mieki256's diary



2018/11/22(木) [n年前の日記]

#1 [tic80] 波形メモリ音源について調べていたり

TIC-80 のサウンドは、音量16段階(4bit)、32個の点を並べて波形にする、波形メモリ音源っぽい仕様になっているのだけど、イイ感じの波形が作れなくて悩んでしまって波形メモリ音源について調べ始めたり。

32個の点で一つの波形と言うと、某社のSCC音源に近いのかなと思ったけれど、ググってみたらSCC音源は音量について256段階(8bit)の解像度を持ってるようだからちょっと違うなと。TIC-80のソレはどちらかというと、ゲームボーイの波形メモリ音源チャンネルに近いのかもしれないなと…。

_波形メモリ音源 - Wikipedia

ゲームボーイの音源に近いのであれば、と、関連ツールをググっているところ。

_Gameboy Programing - FM Synthesis -
_Wavetable calculator
_補助ツール - MCK Wiki*

#2 [web] wonderflってサービス終了してたのか

以下の記事に遭遇して、試しに触ってみたいなと思ったのだけど…。

_ActionScript で波形メモリ音源向け波形編集ツール - Simple Inspiration

Actionscriptを使った試作品をアップロードできるサービス、wonderfl が終了していて、該当プログラムが404。実行できなかった…。

_wonderfl build flash online | 面白法人カヤック

件のサービスは、かなり多くの様々な実験プログラムがアップロードされていた印象があったのだけど、全部消滅か…。Web上のFLASHが殺されたことで、こんなところにも影響が…。もったいない。あまりにもったいない。せめてソースの閲覧だけでもできないものか…。と言っても今後何の利益も出さないものに営利企業が便宜を図るはずもなく。こういうことがあるからリチャード・ストールマンが以下略。

infoseek isweb、Nifty @homepage、Yahoo GeoCities の終了時も思ったけれど、どこかの企業のWebサービスに自作の何かしらを預けるのは極めて危ないのだなと再認識。おそらく将来的には pixiv や github もヤバいのだろうな…。

2017/11/22(水) [n年前の日記]

#1 [lua][windows] luarocksとluacheckをWindowsにインストール

luarocksなるものをインストールすると、lua関係の便利なアレコレが簡単にインストールできるようになるらしい。更に、luarocks を使って luacheck をインストールすることで、luaのソースファイルを静的チェックできるようで。試しにWindows10 x64上でインストールしてみようかなと。

以下を参考にして作業。

_にっき♪: luacheck
_LuaとLuaRocksのWindowsインストール
_Installation instructions for Windows - luarocks/luarocks Wiki

luarocksをインストール。 :

インストールには、Lua とリンクライブラリとやらが必要。以下の2つを _Lua Binaries Download からDLして解凍。インストール。
lua-5.3.4_Win32_bin.zip
lua-5.3.4_Win32_dllw4_lib.zip

また、途中でコンパイルをするから、Visual Studio が必要になるっぽい。自分の環境は Visual Studio 2015 Community をインストールしてあるので、スタートメニューから、開発者コマンドプロンプトを実行して、その上で作業した。

_LuaRocks releases から、luarocks-2.4.3-win32.zip をDL、解凍。luaにPATHが通ってる状態で以下を打って luarocks をインストール。
install /LUA Luaインストール場所\ /P LuaRocksインストール場所
今回は以下のフォルダを指定。
install /LUA D:\Dev\lua_x86\ /P D:\Dev\luarocks

気を利かせたつもりで、事前にLuaRocksインストール場所を作成しておくと、「指定されたフォルダが既にあるからインストールできねえ」と文句を言われる。事前に作成しないほうがヨサゲ。

luarocks.bat その他が作られた。環境変数 PATH に通しておく。

luacheckをインストール。 :

luarocks install luacheck で、luacheck がインストールできるはずなのだけど…。
D:\Dev\lua_x86>luarocks install luacheck

Installing https://luarocks.org/luacheck-0.21.2-1.src.rock
Missing dependencies for luacheck 0.21.2-1:
   luafilesystem >= 1.6.3 (not installed)
luacheck 0.21.2-1 depends on luafilesystem >= 1.6.3 (not installed)
Installing https://luarocks.org/luafilesystem-1.7.0-2.src.rock
cl /nologo /MD /O2 -c -Fosrc/lfs.obj -ID:/Dev/lua_x86/include src/lfs.c
lfs.c
link -dll -def:lfs.def -out:lfs.dll D:/Dev/lua_x86/lua53.dll src/lfs.obj
Microsoft (R) Incremental Linker Version 14.00.24215.1
Copyright (C) Microsoft Corporation.  All rights reserved.
D:\Dev\lua_x86\lua53.dll : fatal error LNK1107: ファイルが無効であるか、または壊れています: 0x330 を読み取れません。
Error: Failed installing dependency: https://luarocks.org/luafilesystem-1.7.0-2.src.rock - Build error: Failed compiling module lfs.dll

lfs.dll とやらが作れないぞ、と怒られてしまった。

_installing on windows fails with LNK1107 (lua 5.2) - Issue #82 - keplerproject/luafilesystem

Visual Studio 2015 (VC14) と一致する何かしらのファイル群が必要らしい…。

_LuaBinaries - Browse /5.3.4/Windows Libraries/Static から、lua-5.3.4_Win32_vc14_lib.zip をDLして解凍。Luaインストール場所にコピー。どうも lua53.lib というファイルが必要だったらしい。

luarocksインストール場所\config-5.3.lua の修正も必要。中の一部を以下に変更。
    LUALIB = 'lua53.dll'
     ↓
    LUALIB = 'lua53.lib'

この状態で再度インストールを試す。
luarocks install luafilesystem
luarocks install luacheck

Luaインストール場所\systree\bin\luacheck.bat ができた。Luaインストール場所の直下にコピー。

動作確認。 :

luacheck hoge.lua でチェックができる。

が、love2d用のluaソースを渡すと、「loveって何だ? そんなの知らねえよ!」と山ほど怒られる。これでは…使えないな…。

#2 [lua][windows] Visual Studio Code にLua関係の拡張をインストールしてみたり

Windows10 x64 + Visual Studio Code 1.18.1 に、Lua関係の拡張をインストールしてみたり。

_vscode-lua - Visual Studio Marketplace
_LOVE - Visual Studio Marketplace

Alt + L で love2d を実行できる、らしい。

そこそこ補完が効いてくれる模様。

#3 [lua][emacs] Emacs(NT Emacs)にLuaとlove2d関係のauto-completeをインストール

Lua関係の auto-completeパッケージを見かけたので試しにインストール。Lua用のソースを書く際に補完してくれるようになるっぽい。

環境は Windows10 x64 + NTEmacs 24.5.1。 _Lua-mode と auto-complete はインストール済み。

_rolpereira/auto-complete-lua.el: Auto-complete builtin Lua functions in Emacs
_rolpereira/auto-complete-love.el: Auto-complete LOVE functions in Emacs

それぞれzipファイルをDLして解凍。

以下のファイルやフォルダを、Emacsからパスが通ったところにコピー。
auto-complete-lua.el
auto-complete-lua-tests.el
lua-documentation
auto-complete-love.el
auto-complete-love-tests.el

~/.emacs に以下を記述。

(require 'auto-complete-lua)
;; (add-hook 'lua-mode-hook '(lambda ()
;;                             (setq ac-sources '(ac-source-lua))
;;                             (auto-complete-mode 1)))

(require 'auto-complete-love)
(add-hook 'lua-mode-hook '(lambda ()
                            (setq ac-sources '(ac-source-love))
                            ; Uncomment only if you're using `auto-complete-lua' (see below)
                            (push ac-source-lua ac-sources)
                            (auto-complete-mode 1)))

auto-complete-lua と auto-complete-love の両方を入れる場合、auto-complete-love側の設定だけをしておけばいいらしい。最初、両方の設定を書いてしまったら補完がちゃんと動かなかった。

参考までに、~/.emacs のLua関係の設定部分をメモ。
;; ----------------------------------------
;; lua-mode

;; This snippet enables lua-mode
;; This line is not necessary, if lua-mode.el is already on your load-path
;; (add-to-list 'load-path "/path/to/directory/where/lua-mode-el/resides")

(autoload 'lua-mode "lua-mode" "Lua editing mode." t)
(add-to-list 'auto-mode-alist '("\\.lua$" . lua-mode))
(add-to-list 'interpreter-mode-alist '("lua" . lua-mode))

(setq lua-indent-level 2)

(add-hook 'lua-mode-hook
          '(lambda ()
             (abbrev-mode 1)
             (electric-pair-mode t)
             (electric-indent-mode t)
             (electric-layout-mode t)
             ;; ||も括弧の補完の対象にする
             ;; (add-to-list 'electric-pair-pairs '(?| . ?|))
             ))

;; love2d love-minor-mode
(require 'love-minor-mode)

(require 'auto-complete-lua)
;; (add-hook 'lua-mode-hook '(lambda ()
;;                             (setq ac-sources '(ac-source-lua))
;;                             (auto-complete-mode 1)))

(require 'auto-complete-love)
(add-hook 'lua-mode-hook
          '(lambda ()
             (setq ac-sources
                   (append ac-sources '(ac-source-love ac-source-lua)))
             (auto-complete-mode 1)))
ac-sources に、ac-source-love と ac-source-lua を追加する形にしてみた。

ちなみに、love2d-minor-mode は以下で入手できる。

_ejmr/love-minor-mode: An Emacs minor mode for LOVE

2016/11/22(火) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 朝方、大きな地震

今朝の06:00頃、福島県沖を震源とした大きな地震が。震度5弱の揺れだったらしいけど、体感で1分ぐらい揺れ続けてただろうか…。

その後も何度も余震が。「また揺れた」「また揺れた」って感じで。

震災時に家の耐震性は落ちてるだろうから、下手すると今度はとうとう崩れるかも、と思ったりもしたけど。今回も一応崩れずに済んだようで。とはいえ、これからしばらく、また震度5クラスの地震が来るかも、と気象庁が発表してるので、ちと気をつけないと…。

#2 [zatta] 津波観測網 S-netはどうなったんだろう

以前、NHK教育で放送されてる科学番組「サイエンスZERO」の中で、 _日本海溝海底地震津波観測網(略称、S-net) てのが紹介されてて。

震災が起きた当時、実験的に設置してた、新しい仕組みの津波・地震の観測装置が、比較的正確な津波の高さを「実測」で返していたらしいのだけど。当時はそのデータを受け取って活用する仕組みが官公庁側に一切用意されてなかったため、それらのデータは全部スルーされて津波の被害拡大を防ぐことに全く何一つ繋がらなかった、という極めて残念無念な話があって。

で、その時の教訓を活かして、320億円かけて東北一帯の太平洋側に、その観測網を広げて配備しますよ(しましたよ)、てのが件の観測網、なのだそうで。

_NIED|日本海溝海底地震津波観測網整備事業|整備計画
_津波の姿を20分早く、汚名返上へ東北沖で海底観測 :日本経済新聞

しかし今回、どうも津波の予測に関して、今までと同様にアバウトな予測値しか報道されなかったなと…。

NHKの夜7時のニュースで少し紹介されてたけど、どうやら気象庁の中では、これまで発生した地震と津波のデータベースが作ってあって、そのデータベースを元に「このくらいの津波が来るかもしれん」と発表してるそうで。

それも変な話だなと。おぼろげに「たぶんこのくらいじゃね?」と予想する仕組みじゃなくて、早い段階で津波の高さを「実測」できちゃう観測網が新たに配備されたはずなのに…。どうして今までと同じノリで発表してるんだろうと…。

実は、実測データは得られているけど相変わらず官公庁がスルーしてるのではあるまいか。もしかして、いわゆる縦割り行政云々で、システムが無視されている現状があるのでは…。下手すると気象庁の人達が「え? そんなシステムあるの? 知らなかった…」とか言い出すのでは…。

これがもし、「震源が海岸に近過ぎたので今回は活用できなかったのじゃ」とか「いやいやちゃんと反映させて予測値を出してるんよ? 以前よりは精度上がってるのよ?」てな話だったらそれはそれでってことになりそうだけど。万が一、320億円もかけたのに、気象庁内部の権力争いだか縄張り争いだかのせいで、システムがガン無視されてたら、さすがに国民側としてはここはブチキレておかないといかん場面ではなかろうかと。

ということで、件の観測網は今現在どうなってるんだろう、どういう扱いを受けているのだろうと気になったのでした。320億円はドブに、いや、太平洋に捨てられてしまったのだろうか。それともこれから活躍してくれる見込みがあるのだろうか。さて、どうなんだろう…。

ちょっとこのへん、マスコミさんに取材・検証してもらいたいところだよなと…。使われてないことが分かったら気象庁をフルボッコするネタが得られるし、ちゃんと使われてたら「日本の技術スゲー」「日本スゲー」的番組を作れるしで、どっちに転んでもマスコミさんにとっては美味しそうですけど。どうですかねえ…。

余談。 :

福島第一原発は震災時に津波で潮位計が壊れたままで今も直してないから、あのへんに津波が来てもどのくらいの津波が来たのか測りようもないし当然分からないまま、という話を見かけたのだけど、ホントなのだろうか…。ググってみたら、少なくとも2014年の時点では相変わらず壊れたままだったらしいですが。

今現在、そこらへん、どうなってるのだろう…。

アレかな。下手に津波の高さが観測できちゃうと何かと騒がれるからわざと直してない、みたいなソレかな。いかにも東電らしい、とにかく記録を残しちゃいかん、隠蔽すべし、みたいなソレが…。

いや、でも、さすがに今は直してあるのでは…。と思ったけど、朝の段階では福一にこのくらいの津波が来た、みたいな報道は無かったような…。

ググってみたら「福一に津波到達」「高さは不明」てなニュースを見かけた。不明、か…。やっぱり壊れたまま放置状態なのか…。

と思ったけど「1mの津波が来た」というニュースも見かけた。アバウトだな…。「たぶん1mぐらいじゃね?」「1mってことにしておこうか」とかやってるのかな…。どうも怪しいよなあ…。

む。「1mの津波が来た」のは福島第二原発、だったらしい。するとやっぱり福島第一原発は、今尚、津波が来ても高さが分からない、ということだろうか…。

一体どうなっているのやら。

#3 [pc] PS Vitaが無線LAN接続できず

妹が PS Vita を買ったらしいのだけど、ウチの無線LANルータ NEC Aterm WR8300N に接続できない、との相談が。

PS Vita のMACアドレスを無線LANルータ側に登録して、PS Vita がIPアドレスを取得するところまでは進むのだけど、DNSの取得でエラーが。

手動設定で、DNSサーバのIPアドレスを指定しても変化無し。プロバイダのDNSだけではなく、Google Public DNS も指定してみたけど、これも変化無し。何だろうな…。

DNSエラーが起きる症状についてググってみたら、ルータ側のIPv6を無効にせよ、みたいな話が。ソレをやっても大丈夫かな…。他のPCにも影響出ないかな…。いやまあ、IPv6を使ってるPCは居ないはず、ではあるけど…。

PS Vita側でIPv6を無効にできないのか、と妹に尋ねてみたら、システム設定のあたりを眺めてるうちに「アレ?」と言い出した。省電力設定を無効にしたらDNSエラーが無くなってネット接続できた、との話で。

ググってみたところ、環境によっては PS Vita の省電力設定を無効にしてずっと接続しっぱなしにしたほうが接続が安定する事例もあるようで。どうやらウチは、そのケースだったらしい…。

とりあえず勉強になった。省電力設定を無効にすると改善する可能性もある、のだな。

2015/11/22() [n年前の日記]

#1 [anime] ルパン三世パート4の1話を視聴

福島でもルパン新作の放送が始まったようで。どうせ田舎だから見られないのだろうなと諦めてたので嬉しい話。…本当は深夜放送じゃなくて子供さんも見れる時間帯のほうが良いのだろうけど、さすがに今はそういうの無理だし。放送されるだけでも手を合わせて拝みたい気分。

画面は、線のタッチを強調した感じで、なんだかイイ感じ。せっかくの手描きなんだからアナログ感を出していったほうがいいよなと。でも、一応テレコムが制作ってことになってるんだよな…。アナログ制作時代は均一な線で作画することを推していた(らしい)テレコムが、ここに来て真逆のことをしてるあたりがなんだか面白い。と言っても実際作ってるのは別スタジオかもしれんのでアレだけど。

脚本はタイバニに参加してた方だったらしいので、台詞関係は悪くない、ような印象。ルパン一味がいかにも言いそうな感じの台詞が多々あったような気もするし。アイテム? ガジェット? を駆使してネタ晴らししたりアクションしたりするあたりもグーだなと。なんだかとてもルパンっぽい。いや、ルパンだけど。

ただ、コンテ・演出が…。平成アニメとは思えん…。もっとも、おそらくはパート2あたりの雰囲気を再現したい等、何か意図的にやってるのだろうなと。ルパン三世って元々そんなに肩に力入れて見るアニメじゃなかったよね、軽快に、気楽に、それでいて時々オシャレに見せてくのがルパンだろう、という嗜好も全然アリだと思うので、狙ってやってるならこれはこれで。

何にせよ、既存のルパン作品の作画・絵柄・表情を再現、かつ、今風にしっかりアレンジしたカットが多々見えて、そこを見てるだけも楽しいなと。「これはパート1の絵柄を再現したのかな」「ココはマモーの絵柄だな」等々、クイズ当てをしてるような面白さが。よくまあここまで雰囲気を再現できるなあと、感心というか感動というか。そういう面では1カット1カットが見どころ。素晴らしい。

その後気になって情報をググってみたら、どうやら今作はパート1のハードボイルドっぽい雰囲気に近づけたいという方針のようで。パート2のダラダラした感じを目指してたわけじゃないのか…。

2014/11/22() [n年前の日記]

#1 [cg_tools][dxruby][spriter] Spriterのデータを少しだけ表示できるようになった

DXRuby を使って、キーフレームだけなら表示できるようになった。

しかし、このキーフレームを使って、角度と座標を補間してアニメをさせないといけないわけで。どう書いたらいいか悩んでたり。

とりあえず分かった点をメモ。

2013/11/22(金) [n年前の日記]

#1 [pc] メインPCの異音

ここ最近、メインPCから異音がしていて。

数時間ほどスタンバイした状態から復帰すると、「ガー」「ガー」という音がして。しばらくすると音がしなくなって、その後はずっと異音は聞こえず。また、1〜2時間程度、つまり比較的短時間のスタンバイ状態なら、復帰時に異音は鳴らず。

てっきり光学ドライブ ―― BDドライブが壊れたのかと思っていたけど。試しにBDドライブを取り外してみたら、それでも異音が鳴ってしまって頭を抱えたり。マズいなあ。ということは、HDD近辺かな…。ソレ、かなり、マズいなあ。

ちなみに、使ってるHDDは、Western Digital WD10EALX-R。WD Caviar Blue、1TB、7200rpmの製品…と、 _2011/10/20の日記 に書いてあった。

しかし、HDDから異音が鳴っているのであれば…。当の昔にOSが起動しなくなってるとか、ファイルにアクセスできないとか、SMART値がおかしくなってるとか、そういうことになってそうだなと。ところが、スタンバイから復帰した直後、異音が鳴ってる間も、フツーにファイルアクセスできているように見えるわけで。

HDDはRATOC製リムーバブルケース SA3-RC2-BK に入れて使っている状態だけど。もしかすると、そのリムーバブルケースについてる4cmファンが異音を出しているのでは、という気もしてきたり。が、ケースの蓋を開けて、その4cmファンのあたりを眺めてみても、電源投入やスタンバイ復帰時に、しっかり回ってるように見えるわけで…。まあ、回ってるから異音は鳴らない、ということにはならないんだけど。

とりあえず、4cmファンを交換してみるか…。ということで、Amazonで注文。

どうしてリムーバブルケースにわざわざ入れているのかというと。原発事故がさらに悪化してココから逃げなきゃいけなくなった時に、HDDだけでも取り外して持っていけたら、後でどうにかなる場面があるかもしれないな、と思えたのでそういう構成にしていたり。

オンラインストレージの類に重要ファイルをバックアップできたほうがいいのかもしれないけど。自作のプログラム等、容量が大きいファイルもあって。オンラインストレージでは、解決できない感じなのでした。

2012/11/22(木) [n年前の日記]

#1 [dtm] 「音楽の正体」というTV番組が気になる

1993年にフジテレビで放送されてたらしい _「音楽の正体」 という番組が気になったり。クラシック曲やヒット曲を大量に引用して、音楽理論をゆっくりじっくり分かりやすく説明していく内容で。某所でその映像をほんの少し目にして、これは素晴らしい番組だなと。

DVDセットはいくらぐらいなんだろうと検索してみたけれど。そもそもDVD化されてないらしい。かろうじて書籍が出ていたけれど、それも今では絶版。実際に音を出しながら解説していかないと分かりづらい内容ばかりに思えるので、書籍化では今一つ意味が無いのでは、とも思うけれど…。

何故にDVD化されなかったのだろう。奇妙だ。こんなに優れた内容をDVD化しないなんて、日本人にとって文化的に大きな損失ではないか、とすら思える。

ここからは勝手な邪推だけど。TV放送される番組内で使った楽曲については、JASRACに一括して使用料を払ってると聞いた記憶があり。だから、あくまでTV放送のみであれば既存曲を大量に使うことも可能なのではと。しかしDVD化する際は、別途個別にお金を払う等、何か面倒臭い取り決め、金額的にとんでもないことになる状況があるのではないか。そういう理由で、これほど良質な番組であっても、DVD化ができないんじゃないか、と。さほど根拠のない邪推だけど。

もし、この邪推が当たってるとしたら、JASRACは音楽という文化の普及や発展を見事に阻害しちゃってると言えそうな。せめてこの手の理論について解説するための引用等であれば使用料についてかなりの便宜を図る、等がないと困っちゃうよなと。楽曲をフルで流してるわけでもなく、一部のフレーズだけ引用してる上に、もはや鑑賞とは呼びづらい使い方をしているわけだし。

まあ、JASRACはあまり関係ない可能性もあるのかもしれないけど。番組を作った会社が何か大変なことになっていて権利的にややこしいことになってる、とかもあり得るだろうし。

それにしても、もったいない。ここは一つ、「音楽の正体2012」てなタイトルでリメイクしないものか。特に昨今、初音ミク関係で微妙なDTMブームが到来し、若い人達が作曲行為について多少なりとも興味を持ち始めている時代。ニコ動あたりでアマチュア楽曲を聞いている人達が、こぞってチャンネルを合わせてくれる可能性も高いのではないか。リメイクするならこのタイミングだろう。と思ったりもして。

2011/11/22(火) [n年前の日記]

#1 [pc] やっぱりヘッドフォンが壊れてた

カナル型ヘッドフォン SONY MDR-EX51 が今度こそ間違いなく壊れてしまった。左側の音が聞こえない。PCに繋いでもTVに繋いでも聞こえない。別のヘッドフォンを買ってこないと…。

#2 [pc] HTMLエディタを試す

今まで使ってた転送メールサービスが終了してしまうので、メールアドレスが変わったことを連絡しないといけない。とりあえず自サイトのトップページで公開してたメールアドレス画像を修正。ついでに、消滅してしまったページへのリンクを削除したり、テーブルタグで作っていたアレコレをcssで表現するように変更。それらの作業をするにあたって、xyzzyでタグを打っていたのだけど。一々ブラウザで確認するのが面倒だなと思えてきたので、プレビューできるHTMLエディタを探してみたり。

_ez-HTML :

プレビューできるらしいので試してみたり。
  • 機能豊富で素晴らしい。FTPまでできる。ページを修正してそのページだけアップロードとかできてしまう。
  • プレビューする際に、逐一ショートカットキー(デフォルト設定なら SHIFT + F2)を押さなければいけないのが面倒。
HTMLを修正すると即座にリアルタイムでプレビューしてくれるエディタがあればなあ、という気分になってきた。

_Crescent Eve :

リアルタイムプレビューできるの売りらしいので試してみたり。
  • HTMLを修正すると、即座にリアルタイムでWebページのプレビューが行われる。素晴らしい。
  • リアルタイムプレビューの表示位置が変わらないので、ページの最後のほうを表示した状態でHTMLの最後のほうを修正してもその場所がプレビューされる。つまり、プレビュー内容が変わるたびにスクロールさせなくて済む。だが、一瞬、ページ最初のほうがチラッと表示されるのが気になる。再レンダリングしているから仕方ないんだろうけど。
  • ez-HTML を触った後だと、機能が少ないように感じてしまう。
  • エディタ部分のフォントを変更するたびに再起動を要求されるのはちょっとツライものが。

HTML Project2 :

これもプレビューできるらしいので試してみたり。
  • ファイルを保存した段階で内蔵プレビューに反映される模様。ez-HTML以上、Crescent Eve 以下のプレビュー機能な印象。
  • プレビューの表示位置は変わらないので、プレビュー内容が変わるたびにスクロールさせなくて済む。

Firefox + Firebug + Web Developer :

Firebug は補完もしてくれるし即座に修正内容が見た目で反映されて実に快適。しかし、修正後のcss等をローカル保存することができないので、毎回コピーして元ファイルに貼り付けするのが面倒。

Web Developer はローカル保存ができるように見えたが、こちらは補完をしてくれず、全ての修正を手打ちしていくしかない印象。

リアルタイムプレビューできるソフトが増えてくれないものか。 :

一度リアルタイムプレビューの便利さを知ってしまうと、既存の修正作業 ―― 修正後に何かのキーを押して結果を確認 ―― が面倒に思えてくる。PCスペックが著しく向上した分、リアルタイムプレビューの実装が増えてくれたらいいなと。

HTMLエディタに限らず、これまでは人間が明示的に「こういう処理をせよ」と指定していた作業を、いつのまにか裏で逐一毎回行ってしまうことで、随分と便利になるソフトジャンルが他にもありそうな気もしてきた。…考えてみれば、Perl、Python、 Ruby などのLL(Lightweight Language)が流行したのも、そのへんが関係しているような気がする。コンパイル作業をスクリプト実行時に毎回勝手にやってくれていることで、随分便利になったわけで。まあ、それら言語は、「実行」という手順がまだ必要なわけだけど。実行という概念が見えなくなるような言語は産み出せるのだろうか。ちょっとイメージが湧かないが。

2010/11/22(月) [n年前の日記]

#1 [flash] ソースを読んでる

さっぱり分からない。

2009/11/22() [n年前の日記]

#1 [nitijyou] CDをmp3に変換

妹に貸していたCDが結構前に戻ってきていたのだけど。部屋の片隅で埃をかぶっていたわけで。いちいち段ボール箱から引っ張り出して聞くのもアレなので、mp3等にしてHDDに入れておこう。と思ったのだけど、BonkEncとやらでリッピングしたらWINAMPでの再生時にプチプチとノイズが。うーん。

EACとやらで一旦flac形式にして、そこからBonkEncでmp3に変換することにした。flacとmp3を合わせても、1枚のCDが300MB以下になってくれるし、flac形式なら可逆圧縮のはずだから音質劣化もないだろうし、こういう残し方でいいかなと。

mp3への変換は、lameより午後のこーだとやらのほうがよいという話を見かける。が、BonkEncで午後のこーだを指定する方法が判らず。flacから変換可能で午後のこーだを使えてタグを引き継いでくれる変換ソフトってないのかな。うーん。まあ、lameでの変換は速いからアレなんだけど。どうせ自分の耳は腐っているので、音質の違いも判らんし。

再生時のノイズは、どうも他のアプリの負荷によって入ったり入らなかったりするような雰囲気。必ず同じ場所でノイズが入るわけでもないようで。にしても、3.0GHzデュアルコアのCPUを使ってるのに、他のアプリの負荷で影響を受けるってのは、どうなんだろうという気もする。 何が原因なんだろうなあ。

2008/11/22() [n年前の日記]

#1 [anime] HDDレコーダに溜めていたアレコレを消化

ひたすら消化。映画数本を覗いてなんとか消化できた。

銀河鉄道999シリーズはどうしよう。DVDとか出てるのなら消しちゃうけど。

検索してみたら一応DVDは出てるみたい。>999シリーズ。なら、消そう。どうしても見たくなったらDVDを買えばいい。…というわけにもいかんのかもしれんのか。見たくなった時、聴きたくなった時に限って、市場からDVDやCDが消えてしまってることも多々あるような気もする。

2007/11/22(木) [n年前の日記]

#1 [comic] 諸星大二郎作品を読んだ

弟が3冊ほど持ってきたので、目を通したり。暗黒神話、海竜祭の夜 -妖怪ハンター-、栞と紙魚子の生首事件、の3冊。

面白い。…とは正直言いづらいのだけど。極めて独自性が高くて実に興味深い作品・作家だなと。いや、他の作品も読むかと問われたら、ちょっと悩んでしまいそうだけど。

弟から、「暗黒神話は1977年の作品」と聞いて驚いた。そんな昔に、これほど情報を詰め込んだ作品を描いていたとは…。

#2 [iappli][cg_tools] 遠景用の半球モデルを作成し直し

blender でチマチマと。

使い方を忘れてる。 :

どうやってUV指定するんだっけ…。Fキーだった。Fキーを押すと、Face Select モードになる。その後Uキーを押せば、UV展開図生成ができる。

どこで、展開図指定を切り分けるのだったか…。Edit mode(頂点編集モード)で、Ctrl+E だった。Mark seam を選べば、選択してある境界線で、展開図を分けるように処理してくれる。

.bac でエクスポートしたものの、テクスチャが反映されない。… material にテクスチャを指定しておかないとダメだったのを忘れてた。Face Select mode でUV指定をしただけじゃダメだったのだな。

両面ポリゴン・片面ポリゴンの切り替えってどうやったっけ…。メッシュ設定で、Double Sided をオンオフすればよかったのだったか。

PAC.exe を介さずに照光オンオフの指定をするのが判らず。 :

直接 blender側で指定できればいいんだけど…。

.bac export plugin のドキュメントを見たら書いてあった。material の shadeless を有効にしておくと、照光オフ、有効でなければ照光オン、らしい。

立方体表示のほうでもなんとかできないものかと思って :

ポリゴンの境界線がチラチラしないよう、頂点座標を少し大きめにしたり、テクスチャのUV座標指定を調整してみたり。

頂点座標を大きくするほうではまったく問題は解決せず。UV座標指定を少し狭い範囲にしたほうでは、チラチラする度合いが少し減ったような気もする。ということは、表示されるべきではないテクスチャが拾われている・表示されているということか…。もしかすると、テクスチャ画像は、UV指定範囲の周りに1〜2dotほど同じピクセルを置いておくとか、UV指定を1〜2dot狭い範囲にする等の指定が必要なのだろうか。

てなことを試行錯誤していたけど。結局、確実に境界線がチラチラしないようにはできなかった。まあ、何にしても、テクスチャ画像自体、立方体なのがバレバレな画像になってしまってるようで。…もしかすると、画像生成時の画角が関係してるのだろうか。アプリ側の画角と一致させた状態で生成する必要がある…とか? でも、立方体に張り付ける以上、画角は90度になるような感も。どうもよくわからん。

半円球を遠景として表示してみたけれど :

処理の重さはあまり変わらないような…? 立方体を表示するほうが重いと思ったのは、自分の勘違いだったのかしら。うーん。

どのみち、実機で表示してみないと、処理速度に関しては正確なところがわからんよな…。

実機上で動作可能にするために :

修正開始。

res/ に画像を入れた状態では、bin/*.jar が100KByteより大きくなってしまうので、スクラッチパッドへの読み込み・取り出しが必須になるわけで。結構、手を入れる必要が。

.bmp の圧縮、というか展開は、 _JarInflaterクラス とやらを使えそうだなと。ひとまず、7z.exe (7zip) で .bmp や地形データを zip圧縮するためのバッチファイルを作成。

7zip で、.gif も含めて1つのファイルに圧縮してみたのだけど。どうやら、複数の .gif を単純に結合したときより、複数の .gif を1つのzipに圧縮したほうが、容量が大きくなってしまう模様。ということは、.gifに関しては、単に結合する方向で作業・処理をしたほうがいいのかもしれない。各 .bmp をそれぞれ .zip にして、.gif と同列に並べて結合したほうが良さそうか…。

テスト用のプロジェクトがごちゃごちゃしてしまったので、新規にプロジェクトを作成。テストに使っていたソースと、以前作成したアプリのソースから、必要になりそうな部分をコピペ。eclipse 上でエラー続出。修正しないと。…共通で使うであろう部分を、class で分けることができれば楽なんだけどな。しかし、それをやると容量が圧迫されるし。せめて、Java に、C言語における #include 等があればなぁ…。

2006/11/22(水) [n年前の日記]

#1 [comic] 鋼の錬金術師15巻を読んだ

傷の男の出身地で何があったのかについて描いた巻。

全然関係ないけど、作者さんが別雑誌に2本漫画を描いてる旨、宣伝ページが入ってて。…よくそんなに描けるなぁ。

#2 [iappli] 仮画像作成中

画像を作成しながら仕様を考えているところがあるような気がしてきた…。>自分。いや、必要な画像は何かというのをタイトル画面から順に考えていくと必然的にそうなるのだけど。流れをイメージしないとロゴ一つの文章すら決まらないわけだし。

カードがめくれるときにアニメーションさせるかどうかで悩む。どう考えても実機上のメモリが足りなくなりそうな。でも、立体的に回ったら見ていて「おっ」と思ってもらえそうだし。…ポリゴンが使える実機なら悩まずに済むのかもしれんけど。いや、それはそれで、見た目当たり前過ぎてなんとも思われないであろう予感も。

#3 [anime] NANA、NAMAでやってないことを叱られる回

該当シーンを、原作どおりにアニメ化した模様。スゲエ。日本のアニメはどこに行く。

相手側のバンドの真面目くんの口から主人公の白いほうの客観的評価を語らせるあたりが上手いと思ったり。当事者間ではそう見えないように描いてるけど、外から見るとたしかにやり手にしか見えない…。若干前に、白いほうの口から計算云々を語らせていたあたりも鑑みると、作者としては白いほうの無意識下での計算高さ・したたかさも読み取ってほしい、といったところだろうか。…考えすぎかもしれんが。

それにしても女性作家ってのは 怖い 凄いなと。NHK大河の北条時宗の脚本家に対しても思ったけど。人間の心理のドロドロしたものを書ける・解析できるあたり、感心する。少年漫画なんて「オラと結婚するって約束したでねえか!」「そっか。んじゃ結婚すっか」だもんな。<たしかDBがそんな感じ。

2005/11/22(火) [n年前の日記]

#1 [linux] .htaccess で .pl だか .cgi だかを無効にしたり

ディレクトリの中は丸見えにしたいけど、.pl 等は動かしたくないわけで。
Options +Indexes -ExecCGI -Includes

AddType text/plain pl
AddType text/plain csv
AddType application/octet-stream ttf
AddType application/octet-stream sqf
RemoveHandler cgi pl
これでいいのかしら。とりあえずメモ。

色々試してるうちにそもそも httpd.confでAddTypeの指定をしてないことに気づいた :

なんてこった。今までまったく知らなかった。

…と思ったが、httpd.conf 中で、
TypesConfig /etc/mime.types
としてることに気づいた。そっちで指定してあったのだな。

ついでにFLASH関係のアイコンも作成 :

httpd.conf 中で、
Alias /icons/ /home/httpd/icons/
と指定してあったので、/home/httpd/icons/ の中に放り込む。普通のサイズと、小さいサイズがあるので、2つ作った。 *1 小さいサイズはどんなタイミングで呼ばれるのかわからないけど。

flash movie (gif)

flash movie (png)

Flash Creator .sqf (gif)

Flash Creator .sqf (png)

mswindows (gif)


flash movie (gif)

flash movie (png)

Flash Creator .sqf (gif)

Flash Creator .sqf (png)

mswindows (gif)

httpd.conf 中に記述。 .doc .xls .swf .sqf にアイコンを指定してる。
AddIcon /icons/mswindows.gif .doc .xls
AddIcon /icons/flash.gif .swf
AddIcon /icons/sqf.gif .sqf
もっとも、httpd.conf や .htaccess 中で、
Options +Indexes
等を指定して、ディレクトリ以下でファイル一覧表示可能にしてないと意味が無いんだけど。もちろん、通常こういう設定は推奨されないけど。

*1: エクスプローラで表示したウインドウをキャプチャして、GIMPで縮小してドット修正して作成。

#2 [cg_tools] 数枚・複数の写真画像から3Dモデルを作成するソフト

ちと興味が湧いたので検索。

_三洋電機、デジカメの画像から簡単に3次元データを作成するソフトを発売 (MYCOM PC WEB)
_【ブリーフレビュー】寿司もグルグル廻る!? 三洋電機の2D→3D変換ソフト「CyberModeler」 (MYCOM PC WEB)
_Canon 3D Software Object Modeller SAMPLE
_3D S.O.M Web3D
_3D S.O.M. ― 製品紹介
_【モビデック2003】携帯3Dを後押しするモノ・その2 (WindowsCE FAN) - キヤノン「3D Software Object Modeller」
_買ってみた。〜 CyberModeler Handy light 〜

なんか生産終了・販売中止になったソフトしか見つからないのだが。

#3 [linux][windows][cg_tools] _@IT:ソフトウェアを日本語化するには

gettextによる国際化対応のソフトウェアは、ロケールごとにメッセージカタログというファイルを用意することで、メッセージの多言語化などを実現している。

メッセージカタログには、プログラムのソースファイルに相当する.poファイルと、コンパイル後のバイナリに相当する.moファイルがある。例えば、日本語化した.poファイルを作成して.moファイルに変換し、これらを規定のディレクトリに配置すれば、日本語のメニューが表示される。

@IT:ソフトウェアを日本語化するには より

Windows 版 GIMP の、GAP の mo が英語なのです。Linux 版の mo を流用できないものだろうかと夢想。

#4 [flash] _Sothink SWF Decompiler

_フラッシュ 分解 swf (SWF Decompiler) 「webの素」

swf → fla に変換できるツールらしい。

#5 [flash] 先日ダウンロードしたFLASHのPDFドキュメントだけど

_Macromedia - Flash のマニュアル から落としたPDFだけど。サンプルスクリプトの中に、やたらと「-」が書いてあって、何なんだろうと。

「-」じゃなくて、「=」なのだな…。どうやら拡大率とフォントの関係で、「=」が「-」に見えるらしい。困惑。…まあ、フォントのアンチエイリアスを無効にすれば済む話ではあるのだけど。

LiveDocs(オンラインマニュアル)を使ったほうがいいのかもしれないなぁ。

#6 [flash] Flash Creator 1.6 で実験 - SharedObject とか サウンドとか

SharedObject は使えた。ユーザの環境に情報を保存することはできそう。要するに、ハイスコアとかそのへんを記録したりはできると。

サウンドは、 を、loadMovie で読ませて比較してみたり。

まず、Flash Creator で作成したメニュー用の swf から、FLASH4 で作成した swf を読むことはできた。つまり、音声だけは Flash Creator 以外のツールで出力して、それを読み込むことで、耳障りではない音質で聴ける可能性がある、ということ。

Flash Creator の出力した swf は、たしかに、かなり低ビットレートの mp3 が含まれている模様。音質についての設定も変えられないし。 *1 綺麗な音楽を聴かせたいFLASHムービーを、このツールだけでは作れない。

でもまあ、ゲーム等に使うのであれば、音質面はさほど問題無いはず。なにせ、SEGA メガドライブのPCMによるガビガビ効果音よりは、はるかにマシな音質なわけだし。BGM は前述のとおり、別のツールでswfを作ってそれを読み込めば解決するし。
*1: Flash Creator のオリジナル版、Sothink SWF Quicker の 2.x からは、音質設定が可能らしい。

#7 [windows] 久しぶりにWin98を起動してMIDIをWAVで録音

上記のFLASH関係の実験用に、元のwavとしては多少音質のいいデータを使いたいなと。しかし、権利がヤバそうなのは使うと後で何かとマズいのかもしれないと思ったので、サウンドカード(YAMAHA YMF724、XWAVE5000)のサンプルMIDIを録音しようかと。 *1

WinXP でのMIDI再生では、どの程度 YMF724 のXG音源を叩いてくれるかよーわからんわけで。Win98 を起動してそちらで録音することに。ちなみに、サウンド設定の「録音」のプロパティで、「ステレオアウト」にチェックを入れれば、サウンドカードが鳴らしてる音を録音できる。

SoundEngine Free で録音しようとしたけれど、録音終了直後に、エラーを出して不正終了してしまう。 _ロック音MT をDL・インストールして、そちらで録音した。

_Lame Ivy Frontend Encoder - MP3エンコーダフロントエンド :

MP3に変換したものと聞き比べもしたいと思ったので、Lame Ivy Frontend Encoder、通称LIFEを使用。lame のフロントエンド。

サンプリングレート変換 :

wav を 48KHz で録音したので、44.1KHz に変換したいと。 *2

Audacity で変換できないかと思ったけど、 _Sampling Rate Converterの比較 というページの評では、どうやら音質的にはあまりよくないらしく。他のツールを探してみたり。

_窓の杜 - 高精度のWAVEファイル変換ツール「waveconv」v0.1
_waveconv (wavefs44とwavedempの統合モジュール)
_サンプリング周波数変換精度 その1
_Shibatch sampling rate converter version 1.0beta の評価

SSRC という変換ツールがあるらしいのだけど、配布サイトが見つからず。 *3 _SSRC GUI Frontend はまだ公開されてるのだけど。… _2chのスレらしき ところから辿って入手してみたり。


なんか自分は考え違いをしてる気もしてきた。48KHz → 44.1KHz 変換といった、「ダウン」の変換は、そんなに神経使わなくてもいいのかしら。

*1: 実は、YMF724関係は、サンプリング音が22KHz程度らしいので、音質的にはアレなんだけど。それ以前に、サウンドカードのサンプルMIDIデータって権利的にはどうなんだという気もするけど。そのへん気休めというか、たしか元々はXG音源のデモとして、フリーで公開されてたデータだったような気もするし。
*2: YMF724 は、48KHz でAD変換するので、44.1KHz で録音したりすると、内部で、あくまで簡易に、サンプリングレート変換をしてしまうので音質が悪くなる…という話を昔どこかで見かけた記憶があったり。いや、自分の記憶違いかもしれんし、考え違いをしてるのかもしれんのだけど。とりあえずそんなわけで、48KHz で録音してみた次第。
*3: 日本人嫌いだから日本からのアクセスは弾いてるといった話も見かけたり。Win3.1が使われてた頃ならそういう人もたまに見かけた気もするけど、今時は珍しい感も。

2004/11/22(月) [n年前の日記]

#1 [mozilla] _Googlebar 日本語版

検索ページで打ち込んだ文字列が検索バーに反映されず。結局、Googlebarを入れた。

のだけど。All-in-One Search Button を入れれば検索バーに反映されるらしい。

_WWW hxxks - Copy URL+ :

#2 [nitijyou] 親父さんと眼科に

親父さんの目が数日前から真っ赤。郡山安積町にある眼科に行って診察することになったのだけど。眼底検査をするために瞳孔を開く薬をつけるので、帰りは眩しくて、親父さん自身は車の運転なんてできない。ということで帰りはオイラが運転すると言うことで同乗。AM10:00〜AM12:00までかかった。

診察の間、オイラは周辺を歩いて暇潰し。

眼精疲労らしいけど、緑内障の可能性もあるとのことで。2週間ほど薬をつけ続けてみて、また診察を受けるということに。

診察後、HONDAにシビックを持っていって :

オイル交換と…なんだっけ、何かのパーツの交換を。

#3 [pc] 郡山安積町にあるというMacのソフトを売っているお店を探して三千里

見つからないんですよ。これが。安積町のヨークベニマルの通りにあるのかと思って歩いてみたんですが。見つからない。どこにあるんだー。

_システムブレイン 有限会社ブレイン BRAIN inc. :

これか。 _会社案内 の住所によると、 _ココ か。<コレ、間違い(2004/11/24追記)

うっ。ヨークベニマルより1つ向うの通りだったか。というわけで、微妙に _mapbbs の座標も修正。

関係ないけど :

この mapbbs、微妙に使いづらいような。次々とウインドウが開いていくあたりとか。とはいえ、地図情報が大きいから、1つのウインドウに場所の情報まで表示するのは難しいだろうし。うーん。

2004/11/24追記 :

場所が違ってると教えてもらったり。 _コッチ が正しいとのこと。情報thxであります。予想してたより、奥まった場所にあるのですなぁ…。一度現場に行ってみないと。むぅ。

この記事へのツッコミ

Re: 郡山安積町にあるというMacのソフトを売っているお店を探して三千里 by けいと    2004/11/23 16:16
> 会社案内 の住所によると、 ココ か。

ちょっと奥すぎ。

正しくは<a href="http://map.www.infoseek.co.jp/standard/13168010/emapview.htm?ENC=7K%2BtEuO0SLxAeREPg3r3zoF87TTtR03tiiZ%2Ffthh2nG7%2FlXxE7JA%2Bw1s3KmstsUV3UoExDzfWMxu1qgkCOt74hEsV2zf83tK0vrXCWxkv3OS2vluPOQsWz990hRs1a5n3YdhgksNDon%2FzbaEhp1nJfRFW1%2F0oXZ0WK4j%2BY%2FCPu%2BkbCfz8CJcDeJzu2iht3BiHeif6Z35TRwvzw%2FRHZsTw4eKjvR8J5ptyS4N%2B5vpOu7yGwsI9qBNmhcKTVoWWYbEnoW5of6vky6YlHDoEQ1pafmO5mOYJzahYp%2F3scFj%2FNE%3D">この辺。</a>

須賀川方向から来る場合、
4号を北上したあと、あえてベニマルの安積店を通り過ぎ、
安積第一小(もしくは安積中もしくは郡山南インター)に向かうように左折し、
ちょっとした坂を上りきったあたりの安積行政センターの前で
さらに左折(←坪井病院っていう看板が当時はあった(今は知らないけど))、
あとはまっすぐ南下しながら右手を見ていると
ちょっと奥まったところ(手前は駐車場なので見えることは見える)に
システムブレインがあるよ。

慣れたら、ベニマル安積店の交差点を左折、
郡山南郵便局に入る交差点を右折、
あとはまっすぐ北上すると左手にある。

どちらも目安は7−11か消防署(安積分署?)なんだけど
今もあるのかな?
Re: 郡山安積町にあるというMacのソフトを売っているお店を探して三千里 by けいと    2004/11/23 16:18
Webサイトの欄にURL貼り付けたら「長すぎます」って怒られたので
ダメもとでタグつけたけどやっぱり受け付けないのね。
(当然だわな〜)

と、いうわけで、めんどくさいと思うけど、
コヒペしてみてくだされ>mieki殿
Re: 郡山安積町にあるというMacのソフトを売っているお店を探して三千里 by mieki256    2004/11/24 15:58
> コヒペしてみてくだされ

ありがとうございますー。うーむ、完全に予想と違う場所でした…
一度行ってみて、写真でも撮ってこないとなぁ。

> Webサイトの欄にURL貼り付けたら「長すぎます」

申し訳ないス (^^;
とはいっても、たしかにコレ、URLとしては長すぎな感もしますなぁ…
とりあえず、後で修正できそうか調べておくつもりであります。
えーと…約40文字ぐらいですな。φ(..)メモメモ
40文字じゃなくて400文字の間違いだった… by mieki256    2004/11/24 16:30
というわけで修正してみたり。これでどうだっ。
Re: 40文字じゃなくて400文字の間違いだった… by mieki256    2004/11/24 16:34
mozilla firefox で見るとスゴイことになってますな>URI。
横にどこまで続いている…

http://h-oshima-web.hp.infoseek.co.jp/mozilla/party4/bug1476.html
このバグですな。

#4 [digital] BANDAI FSTYLE-mini(中古)を購入

診察待ちの間、アメ横 *1 を覗いたら、トイデジカメ発見。わーい。というわけで買ってきました、 _BANDAI FSTYLE-mini 。980円。980円のデジカメ!(笑)

Win98/98SE/Me/2000対応としかパッケージには書いてない。WinXPで繋げられるかわからないけど、まあ、どうにかなるべや。

関係ないけど、 _EPSON CP-500 が、まだ 9,800円で売ってました>アメ横。…シリアルケーブルで接続するデジカメが、その値段で売れるのかや。

外観 :

小さい。カワイイ。そして、結構軽い。単4電池4本。もちろん昔のトイデジカメなので、液晶画面なんてついてない。残り枚数をカウンタ表示する、2桁の液晶のみ。

操作 :

笑ってしまうぐらい、何もできない。モードボタンを押すと、640x480 → 動画撮影 → セルフタイマー → 画像消去 → 320x240 → 640x480 と回るだけ。画像消去も豪快。1枚ずつ消すなんてできない。消すときは全部消す。カワイイ外観と裏腹に、男気に溢れた仕様。

記録 :

内蔵の8Mが一杯になったら終わり。しかも、電池が切れたら中身も消える。爽快。

添付ソフト :

CD-ROMがついてきた。
  • FSTYLE mini マネージャ
  • Ulead PhotoExpress 3.0SE
  • インターネットの写真屋さん
とやらが入ってた。とりあえず、上の2つを入れてみたり。一応、WinXPにもインストールはできた。

どちらも、画像の保存場所に難アリ。

FSTYLE mini マネージャは、起動と同時に問答無用で、デスクトップに画像保存フォルダを作成する。 _このスッキリしたデスクトップ_こういう感じに。 ヒドイ。 *2

Ulead PhotoExpress 3.0SE は、プログラム本体の保存フォルダの奥底 *3 に、画像保存フォルダを作成する。「環境設定」で保存場所を変更できないか眺めてみたけど、それらしい項目は見当たらない。自分、プログラムとデータフォルダは分けて管理してるので、困るわけで。

ということで、どっちも使えない。この手のデジカメから画像を取り出して、指定フォルダに保存するだけのソフトを、探してこないとなぁ…。

画質 :

_FSTYLE-miniで撮影(640x480、png、460KByte)。 参考用に、 _Canon PowerShot A300で撮影(2048x1536、jpg、1.4MByte) も。 *4

ぶっちゃけ、ゴミですな(笑)

ちなみに、jpgで記録されたりしてるわけではなく。bmpのまま記録…いや、おそらくは、RAWが出てくるだけだと思う。それをソフト側で、bmpに変換してるのだろうと想像。

Webカメラ機能 :

実は、デジカメとしての性能は期待してなかったわけで。期待してたのは、Webカメラとして使った場合どうなのか、という点。ライブカメラの実験用に使いたいという。

WindowsMessenger の、ツール → オーディオチューニングウイザード から、呼び出してみた。…名前がリストにでてこない。「%DCA1.DeviceDesc%」というのがソレなのかしら? しかし動画が、なんだか変。フレームがいったりきたり…コマの順番が正常に並んでない、ような?

ライブカメラ用のフリーソフト、ListCamでも試してみた。やはり名前が出てこない。一応画は撮れているようだけど。うーん。とりあえず、もう少し調べてみないと。

にしても画質が酷すぎる。これなら、今現在発売されてるWebカメラのほうが、画質についてまだ期待できるのでは…。もっとも、今のWebカメラも、デジカメとして見た場合、画質はショボショボだけど。

どこかで、究極の画質を実現したWebカメラ、とか作らないものかしら。…どんな層が買うねん(爆)

もう少し調べてみた :

FSTYLE-mini マネージャをアンインストール後、USB接続してみたが、デバイスマネージャに「BANDAI FSTYLE mini」として並んでる模様。すると、WinXPなら標準でドライバが入ってるのだろうか。それとも、CD-ROMからインストールしたドライバが残っていて、そちらが呼び出されているだけだろうか。

ドライバは、WINDOWS\system32\drivers\STV680.sys が使われてる。この手のトイデジカメで一時期使われまくった、STV680を使った製品ということだろうか。となると、 _画像をRAWで取り出したり画質改善できたり するのかもしれない。ちょっと面白そう。

ドライバは認証されてないものが使われてるらしい。時期も2000年のもの。となると、CD-ROMでインストールしたドライバが残ってる、ということかもしれないなぁ。

_How do I install my STV0680B/STV0681 PC driver? :


*1: 郡山安積町のあたりにある、リサイクルショップ。
*2: 子供が使うことを考えて、こういう仕様にしたのかもしれないとは思いつつ。
*3: "C:\Program Files\Ulead Systems\Ulead Photo Express 3.0 SE\Photo\" とか。
*4: 考えてみたら、A300の画像も、640x480で撮影しておくべきだったな…。

2003/11/22() [n年前の日記]

#1 [pc][linux][debian] 日本語フォントでbold表示可能にする方法について調べてたり

問題点: debian(sid) + XFree86 4.2.1 + Mozilla で日本語フォントの bold が表示されない。

ひたすら検索して関係ありそうなページを眺めつつブックマーク。念の為にこっちにもメモ。

_AntiAlias
_KDE Anti-Alias フォント HOWTO
_KDEのフォント環境をさらに充実させよう
_font
_nautilus 日本語化 (on RHL7J)
_[Kuser:03177] aa 設定時の Bold, Italic
_[Kuser:03191] Re: aa 設定時の Bold,Italic
_Browser Font 比較
_Browser Font 比較 (2)
_モナーフォント / インストール方法
_2ちゃんねる用フォント「モナー」
_X de TT [X で TrueType ふぉんと を使おう]
_TTF-HOWTO
_GTK+ 2.0 でのテキストの取り扱い
_tmy's garbage space. - Debian X Window System
_Debian 初級からの脱出(debianX)
_Debian 初級からの脱出(debian基本)
_Font Configuration
_XでTrueTypeフォントをつかう
_Linux/memo - PukiWiki
_徒然 - KNOPPIX-JP FAQ[非公式]
_kinneko home/MOTOYAFont
_Knoppix Temporary Directory - defoma
_フォント - Wikipedia
_X Window SystemにTrueTypeフォントを追加しよう
_TrueType Fonts in Debian mini-HOWTO
_xfs-xtt
_Mozilla の表示の問題点と解決法
_Linux 備忘録
_download - SaruPuki
_Debian (woody+sid) で市販の TrueType フォントを使う
_Debian (Potato) で市販の TrueType フォントを使う
_CHOS・linux
_みかちゃんフォントを使う
_Panasonic CF-L2 で Debian GNU/Linux を使う
_input
_Debian初心者の足跡
_自前でコンパイルしてた XFree86 を upgrade されてしまってハマる
_debianで日本語のptexを使う
_Debian だと日本語出すのも一苦労
_日本語フォントについて
_商用TrueTypeフォントを追加してみよう。
_みっこちゃんの素材屋

眺めてみたところで、タコの自分にはどれが解決方法に該当するのかさっぱりわからず。xft/fontconfig にパッチをあてるのか、あるいは xftcache 用の hints ファイルとやらを弄るのか、それとも bold に該当するフォントを別途入手して導入する必要があるのか、 *1 一体どれやねん。woody以前、woody、sid では状況が違うらしいけど、何がどう違うのか、それぞれ何が使われるのかも理解できてない状態なので、各ページの説明対象が、woody以前、woody、sid のどれに該当するのかすらわかってない。手当たり次第に試してみるしかないのだろうか。シンドイなぁ…。
*1: フォントを入手したとして、bold への割り当て方も不明だし。

#2 [pc][linux] Plamo Linux に興味が湧いてきた

日本語化に関しては Vine Linux と双璧をなす、という話を見かけて気になり始めた。 _ブラウザ表示サンプル画面 を見ると、インストール直後から bold 表示もできてるようだし。自分はアニヲタだから二次元萌臭も気にならないし。 *1 Plamo を導入したほうが幸せになれるだろうか。しかしパッケージ管理がどうなってるのか不明でちょっと怖い。コンパイル必須のタイプだろうか。もっとも、Gentoo を使ったとしてもコンパイル地獄なのだし、debian 導入ですら既に何度も再インストールする羽目に陥ってるわけで、それを考えると導入の障害にはならないのかもしれず。
*1: 絵柄のヘタレ度は少し気になるけど<失礼な事を。

#3 [pc][linux] Turbolinux 10 Desktop も気になる

_Basicなら\3,980 なのか。 _ビットマップフォントを含むリコーフォントが入ってる 事を考えるとかなりお買い得かも。 *1 _リコーから直接フォントを購入 _(バラ売りもしてるみたい) することもできるけど、それらには、ビットマップフォントが含まれてない・レギュラー字体しか入ってないとも聞いた。であれば TurboLinux に含まれてるフォントは魅力的。しかし、フォントの使用条件がどうなってるのか気になる。TurboLinux自体はあまり導入したくないので、 *2 購入するとすればフォント欲しさのみが購入動機になるのだけど、Windows と同様の条件では購入する意味が無い。そのへんどうなってるのだろう。
*1: Windowsのフォント ≒ リコーのフォント。
*2: 独自の部分が多い上に、アップグレード・アップデートは有償、という話を見かけた。知識を持った人なら自分で各所を最新版に置換えられるのだろうけど、タコ初心者の自分には難易度高そうだし。古いまま使っててサポートが打ち切られたら終り、ではWin98を使い続けるのと変わらないし。

2002/11/22(金) [n年前の日記]

#1 アニメ館

金曜アニメ館ってスタイル変わってたんですね。
灰羽なんとかって面白そうだなぁ。
あの人、よくあんなに設定を描けるなぁ。凄いなぁ。

2001/11/22(木) [n年前の日記]

#1 寝てました

寝てました。

2000/11/22(水) [n年前の日記]

#1 加速時の異常音

晴れたので、2時間ほど車を運転。

加速時、かすかに、「ピィーーー」だか「プゥーーー」だか、変な音が。
最初、後続車にクラクションでも鳴らされてるのかと思った。
なんなんだ、この音は?
一体何が起きてるんですCarー!? ?堯福陰◆?;)

ハンドルを回すと「シャコシャコ」と音が。
親父さん曰く、クラクションのカバーが微妙にずれてて擦れてるとかなんとか。
とりあえず実害なさそうだし、こっちのほうはまあいいか <ホントに?

でも、「プゥーーー」のほうはムチャクチャ気になる。

1999/11/22(月) [n年前の日記]

#1 (NoTitle)相変わらずCGI設置で...

相変わらずCGI設置で色々実験してます。アクセス解析というのをつけてみようとしているのですが、全然思ったように動きません。キャッシュのせいか画面が更新されなくて確認もめんどくさい。むーん。ラクダ本(っていうんだっけ?)を片手にPCの前でスクリプト眺めながらうんうん唸ってます (´Д`;)

以上、20 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2019/09 - Next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project