が必要なのだから、止める事自体に意味は無い。むしろマイナスだ。

脱原発とか卒原発とか:島国大和のド畜生 より


どうしても、言いたい。「いや、そのりくつはおかしい。」

「停止中も(外部電源で)冷却する必要がある」と「停止に意味が無い」は繋がりが無いです。バグってます。a = 10; print c; みたいなもんです。変数cは一体どこから出てきたんだ…。 *1

落ち着いて考えれば、分かるはずですけど…。稼働状態と停止状態は、同じじゃないですから。大事故に繋がる確率、違いますから。だから、停止しておく意味はちゃんとありますよ。 *2 TVゲームで喩えれば…。 だから、停止しておく事に意味はあるんです。“絶対に事故を回避”する効果なんてたしかにないですが、大事故を起こす可能性は間違いなく減ってくれる。…TVゲームを遊んでる子供にだって分かりそうな簡単な話だと思うのですが。

もちろん、停止だけして安心してたらダメなんですが、それは後述。

それと。「止めるだけで問題が起きるわけないだろ。停止なんていつでもできる。だから停止に意味は無い」とでも思ってる人が居るような…。だとしたら、それは認識が甘い。

というのも。爆発事故後の2011年5月頃、菅の指示で浜岡原発を停止しましたが。あの時、停止するだけで、廃炉にしなきゃいけない(と一部で言われてる)ぐらいの事故を起こしましたよね? …しかもググってみたら、2005年に運転を始めた最新のABWR型の炉だそうで。昔の炉ならともかく新しい炉じゃねえか、どうなってんだ、と、恥ずかしながら自分も今頃ビックリしてるのですけど、それはともかく。

停止するだけでもコレです。悲しいかな、これが日本の原発クオリティでしょう。さて、これが真の緊急時だったら、本当に止まってたのですかね? 止まらなかったら、どうなるんでしょうね? 止まったとしても、汚染された冷却水が漏れる事故等色々ありえますよね。

そういう事例を知ってたら、多少の想像力があれば、あらかじめ停止しておくことが「マイナス」だなんてとても言えないはずですよ。停止してあるだけでも、「とりあえず第一段階はクリアできてる…停止時にも事故は起きなかった…ふぃーっ」と安堵のため息をつけそうなものなんですが。

それとも、「日本の原発は絶対に重大事故を起こさない!」と、「安全神話」を今でも信じ続けているのでしょうか。…どうも福一爆発前の認識のままな人、重大事故は二度と起きないと何の根拠もなく思ってる人が、散見されるような気がします。

福一は、アレでもまだラッキーなほうですけどね…。東京都民を避難させるシナリオを、菅や枝野が意識してた話を知りませんか。石原が都の消防隊をどうして福一に送り出したのか理由を考えたことないですか。当時、もっと最悪な事態を想定してたわけですよ。福一は、あんな酷いことになってるけど、アレでもラッキーなほうだった。もっと酷い事故が起きる可能性はあるのです。…なのに、なんで皆さん安心しちゃってるのかな。そのうえ、再稼働を要求してるのかな。アレから何かが劇的に改善なんかしてないんですよ?

もちろん、停止するだけではなく、停止してる間に安全対策を強化すること、新しい安全評価基準を作ってチェックすることが急務です。しかし、安全対策強化と言っても、今すぐできることには限りがあって。「今できることは…これぐらいしかない…」と仕方なくやってる策の一つが、「停止」ですよ。本当はもっと色々やらなきゃいけないのだけど、今はこれくらいしかできないんですよ。

なのに、この状態で再稼働しろとか。どんだけ考え無しですか。

再稼働したければ、安全対策強化をもっと強く要求してくださいよ…。先にやることあるでしょうが。

ところで。古文書には、貞観地震の8年後、14年後に、関東や関西にとんでもない地震が起きたと記録があるそうで。Wikipediaにすらそのへん書いてありました。…そもそも3/11が貞観地震のソレなのか、各地震が貞観地震と連動・関連性があるのか、それとも個別の周期を持っている地震なのか、そのあたり研究が進まないと分からないですが。しかし、古文書で記録が残ってるということは、そういう地震がこれから来てもおかしくない、とも言えますよね。

ピッタリ8年後、14年後に来るかなんて、誰にも分かりません。もしかしたら来ないかもしれないし、数分後にドスンと来てもおかしくはない。だから、原発の安全対策強化は、今すぐにでも必要なのだけど。しかしそんなにポンポンできることでもないので、今でも可能なことをやってくしかないわけです。でも、外部電源を少し増やすとか、停止するぐらいしかできてない。こんなんで無事に済むのかな。間に合わないんじゃないのかな。不安になるぐらいが妥当だと思うんですが…。なのに、こんな状態で再稼働とか…もうね…。

子供達が「津波がくるよ!」って叫んでるのに「津波なんてくるわけねえべや」と笑ってる爺婆のようです。来るかどうか誰にもわかんないけど、来ることを前提にして考えなきゃダメですよね。

などと書いたものの。どうもこの記事、事実誤認がありそうな気も。基本的な考え方はそんなにおかしくないのではと思うんですが…。間違ってたところがあったら指摘しといてください。
*1: 勝手な想像だけど。たぶんこの方は、「原発を停止してれば絶対に事故は起きないもんだ」と当初勝手に思い込んでたのではないかと。だけど、「停止してても外部電源で冷却が必要」という話を後になって知って、「え? そうなの? …チクショウ、騙された!」と思ってしまったのではないかと。…誰も騙してなんかいない。この人が原発の仕組みを知らなくて、勝手に思い込んでただけ。でも、一度、「騙された!」と感じてしまったものだから、そこでこの人はすっかり“感情的”になってしまって、「だったら再稼働しても同じじゃねえか!」と、冷静な状態なら出すはずもない、奇妙な結論を出してしまった…と想像するのですが。…たしかコレ、洗脳する時によく使う手だったような気がする。「騙された!」「騙されてた!」と思わせたらしめたもの、みたいな話を、学生時代に誰かに教えてもらったような記憶も。
*2: メルトダウンまでの時間については、浜岡原発を対象にしてシミュレーションしてたはず。このシミュレーション、発表した側は「ホラホラたったこれしか差が無いんですよ?」と思わせるために出した気配があるのだけど。「いやいやこんなに差があるじゃん!」とも読めるという…。

#4 [zatta] 「原発」と賭け

再稼働しないと経済が、って言ってる人が多いけど。変なこと言ってるな、と思います。

またあのクラスの、いや、アレより大きい事故を起こしたら、企業がどうとか電気料金がどうとか、そんな甘いこと言ってられない状態になると思いますが。東電が国の支援を受けることになった展開見てれば、ぼんやりとでもイメージできるんじゃないのかなあ…。

つまり、経済を重視してるから原発を停止してる、とも言えるんです。ただ、その場合の「経済」は、再稼働を要求してる人達が定義してる「経済」の、土台に位置する「経済」でしょうけど。

将棋盤の上に立てた駒が倒れる話をしてる人と、将棋盤ごと蹴り上げられる話をしている人が居るんです。停止を要求してるのは後者じゃないでしょうか。

再稼働して得られるのは、『火力発電を使っても得ることができる』発電量。しかし事故を起こしたら、国が膝を突く(?)ほどの経済的大ダメージ。賭けをして、勝って得るモノ、負けて失うモノ、並べてみてどうですか。これはちと、スケールが違い過ぎませんか? *1 例えばゲーム業界はハイリスク・ハイリターンの世界、などと言われますが。現状で原発再稼働を選ぶなんて、ハイリスク・ハイリターンじゃなくて、ハイリスク・ローリターン。まともな博打打ちなら最初から賭けに参加しませんよ。こんな旨みのない賭けがあるかよ。馬鹿馬鹿しい。

原発事故起こしてボロ負けして大赤字確定の負け戦がもう始まってるのに。これ以上大損害増やす方向で賭けを始めるなんて、頭おかしいです…。それとも、何か男の浪漫でも追いかけたいんですかね。それなら分からないでもないけれど。

いや、どのみち、停止をしていても、事故を回避できるかどうかの賭けに、日本人は強制的に参加させられてますけど。それでも、事故を回避できそうなほうを選ぶのがフツーじゃないですか。わざわざ事故が起きやすくなるほうをどうして選ぶんですか。…いや、分かります。「もったいないから」ですよね? 「もったいない」と思ってしまったから「動かしちまえ」って言ってるんですよね?

だけど、原発で「もったいない」はフラグです。もっと大きい「もったいない」を呼び寄せるんです。あの大事故から、せめてそれだけでも学んでくれないものかと。
*1: 「事故を起こさない可能性を除外してる」と言い出す人が居そうだけど。原発事故を起こしてしまった現在においては、何かにつけて、事故を起こした時の損害コストと絶えず比較しながら判断していかなきゃいかんでしょう。…福島第一原発の前に防護服を着ながら立って、「事故を起こさない可能性が」とスマホから投稿してみてくださいよ。いかに空虚な論説を自分が語ろうとしてるのか、気づけそうな気がしますが。…あのあたりでケータイ・スマホは使えるのだろうか? 基地局ってどうなってるんだろう?

2011/12/01(木) [n年前の日記]

#1 [anime] ファイブレインを見ながら思ったことをつらつらと

NHK教育で放映されているファイブレインというアニメを楽しく視聴させていただいております。パズルを主人公が解いていくことで話が進むアニメなわけですが。最初のうちは、主人公があっという間にパズルを解いていくので、「おいおいこっちが解いている時間が全然無いじゃん」とおいてけぼり感があったものの。そもそも自分で解かずに、主人公が解くのをボーッと眺めること前提なら、フツーに見れるなと。

で。以下、ファイブレインをキッカケに考えたことをメモ。

アニメとクイズバラエティ番組との違い。 :

考えてみれば、名探偵コナンも、謎解き時間・シンキングタイムをあまり用意してない気がしたり。主人公がスイスイと事件を解くのを眺めるだけ、みたいな。おいてけぼり感はドラマ要素でフォロー。いや、そもそもドラマがメインディッシュなのだろうか。

「もしドラ」アニメ版も、謎云々とは違うけれど近いものが。スタッフは、視聴者に対する経営哲学の紹介と理解の浸透をメインにせず、ドラマのほうに注力していた印象が。

対して、クイズバラエティ番組は作りが違う。出題した謎を、視聴者も一緒になって解けるだけの時間的猶予を与えてくれる。しかし、それでは間が持たないと判断したのか、タレントや芸人のリアクション映像をシンキングタイムの間に流し続ける。…タレントや芸人は、カメラで映されているせいか、次第に妙なテンションに変わっていって、ふと気が付くと叫び声やオーバーなアクションばかりで番組が埋め尽くされる。

そんなことをつらつらと考えれば。本来TV番組や映画などの映像作品は、ユーザに謎を解かせることには向いていないメディアなのかもしれないと。制作側が時間軸を完全に握っているメディアでは、謎を解くという楽しみをユーザに与えることはできない。各ユーザに適するシンキングタイムはそれぞれ違うのだから。その点、漫画、小説、ゲームは、時間軸の制御がユーザに任されている。謎を解く楽しみは、漫画、小説、ゲームこそが得意とすることなのだろう。

そしてまた、同じ映像作品であっても、ジャンルによって取り組む姿勢は違っている。

アニメは、視聴者に謎を解かせることを諦めた。ドラマに引き付けるための撒き餌として、謎を使うことに決めた。

バラエティ番組は、視聴者に謎を解かせることを諦めなかった。その代わり、番組内容の大半はタレントや芸人の奇怪な行動で占められてしまった。

「将棋はたしかに面白いんだけど、そんなことより将棋の駒を指で弾いて遊ぼうぜ」と言い出したのがアニメ。謎解きではなくドラマを見せることに、つまりはゲームのルールを根底から否定して、別のゲームのルールを持ってきた。

「将棋は面白いんだけど、待ってる間退屈だから楽器でも演奏するぜ」と考えたのがバラエティ番組。ゲームのルールはそのままだけど、周りで余計なことを始めてどっちがメインなのかやっぱり分からなくなった。

と、そんな状態なのかなと考えたりもしたわけで。

ちなみに、ドラマだのタレントだのを排除してしまうと、将棋番組になるなと思ったり。どっとはらい。

全然関係ない余談。 :

本編終了後のミニコーナーが結構楽しみ。あのコーナーを見ていると、世の中にはこんなパズルがあるのか、こんなパズルを作っている人が居るのかと、なんだか得をしたような気分に。平成若者仕事図鑑や、サラリーマンNEOの働くおじさんコーナーに近い何かを感じたり。

2010/12/01(水) [n年前の日記]

#1 [flash] ソース一式が送られてきた

中身を見て感心。以前のソースと違って、ファイル分け(クラス分け)とメソッド分けが、かなり出来ている。これなら、どこで何の処理をしているかが、メソッド名を読むだけで大まかに分かるし、バグが出ても該当メソッドの中だけ追えば把握できそうな気がする。別のプログラマーに何かしらの処理をお任せするときも、「このファイルだけお願いします」的な指示を出しやすいはず。このソースなら、今後もなんとかなるんじゃないか。たぶん。

とは言うものの。元々どうして、以前のようなソース ―― 1つのファイルになんでもかんでも詰め込んで、メソッド分けはせずインライン化ばかり ―― を書いていたのかは気になるところ。他のプラットフォームへの移植のし易さを考えて、なのだろうか。それとも、ActionScript という言語としてはちと非力なソレで処理速度を追求するために、なのだろうか。

が、しかし、その結果、バグが混入しやすい・バグが取れない・他のプログラマーに投げにくいソースになっていたのでは、元もこうもないだろうと思うわけで。一旦、バグが無いソース、分かりやすいソースを書いてから、その後、各プラットフォームに移植しやすい形に変更したり、処理速度の追及をするほうが、遠回りのようでいて実は近道なのではないか、と自分は思うのだけど…。まあ、このあたりは、各プログラマーの信条によるのだろうからアレなのだけど。

正直自分はプログラマーとして頭の出来がいいほうじゃないので、分かりやすいソースを書くことを心掛けないとハマってしまう。頭の出来がいいプログラマーなら、まるで自分がコンピュータにでもなったようにソースをスラスラ読めるのだろうから、分かりやすいソース云々なんてどうでもいいことかもしれないのだけど…。

2009/12/01(火) [n年前の日記]

#1 [windows] System Explorer のバージョンが上がってた

2.0 Beta4 が出ていた。アップグレード。

2008/12/01(月) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] HDDの中身を整理

ファイルが断片化して、目に見えて処理が遅くなった気がしてきたので整理中。パーティションを分けて使わないファイルは移動したほうがいいのだろうか…。

2007/12/01() [n年前の日記]

#1 [iappli] テスト中の地形表示プログラムを実機上で動作させてみた

P902iS上で動作確認。

処理速度的に話にならなかった。10FPSで回してるはずが、1FPSよりも遅い状態。ダメだ。この方法ではダメだ。完全にダメだ。別の表示方法を考えないと…。

#2 [prog] eclipse 3.3.1.1 をインストール

別プロジェクトを作成するついでに、eclipse を 3.2.2 → 3.3.1.1 に。以前と同様別フォルダに解凍。

eclipse.ini の記述内容がおかしいのか、起動時にエラーが。色々弄って下のような感じに。
-vmargs
-Dosgi.requiredJavaVersion=1.5
-Xms512m
-Xmx512m
-XX:PermSize=128m
-XX:MaxPermSize=128m
-javaagent:C:/usr/local/eclipse3311/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
-XX:PermSize は -Xms の 1/4 に、-XX:MaxPermSize も -Xmx の 1/4 の値にする必要があるらしい。

plugin 関係は以前のインストールとほぼ同様に。かつ、JStyle 、Aptana を追加。

#3 [anime] 電脳コイル、最終回

終わってしまった…。面白かった。最後のあたりはかなり駆け足だったような気もするけれど、風呂敷はちゃんと畳めたようで、イイ感じの終わり方になった、のではないかと。

次週からまた再放送が始まるというのがなんだかありがたいなと。

2006/12/01(金) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 日記を大量にアップロード

既に日記じゃないな…。いや、一応ローカルでは毎日作業内容その他をメモしているのだけど。

#2 [game] _PlayStation3初期不良まとめwiki

おお…。これはwikiの利点が活きてきそうな使い方。かもしれず。ユーザ一人一人がバグチェッカーに。<ソレもどうかと思うが。まさしく集合知。Web2.0の姿…になりえるのだろうか。よくわからんけど。 _(via 駄文にゅうす:2006年11月)

不具合内容をざっと眺めたけど。 :

どうしてこんな不具合が出るんだろう…。描画 or サウンドで出ている傾向はありそうだけど。…いや、描画も、サウンドも、目に見える・耳で確認できるものなので、報告として上がりやすいだけかもしれん。実はゲームの流れが変わってしまってるけど、そういった種類の不具合はなかなか気づかれないだけ。かもしれぬ。

何にせよ、これだけバグ報告が上がってくると、修正のしがいがあるだろうなぁ…。一つ直すだけで、色んなタイトルの色んな不具合が、どかっと一気に改善しそう。一般的なバグ修正作業では得られないであろう若干奇異な快感・貴重な体験を味わえる。かもしれぬ。

このデバッグ作業もWeb2.0的にできないもんだろうか。エミュレーション関係を全部オープンソースにしちゃって。あるいは、学生さんとかも参加できるようにしちゃって。皆でワイワイと直してく。無理か。商売上の問題が多々ありそう。つーか、開発関係は少数精鋭でやったほうが良さそう。チェック作業は人海戦術のほうが良さそうだけどど。

そもそも修正する予定があるかどうかも知らないのだけど。

#3 [nitijyou] 革靴を買ってきた

スーツに合うデザインの靴を持ってないので。 *1 買ってきた。

恥ずかしながらスーツなど滅多に来たことがない = おかしくない靴のデザインがさっぱりわからないので、親父さんと一緒に靴屋さんへ。「これはデザインが合ってるか」「これはどうか」と、逐一親父さんに尋ねながらの選定。

2軒ほど、2時間かけて探して、ようやく購入。店から家まで、履いて歩いて帰ってきた。

15分ほど歩いただけなのに。かかとが擦れて痛い。コレもダメだったか…。どうしよう…。

履ける革靴に遭遇したためしがない。 :

自分で買った革靴は、1足たりとも、足を血だらけにしないで済んだモノはなく。くるぶしに当たって血だらけになったり。かかとが擦れて血だらけになったり。

唯一履けた革靴は、学生時代に、仙台の靴屋さんで、中敷を調整してもらった1足だけ。しかしそれも、底に穴が開くまで履いたので、今は手元に無く…。

これがスニーカーだったら、980円のものをいきなり買って履いても不満は出ないのだけど。革靴とは、とにかく相性が悪い。

革靴はファッション ―― 肉体を傷めてデザインを獲得するもの、なのだな…。しかも社会から、実用性とか機能性などたいして考慮せず「そういうものだから」で強制されている。纏足とか首長族とかそういうのと変わらんではないか。 _「什の誓ひ」「ならぬことはならぬ」 と同じだ。思考停止だ。愚行・愚考だ。もっと改良できる・便利になる・快適になる可能性があるのに、その可能性をゼロにしている。腹立たしい。愚かしい。…が、自分も日本人なので、「長いものには巻かれろ」的に合わない革靴を履いて足を血だらけにするしかないのだった。

測定する機械を作れないだろうか。 :

現代の科学技術を持ってすれば、足の形を測定して、理論的にはこの製品が合うはず、的な商品提示が可能であってもおかしくはないだろうと思うのだが。眼鏡屋さんだって、機械を覗くだけで視力測定したりするではないか。何故靴屋にはそういうものが無いのだ。機械の上に足を置けばサイズや形状の特殊性が測定できて選定が楽になる、てな機械が靴屋さんに置いてあってもいいではないか。

と思ったが。眼鏡屋さんでもフレームの形等は、かけてみないと判らないか。

*1: いや、持ってはいるんだけど。全部足に合わなくて、履けたものじゃないので。

#4 [eclipse] eclipse 3.2.1 が出ているようなのでアップグレード

3.2 → 3.2.1 に。上書きコピーすると問題が出るらしいので、別フォルダを作成して、その中に解凍したファイルを移動。

Doja 4.1、subclipse、EPIC、PyDev、Editor Enhanncements、CrossJ PropEditor もインストール。 Windows Update 的なアップグレードの仕組みは作れんのかな。プラグインは比較的そういう感じになってるものもあるのだけど。eclipse 本体が…。

#5 [tv][movie] ALWAYS 三丁目の夕日がTVで流れてたのか

チャンネル変えたらスタッフロールが流れてた。全然知らなかった。失敗した。CGが見たかったのに。<君、気にするところが変だぞ。<いや、だって、白組の人が監督なんですよ、気にしないほうが変でしょ。<白組なんて名前を気にするところからして変だろ、フツーじゃない。

#6 [movie] _『海猿』がニューヨークでなぜか爆笑される!

鑑賞中、あきらかに日本人と反応が違っていたのは、主役の伊藤が携帯電話を使ってプロポーズする感傷的なシーンでは日本中が大号泣だったが、ニューヨーカーの目には「こんな状況下で携帯を4、5分も使いプロポーズまでする」彼を見て、爆笑していたことだ。

『海猿』がニューヨークでなぜか爆笑される! - シネマトゥデイ より

そんな話があったのか。…ギャグのパターンとして使えそうだなぁ。 _(via 海外「ANIME」「MANGA」100の質問 アニメの目ヂカラ)

#7 [web] _ネット上ではディスプレイから悪臭するんじゃないかって勢いで印象最悪だったのに、いざオフ会で会ってみるとえっイイ人じゃん!最高!!神!!!ってケース

それだ。それを狙っていくか。無理か。 _(via ARTIFACT@ハテナ系 - キャラを作り込み過ぎた人の話続き)

具体的にはどんなことを書けば悪臭が漂うのだろうなぁ。 :

アニメの感想書くときは「萌え〜萌え〜」とか書けばいいのだらうか。それとも「タクミ! ハチの腹を蹴るんだ! 今だ! キックを使え! 目だ! じゃない。腹だ!」とか。…何か違う気もする。つーか冗談&フィクションでも書いてて気分悪いな。

#8 [pc] _考古学プログラマ

その時代ともなると、コンピュータのプログラムは恐ろしいほどの複雑化・自動化が進んでいて、プログラマが自分でコードを書くなんてことはありえない状態になっています。じゃあどうするかと言うと、プログラマはアーカイブをほじくり返して「使えそうなコード」を探してきます。

Rauru Blog > Blog Archive > 考古学プログラマ より

例えば大昔文明が栄えた惑星の廃墟に出かけていって、残されたアーカイブから面白そうなコードを発掘してきて、それがどう役に立つか発見し、それを使ってなんぞアプリケーションを作る、というのが、考古学プログラマだそうです。

Rauru Blog > Blog Archive > 考古学プログラマ より

面白い設定だなぁ…! _(via 駄文にゅうす:2006年11月)

#9 [pc] _ごろねリターンズ

_ごろねリターンズ ごろ寝マウスとは

面白い。 _(via 全4話の脳内設定は特撮マニア必見! ハンディトラックボール「ごろねリターンズ」に涙しろ!)

#10 [anime] NANA、「そっか。んじゃ結婚すっか」の回

感想書くの忘れてた。

少女漫画にありがちというか定番というか、不良のように見えて実は優しい人的お花畑展開になってきてちとガックリ。…現実には不良はどこまで行っても不良なんだが。「ウザイ。堕ろせ」と言われたり。腹を殴打されたり。コンクリート詰めにされちゃったり。つーか望まない妊娠ネタで夢見せちゃいかんだろという気も。それともこれから地獄を見せるための前振りなのか。

前振りと言えば、HAPPYぶりを増幅させるためのトイレでゲーゲーだったのだろうなと今頃気づいた。…構成(?)が上手い、と感心すべき場面なんだろうか。

#11 [anime] Woo、2話目を見逃した

HDDに録画してたソレを再生したら。どうも放映時間帯が変更されていたようで。前半しか録画されてなかった。ショボン。…2話目にして、もう見逃すとは。いっそ切っちゃうか。でも、CGが気になるんだよなぁ…。

冒頭。球体と触手の戦い。素晴らしい。一応TVシリーズだろうけど、ここまでの画が出てくるとは。…でもコレ、1話のラスト近辺に置いて、シリーズ全体に対する期待に繋げて欲しかった感も。

科特隊関連設定が今一つ不満。 :

ネーミングも基地内装も、ありえないというか、リアルさ(?)が感じられなくて、そういうところで興醒めしてしまう。元々ウルトラマンを作りたかったらしいから、そういう色が濃く出ちゃってるのかもしれんけど。

大体にして、自分の作業場を無意味に暗くしてるとか、部署内に部署名のロゴをデカデカと飾ってるとか、そんな職場があるのかと。雰囲気作りとでも思ってるのかもしれんが、かえって雰囲気壊してるような。「こういう組織が現実にあったらどんな感じになるか」を真剣に妄想してみたのだろうか。自身の仕事場・内装を意識的に見渡してみたことがあるのか。科特隊に自分が配置されたとしてどんな職場だったら働きやすいと思えそうか等々想像してみたのか。…子供の頃にTVや雑誌で見た、いかにもなビジュアルを、考えなしにコピペしてるだけじゃないのか。どうせコピペするなら現実にあるものをコピペすればいいのに。アニメ畑はそうやって興醒め部分を少なくしようと努力してるのに、どうして実写畑は安易に逆方向に行っちゃうんだろう。…でも、そっちのほうがセット作るときに安く上がったりするのかな。ギャフン。みんなビンボが悪いのや。

などと書きつつも。内装を青系でまとめてるのは、該当組織の、主人公に対する非人道性(?)を感じさせるためかな、などと想像しながら眺めたり。軍隊だか調査組織だかの職場に対して、お店の内装・配色センスに近い感覚でデザインしてる。ということだろうか。

#12 [web][prog][hns] _動的生成と静的生成

処理結果のキャッシュを残しておいて、必要に応じて再利用するなんて、概念としては基本中の基本だよね。動的生成の Web 日記システムの先駆けであるところの HNSや TDSではごくあたりまえに実装されてるし、

どさにっき より

という話を読んで、思い出したり。

_古い記事の削除
重くなってきてましたので、古い記事を削除しました。

A Way Out より

hns は古い記事が増えると重くなるツール、ということなのか。…どういう仕組みで重くなるのか、よくわからない。

#13 [zatta] _ルールを守らない人はダメ人間か

_草日記 - 道徳的命令に従う訓練ばかりやってると、メリット・デメリットを考えて選択肢の中から合理的なものを選び取るのがヘタクソになりそう

そんなときこそ _会津藩の「什の誓ひ」 の出番。「ならぬ事はならぬ」で頭ごなしに抑え付ければ問題解決。…そして、会津白虎隊的な悲劇、いや、喜劇が繰り返されるのかもしれないと思った。

#14 [game] _Wiiのプレイ映像いろいろ

なんか非常に楽しそうなんだけど。 _(via 動画:Wiiをプレイする人たちっ!)

2005/12/01(木) [n年前の日記]

#1 [flash] Flash Creator 1.6 ではSVGが読めないっぽい

ヘルプには「SVGも読める」と書いてあったので、Inkscape で作成したsvgを読ませてみたのだけど。「読めませんでした」と言われるわ、読めてもグラデーションが消えてるわ、読んだデータを編集しようとしたら不正終了するわで。一体、どういうレベルで、「読める」と判断してるのだろうか。

塗りつぶしのみにしたsvgを読んで、グラデーションを Flash Creator 上で設定しようとしたけれど。一切塗りを変更できない。トホホ。

FreeHand 8 で emf 出力したものを読ませてみた :

グラデーションが、1本1本の線に。酷い状態。emf保存される段階で分解されるのか、それとも Flash Creator で読んだ段階で分解されるのか。

wmfやaiにして読んでみた。どれもグラデーションが分解される。ということは、Flash Creator が分解してる可能性が高い、ということだろうか。

ドローデータに艶かしさ(?)を付随させるにあたって、グラデーションは必須だろうと思うわけで。そのグラデーションが、外部ツール上でのデータ制作時に全く利用できず、最終的には Flash Creator上の、極めて使いづらいグラデーション設定でfixしなければならないとなると。ドローデータを扱うことを主目的とするなら、Flash Creator はかなり厳しいツールであると言わざるを得ない。とはいえ、この価格で、ActionScript を扱えるだけでもグッドではあるのだけど。…いや、ActionScript 1.0 相当ではあるけど。

複合パスの問題 :

FreeHand から ai で出力したものを Flash Creator で読み込むと、複合パス(?)が無効になるようにみえる。例えば、「○」なんて文字は、中が抜けてるわけだけど。Flash Creator で読むと、「○」が「●」になってしまう。

FreeHand から、emfで出力 → Flash Creator で読んだ場合は、そうはならないみたい。ただし、書き出す段階で、テキストはパスに変換、グループは解除、等しておいたほうがヨサゲ。

Flash Creator 上で、emf 経由で読んだデータの塗りを変更してたら、複合パスを使ってるらしき図形の塗りが無効になってしまう。うかつに弄れないな…。

精度の問題 :

読み込んだ emf の図形を拡大して表示してみたら、かなりガクガクしていた。どうやらある程度、直線に変換されてしまう模様。直線主体の図形を読む分にはいいけど、曲線を多用した図形の場合は、ちょっと考えないといけない予感。

wmf で読み込むと、ガクガクが減るような。気のせいかしら。

#2 [web] Googleっていつから検索結果の数を出さなくなったのだらう

困ります。色々と。

自分の使った単語の綴りが、一般的な綴りと合ってるかどうか、調べることができないじゃないか。

2005/12/04追記 :

ツッコミをもらって確認してみたら、ちゃんと検索結果の数が出てますな。

どうやら自分、疲れてるのかもしれん… orz

この記事へのツッコミ

Re: Googleっていつから検索結果の数を出さなくなったのだらう by けいと    2005/12/03 19:42
普通に出てますが?
Re: Googleっていつから検索結果の数を出さなくなったのだらう by mieki256    2005/12/04 02:21
> 普通に出てますが?

アレ? ホントだ…。ちゃんと出てますな。
ヤバイ。自分、脳が疲れて、見落としてしまったのだろうか…。

#3 [cg_tools] png中の特定の色を一括で透明にしたい

Photoshop 5.0 のバッチモード(?)でどうにかできそうだけど、下手にガンマ値が保存された png だと色がおかしくなる可能性が。いかんせん、5.0 だから。ならば、ImageMagick でどうにかならんか。

_AzConvPNG - 画像をファイルサイズ重視でPNGに変換 :

透明色(透過色)設定もできるらしい。かつ、フォルダに対して一括変換も可能らしく。試してみたり。

フォルダ一括変換時には抜いてくれないのだな… orz

ImageMagickで最初からやればよかった :

mogrify -transparent "#f600ff" *.png
これだけだった。

mogrify は、元のファイルに上書きするので注意。

Flash Creator に取り込む :

swftools を使って、複数の png を、一つの swf にする。
png2swf -r 15 -v -o all.swf hoge01.png hoge02.png hoge03.png ... hoge99.png
Flash Creator で、「ファイル」→「ライブラリに読み込み」をして、一つにまとめた swf を開く。

#4 [nitijyou] 各種端子 or 切替器の接触がよろしくない

ゲーム機関係の商品としてよく店頭に並んでるような、ダイヤルを回して切り替えるビデオ切替器の類を介してビデオとTVを繋いでるのだけど。どうも接触がよろしくないようで、画面が暗くなったり、音が片方しか聞こえなかったり。どうにかならんか。

TVを見るときは、妹から譲り受けたコンポのアンプを介してヘッドフォンで聞いているのだけど。これまた端子がおかしくて、いつのまにやら片方しか聞こえなくなる。そのたびに、ヘッドホン端子をグリグリ。どうにかならんか。

2004/12/01(水) [n年前の日記]

#1 [web] サイトマップ作成の方法

親父さんから、 _こういう感じのサイトマップのページ を作りたいのだけど、と相談が。

綺麗に線を引かなきゃならない、となると、FLASHとかかなぁ…。いや、Excel等の表計算ソフトで作ったりもできそうだなぁ。…色々考えたけど、Photoshop Elements あたりで、線の部分に相当する画像をいくつか作って、ホームページビルダーでtableを作成して、作成した画像をD&Dしながら作っていくのはどうか、と提案。

提案した後で、ホームページビルダーのヘルプを見たら、サイトマップ作成機能がついてることを知った。ギャフン。ということで、まずはそれを試してもらってから、という話に。

しかしスゴイな>ホームページビルダー。何でもついてるのですな。

#2 [cg_tools][digital] ブルーバック合成の真似事をしてみようと

背景に色画用紙を置きつつデジカメで撮影。
撮影風景
「針金で持ち上げる」方式で宙に浮かせてみたり。

「持ち上げる」方式は手軽に試せるけど、その都度高さを調整するのは難しそう。ひょっとすると、吊り方式のほうが、高さ調整については楽なところがあるのかな。けど、姿勢の固定が難しそうな気もするし。いや、そもそも吊り方式は、大掛かりにもなりそうか。釣竿の先にぶら下げて、という手もあるだろうけど、その場合は高さを固定しにくいだろうから、たぶん滑車か何かを使って高さを固定・変えたりするのだろうと妄想。どんどん大掛かりに。…大掛かりになってもいいなら、持ち上げる方式だって、どうとでもなりそうな気がしてきた。いや、そもそも立体アニメなら、宙に浮いてる高さが違うモデルを複数作成して撮りそうな気もする。そのほうが、細かい調整が可能だろうし。

関係ないけど、汚い部屋だな…。針金を抑えてるのは、目覚まし時計だし。色画用紙を立てかけてるのは、購入後、未だに片付けてないTVの箱だし。横には出しっぱなしの卓上扇風機が。まあ、リアルでいいか。<何が「リアルでいいか」なんだか。

撮影機材 :

今回は、Canon PowerShot A300 +三脚で撮影。というのも、夜に、部屋の中で撮影してるので。

FSTYLE-miniで撮影しようかとも思ったけど、デジカメ単体で撮影しようとすると、暗い場所ではシャッターが押せない。かと言ってフラッシュをONにすると変なところまで光ってしまう。USB接続をして、PCカメラとして使えば、暗くても文句を言われずに撮れるけど。添付のUSB接続ケーブルがそれほど長くないので、対象物を撮影できるところまで持っていけない。ということで、A300の出番。

A300をマニュアル設定にして。ホワイトバランスはオート。ISO 50。セルフタイマーを使って、手ぶれしないように撮影。

640x480で撮影してたつもりだったけど、2048x1536で撮ってた。マニュアル設定に変えたとき、指定するのを忘れてしまったらしい。藤-Resizer-で、640x480に縮小して作業。まあ、手持ちのA300は、CCDのドット抜けがあるので。縮小するとそのへんわからなくなるあたり、ちょうどいいのかもしれない。

色を変えつつ撮影してみた :

対象物に対して特定の背景色なら透明にしやすかったりするのかな、と思ったので、試してみたり。
色紙を変えつつ撮影した画像
A300のオートホワイトバランスが色々やってくれるのか、対象物の色・明度が、かなり変わってしまう。ホワイトバランスをマニュアルにして撮ったほうが良かったかしら。

さておき。対象物が一番見えやすいのは、背景が青の場合かなぁ。まあ、対象物の色にもよるのだろうけど。

撮影していて気づいたのだけど、背景に落ちる対象物の影が邪魔かも。そういや、特撮の撮影現場の写真なんかを見ると、後ろに見える青いシートが、なんだか明るく光ってるような気もしたり。何かノウハウがあったりするのかもしれない。

GIMPの「色による選択」で透明にしてみた :

48ぐらいで。
背景を透明にしてみた画像
対象物のみにしてみると、色が違っているのがハッキリ判る。…あー。今思い出した。A300の設定で、「くっきりカラー」を選んでたような。それで色が変わってるところもあるのかな。

それはそれとして。エッジ(?)がかなり残ってしまう。どの色も変わらない。試した意味なし。

GIMPのフィルタメニューを眺めていて思ったけど。ひょっとすると、サクッと透明にできるフィルタがあったりするのかもしれない。ただ、メニューが英語だから、何が何やらわからないけど。

さておき、いよいよ数コマほど撮影し始めたら :

A300のバッテリーが切れた…。なんか以前に比べて切れるの早くないか。予備のバッテリーに変えたけど、そちらもすぐ切れた。むぅ。リフレッシュしないとダメかしら。

リフレッシュ機能つきの、SONYの充電器を使ってるのだけど。リフレッシュって、ずいぶん時間がかかるなぁ…。4、5時間経ったけど、まだリフレッシュ中で、充電段階に入ってない。取扱説明書を読んだら、8時間かかると書いてある。トホ。こりゃ、実験は明日だな。

#3 [cg_tools] GIMPのGAPをインストール

GIMP Animation Package。略してGAP。動画を作成できるplugin。 _こちら から、GIMP 2.0用をDL。解凍して.exeを実行すると、GIMP 2.0 をインストールしたフォルダにインストールされる。

のだけど。GIMP 2.0 を起動したら、DOS窓(?)がパカパカと大量に開かれた。うーむ。…でも、2回目の起動は大丈夫だった。何だったんだろう。

Videoなるメニューが追加された。これがGAPかしら。…うっ。Videoメニューから何か選ぶたびに、DOS窓が開く。うーん。特に、Next Frame、Previous Frame でパカパカ開くのが個人的には致命的かも。動きが確認しづらい。

常駐ソフトが悪さをしてるのかと思い、全部終了させてみたけど、変化無し。 *1

まあ、前のバージョンを使えばいいという話も。そっちは出ないし。

Videoメニューを覗いたら :

bluebox なる項目が。英語だらけでさっぱりわからないけど、ひょっとしてクロマキー(?)合成ができてしまう機能なのか? だったら嬉しい。…けど、このパカパカDOS窓状態ではなぁ。(;´Д`)

_GIMP 2.0 for Windows 用プラグイン :

GAPとは関係ないけど、4つほど2.0になかった? plugin? が。どこの誰かは知らないけれど。ありがたや…。

*1: ちなみに、ウチのWinXP環境では、 _ToClip を常駐させてるとGIMPの動作に問題が出てくる。GIMPのバージョンに関係なく、GIMPのpluginを実行しようとした時に固まってしまう。Win98では、不具合が出ないんだけど。謎。

#4 [digital] _クロマキー

なんかオイラのやってるのは微妙に違う気がしてきた。いや待て。色選択で選択範囲を作ってそこを透明にしてるのだから、やってる内容は合ってるのかしら。さて。

#5 [digital] Canon ZoomBrowser EX 5.0 をインストールしてみた

相変わらず重い。フォルダ内のズームとか、たしかに面白いんだけど。ウチのPCは非力なので、重い。開発者達は、最強に極まったスペックのマシンで開発してるに違いない。かどうかは知らないけど。ともかく、ズームはOFFにした。…ちと寂しいス (つД`)

JPEGの回転はどうなってるんだろう :

「環境設定」を見ると、 _相変わらず、 JPEGの回転時に、ロスレス回転をしていないように見えるのだけど。コピーした画像を回転させて『再圧縮』して、しかも元画像に上書きするのがデフォルト設定っぽい。なんだかな。 *1

と思ったら。起動時のヒント表示で、
Exif以外のJPEGファイルを回転すると、画質が低下する可能性があります。オリジナル画像を回転するか、コピーを回転するか、選択できます。
とあった。

「Exif以外のJPEGファイルを〜」とわざわざ書いてあるということは…。Exifの場合であれば、ロスレス回転してるのだろうか。あるいは、Exifとやらには、実データを回転せずとも、回転して表示する旨の別情報を入れて、ビューワーによっては回転した画像を表示することができたりするのだろうか。

ZoomBrowser EX のヘルプを見てみた。…相変わらず、そのあたり、何も書いてない。ように見える。不親切。

_「Exif情報を回転」「Exifファイルの場合、実画像ごと回転」とは? :

Exifで定められた画像の付属情報として、画像の向きを示す情報があります。「Exif情報を回転」を選択した場合や「Exifファイルの場合、実画像ごと回転」のチェックを外して回転させた場合は、この向きの情報を変更することにより、画面表示のみを回転させており、実際の画像は変更しておりません。Exifに向き情報がない画像、Exif情報そのもがない画像(BMPなど)または「Exifファイルの場合、実画像ごと回転」を選択した場合は、実際の画像を回転させます。その際に伸張・圧縮が行われますので画質が若干劣化します。
Panasonic製デジカメの、画像ビューワーのQ&Aページから。Panasonic なら、書いてある。

Canon のサイトで同種の情報を探してみたけど見当たらず。単に自分が見つけられないだけか。それとも最初から情報を置いてないのか。

とりあえず、Exifの中に画像の向きの情報は含まれているらしい。ということは、ZoomBrowser EX がやっている回転処理は、Exifの付属情報を書き換える処理、と予想していいのだろうか。…いや。それはあくまで、自分の勝手な想像・予想でしかなくて。本当にそういう処理をしているかどうかは、現状では、開発者にしかわからない。何せ、ヘルプにも、メーカサイトにも、そのへん何も書いてないわけだし。 *2 メーカ側がちゃんと説明をしていない以上、この機能は使わないほうが安全な気もする。何をされるかわからん。

ということで、そのへん書いといてくれないかなぁ>Canon。とは思うのだけど、バージョン情報のあたりを眺めた感じでは、開発してるのは海外の人達みたいだし。開発者に問い合わせてドキュメントに反映させるのに手間隙がかかるから未だに書いてないのかもしれない。かどうかは知らないけど。…なんとなく、Canonのユーザ層とPanasonicのユーザ層は違うのかも、と想像したりもする。…ぶっちゃけ、Canonのユーザは、画像情報を極力劣化させずに残す、ということに対して無神経・鈍感なユーザが多いのかもしれない。 *3 …って、たかだか1つの情報がメーカサイトに載ってるか載ってないかで、そういう判断を下してしまうのは、ちと無理がありますな。

*1: JPEG画像で、特に工夫もなく回転→再圧縮を繰り返したら、 _画質が劣化していく わけで。ということで、せめて、 _回転やトリミングぐらいは劣化させずにすむソフト_あったり もするわけですが。ただ、画像サイズが区切りのいいドット数でないと、それらの処理の恩恵は受けられないという制限もあったり。
*2: それとも見落としてるのかな>自分。見落としだったら、スマソ。
*3: 絵作りからしてそうらしいし>Canonのデジカメ。細部とか潰れてノッペリした感じになるとの評が大半なようでもあるし。もっとも、その分、違う何かをデジカメに求めてるユーザ層なのだろうな。どっちが良いとか悪いとか、そういう話じゃないよな。たぶん。

#6 [vine] _[vine-users:066774] upgrade to 3.0 from 2.6 by apt

_[vine-users:066903] Re: upgrade to 3.0 from 2.6 by apt
_[vine-users:066905] Re: upgrade to 3.0 from 2.6 by apt
_[vine-users:066906] Re: upgrade to 3.0 from 2.6 by apt
_[vine-users:066927] Re: upgrade to 3.0 from 2.6 by apt
_aptによる3.0へのアップグレード
_Vine Linux アップグレード : Hiro's Bar - B-Wiki
_ Vine Linuxをアップグレードしてみましたが・・・

2003/12/01(月) [n年前の日記]

#1 センサライト

昨日、親父さんが車庫の横にセンサライトをつけた。うむ。便利じゃの。家の前を車が通るだけで点いてしまうのはアレだけど。ボンネットの熱に反応してると聞いた。

屋内用は無いのかな :

スイッチを押さずして明かりが点くのは意外に便利。屋内用は無いのだろうか。といっても、コンセントから電源を取るのでは設置が面倒臭い。白熱電球や蛍光灯のソケットにそのまま入ったら導入が容易だろうなって蛍光灯は _仕組み からして無理っぽい。ライトそのものよりスイッチ部分を取り換えるほうがまだ現実的かも。

_センサライトが原因で火災発生 :

ちと気をつけやう。

#2 [pc][linux][debian] ALSAとxmms

ALSA の動作確認。利用サウンドカードは Labway Xwave 5000(YAMAHA YMF724)。kernel再構築の際にalsaモジュールも作ったところで作業が止まってたのだけど、起動したら自動的に ymfpci その他が読み込まれていた。ラッキー。

ミキサー設定は root になって、
# amixer set Master 80% unmute
# amixer set Wave 80%
# amixer set PCM 80%
# alsactl store
ぐらい。WaveとPCMの違いはわからないけど。YMF724は音量を100%にすると音が割れるので少し小さい値に。

/etc/group 中の audio の末尾に音を鳴らしたいユーザを追加。

aplay 〜.wav としたけど鳴らなかった。OSを再起動後、再度試してみたら鳴った。

xmms :

MP3再生ができるらしい xmms なるソフトを起動してみる。うわ。WINAMP にそっくり。Windowsパーティションから WINAMP の Skinファイルを持ってきて ~/.xmms/Skin/ に入れてみたら、あっさりSkin変更ができてしまった。ホントにWINAMPだ。

krxvt 上から xmms と打ったら、起動はするものの、libナントカが足りないとエラーが。root になって、aptitude で推奨パッケージを入れたらエラーは出なくなった。

Windowsパーティションに転がってたMP3を鳴らしてみた。問題無し。鳴った鳴った。

apt-cache search xmms としたら、再生時に音量を統一するらしい効果pluginがリストアップされた。apt-get install 〜 で導入後、オプション→設定 で効果pluginを有効に。頭から音が鳴ってるデータは、最初若干音量がおかしくなるけど、それ以外は問題無く再生されてる。いい感じ。

設定ダイアログを眺めてたら、OSSが選択されてた。…なんで鳴ってるのだ。ALSAにしても同様に鳴る。実はALSAが使われてたのだろうか。

#3 [pc][linux][debian] emacs20、21、xemacs21

せめてhnf記述が楽にできる環境にしたいので、emacsを入れようかと。しかし、emacs20,emacs21,xemacs21 のどれを入れたらいいのか悩む。emacs と xemacsは別物と解説してるページも見かけたけれど、何がどう違うのかよくわからない。

とりあえず、新しい方がいいのだろうと、emacs21 と xemacs21 を入れてみた。

xemacs21 は xemacs21-mule-canna-wnn を入れたせいか、すんなり漢字入力が出来たけど、emacs21(X版)は漢字入力時に「頻度ファイルを作るか?」と何度も聞いてきた。頻度ファイルってなんだ? とりあえず「Y」を押しちゃったけどいいのだろうか。

~/.emacs と ~/.xemacs/init.el :

xemacs21 の設定をしようとして、~/.emacs に各tipsページから色々コピペで追加してみたものの、どうも反映されてる気配がない。解説ページを眺めたところ、どうやら xemacs の場合、~/.xemacs/init.el に記述するのがポピュラーらしい。それとも、~/.emacs 中の emacs・xemacsの条件分岐を見落としたか>自分。

マウスホイール :

ホイールを動かしたらブザーが鳴った。対応してないのか。 _こちらのページ から該当部分を ~/.xemacs/init.el にコピペしたら動いた。emacs と xemacs では記述内容が違うようだけど、やはり別物なんだろうか。

load-path :

hnf-mode.el を導入したいのだけど、「load-path の通ったところ」とやらがわからず。 _こちらのページ を見つけて試してみるも大量のpathが出てきてパニックに。

慣習としては、どこに入れるのが正解なのだろう。/usr/local/lib/xemacs/site-lisp/ あたりか。それとも ~/.elisp とやらを作って load-path に加えたほうがいいのか。

#4 [pc][linux][debian] NumLockをONにしたい

BIOS起動時はNumLockがONになってるのに、Linuxが起動するとOFFになってしまう。うっかりテンキーを押して「アレレ?」的事故が多発。Linux起動時もNumLockをONにしたいなぁ。

numlockx :

なんでも、 _numlockx というパッケージがある らしい。後で試してみよう。そういや gentoo を入れた時も _numlockxを使ってた のだった。

setleds :

_setledsを使うか、kernelソースを変更する方法もある らしい。現状の Debian にも setleds は含まれてるみたい。

2002/12/01() [n年前の日記]

#1 AWTとSwingとPopupMenu

JAVA勉強中。
AWTとSwingを混在させると良くないのですね。あと、PopupMenu、実現できました。 _


??( ̄□ ̄;)!!
キングゲイナー、無料放送やってたの!?
JAVAの勉強に夢中になってて、全然知らなかったです…
なんてこった…失敗した…ガックリ…

2001/12/01() [n年前の日記]

#1 未来のプリンセス?

無事に産まれて良かった、良かったよ〜 (´▽`) >天皇のお孫さん

でもなんだか今一つ、静かな報道のような気も。
無事に産まれたのだから、もっと大騒ぎしてもいいと思うんだけど。
お世継ぎ誕生じゃなかったから…なのかな。
こんなところでも男尊女卑かな。考えすぎかな。

個人的には、男性の天皇より、女性の天皇を希望してたり。
そのほうが、国内外にウケがいいと思うから。


歯医者に予約入れてたんですが、起きられなくて、キャンセル。


従兄来訪。
欲しいアイテムをネット検索し来たんですが、やっぱり見つからない模様。
それ以前に、メルアド無いと通販使えないみたい。

2000/12/01(金) [n年前の日記]

#1 アプグレド2

歯医者へ。
次は一週間後。

メインPC、動いた模様。

FCPGA→Slot1変換カードをつけたら、M/B(MSI MS-6163)のBIOS(Ver.2.5)でV-core1.65V指定が可能に。一安心。
さすがに倍率x10.5設定なんてのは無いけど、一応起動時、PenIII 700MHz,66MHzと表示されてるから大丈夫じゃないかと。

U-ATA100のHDDも無事使えそう。
format後は問題無し。DMAにチェックもOK。
途中、fdiskでパーティション切っただけの段階では、「MS-DOS互換モードでアクセス中」となっててドキドキしたけど。

只、DOS/Vマガジンの記事によると…
U-ATA33で認識されると互換性維持優先で動く為、本来の性能よりはるかに低い状態で動作するそうで。
U-ATA66/100対応拡張ボードをつけて利用するほうが、同じHDDでも速度の違いが出るとかなんとか。
オイラの知らない間に、HDDの物理的な面でも、U-ATA33の規格限界を一応超えてたのか。
それとも最新規格を推進させる為のトラップ?
とりあえず、明日ベンチマーク取ってみるつもり。
今まで使用してたQuantumのより、速度上がってればそれだけで嬉しいし。

しばらく動かしてたら突然サイレン音。なんだ?
システム状態検出ツールのPC Alertが異常を検出したらしい。
CPU-Fanが異常回転。V-coreもゼロになってる。

…でもCPUは動いてる。温度も変わってない。
CPU-Fanの回転数検出がちゃんと動作してないだけ?
MSIのサイトで最新版のPC Alertを入手してみようか… (-_-;)

1999/12/01(水) [n年前の日記]

#1 (NoTitle)12月です。さすがに寒...

12月です。さすがに寒いです。

なんだか一日中寝てたような。
ビッグオーを見るために起きた、みたいな。

でじこを見た後チャンネルを変えてたら頭文字D second editionなるものが放映されてたので、つい見入ってしまったり。
CGの車っていいな。こういうカチッとしたものの作画はどんどん機械にやらせて楽をして、それで浮いたアニメーターさんの労力をCGじゃ描けないような部分に生かしていく、というのが理想なのでしょうね。といってもまだ機器導入のコスト、モデリング時間、レンダリング時間、セル画面とのマッチの仕方等、CG導入(特に3D)に関して問題は色々と多いのでしょうけど。
そういえばコレってデジタル彩色でしたっけ。画面がスクロール(こういうのなんて言うのでしょう。パンとかフォローとか?)する時なんとなくなめらかな感じがしたのですが。コレだけに限った話ではないですが。
24コマと30コマの違いかな。でもそもそも30コマなのかな。今までの制作環境を優先して24コマのままとか。謎。
解像度も気になるです。ゲーム機(解像度320x240〜640x480)でドット単位以外の値でスクロールさせるとかなりギクシャクするものですが、アニメの場合、もっと解像度が上なのか、それとも合成(撮影)時にドットより細かい単位で処理できる仕組みになってるんでしょうか。謎。
とか見る分にはどうでもいいことをモヤモヤと考えたり。まさにイヤなタイプのオタクですな。

以上、20 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2019/10 - Next
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project