mieki256's diary



2018/08/02(木) [n年前の日記]

#1 [pc] DOSBoxで色々動作確認

せっかく DOSBox を試用したのだから、何かそれらしいソフトを動かしてみたいなと。

Second Realityを動かしてみた。 :

ググってるうちに、Second Reality というデモソフトを見かけたので、動かしてみたり。1993年のプログラムか…。Windows95すら登場してない時代…。

_Second Reality - Wikipedia
_scene.org file archive :: 2ndreal.zip

2ndreal.zip をダウンロードして解凍。DOSBox からアクセスできる場所にコピー。DOSBox を起動して、second.exe を実行。サウンドカードの種類を尋ねてくるので、SoundBlaster Pro を指定、だった気がする。

以下の不具合はあったけど、そこそこある程度動いてくれた。環境は、Windows10 x64 + DOSBox 7.4 r3850 日本語キーボード対応版。
  • 冒頭、山々が横スクロールするところで、文字が出るとゴミが出る。
  • 後半、海面だか波だかが出てくるシーンは真っ暗なまま。
  • 上から画像が落ちてきて歪むシーンは、歪まなかった。
  • ビル街を進んでいくシーンは、ガクガク状態。
昔はDOSBox上で完璧に動いてたらしいけど、Windows10 になって動かなくなったのか、それともDOSBoxのバージョンによって違うのか…。

動作中に Ctrl + F12, Ctrl + F11 を何度か押して、DOSBoxのタイトルバーに表示されてる Cycles を増やしたら、上記の不具合が無くなった。どうやら処理速度を調整してやらないといかんらしい。ただ、どんどん数値を大きくしていったら、そのうちサウンドがおかしくなった。適切な処理速度があるらしい…。

MZ-700エミュレータも動かしてみた。 :

以下で紹介されてるMZ-700エミュレータも、DOSBox 上で動かしてみた。

_MZ-700 Emulator (written by Bernd Krueger-Knauber / BKK / Germany)
_Detailed information about the SHARP MZ-series

欧州で作られたエミュレータなので、日本の MZ-700 とは何か違う感じがするけど、一応動いてくれた。サイト上で紹介されていた BASIC のバイナリも動いてるように見える。

ちなみに、mzf と mzt は中身は同じらしい。拡張子を mzf から mzt に変更して mz700win で読み込んでみたら、それっぽく動いてくれた。ただ、上記ページで紹介されてる BASIC は欧州向けなので、欧州版のフォントが無いと、小文字の代わりにカタカナが表示されてしまう。

上記のエミュレータは、プロッタプリンタもサポートしてるらしい。プロッタプリンタを利用すると、.plt でファイル出力されるので、対応ビューアで開けばいいよ、と書いてあるように見える。対応ビューアは…もしかすると以下かな…。

_HP-GL Viewer Information
_HP-GL Viewer - Demo and Utility Downloads

FILMTNも動かしてみた。 :

FILMTN というファイラーも動かしてみた。

_FILMTN for DOS/Vの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ファイル一覧が表示されるところまでは確認できた。

以上です。

過去ログ表示

Prev - 2018/08 -
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project