mieki256's diary



2018/06/23() [n年前の日記]

#1 [love2d] love2dのdrawを試してたり

love2d の、love.graphics.draw() について手元で動作確認中。基準点を指定した時にどういう見え方になるかよく分からなかったので簡単なサンプルを書いて試しているところ。

2017/06/23(金) [n年前の日記]

#1 [pc] サブPC上のUbuntuに色々入れて試したり

足元で埃を被ってるサブPCには Ubuntu 16.04 LTS が入ってるのだけど、なんとなく試しに Ubuntu GNOME を入れてみたり。

実機で動かすと軽いな…。いやまあ、仮想PC上で動かしてもそれほど重くはなかったけど。

ついでに、軽さを求めて、 _twm_fvwm_icewm なども入れてみたけど。操作が今一つ分からん…。

更に調子に乗って、 _awesome_i3 も入れてみたけど。ますます操作が分からん…。さすがにこのあたりのウィンドウマネージャは厳しいなと。

全然関係ないけど。今まで「ウインドウマネージャ」と書くものと思い込んでたけど、どうも _「ウィンドウマネージャ」 と書くのが一般的らしい。知らなかった…。

#2 [pc] VMware Playerをアップデートしたら少しハマった

今まで、Windows10 x64 上で VMware Workstation Player 12.5.6 を使ってたけど、12.5.7 が公開されたらしいのでアップデートしてみたり。

しかし問題発生。今まで使ってた Ubuntu のイメージで起動してみたところ、画面解像度が変更できず。これはマズイ。何が起きてるのやら。

一旦 VMware Player 12.5.7 をアンインストールしてOS再起動。12.5.6 をインストールし直して、またOS再起動。。12.5.6 なら、今まで通りに画面解像度が変更できる…。

open-vm-tools が合ってないのかとアンインストールしてみたら、Ubuntu が通常起動しなくなった…。幸い shell は動いてたので、/etc/fstab の vmhgfs 関係が指定されてる行をコメントアウトしてみたところ通常起動してくれた。

この状態で、VMware Player 12.5.6 をアンインストールして 12.5.7 をインストール後、Ubuntu を起動。今度は画面解像度が変更できた。open-vm-tools-desktop をインストールしても、フツーに画面解像度が変更できた。

一体何が起きてたんだ…。分からん…。でもまあ、動いたからいいか。

/etc/fstab を修正し直し。共有フォルダも今まで通り使えるようになった。

2016/06/23(木) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 部屋の片づけ中

ATX対応ミドルタワーケースを部屋の隅にあるスチールラックのあちら側に移動すべく周辺の片づけを。Amazonの段ボール箱が積まれてしまっている場所なので、一つずつ箱の中身を調べて、100円ショップのSeriaで先日購入した蓋つきの段ボール箱に収納し直して。

箱の中からメガドライブの本体が発掘された。コレ、ACアダプタだけがどこかに消えてしまった個体なんだよな…。元々は実家にプレゼントした個体で、ソレとは別に自分用の個体+ACアダプタも持ってるから困らないけど。しかし、どうしたもんか…。予備として残しておくかな…。

100円ショップで買ったトレイ2つを組み合わせて作った、 _200円のPCケース も発掘。コレもどうしたもんか…。M/B MSI K8MM-V に合わせてサイズを決めてしまったからソレ以外は入らない上に、SFX電源しか持ってなかったせいで横幅が妙にあるし。しかも今時 AMD Sempron 3100+(1.8GHz)のCPUってどうなの…。使い道が無いよな…。日記を確認してみたところ、おそらくメモリも1GBしか載ってないっぽいし。

それにしても、Sempron 3100+ って今時のCPUならどのあたりに相当するのだろう。 _CPUBoss なるサイトで少し調べてみたり。さすがに AMD E1-2100 よりは全然速いけど、Intel Celeron N3050 よりちょっと下、ぐらいな感じらしい。ただ、TDPが…。Sempron 3100+ が 62W。対して、E1-2100 が9W。Celeron N3050 が6W。今時のCPUは Sempron 3100+ の1/10の消費電力で同等の処理能力を持ってるのだな…。

色々調べているうちに、それら今時のCPUが載ったM/Bが欲しくなってきたけれど。これ以上部屋の中に使いもしないPCを増やしてどうするんだと。落ち着け自分。考え直せ。

どうせ新しく買うなら、 _Raspberry Pi のほうが面白いのではないか。と思ってついつい関連情報をググり始めてしまったけど。おそらく昨今の一番人気であろう Raspberry Pi 3 Model B は、消費電力が大き過ぎてUSB電源の選び方が問題になっているようでもあり。5V/2.5AのUSB電源…。2.5A、てのが厳しいらしい。

2015/06/23(火) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 自宅サーバ止めてました

雷が鳴ったので、15:10-16:56の間、自宅サーバ止めてました。申し訳ないです。

#2 [pc] GeForce Driver のバージョンを落とした

GeForce Driver の新しい版、352.30 が出たよと通知が表示されたのだけど。ググってみたら、今まで使ってた版、353.06 の頃から不具合が結構多かったけど 352.30 でもさっぱり修正されてないようで。

となると、自分が今使ってる GTX 750 Ti で、スリープからちゃんと復帰できない不具合が修正されてる見込みは無さそうだなと。いっそのこと、バージョン落として使ったほうがいいのかも、と思えてきたのでダウングレード。

とりあえず ASUS で公開されてる版、340.52 まで落としてみたり。今まで使ってたドライバのアンインストールは、Display Driver Uninstaller(DDU)を使用。

これでしばらく様子を見てみよう…。

#3 [nitijyou] 風呂の栓を鎖ごと交換

メモするのを忘れてたのでメモ。

先週の頭に、風呂の栓の鎖が、直しようがない状態で千切れてしまって。これは栓ごと交換するしかないなと。栓の寸法を計ったら、上の円が直径45mm、下の円が40mm、厚さ15mm。鎖の長さは60cmほど。たぶん規格が決まってるだろう、ホームセンターに行けば買えるんじゃないかと家族と話してたところ、妹が、木曜?金曜?に、ホームセンター(近所のホーマック)で発見して買ってきてくれたので、自分が取り付け作業を。

鎖を固定する部分の下にあるネジを二つ、ネジが排水溝に落ちてしまわないように注意しながら外して、カバーを微妙に回して取り外して、みたいな。

取り付けてみたところ、厚みだけが合わなくて…。元の栓は、15mmじゃなくて10mmだったのだろうか…。実は色々規格があるのかな…。まあ、ちょっと出っ張るけど水が漏れるわけではないから実用上の問題は無いだろうけど。

こういうのって、メモしておくと後で結構役に立つわけで。そのうちまた壊れて、「前回はいつ交換したっけ」と思うだろうけど、検索すればこのメモが出てくるはず。さて、何年ぐらい持つだろう…。

パッケージのアイデアに感心。 :

新しい栓のパッケージを見て感心したり。プラスチック?製のパッケージの頭のほうに、大きく凹んだ部分があって。「ここに栓を当てはめるとサイズを確認できますよ!」と書いてある。

賢いなあ…。考えた人はアイデアマンだ…。店頭まで栓を持っていけば、この凹みを使ってサイズが合ったものを探せるわけか…。頭いいなあ。

実際に当てはめてみたら、大きさはピッタリだったけど厚みだけが合わなかった。なるほど、やっぱり微妙に違ったらしい。それにしても、このパッケージはグッドアイデアだ…。

2014/06/23(月) [n年前の日記]

#1 [dxruby] DXRubyで円柱っぽいBG描画を実験中

円柱と言うか、パイプと言うか、スペースコロニー内部と言うか、そういう感じのBG描画を Shader を使って実験中。

_GeoGebra で図を描きながら、どういう処理をしたらいいのか悩んでおります。

2013/06/23() [n年前の日記]

#1 [cg_tools] Inkscapeの動作が怪しくなっていた

何時頃からそうなっていたのか分からないのだけど、気がついたら、Inkscape の動作がとても怪しくなっていた。環境は、Windows7 x64 + Inkscape 0.48.4。

症状としては、四角や円を作成した後、Shift+Ctrl+Fで、「フィル/ストローク」ダイアログ?を表示して調整しようとすると、各数値の入力欄内に数値が表示されなくなる/入力できない状態になる。みたいな。

色々検索してみたけれど、GTK+ のバグではないか、という話が…。

環境変数 LANG に en だの jp だのを設定すれば改善されるという話も見かけたけれど、自分の環境では全く変化が無かった。

Inkscape Portable を使えばそういう不具合には合わない、という話も見かけたので導入してみたり。たしかに、前述の不具合が起きないように見える。これで様子見するか…。まあ、Inkscape Portable 版も、画面右上の数値表示が隠れてしまっていて全然読めないとか、微妙に怪しいところがあるのだけれど。

メニューフォントがおかしいので、以下のページを参考に設定を少し変更。

_Ginshali.info: Windows 版 Inkscape の メニューフォント設定方法

フォント関係の不具合情報が気になる。 :

#2 [anime] Gアーマーはカッコイイと思うんだけど

BS11で1stガンダムが飛び飛びで放送されているのだけど。Gアーマー、カッコイイ、と思うんだけどなあ…。いかにも玩具っぽい設定だからスタッフからは不評で、劇場版では出さないことになってしまったらしいけど。自分は好きなんですよ、Gアーマー。もちろんTV版で、「こんな組み合わせもできる」「こんな使い方もできる」と工夫して見せてくれたおかげで、カッコイイなあと思えたわけですけど。

まあ、自分は、Vガンダムに登場するバイク戦艦も好きな人なので、色々とセンス(?)がおかしいのかもしれませんが…。感覚が子供とでも言うか。

でも、組み合わせの面白さってあるような気もするわけで。…PC自作とかプログラミングもソレだよなと。PCパーツの組み合わせを考えたり、ライブラリの組み合わせを考えたり等々。

そう考えると、ガンダムシリーズってなんだかそのへんまだまだちょっとな印象も。せっかくコアファイターが中心にあるのだから、ガンタンクの下半身にガンダムの上半身つけたりとかやってくれても…。いや、そういうのはガンプラ漫画等でやってたかもしれないか。

2012/06/23() [n年前の日記]

#1 [dtm] フリーのDAWソフトを試用してみた

Ubuntu Studio を試しても音すら出せなかったけど、Windows上で動くソレならどうなのだろうと思えてきたので、試しに2つほど試用。

結論としては、どれを使っても、遊べるようになるまでの時間が圧倒的に早くて簡単、と思えた。誰かが、こういうのはWindows上で動くフリーのアレコレをオススメすべき、と言ってた記憶があるけど、まさしくその通りだなと。

Ubuntu Studio も、初心者向けのチュートリアル等があれば、印象が違ったのかもしれないけど。

MU.LAB free版を試用してみたり :

Windows/Mac上で動作するDAWソフト、らしい。本来はシェアウェアだけど、機能制限版がフリーで公開されている。4トラックまでは使えるが、それを超えると一定間隔で音量が下がりノイズが入る模様。

少し触ってみたけれど、標準で入ってる音源が自分好み。いかにもシンセサイザー、電子音楽、みたいな。

ピアノロールでは、Ctrl+左クリック、もしくはダブルクリックでノート挿入するあたり不便だと思った。いや、それが一般的な操作かもしれないのだけど。また、ノートの削除方法がよく分からない。Ctrl+左クリックで消せるような、そうでもないような。マウスカーソルが消しゴムっぽいカーソルになったら消せるようだが、そうなる条件が分からない。

VSTi も使えるらしい。素晴らしい。それが使えれば、フリーのVSTiを入手して色んな音を出せるはず。試してないけど。

トラック数の制限が厳しく、 *1 ピアノロール上での入力がちと不便だけど。ちょっと試しに遊んでみるなら良い選択肢だと思えた。また、制限が無い版が欲しくなって購入する場合も、他のソフトに比べて値段が安く済むのもヨサゲ。

もちろん、Music Maker 等、有償のDAWソフトを買えるなら、そっちを選んだほうがいいけれど。各種操作が全然楽なので。

Studio One Free も試用してみたり。 :

こっちは、トラック数に制限が無い。その代わり、VST が使えないので、音色は増やせない。MU.LAB free版とは逆方向で制限を設けている印象。

標準で使える音色は、無難なものがほとんどな印象。ではあるけれど、それら音色を使ったパターン ―― インストール後にDLできる素材を並べてみたら、それっぽい感じに。結局は使い方次第なのかなと思えた。

上位版に移行したいと思った場合に、値段がちと高いのがアレな感も。FL Studio のほうが安い…。比較するのは違うだろと言われそうな気もするけど。

LMMSも試用してみたり。 :

Linux MultiMedia Studio、略してLMMS、だそうで。名前の通り、Linux向けに作成されたDAWソフトらしいけど、Windows版も公開されているらしいので試用してみたり。

FL Studio に似ているUI。最初は音が出なくて困ったけれど、設定でSDLを使うようにしたら鳴ってくれた。また、VSTi が使えるから、音色はどうにかなりそう。

と思ったけれど。使っているうちにノイズが乗り始めて元に戻らなくなってしまった。残念。安定して動くなら、一番ヨサゲなのだけど。

*1: 何せ、デモ曲の再生すらトラック数が超過していてノイズが入る。

#2 [anime] アキバレンジャー最終回を観賞

凄い最終回だった…。

これほどまでに最強のラスボスが居ただろうか…。

勝ち目のない戦に、これほどまで果敢に立ち向かう戦隊が居ただろうか…。いや、立ち向かうってのはちょっと違うか…。見た目はともかく気持ち的には、だな…。

最終回らしく盛り上がるシチュエーションが、次から次へと繰り出されるが、それぞれに対し、あれほどまで必死に抵抗し続けた戦隊が居ただろうか…。

Cパートで、あんな見た目の敵と渡り合った戦隊が居ただろうか…。そしてラスト。こんな幕引きを迎えた戦隊が居ただろうか…。

先の展開が全く読めず、見ていてずっとハラハラしっぱなしだった。一般的な番組におけるハラハラ感とはずれているのが凄い。本編のストーリー云々とは別のレイヤーでハラハラしっぱなし。

中盤、レッドおじさんが、黒歴史が云々と語ったけれど。自分はそれを聞いて、まるで子供の頃に戻ってしまったかのように、「そのとおりだ! 俺は絶対に忘れないぞ!」と、心の中で返してしまったり。「こういうのがいいんだろ?」的に台詞を書いてるのがちゃんと分かっていても尚、そこはやっぱりこう返さざるをえないだろうと。…なんだか、舞台に対して「○○屋!」と声をかけたり、コンサートでペンライトを振ったりする、ソレに近いのかもしれない。目の前で、生で、リアルタイムに作られていくコンテンツではなく、事前に完成させた虚構のソレを流しているわけだから、そういう気持ちになるのは難しいはず。にも関わらず、そういう気分にさせられてしまうあたり、匠の技を見せてもらった気がする。

自分が無知なだけかもしれないけど。もしかすると、特撮ヒーロー番組に限らず、日本の商業映像作品群の中で、ここまでやりきってしまった作品は珍しいのでは。快作・怪作・奇作、と堂々と呼べる番組のような気がする。もし、日本三大奇作等のランキングがあるならば、この作品はスポンとそこに入ってしまいそう。

とにかく、面白かった。素晴らしい。もちろん、これは人を選ぶ作品だし、良い子は見ちゃダメな作品だけど。自分はもう良い子じゃないので、とても面白かったです。素晴らしい。この作品は素晴らしい。

2011/06/23(木) [n年前の日記]

#1 [nitijyou] 緊急地震警報で目が覚めた

自分の持っているDoCoMo携帯は鳴らなかったけど、家族のau携帯では緊急地震警報が鳴ったので、目が覚めた。

2010/06/23(水) [n年前の日記]

#1 [pc] クレバリーから届いた品をメモ

SFX電源 SilverStone SST-ST45SF。9,770円。SFX電源ながら450W、12Vが36Aまで出せる貴重品。

7ポート USBハブ CB-UH702-BK。980円。クレバリーが企画・販売してる品。ACアダプタが付属してないので、現状バスパワーのHUBとして使うしかないが、ACアダプタを入手できればセルフパワーのHUBとしても使えるらしい。 *1 が、どのACアダプタを使えるのか情報がないのでやっぱりバスパワーとして使うしかナサゲ。

今現在クレバリーでは、「一度に2点以上注文すると送料無料」というキャンペーンをしているので、USBハブも一緒に注文した次第。
*1: バスパワー = PCのUSB端子から供給される電流しか使えないタイプ。セルフパワー = ACアダプタから電流を供給できるタイプ。

#2 [pc] メインPCの電源とビデオカードを交換した

メインPCは Sycom 製の品。ケースに _IN-WIN IW-BK623 を使っているタイプ。IW-BK623は、MicroATXケースでありながら、横幅が14cmとかなり小さいケース。

交換した電源とビデオカードについてメモ。
電源
FSP300-60GLS(300W、SFX電源) → SilverStone SST-ST45SF(450W、SFX電源)。
ビデオカード
NVIDIA GeForce9500GT 使用品(たしか Leadtek 製? DVIx2、S-VIDEO端子有) → NVIDIA 9800GTGE使用品(玄人志向 GF9800GT-E512HD/GE、PCI-E2.0(x16)、512MB、DVIx1、RGBx1、HDMIx1)。
解説しておくと、9800GTGE は最低でも12V26A程度を要求するらしく。FSP300-60GLSは、+12V1=8A、+12V2=16Aなので、たぶん無理。いや、なんとか動いちゃうかもしれないけど、グングン寿命が短くなって、ある日M/Bも巻き込みつつお亡くなりになる予感。その点 SST-ST45SF なら、12Vが36Aまで出せるのでたぶん大丈夫。こんなに12Vが太いSFX電源はSST-ST45SFぐらいしかない。貴重品。

玄人志向 GF9800GT-E512HD/GE の箱を開けて、「しまった」と思った。新ビデオカードには、S-VIDEO端子が無かった…。これではTVに出力できない…。まあ、ここ数年、TV画面に映像出力とかしていないし。将来的には、TVも全部液晶になって、HDMI端子付きが当たり前になるだろうから、それほど大問題というわけでもないか。と、無理矢理思うことにする。というか 9800GTGE でS-VIDEO端子付きは存在してなかった気もするし。

交換作業。 :

電源とビデオカードを交換するだけだから、すぐに作業は終わるだろうと思っていたが、甘かった。省スペースケースを完全に舐めていた。IW-BK623特有の、SFFケース構造もちとよく分からなかったけど。一番ハマったのは、装着してあるビデオカードの取り外し方が分からなかったこと。いくら試してもケースの背面の出っ張りに引っ掛かってしまい、ビデオカードをケースの外に出すことが出来ない。いや、そもそもどうやって中に入れたのか、それすら想像がつかない。そのぐらい中身はギチギチで、汗だくで作業する羽目に。

小さいケースのほうがいいだろうと思って IW-BK623 のソレを注文したけれど。間違ってたかもしれない。自分で中を弄ることを想定すれば、フツーのミニタワーケースの製品を選ぶべきだったか…? いやしかし、24インチワイドディスプレイとフツーのミニタワーケースの組み合わせでは、自分の使ってるPCラックの中に入らないし…。何にせよ、組み立ててくれた Sycom の方に申し訳ない気分に。中身がこんなにギチギチな製品を注文しちゃってスミマセン。自分で作業してみて、大変さが分かりました。こんな面倒臭いモノを組んでくれてありがとう。みたいな。

それはともかく。3〜4時間ぐらいかかって、ようやくビデオカードと電源を交換できた。

交換してみた結果。 :

電源を入れてみたら、どうもHDDが遅い。エラーは出てないようだが、時々HDDへのアクセスが数秒ほど止まる。

似たような事例を検索してみたところ、STATケーブルの接続不良・接触不良でHDDの速度が遅くなる事例があるらしく。SATAケーブルのコネクタに無理な力を入れてしまってコネクタがひび割れしてるだけでも起きたりするらしい。

ということで、またケースを開けて、試しに別のSATAケーブルに差し替え。コネクタが傾いたりしてないことを確認して再度電源を入れた。…今度は以前のような感じで動いてくれた。しかし、SATAケーブルは、無理矢理押し込んだ電源ケーブル等に押される形になっているので、ちょっとでも中身を動かしたらすぐにコネクタから外れてしまいそうな予感。下手に振動を与えないように、気を付けて使わないと…。

ビデオカードが 9500GT から 9800GTGE になったわけだけど。性能はおおよそ倍になった。ような気がする。
  • ストリートファイターIVベンチ(1920x1200) : 6600/30FPS → 8675/60FPS。
  • FFベンチ(high設定) : 9400 → 10042ぐらい。
  • 3DMark06 : 6057/15FPS前後 → 11584/30FPS前後。
  • らぶデス4ベンチ : 18〜20デス → 30デス
スト4ベンチにおいて、1920x1200なのに60FPSで動いてしまったことに一番感動。9500GTの時は、画面解像度をグンと落さないと60FPSで動かなかったのに…。とはいえ、アンチエイリアスを有効にして動かすと、50FPSとかそんな感じになってしまい。やっぱりフルHDは厳しいなと。

性能がアップしたのは良いのだけど、発熱がヤバイことに。特にHDD周辺がヤバイ。43度→50度になってしまった。50度では、HDD寿命がヤバイ気がする。

ビデオカード周辺は、拡張スロットに追加するファンなども売られているので、まだ多少は改善できる余地があるだろうけど。HDD周りは、とにかく空間に余裕がないので、改善策が何も浮かばない。

DVDドライブを外して、そこに、 _3.5インチHDDをマウントしつつ4cmファンで冷却するヤツ をつけようか。でも、この手のパーツは以前使ったことがあるけど、ファンがとにかく煩いんだよなあ…。4cmファンは騒音の問題で実用にならない印象。それとも、今時の4cmファンは静音になっているのだろうか。…ああ、ダメだ。IW-BK623のDVD周りは、SFFケース構造だから単純にファンをつけるわけにはいかない気がする。カバーがあるから風が流れなくて、効果がなさそうな予感。ううーん。

いっそ、フツーのミニタワーケースを購入して、そっちに入れ替えてしまうか。しかしそれでは、SST-ST45SFを買った意味が無い。しかし、HDDが突然お亡くなりになったら、もっと面倒なことになるし。ううーん。

ビデオカードの件でぬか喜び。 :

箱の中に赤青メガネと簡単な説明書が入っていて。説明書には、ドライバの設定画面でアナグリフ表示設定ができる、みたいなことが書いてあった。

なんと。NVIDIA 3D Vision は、Windows Vista/7 じゃないと使えないはずではなかったか。もしかするとこの製品の特典として、Windows XP でも立体視ができる何かをドライバと一緒に同梱してあるのでは。

XP環境の自分としては、これほどうれしい話はない。ネットからDLした比較的新しいドライバではなく、わざわざCD-ROMに入ってる版をインストールしてみた。のだけど。やっぱりXPにはそんな機能ありませんでした。あくまでVista/7ならそういうことができるよ、という話なのだな。そりゃそうだ。XPでも動くソレを開発・添付できたら、それだけでも商売になってしまう。

逆に言えば、OSをVista以降にするだけで、即座に立体視ができてしまう、という話でもあるのだろうなあ。

でも、XPから7への移行は、新規インストールになってしまうあたり、引っ越し作業を考えると面倒臭い…。

2009/06/23(火) [n年前の日記]

#1 [anime] レスキューファイヤー、前作メカが壊れる回を鑑賞

レスキューストライカー、でしたっけ? アレが完全に破壊されてしまう回を鑑賞。自分が幼児の頃にコレを見てたら、TVの前でしばらく固まってしまうぐらいにジーンときてだろうなと。「男の子」の気持ちを忘れずに、しっかり映像化してみせたスタッフに敬礼。みたいな。

前作と連携させた企画なら、こういう話・こういう見せ方ができるんだなあと感心。このあたり、東映の作品群との差別化に繋がるように思える。東映作品はディケイドみたいなインチキ技(?)でも使わない限り、各作品をリンクすることができないし。いやまあ、前作の知識がないと楽しめない作りにまでなってしまうと、新規客層・「入学」してくる子供達に対してデメリットになる時もありそうだけど。そのへんはバランス感覚が求められるのだろうなと想像もしたり。

合体シーンに感心。 :

各パーツがテキトーに浮かんだり回ったりしてくっつくのだけど。パーツが浮かぶ時には噴射エフェクトを入れたり、回る時には路面との間に火花を入れたり等、そういった部分の作り込みが実に素晴らしいなと。

そういうエフェクトが入った映像を目にすることで、子供さんは、目の前にある玩具の単なるネジ穴を見ても「きっとココには小さいジェットエンジンがついてるんだ」と空想したり、プラスチック製なのに「火花が飛ぶぐらい硬い物質でできてるんだ」と空想したりするんだろうと想像するわけです。そういった、子供さんの空想力・妄想力を手助けする情報をしっかり付加してるあたり、丁寧な作りだな、と感心を。…東映戦隊シリーズのロボット合体シーンあたりではスポンと欠落してるアレコレが、この作品ではちゃんと盛り込まれているように思える。

2008/06/23(月) [n年前の日記]

#1 [python] wxPythonでメッセージ文字列を国際化する方法を勉強

wxPython なのか Python なのか gettext なのか wx.Locale なのか、よーわからんけど。

英語圏用に書かれたアプリを国際化することを、i18nとか、L10Nとか言うらしい。数字の18とか10とかは何を表してるのか、というと、省略された文字数なのだとか。
i18nはinternationalizationを省略した記述法。ジャーゴン。

国際化と地域化 - Wikipedia より

一般的な学習者用の辞書などにはあまり掲載されていませんが、L10N というのは Localization の慣例的な略記法です。これは地域化、具体的には英語のソフトを日本語化することなどを意味する言葉です。Localization は長い単語であるため、L と N の間に 10 文字あるという意味で L10N と表記されます。l10n とするとアルファベットの l と数字の 1 とが区別しにくいため L10n と大文字にします。ローカライズセンターでは n も大文字で表記していますが、これは単にデザイン上の理由によるものです。

L10N FAQ - ローカライズセンターについて より


さておき、かなりジタバタしつつ、何とかなってくれそうな気配が。忘れそうなので手順をメモ。

実験時の環境。 :

  • Windows XP Home SP3
  • Python 2.5.2
  • wxPython 2.8.7.1
  • XRCed version 0.2.0-beta

本体スクリプト中の文字列の記述を修正。 :

本体スクリプト中で、日本語化したい文字列を指定しておく。例としては下のような感じ。
print "test %s %s" % (str0, str1)
    ↓
print _("test %s %s") % (str0, str1)

.xrcから文字列を抽出できるようにしておく。 :

XRCed で .xrc を作成・保存して、GUIのレイアウトを決めていくわけだけど。その際、File → Genarate Python を選択して、resource_xrc.py を出力する。「Genarate gettext strings」にチェックを入れた状態で、「genarate module」ボタンを押せば、出力された .py ファイル中に、
_("&File")
_("&Open")
_("E&xit")
といった形で、gettext用(?)の文字列が列挙された部分ができる。

.xrc から直接、文字列を抽出することもできるらしい。pywxrc を使う。
pywxrc -g resource.xrc > resource.txt

メッセージカタログファイル(.mo)を格納するディレクトリを作成。 :

locale/ja/LC_MESSAGES といった感じのディレクトリを、本体スクリプトと同階層に作成する。
mkdir locale\ja\LC_MESSAGES
ja ってのが、「ここに日本語のソレが入ってるよ」ということらしく。英語の場合は en とかになるのかしら。たぶん。

本来は、というか *NIX文化圏では、/usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES/ といった感じで作って、その中にいろいろなアプリの .mo を入れるらしいのだけど。今回実験したのはWindows環境下なので、そのようなディレクトリをルートに作ってええのやろかと。なので、該当アプリの入ってるディレクトリに locale/(以下略) を作っておく。

メッセージカタログファイル(.pot)を作成。 :

例えば、
  • gettext_test.py (本体スクリプト)
  • resource_xrc.py (XRCedで出力したスクリプト)
てな具合に2つのファイルがある場合は、
[Pythonインストールフォルダ]\Tools\i18n\pygettext.py -o gettext_test.pot gettext_test.py
[Pythonインストールフォルダ]\Tools\i18n\pygettext.py -o resource_xrc.pot resource_xrc.py
を実行して、
  • gettext_test.pot
  • resource_xrc.pot
を作成する。
[Pythonインストールフォルダ]\Tools\i18n\pygettext.py -o 出力ファイル名(.pot) 入力ファイル名(.py)
ということらしい。

.pot じゃなくて .po で出力しちゃってもいいらしいのだけど。
  • .pot は pygettext.py から出力されたもの。上書きしてOK。
  • .po はエディタで開いて訳を追加したもの。上書きしちゃダメ。手修正すること。
と分類したかったので、.pot で。

メッセージカタログファイル(.po)を作成。 :

gettext_test.pot と resource_xrc.pot をエディタで開いて、手作業で中身を混ぜて、ja.po を作成する。

ヘッダー部分は、最低でも下の修正が必要らしい? よくわからないけど。
"Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
....
"Content-Type: text/plain; charset=CHARSET\n"

    ↓

"Language-Team: japanese\n"
...
"Content-Type: text/plain; charset=utf-8\n"
また、大体は、下のような感じで訳を追加していく。らしい。
#: gettext_test.py:53
msgid "Hello world!"
msgstr ""
    ↓
#: gettext_test.py:53
msgid "Hello world!"
msgstr "こんにちは、世界!"


全然関係ないけど。「こんにちは、世界!」って、「コイン いっこ いれる」に似てる気がする。

.po から .mo を作成。 :

例えば、本体スクリプト名が gettext_test.py だったら、gettext_test.mo というファイルを作成。(そういう命名をすれば後々管理が楽になる、ということなんだろう。たぶん…)
[Pythonインストールフォルダ]\Tools\i18n\msgfmt.py -o gettext_test.mo ja.po
[Pythonインストールフォルダ]\Tools\i18n\msgfmt.py -o 出力ファイル名(.mo) 入力ファイル名(.po)

.mo を所定の場所に移動する。 :

locale/ja/LC_MESSAGES以下に、.mo をコピーする。

前述の例だと、
locale\ja\LC_MESSAGES\gettext_test.mo
となる。

メッセージカタログファイル(.mo)を参照して使うようにソースを修正。 :

本体スクリプト中に、以下のような記述を入れる。

本体スクリプト内でのメッセージ国際化を gettext で行う。
# gettext(メッセージの国際化)関連
import gettext

# .mo を格納してるディレクトリパス
# ./locale/ のパスを求めている。
localedir = os.path.normpath(os.path.join(get_main_dir(), "locale"))

# gettext を使うことを指定
gettext.install('gettext_test', localedir, unicode=True)

xrc部分でのメッセージ国際化を wx.Locale で行う。
# カタログファイルとやらの場所を指定
wx.Locale.AddCatalogLookupPathPrefix(localedir)

self.i18n = wx.Locale(wx.LANGUAGE_DEFAULT, wx.LOCALE_LOAD_DEFAULT)
self.i18n.AddCatalog('gettext_test')

途中で出てきた get_main_dir() は、 _py2exeモジュールについて - 問題点 を参考に。要するに、本体スクリプトが入ってるディレクトリを取得するためのメソッド。…なんとなくだけど、この場合は、カレントディレクトリを取得する os.getcwd() でもいいのかな?という気がしないでもないけど。

当初、GUIのレイアウトを規定してる、resource_xrc.py も書き換えないといけないのかと思っていたのだけど。どうやらその必要はないようで。あくまで、本体スクリプトのみに関連記述をしておけばOK、のように見える。

参考にしたページ。 :

実験に使ったスクリプトのソースもメモ。 :

忘れそうなのでコレもメモ。

_wxPythonヘルパーモジュールの作成 の wx_utils.py も使わせてもらっていたり。
本体スクリプト gettext_test.py -----
#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
#
# gettext_test.py
# gettext のテスト

import sys
import os
import imp

# デフォルトのエンコーディングをUTF8にしてる?
if hasattr(sys,"setdefaultencoding"):
    sys.setdefaultencoding("utf-8")

def main_is_frozen():
    u"""exe化して動いてる状態かどうかを判定してる?のかな?."""
    
    return (hasattr(sys, "frozen") or # new py2exe
            hasattr(sys, "importers") # old py2exe
            or imp.is_frozen("__main__")) # tools/freeze

def get_main_dir():
    u"""スクリプトの保存場所(PATH)を得る."""
    
    if main_is_frozen():
        return os.path.abspath(os.path.dirname(sys.executable))
    return os.path.abspath(os.path.dirname(sys.argv[0]))

import wx
import wx_utils
from wx.xrc import XRCID, XRCCTRL

# XRCedで出力した resource_xrc.py をインポート
import resource_xrc

# 別途作成したアイコン画像部分 main_icon.py をインポート(削除してもOK)
import main_icon

# gettext(メッセージの国際化)関連
import gettext

# .mo を格納してるディレクトリパス
localedir = os.path.normpath(os.path.join(get_main_dir(), "locale"))

# gettext を使うことを指定
gettext.install('gettext_test', localedir, unicode=True)

class MainFrame(resource_xrc.xrcMainFrame):
    u"""MainFrame class deffinition."""

    # イベントを割り当てるための前準備(たぶん)
    binder = wx_utils.bind_manager()

    def __init__(self, parent=None):
        u"""メインフレームクラスの初期化"""

        # メッセージ国際化
        self.initI18n()
        
        resource_xrc.xrcMainFrame.__init__(self, parent)

        # アイコンを指定(アイコン指定が要らなかったら削除)
        self.SetIcon(main_icon.getIcon())

        # イベント割り当て(たぶん)
        self.binder.bindall(self)
    
    def initI18n(self):
        u"""XRCed で作成した resource.xrc 側のメッセージ国際化."""

        # カタログファイルとやらの場所を指定
        wx.Locale.AddCatalogLookupPathPrefix(localedir)
        
        self.i18n = wx.Locale(wx.LANGUAGE_DEFAULT, wx.LOCALE_LOAD_DEFAULT)
        self.i18n.AddCatalog('gettext_test')

    # イベント割り当て
    @binder(wx.EVT_ACTIVATE)
    def OnActivate(self, event):
        u"""ウインドウがアクティブになった際に呼ばれるメソッド."""
        print _('Activate!')

# アプリケーション起動
if __name__=='__main__':
    app = wx.App(False)
    frame = MainFrame()
    app.SetTopWindow(frame)
    frame.Show()
    app.MainLoop()

GUIのレイアウト定義 xml resource.xrc -----
<?xml version="1.0" ?>
<resource>
  <object class="wxFrame" name="MainFrame">
    <object class="wxBoxSizer">
      <orient>wxVERTICAL</orient>
      <object class="sizeritem">
        <object class="wxPanel">
          <object class="wxBoxSizer">
            <orient>wxVERTICAL</orient>
            <object class="sizeritem">
              <object class="wxPanel">
                <object class="wxStaticText">
                  <pos>60, 30</pos>
                  <label>hello wrold</label>
                </object>
                <size>240, 160</size>
              </object>
              <option>1</option>
              <flag>wxALL|wxEXPAND</flag>
              <border>0</border>
              <minsize>240, 160</minsize>
            </object>
            <object class="sizeritem">
              <object class="wxButton">
                <label>OK</label>
              </object>
              <flag>wxALIGN_RIGHT</flag>
            </object>
          </object>
        </object>
      </object>
    </object>
    <title>gettext_test</title>
  </object>
</resource>

ja.po -----
# SOME DESCRIPTIVE TITLE.
# Copyright (C) YEAR ORGANIZATION
# FIRST AUTHOR <EMAIL@ADDRESS>, YEAR.
#
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: gettext_test 0.0.1\n"
"POT-Creation-Date: 2008-06-24 00:04+東京 (標準時)\n"
"PO-Revision-Date: 2008-06-24 02:25+0900\n"
"Last-Translator: mieki256 <mieki256 atmark 104.net>\n"
"Language-Team: japanese\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=utf-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"Generated-By: pygettext.py 1.5\n"
"X-Poedit-Language: Japanese\n"
"X-Poedit-Country: JAPAN\n"
"X-Poedit-SourceCharset: utf-8\n"

#: gettext_test.py:53
msgid "Activate!"
msgstr "アクティブになりました。"

#: resource_xrc.py:103
msgid "hello wrold"
msgstr "世界よ、こんにちは"

#: resource_xrc.py:104
msgid "OK"
msgstr "おけ"

#: resource_xrc.py:105
msgid "gettext&test"
msgstr "gettextのテスト"

スクリーンショット。 :

英語表記

日本語表記

アイコン画像を.pyにする手順。 :

念のためにメモ。
img2py -i main_icon.ico main_icon.py
main_icon.ico を、main_icon.py に変換してる。らしい。

2007/06/23() [n年前の日記]

#1 [zatta] _セクハラ概念の拡大解釈による辞職勧告

_改正均等法2007年4月1日施行と「薄井セクハラ問題」について

なんとなく、 _O157予防ゲーム の事を思い出した。…関係ないか。いや、あるか。

「風俗関係の仕事に従事した人間は政治云々に参加するな」ということを主張、いや、強制したい勢力が存在するということなのかしら…。なんかそのへん、「女は政治に口を出すな」とかそういう物言いと本質的に違わない主張のような気もするんだけど。 *1
*1: 男か女かは自分で選択できないが職業は選択できるから話としては違う、とか比喩に引き摺られてしまった人には言われそうだな。…「○○が△△をしてはダメ」というその根拠は何か、といったあたりで似たところがあるような、という話のつもりなんだけど。

#2 [zatta][game] _琉球語 - Wikipedia

方言として捉えるか、言語として捉えるか、そこからして区分が揺れて(?)いるのか。

_方言札 - Wikipedia :

沖縄県での方言札の実態は、2001年4月1日に放送された、NHKの番組「日本のことば」の沖縄県特集でも紹介された。それはカマボコ板くらいの木の札に紐を通したもので、学校で方言をしゃべると、この札を首に掛けなければならず、それを外すには他の子が方言をはなすのを発見するしかなかった。

方言札 - Wikipedia より

他地域の人間による強制であろうから酷い話のような気もするが、しかし運用の仕方がなんだかゲームっぽい。「外すには他の子が方言をはなすのを発見する」てなあたりが。

そのあたりのルールをTVゲームにアレンジできんかな。CPUキャラが何かをしている瞬間にプレイヤーが特定アクションをすると何かが入れ替わる・取得できる、みたいな。…考えてみたら、万引きゲームは「だるまさんがころんだ」あるいは「かくれんぼ」の変形なのかもしれんか。音ゲーは「ケンケンパ」? _全然違うか。

_地面がともだちだったころ :

子供の遊びについての紹介ページ。

_Category:子供の遊び - Wikipedia :

#3 [prog][anime] _糸引きミサイルEX - FLASHで板野サーカスのアレを再現

素晴らしい。 _(via はてなブックマーク - 糸引きミサイルEX)

#4 [comic] 「高校デビュー」河原和音著を読んだ

妹が買ってきたので(以下略。ていうか自分自身はここ数年漫画を買ってないな…。

表紙を見てビックリした。こんなにもカッチリ、というか硬さを感じる絵柄だったっけ…? デビューして数冊出したころの、ひょろひょろした絵柄が好きだったのだけど。いや、上手くなってるということだろうとは思うんだけど。

中身はそれなりに面白かった。いや、絶賛するほどの内容ではないんだけど。フツーに読める。

この作家さん、中学高校を卒業してから結構な年数が経過してるだろうと思うのだけど。よくまあ未だに学園モノを描けるなぁ。取材とかそれなりにしてるんだろうか。

2006/06/23(金) [n年前の日記]

#1 [iappli] ひたすらバグ取り

機種依存バグがボロボロと上がってきているような感が。特定機種だけ動かないってのは何なのだ。

どうしても一つだけ、原因がさっぱり推測できないものが。D505iで起きてるらしいが…。とりあえず、 _アズぶログ: 予期しない例外を丸ごと端末に送る を参考にして、メインループを try 〜 catch で挟み込んだ。メイン処理の各所で、特定変数に数値を入れて、エラーが出た際には catch の中で、その特定変数の値を画面に表示することに。エラーが出て画面に数字が出てくれば、どこの処理でおかしなことが起きたか、たぶん判る。のではないかと淡い期待を。…画面にそれが出ないまま落ちたら、ネイティブヒープが足りなくて問答無用で落ちてるとか、あるいはメインループ外でのエラーなのだろうと推測できるのではないかと。

_N505のファイルDL時の謎の挙動 :

N505では、ファイルをDLした時とそうでない時では、ネイティブヒープの使用量に違いがある可能性があります。

N505では、ファイルをDLした直後に画像をImageとして読み込んでいると、ある程度の画像を読み込んだ時点で「Out Of Memory Err」が発生します。しかし、同じ量の画像を読み込んでも、ファイルをDLしていない時にはエラーが起こりません。ちなみに、DLした直後も、DLしていないときも、Javaヒープの使用メモリ量に差はありませんでした。

i-appli 開発情報 より

同じだ! これが出てるのであります。

_通信時にメモリの確保をしておかないと、エラーになりやすい :

N503i についての機種依存項目にこんな内容が。メモリの確保ってどうやるんだ。

と思って検索してのだけど。とある掲示板で見かけた話によると、どうやら起動直後にドカンとデカイ配列を確保して、通信の直前に開放するらしい。例えば、 byte[] b = new byte[204800]; とかやって確保して、b = null; System.gc(); …とかそんな感じらしい。<これで合ってるのかどうかはよくわからない。

2005/06/23(木) [n年前の日記]

#1 [movie] 『雲のむこう、約束の場所』を見た

『ほしのこえ』を作った、新海誠監督の最新作。という紹介でいいのかしら。

妹がレンタルビデオ屋で見かけて借りてきたとかで。…もうレンタルが始まってたのか。知らなかった。さておき、お相伴(?)にあずからせてもらったり。

ため息しか出てこない。美しい。全てが美しい。なんという美しさか。

話の内容、設定、そしておそらくはターゲットとして想定してるであろう層を考えると、 *1 とても万人にオススメできる作品ではないだろうとは思う。現に妹は、「どうも今一つ…」と首を傾げてたし。人によっては、怒り出してしまいそうでもある。…でも、自分は、こういう作品・映像がめっちゃ好みで。コレはいい。この作品は、素晴らしい。

結構スタッフが多いのだな :

てっきり、キャラ作画の人が増えたぐらいかと思い込んでたけど。スタッフロールの動画・彩色等に、アニメ制作スタジオの名前が見えて少し驚いた。が、これだけの内容を作るとしたら、やはり最低限でもこのぐらいの人数は必要になるよなとも思ったり。というか。これを2,3人で作られた日には、大変なことになってしまう…。

細部の描写がとにかくスゴイ :

傘から滴り落ちる水が点字ブロックの上に広がっていく描写とか。線路の上でかすかに反射する電車のライトとか。車内の中を走る外光の点とか。どうしてそこまで執拗に描くのかと不安になるぐらいに凝りまくり。現実の風景を、絵で描き直すことで、自分達が普段はまったく気にも留めていなかった、現実の風景の中に存在する美しさを認識させてくれる、そんな映像がラストまで続く。…なんだか、高畑監督作品を連想してしまった。無謀だ。無謀だけど、この監督・スタッフはやり遂げてしまった。もちろん、いかにして作業量を減らすか、計算しながら組み立てていったはずだけど。にしても、よくぞここまで。恐ろしい。

以下、ネタバレ :

展開とか構成とか見せ方とか。ちょっと気になる点もいくつか。

構成は 『オネアミスの翼』に似ているなと思ったり。 ためてためて、ラスト近くで盛り上げる構成というか。それ自体は正解(?)だろうと思ったり。が、しかし、冒頭と中盤に、 多少は派手目な映像を配置して、観客を引き込む・飽きさせない工夫が必要な感じもした。というか、それは 『オネアミス』ですら意識してやってたことなのだけど。…それができなければ、もっと時間を短くするか。何にせよ、30分未満の作品ならいざしらず、この長さでその手の工夫をしていないのは、ちょっとよろしくない気もする。

フェードアウトで場面転換する箇所が多く、そこは少し気になった。これは妹の言なのだけど、フェードアウトをすることで、観客の、映像に対する没入が強制的に遮断されてしまうと。もっとも、おそらく何かしら意図があってフェードアウトを多用してるのだろうとは思うけど。そのまま次の映像を流しても話は判るだろうと思える箇所がほとんどだったし、フェードアウトを無くすことで尺も短くなる=観客を飽きさせずに済む場面が多少は増える可能性もあるだろうと。…まあ、個人的には、場面転換時、次のシーンの台詞を被せるとか、時間軸が錯綜するとか、少しぐらい観客を混乱させるほうが好みだったりもするのだけど。そもそも冒頭でそういうことをしているのだから、そういう手法を織り交ぜることに問題はないだろうと思えるし。

楽器の使い方には不満が残った。というかコレもまた妹の言で…せっかく楽器を登場させたのに、それが ヒロインの目覚めと関係してこない点は惜しいと。要するに、 『飛行機』で目覚めるのと、『楽器』で目覚めるのと、どちらがイメージとして良さそうかという話で。や、『楽器』は美味しいですよ。何が美味しいかというと、女性ウケするのです。例えば、『耳をすませば』のバイオリン少年を思い出せば判る。アレが、サッカー少年とか、鉄オタ少年だった場合を想像してみれば…ねぇ? 印象が全然違うでしょ? 何? 違いが判らない? …この違いが判らないと少女漫画は読めませんぜ。<嘘つけ。

ラストは今一つ。せっかく 冒頭で時間軸を入れ替えていたのだから、また冒頭に繋げるようなシーンが欲しかった気もしたり。で。できれば、二人の関係がダメになったことを匂わせつつ。しかし、以前とは違う形で、なんだかそれなりに上手くいきそうな予感のあるカットを…みたいな。ハッキリ見せるのではなくて、あくまで予感だけ、みたいな。…と言っても、どうもこの監督さんは、『ほしのこえ』もそうだったけど、 破局を迎えるカップルじゃなきゃ我慢できないみたいだから、 ハッピーエンドを望むのはお門違いなんだろうけど。

もんたメソッド、大活躍だな…。ちなみに、この日記ページのもんたメソッドは、クリックすると該当部分を外せます。…CSSをOFFにしてたら全部丸見えだけど。

*1: ヒロインの着替えのシーンで、「これはあきらかに男性向けしか意識してないな…」と思ったり。あういうシーンで「きゅん」としてしまうのは男性だけだろう…。

2004/06/23(水) [n年前の日記]

#1 [cg_tools] ImageMagick 6.0.1をインストール

今までは、Meadow2 との絡みで、WinXP に ImageMagick 5.5.3 を入れてたのだけど。 *1 その Meadow2 が ImageMagick 6.0.1 を要求するようになったらしく。せっかくだから ImageMagick 6.0.1 をインストール。
*1: Meadow2 が 該当バージョンを要求するから。でも、Meadow2 自体は、まだ入れてなかったのだけど>WinXP環境。

#2 [svg] SVG→PNG変換

mapbbs用のアイコン画像を、Sodipodiで描いてたのですが。svgからpngに変換するのが面倒臭い。コマンドラインでサクサク変換できないだろうか。

_Batik - SVG Rasterizer :

Batik という、Javaで書かれたツールを使えば、目的を果たせるらしい。試用してみた。java -jar batik-rasterizer.jar *.svg と打ったら、サラサラと SVG → png 変換された。素晴らしい。と思ったのだけど、なんだかページ外の余分な部分まで出力されてる。うーん。

ImageMagick 6.0.1-Q16 もSVGに対応してるのか :

convert hoge.svg hoge.png と打って変換してみた。ダメ。エラーメッセージが出る。とはいえ、結果画像は得られた。しかし、グラデーションが真っ黒に。完全に対応できてるわけではないらしい。残念。どうやら Batik で作業するしかないらしい。

試行錯誤 :

batik-rasterizer.jar に -a x,y,w,h オプションを渡して、「ここからここまでを出力せよ」と指定すればいいのだろうか。でも、そこで指定する浮動小数点とやらの単位は何だろう。pixelsか、mmか、inchか。

-w width、-h heightというオプションもあるけれど。それらは、最終的な画像サイズを指定するものらしい。その指定サイズの中に、ページ全体が収まるように拡大縮小されて変換される。特定の領域のみラスター画像にしたいという目的からは外れてしまう。

-a オプションを指定してみたけど、やはり単位がわからない。元となるSVGは、ページサイズを 210mm x 210mm にしている。SVGファイルをテキストエディタで覗いたら、width、height が 595.2756 point と書かれていた。Batik での変換時に、-a 0,0,595.2756,595.2756 と指定。一部分しか変換されない。つまり、単位は point ではないのだな。-dpi 72 or 96 を *1 指定してみても、出力画像のサイズが変わるだけで、一部分しか変換されないのは同じだった。

_単位換算計算スクリプト :

上記ページを使って計算すると、210 mm = 8.4 inch になる。72dpi、8.4 inch なら 604.8 dot になるはず。 *2 -a に指定してみた。…ダメ。一部分しか出てこない。

Sodipodiの単位換算 :

実験に使ってるSVGのページサイズは、210mm x 210mm 。Sodipodiの、ファイル → 出力 を選んで、単位を色々選んでみた。cm や、m は、10や100で割るだけだから間違いようがない。しかし、inch にしたら、8.27 と出た。前述ページの結果と違う。何故。…前述ページで、mm → inch → mm を繰り返すと、どんどん値がずれていく。どうやらかなり大雑把な計算をしてるらしい。Sodipodi のほうが正確かも。

1 inch = ? mm :

_国際単位比較チャート
_単位換算 長さの換算
1 inch = 25.4 mm (1 inch = 0.0254 m) らしい。ということは、210mm ≒ 8.27 inch となる。 *3 やはり、Sodipodi の計算結果のほうが合っている。たぶん。

_Pixel換算 :

_(via Fortunefield)
そのものズバリの換算スクリプトがあった。ありがたい。

計算してみた。 _Batik - SVG Rasterizer のページによると、デフォルトは 96 dpi。前述ページで、96 dpi、210 mm と打ち込むと、793.7007874015749 pixel になる。 batik-rasterizer.jar で、210mm x 210mm のSVGを、オプション無しで変換すると、793x793の画像が出力される。Pixel換算の結果と、バッチリ一致する。

ところが、その793x793の中には、ページ外にはみ出したパーツまで描画されてるわけで。…アレかな。Batik は、ページサイズに対応した画像サイズを、一度はしっかり求めておきながら、その後、その画像サイズにあらゆるパーツが収まるように、わざわざ画像を縮小して変換してるということか。…と思ったがそうでもないらしい。ページ外に、かなり盛大にパーツがはみ出してるSVGを作って変換させてみたが、そのはみ出したパーツ全ては出力されなかった。

オプション無しで出力した画像をフォトレタッチソフトで開いて、切り出す座標値を取得して、それを指定して再度変換してやればいいのですが。手作業・目視確認作業が入ってきてしまうわけで。何故、計算のみでズバッと指定値が求められないのであろうか。トホ。

_国によって長さが違うポイント単位 :

同じ「ポイント」といっても、実は各国によって微妙に長さが違う。JISポイントはアメリカン・ポイントに準じているが、ミリ換算の方式が日米で異なるので、ミリ表示では違った値になるが、実用上はまったく同じ長さとして扱われているようだ。
ナヌー。いや、それでも計算結果は合わないけど>Batikでの変換。

Sodipodiのページ表示範囲に沿うように四角を置いてみた :

SVGファイルの中をテキストエディタで覗くと、744.094482 x 744.094482 と書いてある。210mm x 210mm、96dpiなら、793 pixel になるはずだが。うーん。

線幅2mmの線を引いてみた。SVG中では、7.0866 と書いてある。 _SVGの単位指定 によると、この数字はピクセル単位らしい。2 mm = (2 * (1/25.4)) inch 。それが、7.0866 pixel になるためには…。7.0866 * 25.4 / 2 = 89.99982 ppi ≒ 90 dpi か?

つまり :

Sodipodi は、90dpi で各値を求めてるらしい。となると、例えば 210mm x 210mm のページサイズなら、 *4 744x744 dot のサイズになる。…なるほど。だから、793x793 dot の画像が出力されたけど、余分なところまでその中に入ってしまったのか。ということは、-a 0,0,744,744 を指定すれば…。

キター。ピシッと収まった。

ということで、Sodipodi で描いたデータを、Batik でラスターデータに変換するときは、90 dpi で計算して何dotになるか求めた上で、それを -a 0,0,w,h で指定してやればいいと。やっと判った。なるほど。

ちょっと待て。だったら、-dpi 90 を指定するだけでもいいんじゃないか。試してみた。…ピシッと収まりました(爆) -dpi 72 を指定するとどうなるだろう。…画像が切れてますな。つまり、-dpi 90 を指定するだけでいいわけで。ここまでの苦労は一体… orz

いやいや、ちょっと待て。大きなサイズでラスター画像を得たい場合はどうすればいいのか。…もしかして、そういう時に、-w や -h を使うのか。試しに、-dpi 90 -w 1600 と指定してみた。ピシッと収まった 1600 x 1600 の画像が得られた。正解だった。

まとめ :

Batik で Sodipodi のデータを、ページサイズでピッタリのラスター画像に変換したい場合は、
  • 必ず、-dpi 90 をつける。
  • 大きい画像サイズで出力したい場合は、-w 画像の横幅、あるいは、-h 画像の縦幅を指定する。(片方指定すれば、もう片方は勝手に計算してくれる)
という感じかしら。たぶん。

例: java -jar batik-rasterizer.jar -dpi 90 -w 1600 hoge.svg
… 1600 x ? dot の hoge.png を得る。

でもなんとなく :

90 dpi って、ウチの環境特有の値ではないのかという不安も… (;´Д`)

*1: この場合の dpi は、ppi みたいなものなんだろう。たぶん。
*2: 8.4 x 72 = 604.8 。
*3: 210 / 25.4 = 8.26771653… ≒ 8.27 inch 。
*4: 210 mm = (210/25.4) inch 。90dpi だから、(210/25.4) * 90 ≒ 744 dot。

#3 [zatta] _インチと型

インチ(inch)という単位の使用は計量法(第8条)が禁じているので
何故そんなことを。わざわざ法律で。何か意図があるのか。

この記事へのツッコミ

Re: インチと型 by けいと    2004/06/24 21:36
国際的な取引に使えないから・・・かなぁ?

SI単位以外は使っちゃいけないってところなのかも。
気圧のミリバールも使えなくなっちゃったのと同じなのかも。

EUは市場統合にあわせてSI単位系にそろえていったらしいんですが
(各国ばらばらだとおちおち買い物もできないしね)
アメリカあたりは意地になってヤード・ポンドを捨てませんな。
Re: インチと型 by mieki256    2004/06/24 22:52
> 国際的な取引に使えないから・・・かなぁ?

あ。なるほど。そういうことでありますか。

http://www5.cao.go.jp/otodb/japanese/mondai/subject/199700302.html
なんか色々面倒みたいですな。
華氏が併記されてるだけで、売っちゃいけないと言われるとは。
(いや、それは対象外になったみたいだけど。)

#4 [cg_tools] アルファチャンネルを持ったフルカラーpngを透明な部分を残したまま減色したいのだけど

アルファチャンネルを極力活用する方向で変換するには、どうしたらええねん。

事の発端 :

IEでは、アルファチャンネルを持ったpngを表示しようとすると、透明部分が正常に表示されない。そこで、インデックスカラー(256色以下)に減色した上で、透明色を指定しないといけない。つまり、gifと同じにしてやる必要が。しかし、通常の減色ツールを介してしまうと、せっかくアルファチャンネルという透明度の情報を持っていたのに、それらの部分は無視・廃棄されてしまう。 *1 さて。どうしよう。透明部分を、別の1色として扱いながら、減色してくれるツールがあればいいのだけど。そんなツール、あるのかしら。

使ってない色で塗っておくという手もあるけれど :

その場合、 _フリンジが発生しやすくなる のであります。どこにも使ってない色 = 背景色にした際に透明部分と透明でない部分の境界の色が怪しくなってくる色、なわけで。せっかく元画像がアルファチャンネルを持ってるのだから、少しは活用したいところ。

GIMPならイケるかも :

インデックスカラー化してみたら、結構いけた。しかし、GIMPの減色って、ディザにしなくて済みそうなところもディザにしてしまったりで。性能的にちと問題が。うーん。

_Hints and tips specific to Imagemagick :

convert -type Palette hoge.png fuge.png で 8bit PNG に変換できるらしい。試してみた。…なんだかディザにしなくていいところがディザになってるような。しかもIEで表示したらあらゆる場所が透明になってる。何故。

_pngquant :

_(via 海外フリーソフト紹介)
32bit-RGBAのpngを渡すと、そのまま256色で透明部分を持ったpngに変換してくれるらしい。素晴らしい。…と思ったのだけど甘かった。変換後の画像を見ると、なんだかよくわからないところがボコボコと透明になってる。減色処理結果自体は結構いい感じなのに。惜しい。あと少しなのに。うーん。

_png24 png8 conversion, problems with win32 ie :

これか?
-ordered-dither opacity 2x2  (or 3x3 or 4x4)
or -random-threshold opacity 10% (or other small %)
しかし、「opacity なんて指定はできない」と怒られるのだが。うーん。 _ここから始まるスレッド にも同じような記述が。うーん。

_-ordered-ditherの例らしい。 なるほど。この手法か。そういや、これで「半透明処理」と謳ってたのを、どこかで目にした記憶も。

_Internal Matte Channel :

アルファチャンネルのみを取り出す方法が書いてあった。
 convert drawn.png -channel matte -separate +matte matte.png
取り出してみて、気がついた。convert で縮小した画像のアルファチャンネルは、元画像のアルファチャンネルを縮小したものとは随分と異なる結果になってる。これで -type palette を指定したのでは、異常なデータが出てきて当然。

そもそもIEがPNGのアルファチャンネルに対応してくれてたら :

こんな苦労はしなくて済むわけで。トホホ。

妄想 :

pngからアルファチャンネルだけ画像として抜き出して保存。png画像はそのまま256色未満で減色。あくまで256色未満。1色分は透明色用に残しておく。アルファチャンネル画像を白黒2値画像に変換。減色済みのpng画像に含まれていない色を求め、アルファチャンネル画像をその色でpng画像に合成、かつ、色を1色増やす。増やした1色を透明色として指定して保存。というのはどうか。どうかと言われても。

*1: 背景色を「白」にして減色したら、人の白目や服の白い部分まで「白」になるし。背景色を「黒」にして行えば、黒目や輪郭線が「黒」になる。「白」あるいは「黒」を透明色指定すると、白目や黒目、服の白い部分、輪郭線なども透明になってしまう。

#5 [xyzzy] _kia's website - xyzzy関連 - Exciteで翻訳

英文をそのままコピペして自動翻訳サイトに渡すと、改行が入ってるところでおかしなことになってしまうようで。xyzzy上に貼り付けして修正して、とかやってるうちに、xyzzyから直接、自動翻訳サイトに渡せないものかと思い始めたり。ということで、この拡張はありがたいであります。…もしかして、ローカルに辞書データを置いて云々も便利だろうか。

_英語の辞書機能 :

edict って何だろう? (;´Д`)?

_辞書引きモードを使ってみる :

詳細な解説があった。

英辞郎ってどうやって入手するんだらう :

_本として買う のかな。でも、 _EDP なるサービスもあるらしい。どっちがいいのやら。 _書籍版を購入するとPDICの送金免除 になるらしい。なら、書籍版のほうがいいかしら。単語数は少ないみたいだけど。

_RS125.ORG: PDIC+英辞郎で快適辞書環境 :

英辞郎=2,200円、というのが気になった。どの入手方法のことだろう。 _ハイパー英語辞典 とやらがそれなのかしら。

#6 [digital] 親父さんが新しいデジカメを購入

昨日、買ってきたらしい。 _Canon EOS Kiss Digital だったか。一眼レフデジタルカメラ。元々親父さんは、Canon製の一眼レフ銀塩カメラを使っていたので、カメラのレンズを流用できるという点で選んだ模様。

なんでも、ヨドバシカメラで、6/24 までデジカメ安売りセールをやってたらしいですな。また、 _8/15までに買った人 は、256MBのメディアが1枚貰えるとかなんとか。なもんで、急遽欲しくなったみたい>親父さん。

撮った画像を見せてもらったけど、凄い解像度。CCDセンサではなく、CMOSセンサと聞いて、大丈夫なのかと思ったけど。同じCMOSセンサでも、そのへんのトイデジタルカメラを想像しちゃいかんのですな。(;´Д`)

2003/06/23(月) [n年前の日記]

#1 [pc] もしも、Celeron1.0GHz〜1.2GHzを持っていれば、なんですが

そのCeleronとウチのCeleron1.4GHzを交換、てのはどうでせう?>Y氏。
消え行くSocket規格に今から新たに金出すのはもったいないですわ。手持ちのモノ・余りモノが既にあるならソレを有効活用する、というのがお互いええのではないかと。

もっとも、1.0〜1.2GHzはocで1.4GHz以上叩き出せるのかな? 調べてないんでわからんですけど。その場合は交換するとそちらがデメリットを背負うので話は流したほうがいいですな。

_ウチのM/B(MSI MS-6163)では1.2GHzまでしか動作報告がない ので1.4GHzは動かせないっぽい感じで。ocなんて夢のまた夢だし、さすがに今から1.2GHzやPC100-SDRAMを新規に購入して動作検証してるのもアホらしいし。…実はウチのM/Bかメモリが壊れてた、だったらやだな。考えてみればFSB100MHzで動かした事が一度も無いや。不具合原因の切り分けって面倒臭いな。それが自作道とはいえ。

この記事へのツッコミ

Re: もしも、Celeron1.0GHz〜1.2GHzを持っていれば、なんですが by Y    2003/06/24 18:34
いえ・・・
それがインテル系は今の所P550しか手持ちが無いです。
他は全部AMDに鞍替えしちゃいましたので・・・(汗)
でもやはり鯖は安定した旧セレが良いかと思いまして。

実は鯖兼ネットPCとして
http://www.mcjpc.com/new_web/pc_parts/cube25.htm
が欲しかったりしてます。

でも最近は近場のショップで370系CPUはどこにも
売られて無かったりします〜
それに1.4Gは品薄状態みたいですね。
最強の370系セレですし・・・。
通販するのも送料とかかかりますんで出来れば
セレ1.2G購入資金程度で譲っていただけたらと
思った次第であります。

いかがでしょうか?
Re: もしも、Celeron1.0GHz〜1.2GHzを持っていれば、なんですが by mieki256    2003/06/24 22:12
ああ…でしたか…ではこの話は流しましょうですー (^^;

>セレ1.2G購入資金程度で譲っていただけたらと
いやー、Socket370のCPUの流通量はこっちも同じ状態ですわ。自作パーツ扱ってる店覗いても、せいぜいあったとしてCeleron1.4GHzで、1.2GHzは見かけないんですよね。なので、仮に資金だけあったとしてもブツが入手できないという…。かといって通販使うとなると、やはり送料とかかかるから金額は高くなるんだろうし、そうなるとY氏自身がその資金で1.4GHzを通販で入手してしまう方が話が早いではないか! ( ̄□ ̄;)!! …ということになりそうな気も(爆)

http://www.kakaku.com/prdsearch/detail.asp?ItemCD=051000&MakerCD=39&Product=Celeron%201%2E4G%20FCPGA2%20BOX
通販であれば、1.4GHz、在庫ありますな。しかしこの値段はどうなのか…
Re: もしも、Celeron1.0GHz〜1.2GHzを持っていれば、なんですが by Y    2003/06/25 20:03
やはろそちらでも無いっすか〜(泣)

私の地元でも370系マザーやベアボーンは売ってるんですが
肝心のCPUだけ在庫が無い状況で・・・。
送料考えると地元でXP1500+辺りを買った方が安かったりと
かしますので(汗)
やはり今更感バリバリなSocket370の入手は逆にコストが
かかってしまうんですね。

ううむ・・・(悩)
もうちょっと考えてみますです〜
マジでそろそろPCが死にそうですんで(笑)
Re: もしも、Celeron1.0GHz〜1.2GHzを持っていれば、なんですが by mieki256    2003/06/27 01:55
たしかにM/Bは見かけるなぁ…CPUが無いのに…なんでだろうーなんでだろ。

サーバとしても使う、新規に作る、となれば、電力消費と静音性も考えないと、なのですな。なら、いっそ…
http://pcweb.mycom.co.jp/special/2002/muon/index.html

Athlonって低消費電力版があったのか…検索してみて今頃知りました(爆)
http://ascii24.com/news/i/hard/article/2001/12/21/632301-000.html
なるほど。コレを使って自作、ということですか…。
Re: もしも、Celeron1.0GHz〜1.2GHzを持っていれば、なんですが by Y    2003/06/28 22:36
http://www.coneco.net/idx/01019999.html

ここで探せばまだセレ1.2GとかのPCが売られてるんですね。
完成品を買う気はないですが。

で、日記参照なのですが、P800を入手しますので
暫くコレで騙してみようかと思います。
スペック的に大差無いかもですが(汗)
VGAサイズの動画再生出来ると嬉しいのですが〜
Re: もしも、Celeron1.0GHz〜1.2GHzを持っていれば、なんですが by mieki256    2003/06/29 22:32
\29,800で1.2GHzの完成品!? 安っ! 中古のPC買うより、安くて性能がいいわけか…参っちゃうなぁ…

#2 「ネタ」って単語はもしかして

「種」の業界人言葉なの? 「デルモ」とか「ジャーマネ」とか。だとしたら使うのをためらってしまう。自分が業界人っぽい言葉を使うのって、 _見栄晴クン が「夜露死苦!」を使うのと同じような痛々しさが。キャラが違う。

業界人言葉の法則がわからない :

どこで区切って前後を逆にするか、今一つ法則性がわからない。「レオさー、キンサイ、ブンジのトサイ作ったんだよネ。グブロやってんだよグブロ。あ、これ、LUR、レスアドね。セスアクしてみてよ。ちょっとスーマウでククリッしてよ。ククリッ」「ってお前どこの外人だよ!」とかコントでありそうなネタだな。って、ああー「ネタ」って言葉使っちゃった。まあ、通じやすいだろうし使ってもいいか。「デルモ」は使うの勘弁して。赤面しちゃう。使う場面ないけど。

短く詰めるのも業界人言葉なんだろうか :

でもないか。日本では一般的に行われる事のような。「マイコン」とか「パソコン」とか「ベーマガ」とか「トマジュー」とか「ミカジュー」とか。…「ミカジュー」? ああ、ミカちゃんが…ってパタリロ読んでないとわからん。漫画とアニメではギャグが違ってた記憶が。アニメ版の方がより危険度が増して「うわ、ヤッベー」と思ったのは私だけでしょうか。もしかして時期も関係あったのかな。何かその手の事件が世間を賑わせていたとか。アニメはその手の影響をすぐ受ける。アニメに限らんか。TV番組全般がそうだ。自主規制か。規制した事で更にヤバくなってたら本末転倒。ホンテンだ。もうええっちゅーに。

この記事へのツッコミ

Re: 「ネタ」って単語はもしかして by otsune    2003/06/24 01:11
芸能人業界用語は、もともとはジャズ業界の言葉。
とんねるずとかが持ちネタにして広まったのかも?
Re: 「ネタ」って単語はもしかして by mieki256    2003/06/25 10:41
ジャズ業界ですか。うーむ、知らなかった…個人的には全く予想外でした。そうか、音楽業界からの流れなのか…(いや、知ってる人にとっては予想外でもなんでもないのでしょうけど。自分、なんとなく落語とか漫才とかそっち方面かなと思ってたです…)

その手の言葉って、どこから来るのか予想がつかないなぁ…。そのうち2ch語あたりもTVで流行したりして…(ソレ、なんか嫌だな…幼稚園児とかが「○○ちゃん!逝ってよし!」とか。うわーなんかヤダ。)

#3 [ore_xxxxx] どろろ

リメイクしないかな。

実写じゃ無理かな :

フォレスト・ガンプみたいに、腕をブルーの布でくるんで消しちゃう。後からCG合成で刀をつける。無理か。カット数が多くなるだろうからスケジュールを圧迫する。映画よりTVシリーズでやるべき内容だから現場がてんてこ舞い、どろどろになっちゃう。なら最初から腕の無い人を連れてきて…絶対クレームつくな。 *1

現代を舞台にしたアニメじゃ無理かな :

百鬼丸はどんな格好だろう。詰襟学生服かな。ブレザーかな。チーマー(古い?)風かな。スーツ姿かな。メガネかけてるかな。義眼の性能が悪くてかけてるとか。インテリ百鬼丸クンだ。生徒会長もやってたり。花ゆめ漫画にありがち設定。インテリクンは生徒会長をやるのさ。それとも完全に目が見えなくて、周りの状況を感じとっているだけか。街の雑踏、道行く人々の中に居るはずのない何かを感じ取る百鬼丸。なんだあのボーッと立ってる黒いヤツは。「あーあー」なんだカオナシか…えー?。百鬼丸が腕に仕込んでいるのは何だろう。現代なら飛び道具も使えそうだけど。銀の弾撃つとか。ドラキュラ相手と勘違い。でも銃を仕込んでたら004モドキになるか。石ノ森プロに怒られる。やはり刀か。その刀じゃないと妖怪を倒せない事にする。刀が折れたらどうする。直す人間が必要だ。それは百鬼丸の義手を作った人間だろうか。人間? それとも企業?

どろろはどんなヤツだろう。男か、女か。兄・姉タイプか、弟・妹タイプか。シスプリ妹タイプが百鬼丸に「兄クン!」とかってうっわー。どうしてどろろは百鬼丸についていくんだろう。現代が舞台なら刀欲しさではないな。精神的な何かの充足を求めてついていくのだろう。その何かって何だ。なぜソレに飢えてる? 家庭環境や学校関係で何かありそう。それともついていかざるを得ない職業か。警察官とか。どろぼう=どろろが警察になるのも変な感じがするけど。妖怪が出てきて事件が起きるなら対策本部とか専門部署が作られそうだし。お姉さんタイプの刑事だといいな。原作とあえて逆にする。年上どろろと年下百鬼丸。どろろ姉さんは百鬼丸に亡くなった弟の面影をってベタだなソレ。出会った頃はどろろ姉さんのほうが背が高い。そのうち百鬼丸がお姉さんの背丈を追い越す。男の子は背が伸びるのが早いわねとかなんとか。…背が伸びるのか、百鬼丸って?

百鬼丸と妖怪はどこで戦うんだろう。都庁、東京タワー、山手線の電車の中、地下鉄駅構内、首都高速…。そもそも東京が舞台だろうか。地方都市や名所を転々と旅したり。移動は電車だろうな。駅弁食ってる百鬼丸の図。ポロポロこぼしそうだ。戦闘用の義手は箸が上手に使えない。癇癪を起こして床に割り箸を投げつける。仕方ないなぁ。どろろ姉さん、あーんして食べさせてやってください。嫌がった百鬼丸、駅弁に顔突込みながら食い始めてしまった。ええい、もったいないことを。こんなに美味しいシチュエーションを棒に振るとは。お前、天罰が下るぞ。例えば妖怪に手足取られるとか。もう取られてたっけ。スマン。

中には善良な妖怪も。人間の子供を拾って育ててたりする。どうする百鬼丸。殺るのか? その子供はこれからどうやって生きていけばいいんだ。それでも殺るのか? 殺るだろうな百鬼丸なら。でないと、どろろ姉さんを斬り殺して体を取り戻さないといけないから。それは困る。戦いに疲れたら膝枕してもらいたいもんな。え? してない? あっ、そう。ふーん。…いやいいよ、そんな顔真っ赤にして必死に否定しなくても。妖怪逃げるよ? …どろろ姉さん、何クスクス笑ってんですか。

リメイクしないかな。無理か。 *2

_あー、ゲーム化されるんだっけ :

ムービー見ただけでスッキリしてしまった。さすがにこの時期になって作るだけあってわかってらっしゃる。カッコイイ。イカス。シビレる。

*1: クレーム自体が差別意識の表れじゃないのかしら。本質的には腕の無い人の画を目に入れたくないってことでしょ。不快になるから。それ考えると乙武氏は強いな。
*2: ていうか、そういうのってリメイクと言わないのでは。

#4 [pc][anime] 蔑まれていたものが評価されるようになって思う事

自分がPCにハマってた中学時代、担任の先生から「そんなモノに夢中になって一体何の役に立つ」と怒られた。宮崎事件が起きた時、マスコミ連中はこぞって「アニメ・漫画オタクは犯罪者予備軍だ」と騒ぎ立てた。当時はかなり傷ついた。自分が熱を上げてるものが、価値の無いモノ、悪しきモノと言われて傷つかないはずもなく。そして未だにその事を恨んでたりもする。イジメた方は忘れていても、イジメられた方は忘れない。自分は貴方達に何かヒドイ事しましたか。キーボード叩いたり、TV見てただけですよね。何かヒドイ事しましたか。

しかし恨むべき対象は、自分より上の世代であって、下の世代などではないはずで。生まれた時からファミコンやらプレステやらがあって、会社に入ればPCを扱うのが当たり前の世代にとっては、PCが役に立たないなどとは夢にも思わないだろうし、生まれた時から多くの日本製アニメに囲まれて育った世代にとっては、面白いアニメ作品なら鑑賞しても別段おかしくない、フツーの事と捉えてるだろうし。あくまで偏見を持ってるのは昔の人達。単に彼等に先見性が無かっただけの話。 *1

偏見が薄らぎ、今まで白い目で見られてたモノがそこそこの評価をされるようになったのは単純にいい流れだと思う。PCやアニメの場合、その成長具合や作品内容を考慮すればいずれ評価されるのは必然だったかもしれないけど。 *2 でもマズイのは、デスマーチが延々と産み出されたり、ヤシガニが出てきたり、まんだらけに生原が売られちゃったのに泣き寝入りするしかなかったり、そういう状況が世間には知られずに放置されること。なまじ「俺達はちゃんと知ってるぞ」と思われてしまうと、「実はこういう問題があるんだよ」という話も聞いてもらえなくなりそう。だからもっと日があたってほしい。ガンガン取り上げてほしい。今はまだ闇の中に隠されている雑多な問題も世間に出してもらいたい。表面だけなぞって終わるのではなく深部までザッとでもいいから目に入れておいてほしい。せめて、「ある」ことだけでも知ってほしい。「ある」ことを知っているのと、「ある」ことすら知らないのでは全然違うはずだから。その為には、今まで偏見の目で見てた人種でも構わないから、ドンドン取り上げて書いてほしいとも思う。できれば華やかなところだけじゃなく、もう少し深いところ、暗いところも、バランス良く。 *3

それとはまた別に、この世界にはまだまだ偏見の目で見られてるモノ、不当な評価を受けてる部分がたくさんあることも、「こちら側」は意識しておかないといけない。今の自分が「ろくでもない」「役に立たない」と思ってるモノが、後世で評価されたり活躍したりする可能性は充分にある。PCオタクもアニメオタクも、その事を身を持って知っているはず。そもそもソレに夢中になる人間が居る以上、そこにはなにかしらの魅力が必ず存在している。単に自分がその魅力を認識できてないから評価してないだけの話。観察対象に問題があるのではなく、観察している自分の側に問題が内在していることが多い事を意識しないといけない。

誰かが、「あんなものはろくでもない」「役に立たない」「消し去るべきだ」と言った時、少しは賢い人間でありたいと思うなら「本当にそうか?」と絶えず疑問を持つ必要がある。「そうだ。ろくでもない」「消し去るべきだ」などと軽々しく同調してはいけない。彼等に同調する事は、自分自身を、「PCなんて役に立たない」「アニメオタクは犯罪者予備軍だ」と少数派を意味無く叩いて悦に入っていた連中と同種の人間にしてしまうことだから。そこに潜む可能性を自ら進んで見落とすような人間であってはいけないし、可能性の芽を摘み取ったり踏みにじったりする愚行に荷担する人間になってはいけない。…別にカタい話じゃなくて「俺達が知らないだけで、実は面白い(|| 役に立つ || 意味がある)のかもしれないッスよ。俺はわかんねーけど」ぐらいで済ませとくのがいいんじゃないの、みたいな。またそういう事をさらっと言えるのって中身が大人じゃないと結構できない気もするですよ。年齢に関係無く。 *4

なんか幼稚な内容だ… :

自分、思考エンジン・文章記述エンジンが中学生の頃から成長してない感じが。もしかして頭の良さ・悪さって中学時代で止まるもんなんですかね。高校、大学に入ってから、あるいは社会人になってから、「俺のエンジンは更に賢くなった。レベルアップした。」と自信を持って言える人って居るのかな。データベースが増えてるのは誰もが自覚できると思うけど。エンジンはまた違う気が。どうなんだろ。

*1: もっとも自分も、ぼんやりと未来の空気を感じてただけで、具体的にこれこれこうなるとは意識・説明できなかった。もっとも僕らの神様のビルですら昔は頓珍漢な事を言ってたのだから、自分のような下級レベルのオタクが大層な事をイメージできたりフイたりできたはずもないのだけど。
*2: 嘘。色んな人達が戦ってくれたおかげで、そして今も戦っている人達が居るおかげでこの状況があるわけで。感謝してます。
*3: でも大抵は表面だけなぞって判った気になって飽きて終わっちゃうんだけど。それがマスコミだろうし。まあ、「変人」から「便利な人」、「犯罪者予備軍」から「金づる」になっただけマシか。
*4: で、オイラはまだ子供ッス。やらんでいい否定を散々やらかしてる。ショボン。

2002/06/23() [n年前の日記]

#1 気になる

某所で、「ときメガ」(でいいのか?)のレビューを見たんですが。
なんか面白そうだなぁ…


A先輩おめでたうございますです。
最近続々とそういう話が聞こえてくる…
もう皆そういう歳なのだな…

2001/06/23() [n年前の日記]

#1 キャットしてグッときて

うわー _U氏の子猫 いいなー。
めっちゃかわいいーうらやましい〜
なんか日記読んでるだけで、こっちまでメロメロだヨ〜 (´▽`)

しかし親猫はどこへ行ってしまったんでしょう…
まさか最近流行りのその手の事件に巻き込まれたとか。
うう、そう考えると彼等の事がますます…


ウチの周りでも、一応は猫が出没するのですが。
発見するたび、犬の餌(ビーフジャーキー)片手に餌付けしようと試みるも。
オイラの姿を見るなり、皆逃げていく。
うーむ、子供の頃のオイラが猫ハンターだった事実を…
彼等は野生の勘で感じとっているのだろうか。
今じゃあんなヒドイことしないからさぁ…
(というより、やれと言われても怖くてもう絶対に出来ない)
仲良くしようよ〜猫ち〜ん

ちなみに猫ハンターといっても、ノリとしては、お魚くわえたドラ猫追っかけて裸足でかけてく、に近かったと思うんだけど。どうなんだろう。
最近のその手の事件みたいに、首や足切ったり、矢を突き刺したり…そうゆうことはしてない…と思う。そこまでしてたら、自分、一生、夢に見てうなされるだろうし。
でもこのあたり、Nくんから聞くまですっかり忘れてたんだよなぁ…(爆)
他にもどんなヒドイことしてたのか、そして忘れているのか、それを思うとドキドキしてきますわ (;TДT)

2000/06/23(金) [n年前の日記]

#1 笑いと言葉

笑いがないなぁ。
話題もないし。
笑い、話題、笑い、話題…

ダジャレを言ってるのは、だじゃれ?
じゃなくて、誰じゃ?

この日記ページのギャグとかけて。
オイラのすぐ下痢気味になる軟弱な胃腸ととく。
その心は。
くそつまらない。

今日はなかなかウィットに富んだ内容になったなぁ。

…嘘です。
なんだかブルーになってきました。


この日記を書くたび、文章をまとめる事の難しさを感じます。
どうも冗長になってしまう。
Gさんから教えてもらった、富野監督とヒデキのやり取り。あの内容と共通する問題が内包されてる事を、常に感じてたり。

言葉って難しい。
「簡潔にわかりやすく伝える」のは、とても難しい。

人であるなら、きっと一生、試行錯誤し続ける、そんな問題なのでしょうね。

ダジャレを披露した後で、何を真面目に書いてんだか。

1999/06/23(水) [n年前の日記]

#1 (NoTitle)ハローワークにちゃん...

ハローワークにちゃんとAM9:00に行ってきました。寝ないで(爆) 前回の失業認定日までの期間分…3ヶ月分の失業手当ははパー。あちゃ。でも今回の期間の1ヶ月分は出るそうです。うう、これでひょっとしたら夏は行けるかもしれん。無駄遣いしないようにしなきゃね。

午後から教習所で学科を受ける予定だったのですが…気がついたら3時間ほど意識を失ってました。あちゃ。また来週だ。
しかし自己管理能力の無さがありあり。自覚しても改善できなきゃ結果は同じ。でもま、知ってれば対策も立てられるし…ってその対策を実行できないのが問題なんじゃん。あちゃ。

昨晩ネットをさ迷ってたら、東芝のアフターサービスについて _ココ とか _ココ で盛り上がってる模様。一応問題の音声を頭だけ聞いてみたけど(途中で転送が切れちゃったんで、頭だけ。人気あるのね)自分がこんな応対されたら…私の場合はパニクっちゃって謝りまくるかもしれないな。そのへんは被害者は大人なのかもと思ったり。過去ログも一通り目を通したけど、うーん…業界人の方のカキコは多少参考になりました。それ以外は野次馬ばっかりだけど。とはいえ、私もこれで東芝製品はちょっと購入しないようにしようかな、とは思ったです。暴力団相手の部署に電話が回されるようではたまらん(笑) もっともアレをどう東芝が収拾つけるか、それに物凄く興味アリ。ある意味確かに、企業にとってイメージ逆転のチャンスではあるかも。(ま、相変わらず大企業のガチガチぶりを見せる方に100ガバス。)
しかし私も他人事じゃない。例のDVD-ROMドライブ、 _お店 に送ってもうすぐ2週間立つけど、何の返事も来ないのです。連絡取ってこんな応対されたらどうしよ(笑)ドキドキ。誠実なお店であって欲しいけど…まあ、ひどい時は _ココ とかに「こんな目にあった」ぐらいは書かないとね。(嬉しい事してくれたのなら、それもね。)

…「ガバス」って何の単位だっけ? ふっと出てきたけど…。

妹が「久遠」クリアした模様。「FFのシナリオと比べたらどう?」と聞いたら、「比べるのは酷だろう」だそうで。さてどっちが?
そういやこのゲーム作った会社、4畳半ソフトハウスだそうで。(マンションの一室とかで作ってんだろうな。) ちょっと尊敬する。

以上、20 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2019/04 - Next
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project