mieki256's diary



2020/08/07(金) [n年前の日記]

#1 [windows] Windows10にiP4600のプリンタドライバをインストール

Windows10 x64 2004上に、インクジェットプリンタ Canon iP4600用のプリンタドライバをインストールした。

Canon iP4600は古いプリンタなので、Windows10用のプリンタドライバは提供されてない。しかし、Windows8.1 x64用のプリンタドライバをインストールして使うことはできるらしいので、ip4600svst64221ej.exe をDL。実行してインストール。

インストール時にちと問題発生。セットアップ画面では、以下の説明が表示されていたけれど。
  1. 「プリンタとの接続ケーブルを外してからドライバをインストール」
  2. 「ドライバのインストールが終わったら『完了』をクリック」
  3. 「プリンタとの接続ケーブルを繋いで、プリンタの電源を入れれば自動認識される」

しかし、手順に従っても、自動認識してくれなかった。仕方ないので手動で設定。
  1. Windows10の「設定」 → デバイス → プリンターとスキャナー → プリンターとスキャナーの追加。
  2. 「プリンターが一覧にない場合」をクリック。
  3. 「ローカルプリンターまたはネットワークプリンターを手動設定で追加する」を選択。
  4. 既存のポートを使用 → USB001(USBの仮想プリンターポート)を選択。
  5. 一覧から、Canon iP4600 series を選択。
  6. 現在インストールされているドライバーを使う(推奨)を選択。
  7. プリンター名を入力。
  8. 「このプリンターを共有して、ネットワークのほかのコンピューターから検索および使用できるようにする」を選択。共有可能にする。

今回、共有名は「iP4600」にした。

LAN内の他のPCからも利用できるようにしたいので、Windows10側のプリンタの共有設定を弄る。
Windows10 x64 2004 をクリーンインストールした環境ではこれで済んだけど、以前の環境では、「パスワード保護共有を無効にする」を選んでも、何故か「有効にする」に戻ってしまう場合があった。その場合は、Guestユーザのパスワードを空欄にしないといかんらしい。

  1. スタートボタンを右クリック
  2. → コンピュータの管理
  3. → ローカルユーザーとグループ
  4. → ユーザー
  5. → Guestを右クリック → パスワードの設定
  6. → 警告メッセージが表示されるので、「続行」をクリック。
  7. → パスワードを空にして「OK」

#2 [windows] foobar2000をインストール

HDD内の音楽ファイルを再生して確認したかったので、Windows10 x64 2004上に、foobar2000 1.5.5 をインストールした。

プレイリストの表示項目をカスタマイズ。 :

プレイリスト上で表示できる項目が少ない。モノラルやステレオ、サンプリングレート等も表示したい。そのあたりは、以前も設定したことがあるはず…。

_mieki256's diary - foobar2000をカスタマイズしたり
_Title Formatting Reference
_Foobar2000:Title Formatting Reference - Hydrogenaudio Knowledgebase

File → Preferences → Display → Default User Interface → Playlist View → Custom columns、もしくは、プレイリストの上のほうの項目種類の上で右クリック → Columns → More → Custom columns を選んで、Add new をクリックして項目を追加していく。

とりあえず、以下を追加した。
Filename + ext%filename_ext%Left
Channels%channels%Left
Samplerate%samplerate% HzRight
Directory%directoryname%Left

プレイリストの上のほうの項目種類の上で右クリックすると、追加した項目が表示されているので、選んでチェックを入れれば、その項目も表示される状態になる。

項目の並びは、ドラッグアンドドロップで変更できる。

Componentsをインストール。 :

foobar2000 は、Components とやらを追加すると、機能を増やすことができる。以下のページから、気になる Components を探してDL。

_foobar2000: Components Repository

今回は、以下のコンポーネントをインストールした。
  • OpenMPT componnent 0.5.1 (foo_openmpt54)
  • SRC resampler 1.0.11 (foo_dsp_src_resampler)
  • TTA Audio Decoder 3.6 (foo_input_tta)
  • WASAPI output support 3.3 (foo_out_wasapi)
  • WASAPI shared output 0.6.14 (foo_out_wasapis)
  • MIDI Player 2.3.5 (foo_midi)
  • Sox Resampler mod2 0.8.3mod2 (foo_dsp_resampler_mod2)

一般的な Components は、.fb2k-component をDLして実行すると、foobar2000 が関連付けされていてインストール作業が進むのだけど、SoX Resampler だけは以下を参考にインストールした。

_SoX Resamplerなどのアップサンプリングについて - kuriPEblog

以上、1 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2020/08 -
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project