mieki256's diary



2018/12/24(月) [n年前の日記]

#1 [pc] ペーパークラフトを作成

以下の記事を眺めてるうちに、なんだかムラムラと作りたくなってきた。

_Apple II、Amstrad CPC 464などのペーパークラフト。自分で印刷できます | ギズモード・ジャパン
_Apple II - Papercraft Design - Rocky Bergen
_Commodore 64 Papercraft V3 - Rocky Bergen

ということで、作ってみたり。

papercraft_c64.jpg


憧れのコモドール64…。もっとも、当時の自分が憧れてたのは _VIC-1001 だったけど。

思ったこと。 :

「ペーパークラフトと言えば厚みのあるマットフォトペーパーだろう」と、安易に Canon マットフォトペーパー MP-101A4 を発掘して印刷してしまったのだけど。失敗した…。普通紙に印刷すれば良かった…。コモドール64は丸みのあるデザインなので、マットフォトペーパーは暑過ぎて丸みがつかない…。たぶんコレ、普通紙ならそれなりに丸みがつけやすいのだろうなと。

相変わらず思ったけれど、糊付けがやはり面倒臭いなと…。大体にして、紙とカッターならどの御家庭にもあるだろうけど、糊って今時はあまり無いよな…。少なくとも自分の部屋には…固まってしまった木工用ボンドや、封を切ってない瞬間接着剤はあるけど…。

糊付け不要のペーパークラフトって、作りづらいのかな…。ノウハウが必要だろうな…。

#2 [pc] MZ-80Kの写真画像を眺めてる

コモドール64のペーパークラフトを作っているうちに、どうせなら日本国内で普及してたPCのペーパークラフトを作りたいよなと思えてきて。そんなわけで MZ-80K のペーパークラフトを眺めていたのだけど。

_MZ-80K ペーパークラフト ( パソコン ) - MZ-80 パソコン開発物語 - Yahoo!ブログ
_【はじめての3DCG】:MZ-80

画像がjpegなので、その手のノイズが…。キーボードや画面のテクスチャもぼけちゃってるし…。 _ペパクラビューワー4 をインストールしてペパクラデータ版も眺めたけれど、そちらもテクスチャがボケボケで…。

せめてテクスチャだけでも作り直すか、と思ったけれど、MZ-80Kのキーボードのあたりがよくわからず。そんな感じで、写真画像をググって集めて眺めているところ。

カセットデッキの色がよく分からない。 :

カセットデッキ(データレコーダ?)の色が、黒だったり白だったりしてよく分からないなと…。蓋の部分が黒いのは間違いなさそうだけど…。

モニタ部分の色もよくわからない。 :

モニタ部分のカバーの色も、赤、灰色、緑があってよく分からない。いや、緑はMZ-80K2Eなのかな…。

MZ-80Cもモニタ部分が赤いけど、MZ-80CはMZ-80Kと比べてキーボードがフツーの配列に近い感じになってるようで。

2017/12/24() [n年前の日記]

#1 [love2d] ドット絵作成中

BGスクロールに合わせて指定の位置に敵を出したい。只の四角等を描画しても気分が出ないのでドット絵を作成中。

2016/12/24() [n年前の日記]

#1 [linux] PIXELを試用

_Raspberry Pi という、手の平サイズの小さなPCがあるんですけど。「子供さん向けの教育用PCとしてこういうのがあったらよくね?」的に作られたらしいですが。

その Raspberry Pi 上で動いてた PIXEL というOSだかデスクトップ環境だかがPC上でも動くようになったよ、というニュースを見かけて。

_Raspberry Piの「PIXEL」が旧型PCやMacで稼働可能に - ITmedia ニュース
_PIXEL for PC and Mac - Raspberry Pi

「512MBのメモリがあれば動くから古いPCも再利用できるぜ」
「DVDやUSBメモリから起動できるのであちこち持ち歩いて使えるぜ」
「Raspberry Piと同じOSだから操作に戸惑わないぜ」
てなあたりが売り、なのかな。たぶん。

興味が湧いたので、仮想PC VMware Player 上で動かしてみたりして。仮想PCのCD/DVDドライブにPIXELのDVDのisoを指定して起動テスト。

pixel_on_vmware_ss01.png


フツーに動きました。

ちなみに、VMware Player上で仮想PCを新規作成する際、「何のOSを入れたいんや?」と尋ねてくるけど、ちとそこで悩んだり。WindowsとかLinuxとか色々選べるみたいですが、どれを選べばいいんだろうと。

PIXELというOSは Debian Linux にガワをプラスしたもの、らしくて。そして Debian としては Debian Jessie と呼ばれる版を使ってる模様。じゃあ、その Debian Jassie って何なのよとググってみたら…。 _Debian - Wikipedia によると Debain 8.0 っぽい。そして「PIXELというOSができたよ。x86版だよ」という話だから、64bit版じゃなくて32bit版ですわな。

てことは、VMware Player 上では「Linux」「Debian 8.x」を選べばいいのかなと。「Debian 8.x」と「Debian 8.x (x64)」があるのでちょっと注意。後者は64bit版なので。

カーネルバージョンを確認。 :

uname -a と打ってみたり。
Linux raspberrypi 3.16.0-4-686-pae #1 SMP Debian 3.16.36-1+deb9u2 (2016-10-19) i686 GNU/Linux
Kernelバージョンは 3.16、ってことでいいのかな。

HDDへのインストール。 :

DVDから起動できることは分かったのでHDDにインストールしてみたいなと思ったけど、そのへんどうすればいいのやら。

_公開ページのコメント欄 でそれらしい情報が。起動できるUSBメモリと、HDDを用意して、dd を使ってイメージをコピー、でいいのだろうか。でも、「そのやり方ではよろしくない」的なレスもついてるような…。

DVDのisoから起動してddでDVDの内容を仮想HDD(?)にコピーしてみたけれど、そのやり方ではHDDから起動せず。

であればと、 _Etcher なるツールを利用して起動できるUSBメモリを作成して、そちらの内容をHDDにコピーしてみたところ、この場合はHDDから起動してくれたようで。ちなみに使ったUSBメモリは2GB。HDDイメージの容量は16GBで設定。

件の記事では、再起動後にHDDから起動することを確認後、fdisk を使って2番目のパーティションを消して、またパーティションを作り直して、再起動後に resize2fs でサイズ調整してるようで、一応ソレも試してみたり。この状態なら設定等を変更しても次回起動時に変更が反映されていた。おそらくUSBメモリ起動時と同様に、2番目のパーティションに変更点を記憶してるのではないかなと。

解像度の変更方法が分からず。 :

VMware Player上でPIXELを動かすと、800x600の解像度になってしまう。ちと狭い。変更する方法はあるのかな…。

ちなみに xdpyinfo で現在の解像度等を調べることができる模様。 _電脳な日々: Linux で画面サイズ(解像度)を取得する が参考になりました。ありがたや。

試しに open-vm-tools と open-vm-tools-desktop をインストールしたら VMware Player のウインドウをリサイズして解像度変更ができるように。

_PIXEL for PC and Mac - Raspberry Pi のコメント欄で、xrandr とやらを使って解像度を変更する例が紹介されてることに気づいたり。
sudo xrandr --output Virtual1 --mode 1024x768
上記のように打ってみたら解像度が変更できた。更に arandr なるツールをインストールしたらGUIでも解像度を変更できた。が、次回起動時にはまた元に戻ってしまって。さて、どうしたら…。

これが Raspberry Piだったら /boot/config.txt を書き換えて設定したりできるらしいので、もしかするとこの場合もそのあたりを修正すればどうにかなるのだろうか。どうなんだろう。

ググってみたら ~/.xprofile だの ~/.xsessionrc に xrandr の指定を書いてしまう方法もあるようで。そっちのほうがいいのかな。

2015/12/24(木) [n年前の日記]

#1 [dxruby] スキャンラインシードフィルによる塗り潰しの実験

Ruby + DXRuby を使って実験。

_スキャンラインシードフィルによる塗り潰しの実験
_スキャンラインシードフィルの実験その2(アルゴリズム高速化版)

以下のような感じで動作確認できる。
ruby scanlineseedfill.rb TEST.PNG
画像内をクリックすれば塗り潰しができる。

以下、参考ページ。

_ペイント・ルーチン (1)シード・フィル アルゴリズム
_JavaScript, Canvas スキャンライン・シードフィル アルゴリズムによる塗り潰し : Serendip - Webデザイン・プログラミング

#2 [dxruby] キャラグラエディタのバケツツールが動くようになった

バケツツールが動かなかった理由が分かった。ハッシュを2次元配列に入れて、各ハッシュと比較して領域色か非領域色かを判別してたのだけど、ハッシュを浅いコピーで取り出してたから ―― 要するにポインタをコピーしてたから、おかしなことになってた。

指定された座標に対応するハッシュをコピーして、そのハッシュと、他の座標のハッシュと比較していくのだけど。その最初の指定座標を塗りつぶしてしまうと、領域色として扱うべきハッシュ内容が変わってしまうので、その後の比較が全部おかしくなるという。

最初の座標のハッシュは深いコピーで取り出さないといけない。

_Marshalで配列やハッシュをディープコピーする - Ruby Tips!

a = Marshal.load(Marshal.dump(hoge)) みたいな。

ちなみに Ruby 2.0 では、require 'marshal' を書くとエラーが出てしまった。いきなり Marshal.load(Marshal.dump(hoge)) と書いても動いてるので、基本機能(?)として取り込まれたのかなと想像していたり。

2014/12/24(水) [n年前の日記]

#1 [dxruby] DXRubyとAyameとイントロとループとスレッド

DXRuby は 60FPS でメインループが回っているけど、それより速い周期でループを回す部分を作って、そこでBGMの切り替えをしたら、自然に繋がってるように聞こえないかなと思えてきたので、Ruby の Thread とやらを使って試してみたりして。

_bgmloop2.rb
require 'dxruby'
require_relative 'ayame'

if true
  bgm_intro = Ayame.new('test58intro.ogg')
  bgm_loop = Ayame.new('test58loop.ogg')
  bgm_intro_time = 6.888
else
  bgm_intro = Ayame.new('test59intro.ogg')
  bgm_loop = Ayame.new('test59loop.ogg')
  bgm_intro_time = 13.714
end


bgm_intro.predecode
bgm_loop.predecode

intro_time = 0
bgm_step = 0

# BGM処理用スレッド
t = Thread.new do
  loop do
    case bgm_step
    when 0
      # イントロ再生開始の指示待ち
      nil

    when 1
      # イントロ再生開始
      bgm_intro.play(1, 0)
      intro_time = Time.now.to_f
      bgm_step = 2

    when 2
      # イントロ再生終了待ち
      if intro_time + bgm_intro_time < Time.now.to_f
        # loop BGM 再生開始
        bgm_loop.play(0, 0)
        bgm_step = 3
      end

    when 3
      # loop BGM再生中
      nil

    when 4
      # loop BGM停止
      bgm_loop.stop(1)
      bgm_step = 0

    when 5
      break
    end

    Ayame.update
    sleep(0.001)
  end

  bgm_intro.stop
  bgm_intro.dispose

  bgm_loop.stop
  bgm_loop.dispose
end

fnt = Font.new(24)
Window.loop do
  break if Input.keyPush?(K_ESCAPE)

  if Input.keyPush?(K_Z)
    if bgm_step <= 0
      # BGMを再生していないので、イントロ再生開始
      bgm_step = 1
    elsif bgm_step == 3
      # loop BGM 再生中なので停止する
      bgm_step = 4
    end
  end

  if bgm_step >= 0
    msg = [
      "z : start intro",
      "    intro play start",
      "    intro playing",
      "z : stop loop bgm",
      "    loop BGM stop"
    ]
    Window.drawFont(8, 8, msg[bgm_step], fnt)
  end

end

bgm_step = 5
t.join

試してはみたものの、違いが分からない…。元の ogg の作りがマズいのだろうか。

別スレッド内で Ayame.update を呼んじゃってるけど、これってアリなのかな…。勝手な想像では、おそらく Ayame.update が音の再生開始等の処理も担っていて、となるとメインループ内に Ayame.update を置いておくと再生開始タイミングも 60fps になってしまって意味が無いのではないか、と思って別スレッド内に置いてガンガン呼びまくるようにしてみたのだけど。ちなみにこの状態でも、フェードアウト等の秒数指定は、指定通りに動いてるように聞こえた。

ていうか、メインループ内でBGMを切り替えるやり方も、切り替え時にビミョーにずれてるとは気付かれないのではないか、てな気分になってきたり。何度も聞いてるうちに、よくわからなくなってきた…。

sleepの精度が分からない。 :

Ruby で Thread を使って sleep(秒数) でループを回すソレは、環境によってどうなるか不明という話もあるそうで。

Ruby の sleep() は小数点以下も指定できるので、ミリ秒(ms)単位でもsleepできるように思えるけれど、OSによってsleepできる精度? 分解能? が違ってるそうで。Windows NT の場合、sleep が 10ms の精度?だから、それより小さい値を指定しても意味が無い、という話も見かけた。 しかし、XP、Vista、7、8 とWindowsのバージョンが上がった際に、そのあたり何の変更も無かったのかな、改善されてたりしないのかな、という疑問も。

調べてみたら、Windows の場合、時間を測る仕様は3種類ほどあるらしく。

_QueryPerformanceCounterを実時間計測には使えない - 音宮志久の日々の考え

マルチメディアタイマーとやらを使えば 1ms 単位で測定できるらしいから、もし、Windows版の Ruby がそのあたりを使ってたら、昔と違って 1ms の精度で sleep できたりするのかも、と素人考えで思ったりもしたけど、そのへんの実装に何か変化があったのかどうかも分からない状態で。

ひとまず上のソースで、sleep(0.001) を sleep(0.0005) にしてみたら、CPU使用率が急激に上昇したので、指定値が何かしらの形で反映されてる、ような気もする。

曲データの作り方でも誤魔化せそう。 :

例えばだけど、イントロ部分の最後で、
  • シンバル? クラッシュライド? を「バシャーン(シャンシャンシャン…)」と鳴らしてる上にループ部分を載せてみたり
  • ドラムだけ叩いて「ダダダダダッ、ダンッ…(シーン)…」と意図的に無音部分を作ったり
  • Glitch でテンポを崩したり
等をすれば、繋がりが誤魔化せるんじゃないのか、とも。

#2 [nitijyou] 自転車で買い物に

蛍光灯が1本切れたのでケーズデンキまで。ついでにダイソーとリオンドールに。

20Wタイプの蛍光灯を買ってきたけど、帰宅後、家族から予備があると知らされて、ギャフン。

先日購入したコンデジ、Canon PowerShot A3300IS を入れるケースをケーズデンキで物色したけれど。値段が 1,280円とか、一番安いモノでも980円とかで悩んでしまったり。中古のデジカメだから、既に傷だらけなわけで。そこまで払うのもなあ…。ということで、ダイソーでそれっぽいケースを購入して済ませようと。金属のファスナーがついてるケースだからよろしくないのだけど。傷をつけない・増やさないことを考えたら、金属のファスナーはマズいのではないかなあ。でもまあ、100円だから…。

リオンドールでガムや夜食等を購入。

#3 [zatta] 「ピーピー音」は警告音にならない話

ウチの親父さんは歳をとって聴力が衰えてしまい、人の会話は聞き取れるのだけど、高い周波数の音は聞き取れない状態でして。なもんだから、家電等が発する「ピーピー音」は、周波数の問題で聞こえないのであります。 コレ、全部聞こえない。たまに家族が、「アレ? 今のピーピー音は何?」と尋ねても、「俺には何も聞こえなかったぞ」と返されるわけで。

日本のメーカがコストダウンで努力して、結果、ピーピー音で知らせる仕様に落ち着いて、そういう家電等が普及してるのが現状だろうけど。これからはお年寄りがもっと増えるわけですよ。つまり、ウチの親父さんのように、「ピーピー音」が聞こえない方も増えてくるのは間違いないわけですよ。だから、この仕様で延々作り続けてたらマズいよなと。警告音のつもりで鳴らしても、そもそも音が聞こえないのでは、ソレって警告音にならないわけで。

だからと言って、「どうせ聞こえないなら削ってしまえ」「更なるコストダウンが期待できるわい」てなわけにもいかない。目を離していても機器の状態が変わったことを伝えるためには、音を発するのが手っ取り早いわけでして。

さて、どうすればいいのだろう?

喋らせるのはどうか。 :

とりあえず、これからは、家電に喋らせればいいんじゃないかなあ、と夢想するのですが。

ウチの親父さんも、例えば Panasonic製のFAX付き電話機は、フツーに使えているのです。ソイツは喋るんです。「用件が○件あります」「FAX用紙を入れてください」「送信ボタンを押してください」 ―― 人の声の周波数だから、「ピーピー音」が聞こえない親父さんでもモーマンタイ(無問題)。

とは言え。喋らせるとなると色々問題は出てくるだろうなと。
  • 部品のコストが高くなる。
  • 耐久性が不安。警告を発する家電は、どれも熱の変化が大きめだったり、若干水に濡れることもありえる機器。チップの稼働温度範囲を超えないか。スピーカのコーン紙がふやけないか。(今なら違うスピーカ種類もある?)
  • せっかく機能をつけても、お年寄りが、「自分はまだ年寄りじゃない!」「だからそんな機能はどうでもいい! 要らん!」と言い出して、機能・仕様を否定しそう。
喋って教えてくれれば、そもそも、「アレ? 今のピーピー音は何?」なんて疑問も出てこないわけで、あらゆる年齢のお客さんにとって便利じゃないのか、とは思うのですが。

喋ること自体は、問題無く実現できそうではあるけど。随分昔から ―― 自分が学生の頃から、ADPCMで波形を圧縮して持ってROM容量節約するとか電話機関係ではフツーにやってたし。今なら、 _YAMAHAが1チップで歌を歌わせちゃったり してるし。

それに、「ウチの全ての製品で必ず喋らせるのだ。それがウチの会社でもやれる社会貢献の形や」と方針さえ決めてしまえば、共通部品として大量生産できてコストダウンにも繋がるだろうし。

ただ、一番の障害は、「喋らせる必要あるの?」「ピーピー音でいいじゃん」と言い出す人達の存在、かもしれず。

まあ、別に、「ピーピー音」と同じコストで、お年寄りでも聞こえるぐらいに改善された警告音を実現できるアイデアがあるなら、それで問題無いわけで。何にせよ、これからはそのへん何かしら一工夫が必要だろうなー、と思うのでした。

#4 [anime][zatta] 子供は一種類じゃない

随分前の話なのですけど。とあるアニメーターさんが、
「自分が子供だったとしてもローニャは見ない」
「子供ってのは、もっと俗っぽいものが好きなのだ」
と発言してる場面を目にしまして。

自分もソレを読んで、半分は同意しつつ、半分は、ソレちょっと違うよなー、と思ってしまったので、そのへんの思考をメモ。只の思考メモです。

子供ってのは、年齢によって嗜好が変わるよなと。要は、「子供」という単語で一括りにするのは無理があるよなと。

ざっくり大別しただけでも…。 このへん、子供向けの作品に取り組んでる人なら、「いやいや、もっと細かく分類できるよ?」と言い出しそうですけど。あくまでざっくりと、てな話ってことで一つ。

戦隊シリーズを例に出すと説得力が出てくるのかな。戦隊シリーズも、「入学」「卒業」「再入学」があると言われているのです。…「入学」じゃなくて「入園」だったのかな。単語・呼称が怪しいですけど。
前述の、とあるアニメーターさんが思い浮かべたであろう子供像は、「悪ガキ時代」の子供ですわな。その時期の子供は、たしかに低俗なモノが大好き。「まいっちんぐマチコ先生」とか…例として古いか。とにかく、その時期の子供なら、ローニャのような作品は馬鹿にして見ないだろうと自分も思うわけですが。

でも、ローニャの場合、監督のお子さんがまだ小さいらしいので、そこに向けて、つまりは「良い子時代」の子供に向けて作ってる気がするわけですよ。

自分も、「あらいぐまラスカル」「ペリーヌ物語」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」等を見てた時期があって。今見ると退屈な作りだけど、当時は何も考えず、毎週ポケーッと見てたわけで。そういった「良い子時代」なら、ローニャは全然イケそうだよなと。

何の話だっけ。えーと。

要するに、大人が「子供」という単語を耳にした時、瞬間的に特定の子供の姿を脳裏に思い浮かべてしまいますが。実際には、その思い浮かべた子供像より、もっと幅広い、色んな子供の姿が存在しているので、そこはちょっと気をつけないといかんのかもしれんなあ、てな話かなと。

大人って物忘れが激しいから、自分が子供だった頃の事すら結構忘れちゃうもんで。一応記憶に残ってても、特定の時期の子供時代しか覚えてないから、そのイメージしか持てなくて。

なので、「自分が子供だったとしても〜」と思った時は、「ちょっと待て。その子供時代って、どの子供時代のこと?」と自分に少し問いかけてみると、少し正確に状況を把握できるのかも、などと思ったりもしましたが、それって難しいですわな。自分が通ってきた色んな子供時代をすぐに思い出すことができないからこそ大人なわけでして。なかなか難しい。

てなことを思ったのでメモ。

コレ、前にも書いたかなあ…。もうそんなことすら思い出せなくなってる自分…。

2013/12/24(火) [n年前の日記]

#1 [emacs] ndmacro.elが動かなくなってたけど最新版にしたら解決

emacs上で、キー操作を繰り返した場合にその操作を再生してくれる、ndmacro.el という拡張(?)があるのだけど。気付いたら動かなくなっていて。NTEmacs を 23.4 → 24.3 にしたせいだろうか。それとも自分、その前から動いてなかったけど、気付かなかったのだろうか…。

_snj14/ndmacro.el

github で入手できる最新版と交換したら、バッチリ動くようになりました。ありがたや。この機能、本当に助かります…。

#2 [cg_tools] Inkscapeでビットマップを扱ったら望んだ結果が得られず

ビットマップを含んだsvgを、pngエクスポートすると、ビットマップ部分がぼやけてしまう…。何か設定等で、ぼやけないようにできないのだろうか…。

む。もしかして、コレかな。

_ビットマップのインポート | Inkscape@JP
ビットマップをインポートすると、画像のサイズによって次のようにボケてしまうことがあります。

ビットマップの配置がドキュメント中のピクセルと合っていない場合に、自動的にアンチエイリアスがかかってこのようなボケた表示になります。ドキュメントのピクセルに配置を合わせるにはビットマップを選択してから、「エクステンション(N) > パスの変形 > ピクセルスナップ」を実行します。

手軽に合わせるには、選択ツールのツールボックスバーでX座標とY座標の小数点以下をそれぞれ0に変更します。つまり、XY座標がいずれも整数となるように変更します。

ピクセルスナップエクステンションでは、上記の作業を選択したすべてのオブジェクトに対して実行します。

ビットマップのインポート | Inkscape@JP より

試してみないと…。

#3 [dxruby][game] DXRubyで地形アタリを取りながらプレイヤーキャラの移動その2

今日も、DXRuby を使って、地形の上でプレイヤーキャラを動かす実験をしてみますよ。

以下のソースを動かすには、 _DXRubyでtmxファイルを使ってBG表示 で公開してる、 _dxruby_map_disp_20131222.zip と、 _player_512x256_64x64.png が必要です。

昨日のソースの補足。 :

_昨日のソース について、言及することを忘れてた部分があるので、念のために補足しておきます。

床とアタリチェックする時、ちょっと妙なことをしていまして。
  if pimgnum == 16
    # 落下中
    yadd = 0
  else
    # 床の上に居る
    # 足元よりちょっと下の座標でアタリを取る
    yadd = 16
  end
  nx, ny = bgatari.adjust_bg_hit(px, py + yadd, BgAtari::ADJUST_UP)
図で描くと、下のような感じです。
床アタリを見てる位置

「なんでそんな珍妙なことするの? 足元のBGアタリだけ見ればいいじゃん?」と思う方も居るかもしれませんね。ですので、あえて、足元しか見ないソースを書いて動かしてみました。
  # 足元しか見ないとどうなるかな…?
  yadd = 1
  nx, ny = bgatari.adjust_bg_hit(px, py + yadd, BgAtari::ADJUST_UP)
_playermove1_bug1.rb.txt
足元だけ見て動かしてる版の動作結果

斜め床を登っていく時はいいのですけど、下る時に「あわわわわ!」みたいな状態になりますな。

要は、以下のようなことが起きてしまうわけです。
足元だけ見てると斜め床を下る時にヤバイ
昔のゲームでも、こういうの、たまーに見かけましたけどね…。

なので、足元からちょっと下のあたりをチェックしてるわけです。
足元からちょっと下を見ればヤバくない

ですが、ジャンプ中や落下中も、同じように足元からちょっと下を見てるままだと、よろしくない状態になります。
着地してないのに着地したことになってしまう

ですので、「床の上に立っている時」と「ジャンプ中・落下中」で、BGアタリを見る位置を変えてみたのでした。

このあたり、もっと上手い方法があるんじゃないかと思うのですけど…。これもこれで、地形によっては何か問題が出そうな気もするんですよね…。まあ、今後の課題ってことで。

壁補正をしてみたり。 :

さておき。 _昨日のソース は、壁の中に入ってしまうと大惨事になったので、壁補正を入れてみました。

_playermove2_bug.rb.txt
# プレイヤーキャラを動かしてみるサンプルその2
#
# 横移動、落下処理、床補正に加えて、壁補正もするが…

require 'dxruby'
require 'tmx'
require_relative 'dxrbtmx'
require_relative 'bgatari'

# 画像読み込み
pimg = Image.loadTiles("player_512x256_64x64.png", 512 / 64, 256 / 64)
bgimg = Image.loadTiles("bg_attari.png", 256 / 16, 256 / 16)

# tmx読み込み
scrw, scrh = Window.width, Window.height
tmx = DxrbTmx.new("./bg_atari_test.tmx", scrw, scrh)

# Bgレイヤーマップデータ取得
atari_layer = tmx.get_layer("bg_atari")
bg_layer0 = tmx.get_layer("layer0")
bg_layer1 = tmx.get_layer("layer1")
bg_layer2 = tmx.get_layer("layer2")
bg_layer3 = tmx.get_layer("layer3")

bgtw, bgth = tmx.screenwidth, tmx.screenheight

# BGアタリテーブル作成
bgatari = BgAtari.new(bgimg, atari_layer, scrw, scrh, 0, 22, 30)

# カーソル描画用メソッド
def draw_cursor(x, y, col)
  w = 2
  Window.drawLine(x - w, y, x + w, y, col)
  Window.drawLine(x, y - w, x, y + (w + 1), col)
end

# プレイヤーのアニメパターンを定義
ppat = { "walk" => 0, "jump" => 16}
pimgnum = ppat["jump"]

bx, by = 0, 0
px, py = scrw / 2, scrh / 2
dx, dy = 0, 0
gravity = 0.45
bgatari_disp = false

# メインループ
Window.loop do
  break if Input.keyPush?(K_ESCAPE)

  # Bキーを押したらBGアタリ表示と切替
  bgatari_disp = !bgatari_disp if Input.keyPush?(K_B)

  # プレイヤー移動処理

  # 左右キーで横移動
  # x速度に、キー入力に応じて加速度を加算
  dx += Input.x * 0.2

  # 横方向の最大速度を超えないようにする
  spdmax = 6.0
  dx = spdmax if dx >= spdmax
  dx = -spdmax if dx < -spdmax

  # 左右キーを押してなければ、速度を減らしていく
  dx *= 0.95 if Input.x == 0

  # 速度を加算
  px += dx
  py += dy

  # ----------------------------------------
  # 壁アタリで補正する ← new!

  # 右側にBGアタリがあるかチェック
  xadd, yadd = 32, -32
  nx, ny = bgatari.adjust_bg_hit(px + xadd, py + yadd, BgAtari::ADJUST_LEFT)
  if nx
    # 右方向にアタリがある
    px = nx - xadd # 座標を補正
    dx = 0 # x速度を0に
  end

  # 左側にBGアタリがあるかチェック
  xadd, yadd = -32, -32
  nx, ny = bgatari.adjust_bg_hit(px + xadd, py + yadd, BgAtari::ADJUST_RIGHT)
  if nx
    # 左方向にアタリがある
    px = nx -xadd # 座標を補正
    dx = 0 # x速度を0に
  end

  # 壁アタリ補正ここまで
  # ----------------------------------------

  # 床アタリで補正する

  # 床の上に居る時だけ、足元よりちょっと下の座標でアタリを取る
  yadd = (pimgnum == ppat["jump"])? 0 : 12
  nx, ny = bgatari.adjust_bg_hit(px, py + yadd, BgAtari::ADJUST_UP)

  if nx == nil
    # 足元に床が無い
    dy += gravity # 重力加速度を、速度に加算
    pimgnum = ppat["jump"] # 落下ポーズに変更
  else
    # 足元に床がある
    py = ny
    dy = 0 # y速度を0にする
    pimgnum = ppat["walk"] # 床の上に居るポーズに変更
  end

  # プレイヤー移動処理ここまで

  # プレイヤーの位置から、BGスクロール座標を決定
  bx += ((px.to_i - (scrw / 2) - bx) * 0.2).to_i
  by += ((py.to_i - (scrh / 2) - by) * 0.2).to_i

  # BG描画
  if bgatari_disp
    Window.drawTile(0, 0, atari_layer, bgimg, bx, by, bgtw, bgth)
  else
    Window.drawTile(0, 0, bg_layer3, bgimg, bx / 8, by / 8, bgtw, bgth)
    Window.drawTile(0, 0, bg_layer2, bgimg, bx / 4, by / 4, bgtw, bgth)
    Window.drawTile(0, 0, bg_layer1, bgimg, bx / 2, by / 2, bgtw, bgth)
    Window.drawTile(0, 0, bg_layer0, bgimg, bx, by, bgtw, bgth)
  end

  # プレイヤー描画
  x = px - bx
  y = py - by
  img = pimg[pimgnum]
  Window.draw(x - 32, y - 57, img)

  # プレイヤー座標にカーソルを描画
  draw_cursor(x, y, C_RED)
  draw_cursor(x + 32, y - 32, C_RED)
  draw_cursor(x - 32, y - 32, C_RED)
end
床補正をする直前に、壁補正を入れてみました。

さて、結果は。
壁アタリ処理を追加したが…

Oops! 左右に進めません…。なんでや…。

こういう状態になってるわけですな。


さて、どうやって解決しよう…。

考えてみたら、壁として扱うべきBGアタリは、今のところ四角いブロックだけですので…。横方向にBGアタリがあった際、ソレが四角いブロック(壁相当)だった時だけ、壁補正をすることにしてみましょうか。
壁は四角いブロックだけ

_playermove2.rb.txt

  # 右側にBGアタリがあるかチェック
  xadd, yadd = 32, -32
  nx, ny = bgatari.adjust_bg_hit(px + xadd, py + yadd, BgAtari::ADJUST_LEFT)
  if nx and (1..2).member?(bgatari.bg_code)
    # 右方向に「壁」アタリがある
    px = nx - xadd # 座標を補正
    dx = 0 # x速度を0に
  end
(1..2).member?(bgatari.bg_code) で、BGアタリ番号が 1〜2 の時だけ、壁補正をする、という処理になってます。

…Ruby って、「その範囲の中に入ってるか?」を、こういう風に書けるのですな。今まで知りませんでした…。(ググってみて知りました…。) Ruby、便利だなあ。

壁補正もしている版

うむ。これで大丈夫そうです。

しかし、コレ、穴に落ちたら脱出できませんな…。明日は、ジャンプ処理を追加して、もっとあちこちに動けるようにしましょうかね。

壁補正についての余談。 :

ところで。上記の解決方法 ―― 壁相当とだけ壁補正をするというやり方も、ちと問題がありまして。下のような地形では、マズイことになるのです。
バグが発生する事例その1

どうやって解決するかは…。さて、どうすればいいのでしょう?

自分が今思いつくのは、2つぐらい、かなあ…。

一つは、壁相当とだけ壁補正するのはやっぱりやめて、BGアタリがあったらとにかく「壁」扱いしちゃう方法。最初の実装に戻しちゃうというか。その代わり、斜め床まで壁になったりしない程度に、壁をチェックする距離を短くする、とか。
壁アタリを見る位置を変える方法

もう一つは、壁アタリをチェックする位置を、もっと増やす方法。
壁アタリを複数チェックする方法
ただし、メインの壁補正 → 床補正 → サブの壁補正、といった具合に、チェックする順番に工夫が必要かもしれません。そうしないと、下図のようなバグが発生しそうだなと。
どこまでも続く「床」を、どこまでも続く「壁」として扱って、どこまでも補正され続けるバグ
あるいは、「どうも壁っぽいものがありそうなんだけど…普段見ている位置のBGアタリ番号だけでは確定できないなあ。念のために他の位置もあちこち見て判断するか」てな対処でもいいのかしら。

まあ、手っ取り早い解決策として、「おかしなことになる地形は作らない」という手も…。最悪、解決策がさっぱり思いつかないなら、そういうルールでマップを用意するのもアリですね。

2017/03/19追記。 :

Dropboxのpublicフォルダが死んだのでファイルの置き場所を変更。

#4 [zatta] ソース書いてる時間より説明図作ってる時間のほうが長いな

説明図をサクサク作れるツールとかないものか。

手描きでメモ用紙にサラサラ描いて、スキャンしてアップしちゃってもいいんだろうけど。むしろそのほうが、手作り感・趣味っぽい感じが出て良かったりして…?

2012/12/24(月) [n年前の日記]

#1 [movie] タイタニックを視聴

TVをつけたら流れてたので途中から視聴。結構前の作品のはずなのに、やはり凄い映像だなと…。実写じゃありえないカメラワークだからCG合成だと分かるけど、いかにもな実写的カメラワークだったら、どこにVFXを使ってるか全く分からないであろう情けない自信があります。

2011/12/24() [n年前の日記]

#1 [zatta] 録画してたETV特集を消化

日本で原発を作り始めた頃を紹介する番組。前後編の前編を見た。番組制作側である程度ストーリーを作っていることを意識しつつ視聴。何も知らないよりはマシだろう、ぐらいな感じで。

内容をざっくりメモ書き。 という感じのストーリーだった。

感想をざっくりと。

アメリカは地震が少ないがハリケーンが来るので、アメリカ国内においては、非常用電源を地下に設置するのは理に適っているとどこかで聞いた記憶がある。だが、日本の国土は状況が違う。地震が多いし津波も来る。国土の特性に合わせた魔改造が必要だった。しかし、何故そこに発電機を置いているのか、東電幹部も技術者も理解していなかったので、改造の必要性すら見えていなかったと思われる。また、仮に分かっていても、ターン・キー契約では設計変更ができないので黙殺しただろう。

結局、湯川秀樹の、
わが国にも「急がばまわれ」という諺がある。原子力の場合には、これらの言葉がピッタリとあてはまる。

Ted's Coffeehouse 2: 原発計画に関する湯川博士の言葉 3 (Hideki Yukawa's Words about Nuclear Power Development -3-) より

という言葉が正しかった。基礎が分かってない・設計思想を理解しないまま他所の国から持ってきて「動いたー!万歳ー!」で済ませた。アメリカでは動いてるからたぶん大丈夫だろう、大丈夫なはずだ、大丈夫に違いない、絶対大丈夫だ、と仕組みも分かってないのに勝手に思い込んだ。

何十年もこういう状態だったのだから、未だに設計思想も把握できておらず、珍妙な設計のままで放置されている原発が、日本国内にはたくさんありそうな気がする。

そして、GEと同じことを、日本メーカは海外に対してやろうとしてる。現地の国土の特性を理解した上で魔改造が必須だと思うが、日本国内ですらできてなかったのに、海外でソレをやれるんだろうか。

2010/12/24(金) [n年前の日記]

#1 [pc] 一日中PCのバックアップを取ったり等の作業を

再起動してもWindowsXPが起動せず。仕方ないから真っ黒な画面のまま放置して一眠りしたら、起きた時、ブルースクリーンになっていた。Unknown hard error、みたいなメッセージが表示されている。繋いでいるハードウェアに問題があるのだろうか…。USB接続の、MIDIインターフェイス、USBオーディオ、タブレット、トラックボールを外してみた。キーボードとマウスだけが繋がっている状態に。その状態でリセットボタンを押したら、XPが起動してくれた。何だったんだ…。もしかするとDTM関連で繋いでいたソレが壊れてしまったのだろうか。よくわからない。

インストール済みだった CrystalDiskInfo を起動して、HDDのSMART情報をチェック。「正常」と表示されている。うーん。

とりあえず、バックアップ。 BunBackup でバックアップを取るだけでも結構時間がかかったので、その間は IdeaPad で情報を収集。

ある程度バックアップは取れたように思えたので、壊れてもいいや的気持ちで PerfectDisk でデフラグをかけた。無茶なことをしているような気もするが、断片化があまり激し過ぎて chkdsk がエラーを出すのかもしれないと思えてきたので。というかファイルの保存場所が変わることで動作が変わってくるかもしれないと。

デフラグをかけた後で chkdsk をしてみたら、エラーが出なかった。うーん。

#2 [pc] 妹からキーボードを借りた

先日買ったキーボード、BUFFALO BSKBW03WH は Home、End、PgUp、PgDnが独立していないのがやっぱりツライ、みたいな話を妹にしたら。「これならどうか」と別のキーボードを渡された。

BUFFALO BSKBC01WH。USB接続の有線フルキーボード。パンタグラフタイプ。

妹曰く、買ったはいいがキーボードの上のあたりが微妙にカーブを描いていて、そこがどうにも気に入らなくて使ってないとのこと。妹としては、ノートPCと全く同様に平面的な形状じゃないとツライらしい。

値段が比較的安いのにパンタグラフということで、買おうかどうかちょうど悩んでいたところだった。良い機会なので、とりあえずしばらく借りることにした。

少し打ってみた。
最初はなかなかいいなと思っていたが。次第に、キーの反発が気になってきた。キーが固いというか、キーが重いというか。打ってるうちに指が痛くなってきた。「たかだかキーボードを叩くだけなのに何を言ってるんだ。ひ弱過ぎる」と笑われそうだけど、キーボードのキーは、何十、何百回と叩くものだから、キーが重いとそれだけでじわじわと効いてくる。ような気がする。

BSKBC01WH と BSKBW03WH を交互に打ってみたが、やはり BSKBC01WH のほうが微妙にキーが重い気がする。…コレはちと使えない感じ。自分には合わない。たぶん。

パンタグラフだから押下げは浅い=打鍵時の力はさほど必要としないのだろうと思い込んでいたが、そういうわけでもないらしい。改めて、SKB-WL12BK を持ち出して打ってみたが、キーの重さで言えば、BSKBC01WH はもちろん、BSKBW03WH と比べても、軽いような気がしてきた。まあ、押下げは結構深いのだけど。

もしかすると、結局 SKB-WL12BK に戻ってしまいそうな気がする。以前使っていたキーボードに比べてキーが重いような感じがしていたが、それでもまだ、他の製品に比べると、軽いほうだったのだな…。

2009/12/24(木) [n年前の日記]

#1 [pc] Logicool K340 のカーソルキーが本当に使いづらい

タイプ数カウンターというソフトで、ここ1ヶ月ほど、各キーの打鍵数を測定してるのだけど。自分の場合、カーソルキーは非常に利用頻度が高いことが判明。にも関わらず、現在常用している Logicool K340 のカーソルキー周りは、アホみたいに使いづらいという。キーのサイズが小さすぎるのです。

なんでこんなカーソルキー周りにしたんだろう…。各キーの使用頻度とか、ちゃんと測定した上でデザインしているのだろうか? 実測なんかしたことないんだろうなあ。だから、こんな変なデザインでも、平気で売ってしまえるのだろう。せめて、下に1キー分空間を追加して、カーソルキーをフツーのキーの大きさにしてあればまだどうにかなっただろうに。

まあ、1ヶ月以上使ってみて慣れないというのに、このキーボードに見切りをつけて捨てようとしない自分も、かなりおかしいんだけど。でも、代わりに使えそうな・選択できそうなキーボードがないわけで。ワイヤレスキーボードを使ってしまうと、もう有線キーボードには戻れない。ワイヤレスなら、邪魔な時にひょいっと片付けられる。地味に便利。が、しかし、ワイヤレスキーボードで真っ当な配列、かつ、横幅を節約したキーボードは少ない、というか存在しないのが実状で。

マウスといい、キーボードといい、なんでこんなダメダメな工業デザインばかりが発売されてしまうのだろう。…いや、それでも、K340はまだマシなほうなんだけど。 ただ、カーソルキーが…。

ということで、Microsoft製のキーボードをAmazonで注文してみたり。横幅は取るが、仕方ない。

#2 [prog] DxRubyを触り始めてみたり

前から興味があったので。

でも、Rubyを打ちやすいエディタ・IDEが見つからず。補完してくれるヤツとかないのかな。

2008/12/24(水) [n年前の日記]

#1 [prog][windows] Windows XP用のwhichやwhereってないのかな

_Windows Vistaにはwhereがあるらしい のだけど。Windows XP にはないみたいで。

_@IT:Windows TIPS -- Hint:whichコマンドを作る :

Windows OSのコマンド・プロンプトでは、UNIXと同じ機能を持つコマンドがいくつも用意されているが、なぜかこのwhichに相当するコマンドは用意されていない。そこでバッチ・コマンドを使って非常に簡略化したwhichコマンドを実現してみよう。以下の2行の内容を持つファイルを作成し、which.batというファイル名で保存すればよい。保存先は、Windows OSのシステム・フォルダ(Windows NTならC:\WINNT、Windows 2000以降ならC:\WINDOWSなど)でよいだろう。

@echo off
for %%I in (%1 %1.com %1.exe %1.bat %1.cmd %1.vbs %1.js %1.wsf) do if exist %%~$path:I echo %%~$path:I

※この2行の内容をファイルwhich.batとして保存すること

実行するには、whichに続けて、調べたいコマンドの名前を付ければよい。

@IT:Windows TIPS -- Hint:whichコマンドを作る より

_Windows Script Programming: Where is where.exe ? :

unix の which に相当するのは、Windows では whrere.exe です。MS 純正の where.exe は、以下からダウンロードできます。
ftp://ftp.microsoft.com/reskit/y2kfix/x86/where.exe

which をバッチファイルで代替すると、

which.cmd ベース名.拡張子

@if exist "%~$PATH:1" echo;"%~$PATH:1"

この場合は、拡張子が省略できません。

拡張子を省略可にしたければ、環境変数のPATHEXTを使って、拡張子を補います。

which.cmd ベース名

@for %%1 in (%*) do @for %%2 in (.;%PATHEXT%) do @for %%3 in ("%%~1%%2") do @if exist "%%~$PATH:3" echo;"%%~$PATH:3"

Windows Script Programming: Where is where.exe ? より

_ftp://ftp.microsoft.com/reskit/y2kfix/x86/

_手慰みのスクリプト which - しおそると :

_DOSのバッチファイルでカレントフォルダを取得するには? -OKWave
D&Dしたファイルのファイル名(フルパス名)は、バッチファイル内では、バッチファイルに渡されるパラメータとして、%1に格納されています。
また、バッチファイル自身のフルパス名は、%0に格納されています。
で、%0から、パス名やファイル名だけを取り出すには、パラメータ修飾子を使用します。
(下記の括弧内は、ファイル名が"C:\Documents and Settings\user\デスクトップ\test.bat"の時の例)

%0  :パラメータ全体("C:\Documents and Settings\user\デスクトップ\test.bat"⇒パス名にスペースが含まれているので、引用符(")が付く)
%~d0 :%0からドライブ名だけを取り出す。(C:)
%~p0 :%0からパス名だけを取り出す。(\Documents and Settings\user\デスクトップ\⇒両端に"\"が付く)
%~n0 :%0からファイル名だけを取り出す。(test)
%~x0 :%0からファイル拡張子だけを取り出す。(.bat)
%~s0 :%0をMS-DOSの8.3形式の短いファイル名を取り出す。(C:\DOCUME~1\USER\デスク~1\TEST.BAT)
(複数の修飾子を組み合わせることも可能)

なので、"test.bat"のパス名は、"%~dp0"で取り出せます。

cd %~dp0  (または、cd "%~dp0"←パス名にスペースが含まれる時)

DOSのバッチファイルでカレントフォルダを取得するには? -OKWave より

_Windows/DOS Free Soft :

which.exe (Screen Shot)
指定コマンドが何処にあるか探す(実行されているコマンドのパスを知る)。 UNIX cshのwhichもどき。-aで全検索可能

Windows/DOS Free Soft より

おお。ありがたや。

_@IT:Windows TIPS -- Hints:Windows OS向けリソースキット・ツールを入手する :

_Windows Server 2003 Resource Kit Tools

Windows XP向けのリソースキット・ツールは提供されていない(2004年4月現在)。しかしWindows Server 2003向けツールの必要環境を見ると、Windows XP/Windows XP SP1が対象環境として列挙されている。Windows XPユーザーは、Windows Server 2003向けのツールをインストールして使うことが可能である。

@IT:Windows TIPS -- Hints:Windows OS向けリソースキット・ツールを入手する より

入ってるツールの一覧を眺めたけれど。Tail.exe は入ってるけど、where.exe は入ってないっぽい。

2007/12/24(月) [n年前の日記]

#1 [svn][eclipse] TortoiseSVNをアップデート

1.4.6になってた。

リポジトリ作成。 :

_昔の日記 に、TortoiseSVN を使ったやり方がメモしてあった。助かった。これで、Eclipse + Subclipse で、作業ができる。

Subclipse と Subversive って :

どっちがいいんだろうな。どこかに違いがまとめられてないものかしら。

_【レポート】もう1つのSubversion対応Eclipseプラグイン - Subversive 1.1.1 - マイコミジャーナル :

・ Subversionで推奨されているリポジトリレイアウト(trunk、branches、tags)に対応

【レポート】もう1つのSubversion対応Eclipseプラグイン - Subversive 1.1.1 | エンタープライズ | マイコミジャーナル より

ちょっと気になる。

Subversion コマンドライン版もバージョンが上がったらしいのだけど。 :

1.4.6 の setup.exe に、python の文字が。どういうこと? まあ、TortoiseSVN が入ってれば、Windows 上で Subversion を入れなくてもいいんだろうけど…。

svn-1.4.5-setup.exe をDL・インストールしてみた。svn --version で 1.4.5 と出てくる…。

svn-python-1.4.6.win32-py2.5.exe をDL・インストールしてみた。む。これは Python で作られたソレってこと? インストーラが明らかに Python のソレっぽいのだけど。

svn-win32-1.4.6.zip をDL・解凍してみた。Subversion インストールフォルダのファイル一覧とさほど違わないようにも見える。コレを上書きコピーしちゃえばいいのだろうか。…してみた。svn --version すると 1.4.6 と出るな…。

#2 [iappli] 提出用ファイルを作成するためのスクリプトその他を作成

基本的にはperlスクリプトで。 _File::Copy とか _File::Pathモジュールのmkpath とか _opendir とか _File::Copyモジュールのmove とか。

対象機種毎にフォルダ作成するらしいのだけど、悩む。どれだけフォルダを作成すればいいのかわからない。うーむ。

サウンドデータの割り振りでまた悩む。どれがどの機種に対応してるのやら。一応、一覧があるらしい。それをコピペしてリストを作ってそれで振り分けることに。

エミュレータ用のバイナリをまとめるバッチファイルも作成。 :

作業フォルダを mkdir して xcopy とか copy とか。7z a で zip にして move して rmdir みたいな。

2006/12/24() [n年前の日記]

#1 [game] _WiiでFlash制御できるらしい。

_Wiiで遊べるFlashゲームを提供するサイト―WiiCade
_wiiのリモコンでプレイできるFLASHゲームまとめ
_Wiiの「Opera」はFlash ROMに保存、バージョン9がベース

知らなかった。Wiiって凄い(?)な。…ということは、アマチュアプログラマーでも家庭用ゲーム機上でプレイしてもらえるゲームを作りやすくなった、ということですな。わざわざ特定ファームウェアを載せてるハードを確保したり、プリンタポートだかなんだかを利用するケーブルで接続したり、といったことをしなくても済むと。作って公開さえすれば、世界中のリビングで、子供からお年寄りまで誰にでも、自分の作ったゲームを遊んでもらえると。

いや、ホントにそうなのかは知らないんだけど。ていうかネットに繋げられる環境があるということは既にPCぐらいあるだろうから、あえてWiiでやる必要はないのかもしれんのだけど。

_wiiでflashが動くようになったわけですが :

サウンドノベルを筆頭とするテキストゲーム業界っておもいっきり地殻変動しまへんか?
wii対応したFlash製アドベンチャーゲームツクールを作れば、その人きっと勝ち組。

fladdict.net blog: wiiでflashが動くようになったわけですが より

なるほど。

#2 [zatta] _脚力をプロなみに高めれば、時速40kmオーバーで巡航できる。

50ccスクーターの法定最高速度より速いのだな。車道を走りたがるわけだ。ていうか。50ccスクーターに歩道を走ることを強要することを想像したら、それもまた狂気の沙汰だろうと思えるわけで。…自転車には2種類あるのだろう。ママチャリと暴走チャリ、みたいな。警察や政治家には、ママチャリしか見えていないのだろうけど。

#3 [anime] _知られざる!?韓国ロボットアニメの歴史

80年代の韓国製アニメのロボットデザインが凄い。ガリアンがグレートマジンガーのように空を飛んでるのはちょっと衝撃的。…なんだか、パクリとアレンジの差異はどこで生まれてくるんだろうと考え込んでしまった。

まあ、ヨーロッパの機体デザインをパクってゼロ戦にしてあまつさえソレ使って戦争しちゃった日本もあまり他国のことは言えんかもしれん、というか酷さで言えばリアルワールドでやっちゃってた分、日本のほうが分が悪いというか呆れてしまうような気がしないでもないが。…デザインに金や手間隙をかけなかった時代というのがどこの国にもあったりするんだろうなと想像するのだった。

#4 [pc] _外付けHDDの接続で使う「eSATA」というインターフェースはどういうものですか

自分が使ってるPCのM/B、MSI K8MM-V のマニュアルを眺めたけれど、該当端子は見当たらなかった。

_eSATAを使いこなす! :

SATAをeSATAとして引き出す変換パーツはあるみたいだけど、ホットプラグとやらに対応してるのかどうか…。ケーブル長制限の2mも、変換ケーブル分短くなるだろうし。

_外付けでもSATA HDのパフォーマンスを発揮!eSATA リムーバブルケース SA-DK1ES[RATOC] :

なるほど、外付け、かつ、リムーバブルケースなら、カセット感覚でHDDを交換することができると…。M/B側がブートにも対応していれば、WinXP入りHDDと、WinVista入りHDDを、とっかえひっかえ使うことも可能、なのかもしれん。

#5 [jiji] _ホリエ裁判を見てきた 〜LD裁判傍聴記 No.1〜

とある漫画家が法廷画、じゃなくて法廷漫画にチャレンジするらしい。期待大。

#6 [pc] _Core 2 Duoが搭載可能なMini-ITXマザー採用の小型ベアボーンがMSIから

_MSI Axis945GM
_ASUSTeKから安価なベアボーンPC「V3-P5V900」が発売に
_VGA統合型のVIA製新型チップセット“P4M900”を搭載する初のLGA775対応マザーボード「P5VD2-VM」がASUSTeKから登場!

メモ。検索してみた範囲では、一応、Windows Vista にも対応してるような感じではある。>内蔵グラフィックチップ。

#7 [anime] ドラえもんファン=子供、なのだろうか

_アマ・ジャナ: 「ドラえもん」の呆れた制作裏事情(1)
_アマ・ジャナ: 「ドラえもん」の呆れた制作裏事情(2)
_アマ・ジャナ: 「ドラえもん」の呆れた制作裏事情(3)
_アマ・ジャナ: 「ドラえもん」の呆れた制作裏事情(4)
_(via ぬるヲタが斬る)

「何故、民放は無料で番組を見れるのか」を真面目に考えてみたほうがいいと思う。>放送作家に文句を言ってる自称ドラファン。視野狭窄ぶりと世間知らずぶりには驚きを禁じえない。

自称ファンの人達って、ドラえもんを終わらせたいのだろうな。金の亡者や馬鹿なガキどもの薄汚れたその手から、ドラえもんという名の穏やかで綺麗で平和的で安らぎと感動を与えてくれる崇高な作品を、清廉潔白かつ優秀な頭脳を持つ自分が正義の主張を通すことで奪還し、幼き日の思い出と言う絶対に美しかったはずの心の中の宝箱にしまいこみ自分が墓に入るまで誰にも触れさせないでおきたい、とそういうことなのであろう。<一応皮肉(?)のつもり。…まあ気持ちはなんとなく判るところもあるのだけど。彼らの心理は、「彼(彼女)を愛してるから、彼(彼女)には生きてほしい」ではなく、「彼(彼女)を愛してるから、彼(彼女)を殺して永遠に自分の所有物にしたい」という感じなのだろう。ちなみに彼らがイメージしてるドラえもんは彼らの中で美化されたものに過ぎず。現実世界にはそもそも存在してない作品だったりするのだけど、そのことに気づいてるのだろうか。

メジャー作品のイメージと言うのは勝手に一人歩きしていくものなんだな。作者の藤子F先生が嘆いてたのもなんだか判る。ファンって勝手だ。

と、ここまで書いたところで気がついた。自分、以前、ルパン三世SPについてドラファンと似たようなこと言ってた気がする。………。やっぱりファンって勝手だ。特に、薄いファンほど文句を言う傾向が。濃いファンは作品と適度な距離を取って全肯定ができるが、薄いファンは自身の脳内イメージを現実のソレに勝手に求めて裏切られた気持ちになって否定の言葉を吐く。自身のことだからよく判る。周囲にしてみればいい迷惑だ。ドラえもんファンにも呆れたけど、自分にも呆れました。

全然関係ないけど件の記事は「制作裏事情」ではないような。 :

「制作」じゃなくて「プロデュース」とか「広報」「宣伝」とかそのへんのようが気がするのだが。実は違いがよく判らん。それはともかく記事名としては上手いなと感心。やっぱり「裏事情」という言葉には惹かれるものがある。自分自身もまた間違いなく衆愚の一人であることを再認識。

さらに関係ないけど、裏と言えば _ウラウラベッカンコ ですよ。関係ないか。いやあるか。黒歴史という言葉が脳裏に浮かんだがここで「黒」という言葉を出すのはますますマズイか。いやそこでマズイ気がしちゃうあたり自分もまた病巣は深いのだが。黒はマズイと主張する人ほど見た目では判らない黒さを内包している。それはマズイと口にする人が実はマズイ思考の持ち主だったなんてことは多々あることで。…何の話だったか。忘れた。

_杉並アニメ物語(第21回) :

「でも、その時プロデューサーに言われたんです。『ロボットさえ出して、そのおもちゃが売れさえすれば、後はなんでも好きなことができる、どんなテーマもメッセージも入れられる』と。(以下略)」
関係ありそうな話だと思ったのでメモ。

_ただ言いたかったのは、'80年代は遠くなり、みんなも年を取り、アニメもまた青春を超えて変わった――それをちゃんと自覚しようじゃないか、ということだ。 :

これも関係ありそうな気がしたのでメモ。

#8 [web] _「**さんの日記のレスって、みんなが同じことを書いてるよね。」

#9 [zatta] _「国旗や国歌を否定する人間は市の代表にふさわしくないからです」


2005/12/24() [n年前の日記]

#1 [nitijyou][pc] 別のサウンドカードをメインPCにつけた状態でmemtest86を動かしてるけどエラーが出ない

22時間動かしても出ないってことは、一応動いてるってことかしら。

XWAVE 5000 をつけてエラーが出れば、サウンドカードが原因だったとハッキリするだろうけど。壊れてるかもしれない拡張ボードをM/Bに差すというのは精神衛生上ちょっと…。ていうか動いてるっぽいんだからいいじゃん、みたいな気持ちも。これ以上、memtest86での検証時間を伸ばしたくもないし。

#2 [anime] 朝方階下で NHK-BS を見たら「アリス学園」が流れてて驚いた

あの作品って、終わったんじゃなかったのか。再放送かしら。なんであの枠で再放送なんか…。あー、もしかして、新作を作るお金がないのかな。厳しいなぁ。< ホントかよ。もっとも、週に 70 〜 80 本もアニメが作られてるとどこかで聞いた記憶もあるわけで。これ以上アニメ作品を増やしてどうする、という気もする。それよりは、名作と呼ばれる古い作品を流せるようにしたほうが良いのではないか。

どうせ再放送するなら、イデオンなんかどうよ? > NHK-BS 。もちろん最後は発動編を流すのです。発動編を見せてから 10 〜 20年後には、アンノだのキリキリみたいなのが出てきますから、育成のためにも流すべし。って何の育成なんだか。

つーか何かというと「EVAのパクリ」と口走る連中がウザいので、何年かおきにヤマトとかガンダムとかイデオンを流してくれると助かるなと。<オイ。

2005/12/15追記:「アリス学園」じゃなくて「学園アリス」じゃなかったか :

タイトルすら忘れてしまうほどに自分の中では印象の薄い作品…。

2004/12/24(金) [n年前の日記]

#1 [anime] 長靴をはいた猫を途中から見た

TVをつけたら、城で追いかけっこするあたりが流れてた。驚いた。つい見入ってしまった。未来少年コナンも、カリ城も、ナウシカも、ラピュタも、全部入ってる。アレもコレも、全てこの作品に現れていたのか。

作り手・ジャンルは違うけど、「長靴〜」を見ていたら、悪魔城ドラキュラを思い浮かべてしまった。似てる。マップというか、舞台構成(?)が。「長靴〜」は、アクションゲーム制作時の参考資料になりそうな作品かも。様々なギミックが内包されてるし。

失敗したなぁ。こんなにスゴイ作品だと知ってたら、最初から見ておくんだった。

#2 [anime] 多関節キャラアニメを見た

長靴をはいた猫の後に、切り絵の多関節で、動物を模したアニメが始まった。フィルム撮影らしきガタつきがあったから、CGじゃないと思うんだけど。これまた見入ってしまった。多関節でも結構それらしくできるものなんだな。豊富なテクスチャの使用が、画面の密度を保つ肝だろうか。

とりたてて変わったエフェクトもなく。横視点で、多関節キャラが伸びたり縮んだり回転したりするだけ。声を入れてる人も、たった一人。しかし、それでも、結構作品として見られる。感心。寓話なのが功を奏してるのかもしれない。というより、短編アニメの場合は、寓話か、一発芸でなければ、作品として成立しにくいのかも。

#3 [anime] YAWARA! それゆけ腰ぬけキッズ!!なる作品を見た

多関節キャラアニメの後に、YAWARA!の劇場版? TVスペシャル? OVA? らしき作品が流れた。惰性で見ていたが、脱力。脚本も演出も今ひとつ。というか、脚本の段階からしてマズイ感じが。ここで楽しんでほしいという意図が見えてこない。

井上敏樹氏の脚本だった。つくづく、当たり外れの差が大きい人だなと今更ながら再認識。当たるとスゴイのだけどなぁ。まるでイデオンのイデみたい。<どういう喩えやねん。

#4 [anime] ラピュタの最後のあたりを見た

宮崎監督は天才ですな。ていうか今時ああいったコンテを描く人は居ないよな。

2003/12/24(水) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 両親が仙台へ、光のページェントを見に出かけた

バスツアー利用。親父さんは写真を撮るために。お袋さんも一度見ておきたいとの事で。昼頃出発。

PM10:00頃に帰ってきた :

バスはガラガラだったらしい。昨日は混んでたようだけど。

#2 [neta] _眉をしかめた天皇さん

言われてみればたしかに。そんな表情見た事無い。いや。見落としてるだけで実は密かにしてるのかも。と思ったので _googleのイメージ検索 で探してみた。…やっぱり眉をしかめてる表情は見当たらない。人間として生まれてきたのに、笑顔以外の表情は許されていない天皇さん。 _ロボットですら色んな表情が出来る 時代なのに。なんだか可哀相。ならばせめてWebの中ぐらいは自由を満喫させてやりたい。
眉をしかめた天皇さん(想像図)
どうぞ陛下、存分に眉をおしかめくださいませ。ここなら誰も貴方の表情に眉をしかめたりしませんから。たぶん。自信無いけど。…ていうか本当に可哀相なのは、美智子さんと雅子さんでしょうな。

天皇○○ :

ふと気になったので、googleで検索してみた。
_天皇…428,000件。
_天皇陛下…44,700件。
_天皇さん…1,340件。
_天皇はん…133件。
_天皇ちゃん…30件。
_天皇くん…21件。
_天皇たん…18件。
_天皇タン…14件。
_天皇クン…1件。
…予想以上に呼び捨てが多い。なんと不敬極まりない。と思ったら「天皇杯」「天皇陵」等も一緒に引っ掛かってました(爆) 「陛下」はマスコミが必ず使うからアテにならないとして。「さん」「はん」で呼んでる人が意外に多い。ただ、「さん」「はん」の場合、昔の天皇さんに縁のある遺跡等が残っている地域で、地域住民が親しみをこめて使ってる場面が多いみたい。地域と一緒に長い年月を生きてきた、天皇さん、天皇はん。そんな「さん」「はん」のほうが、マスコミの使う「陛下」より、よほど気持ちがこもってるような気がするのは私だけでしょうか。

天皇さんの壁紙はないのかな :

宮内庁のサイトで公開・配布しないものだろうか。昨今は年配の方も結構PCを利用してるので意外と喜ばれるかも。若者向けには今風のデザインが吉。ポップ調だかテクノ調だかで「NIPPON!」「TENNOU!」なんてロゴがバーンと。背景ではASIMOやAIBOが敬礼していたり。嘘。個人的には愛子っちの壁紙もあれば嬉しい。心が和むかも。たぶん。自信無いけど。

この記事へのツッコミ

Re: 眉をしかめた天皇さん by ただただし    2003/12/26 00:43
わはは、ナイス。
右翼の人に殴り込まれないように気をつけて下さい(笑)
Re: 眉をしかめた天皇さん by mieki256    2003/12/27 01:36
>ただ様
喜んでいただけたようで嬉しいです。
きっと陛下もお喜びになっていることでありませう<それはない
ワロタよ(・∀・) by goshi    2003/12/27 04:36
ところで写真のソースはどこなんですか!?
もしかして by goshi    2003/12/28 01:47
フォトショップですか?
Re: もしかして by mieki256    2003/12/28 03:48
>goshiさん
レス遅くなってスマンです。
その通り、Photoshopでレタッチ、であります。
…いや、本当に見つからんのですよ>リアルに眉をしかめた天皇さんの写真。
ある意味あの人はプロですな。
いや、そういう表情を撮影しないマスコミがプロなのか。わかんないけど。

#3 [cg_tools] _GIMP for Windows

自分の使ってるPhotoshopは未だに5.0なので、画像を自由に歪ませる事ができない。 *1 前記事の画像を作るのも一苦労。フリーでそういったツールがないかと探してみたら、灯台下暗し(?)、GIMPにそれらしいフィルタがあるらしい。早速、Win版を導入してみたものの、起動するとエラーを出して落ちる。昔のバージョンの設定ファイルがホームディレクトリに残っていたのが原因。~/.gimp-1.2/ を削除したら動いてくれた。フィルタ→歪み→対話的〜がイイ感じ。タブレットの筆圧も有効。イイ感じ。しかし相変わらず、各ダイアログの表示がトホホで使いにくい。…ん? ショートカットキーでキャンバス画像の拡大が出来ない。何故。…ん? タブレットペンを早く動かすと点々になってしまう。やっぱり --ignore-wintab を指定してタブレットの筆圧・傾きを無効にして使わないとダメか。…いきなり使えないツールになった。もっとも、タブレットを使いたければGIMP以外のツールを使うのがヨサゲ。GIMPはプログラマーの為のCGツール。たぶん。自信無いけど。
*1: 6.0なら _自由に歪ませる機能が追加 されている。

#4 [cg_tools] Photoshop用のpng出力pluginはないのかな

Photoshop5.0でpng保存するとガンマ値が異常な値で保存される。 *1 素直なpng出力pluginを求めて検索。 _SuperPNG なるpluginを見つけたものの、Photoshop5.5以降を要求されるようで、5.0では使えない。…もっとも、pngのガンマ値を削除・修正したければ、 _PJfix、 _PNGDIET、 _ルイちゃんくLE、 等のフリーツールがあるので、Photoshopでpng保存後にそれらを使えばいいわけで。でも、PJfixがガンマチャンクの削除までやってくれるか、ルイちゃんくLEがD&Dに対応してくれれば、PhotoshopのファイルopenダイアログからD&Dでサクッと処理できて言う事無しなのだけどな。

2004/03/14訂正・追記 :

失礼しました。作者様からの指摘で、ルイちゃんくLEがD&Dに対応してることを確認しましたです。なるほど。アイコンにD&Dすれば良かったのですね。Windowsの基本の使い方を忘れるなんて、アホ過ぎる>自分。…おかげさまで、これで完璧であります。SendToに、ルイちゃんくLEのショートカットを入れておけば、Photoshopのopenダイアログから右クリックで、即座にpngのガンマ値を消去できてしまう。素晴らしい。快適であります。これからはPhotoshopでバンバンpng保存ができます。ありがとう、ありがとう…>作者様。

*1: 5.5以降は修正されてるらしい。

この記事へのツッコミ

Re: Photoshop用のpng出力pluginはないのかな by ルイルイ    2004/03/13 18:21
ルイちゃんくLEは一応、D&Dに対応してなかったですか?
Re: Photoshop用のpng出力pluginはないのかな by mieki256    2004/03/14 13:45
> ルイルイ様

も、もしかして作者様ですか? はじめましてであります。
いつも便利に使わせていただいております>ルイちゃんくLE
このような素晴らしいソフトを公開していただいてる事に
感謝しております。

> ルイちゃんくLEは一応、D&Dに対応してなかったですか?

( ̄□ ̄;)!!
ああっ! ホ、ホントだ!! 対応してたであります!

…いやはや申し訳ない。大変失礼いたしました。
起動後の各種ウインドウにD&Dしただけで、
対応してないものとすっかり思い込んでしまってました…
(普段、デスクトップにアイコンを一切置かない状態で使ってるもので、
 「アイコンにD&D」という基本的な使い方を失念してました…)
お詫びの言葉も御座いません… (;´Д`)
早速、日記の方も、修正しておきますです。
Re: Photoshop用のpng出力pluginはないのかな by 名無しさん    2005/03/09 15:41
ルイちゃんくLE、手に入れられないす。
Re: Photoshop用のpng出力pluginはないのかな by mieki256    2005/03/10 06:29
> ルイちゃんくLE、手に入れられないす。

アレ? ↓から入手できませんか…?
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se178112.html

今試してみたところ、ダウンロードはできたみたいではあります。

ただ、解凍するときにエンドマークがないと言われますな…
おそらく、昔のLhaplusあたりで圧縮してある…のかな?
↓参考URL
http://www.csdinc.co.jp/archiver/lib/unlha32.html#endmark

一応、自分の環境は、Lhaplus 1.26 もインストールしてあるんですが、
そちらなら警告表示はなく解凍できたようです。
念のため、Lhaplus の公開場所↓も書いておくのでありますです。
http://park14.wakwak.com/~schezo/
Re: Photoshop用のpng出力pluginはないのかな by 名無しさん    2005/03/10 10:41
ありがとうございます、ベクターにあったのですね。
本文の作者さんのリンク先には無かったので…
と思ったら、今見たらベクターにリンクされてますね。
昨日は「ルイちゃんくLE 誕生秘話?!」部分しか見えて無かったのに。

とにかく、無事ゲッツできました。使ってみます。
Re: Photoshop用のpng出力pluginはないのかな by mieki256    2005/03/12 13:41
> 本文の作者さんのリンク先には無かったので…

サーバがメンテナンス中だった、とかかしら…
何はともあれゲッツできたようで何よりでありますー (´ー`)

#5 [anime] (;´Д`) 何コレ…?

TVをつけたら、東京ミュウミュウっぽい絵の、人魚が出てくるアニメが流れてた。人魚がトリオで歌ったら、敵がダメージを受け、アジトが崩れ始めた。…ジャイアン? アニヲタであるからには、どんなアニメの視聴にも絶えられるつもりでいたけど、さすがにちょっとコレは。背中のあたりがムズ痒くなってくる。ダメだ。オバサン声も混ざってるし。もうダメ。自分の限界を知りました。

#6 [zatta] 法を守ればいいってもんでもないような

法律≒手段≠目的。目的と手段の妥当性を検証せずに、法の厳守のみを目的にしたら、単なる宗教になってしまう。その法律は現状にあってるのか。守る事で誰が利を得るのか。利を得る人間が現実に存在するのか。…それらを考えれば、法の出来の悪さに怒りを感じる事はあっても、法が守られない事に怒りを感じる場面は少なくなりそう。人間の作ったモノだもの、法律だってバグはある。不具合の原因は、法律のバグか、ユーザの利用の仕方か。まずはそこから検証しないと。しかし法律のバグは取りづらい。バグには目を瞑り、ユーザを悪者にしてればたしかに楽。でも、それでいいんだろうか。 *1

法律で思い出したけど :

朝、NHK-BSで再放送してる、弁護士の卵の話…連続テレビ小説「ひまわり」が結構面白い。たまーにしか見ないのだけど、それでもなかなか。さすが井上由美子脚本。法律は守るものではなく使うものだそうですよ。…それは別のドラマのセリフだったかしら(爆)

*1: ていうか、高千穂先生は相変わらずだな。いや。アレがSF作家の条件なのかも。重箱の隅をつつくか如くチェックを入れ、兎にも角にもルールを設定して適用する性質を持たなければ、架空でありながら現実を感じさせる世界、法則や規則や細かい事象の積み重ねの末にようやく構築されるであろうSFの世界は生み出せないのかもしれない。

2002/12/24(火) [n年前の日記]

#1 あー

日本の原子力発電に関する現在の状況について思う所をガーッと書いていたのですが、
考えてみたら今日はクリスマスイブだったのですね。
…スペル星人がどうとかこうとか書いてる場合じゃないだろ… (;´Д`) >俺

2001/12/24(月) [n年前の日記]

#1 今日は何の日?

夕食にケーキが出てきてなんだろうと思ったら。
そうか、今日はそういう日だったのですね。
忘れてました。

2000/12/24() [n年前の日記]

#1 スペック不足露呈

お使い。農業やってる親戚の家に米を買いに。
お袋さんの車を運転してみた。
小さい車がこんなに運転しやすいモノだったとは。

TVで、「ペーパームーン」なる映画を見た。
BGMが無い(=音楽による気分高揚演出無し)なのに、完全に見入ってしまった。
それだけ良く出来た脚本・演技ってことなのかな。
9歳の少女が下着姿で煙草をぷかぷか吸うシーンにビックリ。
今コレやったら、絶対どこかから叩かれそう。


Y氏作のDVD吸出し→AVI化データを鑑賞。ネタは某アニメOP。
度肝を抜かれるほどの美しさに感動。
これがデジタルtoデジタルの世界か…

ただ、口惜しい(?)点が2点。

その1。
ウチのマシンスペックでは動画にならない… (T_T)
途中で頻繁にガクガクする。うーむ。

原因を推測。
ビットレートを考えるとHDDの転送速度が足を引っ張ってるとは思えない。
実際、別のデータでは、倍近いレートのMPEG4V3を再生できてるし。

試しにベースクロックを66→75MHzにアップ。
セレ700の、オーバークロック初挑戦。
ガクガクが激減。途中2箇所しか止まらなくなった。
ってことはCPUが怪しい?
セレ700でのMPEG4V3再生は、640x480まではOK、それ以上はアウト?
720x480と言えば、DVD-Videoサイズ。
DVD再生は可能であることを考えると、MPEG4V3は想像以上に処理を食うらしい。

もっとも他に、バスの転送速度の可能性もあるかも。
そういや、再生サイズを50%にしてもガクガクが減る。
ってことはG400も怪しい?

口惜しい点、その2。
TV出力がなぜか出来なかった。

DVDがTV出力できてんのに、同じサイズのAVIは出力できねーたぁどういうこと? (`Д´)/ =З
DirectXの問題なのか、G400のドライバの問題なのか。何にしても、くやしい×65536。
目の前にご馳走を置かれて、おあずけ食ってる気分。
この美しい映像を、思う存分TVで鑑賞したい。
したいったらしたいのだー! ウガー (/T□T)/ ~┻━┻

1999/12/24(金) [n年前の日記]

#1 (NoTitle) NHKで再放送している...

NHKで再放送している「映像の世紀」という番組で、ユダヤ人虐殺の映像を見てなんともいえない気持ちになりました。でもこういう不当な殺人は今もまだ世界のどこかで行われているわけで。またそこまでいかないけど、この日本の中でも差別は絶えず行われていて。2000年にもなろうというのにこんな事でいいのか。これだけ悲惨な戦争を人類は二度も経験したのだから、全体意識というか共通認識ぐらいもう少しレベルアップしてもいいはずなのでは、とか家族相手に話してたら「無職のまま家でブラブラしているヤツがそんなこと口にしても全然説得力が無い」とか言われたり。
うむ。まさにその通り。グゥ

考えてみるとオタクも社会的には差別されてるのでオイラには他人事じゃないのです。例の宮崎事件でマスコミが徹底的に叩いてくれたおかげで、世間一般でオタク=悪という図式は浸透し、特にオタク自身がそれを強く受け止めてしまい、自虐的になりやすい状態が未だに続いています。マスコミの力は恐ろしいです。「映像の世紀」でもヒトラーがマスコミを効果的に使ってドイツ国民を洗脳していく様子が紹介されていましたっけ。その恐ろしさをマスコミが自覚してないのが更に恐ろしい。
私達は今現在もそういった色んな方面から様々な洗脳をされて今この時代を生きてます。「オレ達が洗脳?そんなバカな」とは一概に言えません。最近の新興宗教関連を思い起こせば分かりますが、洗脳されてる本人は自分が洗脳されている事を知らないもので、自分で物事を考えようとしない限り気がつきません。
実際考えるとたくさんあります。「結婚は恋愛結婚じゃなきゃダメ」「夢や理想を持って生きないとダメ」「男は泣いちゃいけない」「サラリーマンは出世欲が無いといけない」「ゲーム開発者はゲームが好きでないといけない」「プライベートを犠牲にしてでも仕事に打ち込まなければいけない」etc…これらは私の「洗脳内容」なので、人によっては「なんで?」と思うものがたくさんあるでしょうけど…それらから外れた人間は異端者。そして差別が始まります。場合によっては自分自身に対してそれを行い始め、自分を傷つけはじめます <それって私?
情報を鵜呑みするのではなく、それは事実なのか、単に誰かの考え方・妄想なのか、それが本当に正しいのか、何を基準に正しいと思うのか…情報を得た後に自分の思考で一度考えてみてから飲み込む、そういった事を多くの人が出来るようにならないと何度も同じ失敗を繰り返してしまうような気がします。
まあ理想論ですけど。

なんだか話がグチャグチャにアチコチ飛んでます。坂上二郎です。

こんな無意味な事考えてるから疲れるんだな。

以上、20 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2019/09 - Next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project