mieki256's diary



2020/07/05() [n年前の日記]

#1 [pcem][pc] PCem + Windows98でネットワークを利用可能にしてみた

メインPCの CPU を AMD Ryzen 7 1700 に変更後、VirtualBox上で Windows98 が正常動作しない状態になってしまったので、PCem v16 + Windows98 で代替できないものかと動作確認。PCem を使うとLANにアクセスできない点が気になったので設定方法を調べ直したり。環境は、Windows10 x64 1909 + PCem v16 + Windows98。

ちなみに、PCem というのは、IBM PCエミュレータ、という説明でいいのだろうか…。386、486、Pentium が載ってた時代の仮想PCを用意できて、DOS や Windows3.1/95/98等を動かせる。当時の各種ハードウェアを比較的忠実にエミュレーションしていて、動作は遅いけど再現性は結構高い、との話。

_PCem

さておき。ネットワーク関係は、以下の解説動画の通りに作業したら利用できるようになった。IE で Google のトップページを開くこともできた。

_PCEM Networking with Windows 98 - YouTube

設定の仕方をメモ。 :

一応、設定の仕方をメモ。

まず、PCem側で仮想PCの設定を確認。NICの種類、Adress と IRQ を把握しておく。その手のチュートリアルでは、Novell NE2000, Address 0x300, IRQ 10 で説明されてる場合が多い。

pcem_nic_ss01.png

pcem_nic_ss02.png


PCem上で、Windows98 を起動。デバイスマネージャを表示。
  • スタートボタン → 設定 → コントロールパネル → システム → デバイスマネージャ。
  • もしくは、マイコンピュータのアイコンを右クリック → プロパティ → デバイスマネージャ。

ネットワークアダプタ → NE2000 Compatible を右クリック → 削除。

pcem_nic_ss03.png


Windows98 を再起動。デバイスマネージャで、NE2000 Compatible が消えていることを確認。

スタートボタン → 設定 → コントロールパネル → ハードウェアの追加。「新しいハードウェアの追加ウィザード」が開くので、「デバイスは一覧にない」→「いいえ(一覧から選択する)」→ ネットワークアダプタ → Novell/Anthem → NE2000 Compatible を選択してOK。一旦、こちらが望まない Address と IRQ が出てくるけど、後で設定し直すのでそのまま続行。一旦 Windows98 を終了する。

pcem_nic_ss04.png

pcem_nic_ss05.png


Windows98を再起動。「NICが正常動作してない」的メッセージが表示されるけど気にせず進む。

デバイスマネージャ → ネットワークアダプタ → NE2000 Compatible を選択して右クリック → プロパティ → リソース。割り込み要求(IRQ)と、I/Oの範囲(Address) を、PCem側の設定(IRQ 10、Adress 0x300-)に合わせる。設定を変更して、一旦 Windows98 を終了。

pcem_nic_ss06.png


Windows98 を再起動。デバイスマネージャで、NE2000 Compatible に警告マークがついてないことを確認。

デスクトップの、ネットワークコンピュータのアイコンを右クリック → プロパティ。「TCP/IP -> NE2000 Compatible」を選択して、追加ボタンをクリック。プロトコル → 追加 → Microsoft → TCP/IP → OK。Windows98 を再起動。

pcem_nic_ss07.png


IEを開いて、
http://www.google.com
にアクセスしてみれば、Googleのページが開ける…はず。これでネットワークが利用できるようになった。

もちろん、今時 Windows98 でネットにアクセスするなんて自殺行為なので、常用は考えないほうがいいわなと…。

動作速度について。 :

Windows98上で Windows Media Player を起動してMIDIファイルや WAVファイルを再生させてみたら、音が途切れ途切れになってしまった。

CPU の種類を、MMX Pentium 233 からどんどん下げていったら、Pentium 90 とか Pentium 75 ぐらいでようやく音が途切れない状態に。

自分が使ってる AMD Ryzen 7 1700 (3GHz)はシングルスレッドの処理能力が低くて十分なエミュレーション速度が出ない、ということかもしれない…。

#2 [pcem][pc] IBM PCエミュレータ 86Boxを試用

86Boxという、PCem をフォークしたエミュレータがあるらしいので試用してみたり。

_86Box/86Box: Emulator of x86-based machines based on PCem.
_Getting started | 86Box
_86Box - Emulation General

PCem との違いは…。
今回は、AMD Ryzen 7 1700 + Windows10 x64 1909 + 86Box v2.10 で試用してみた。

86Box は、CPU別で最適化したバイナリがあるので、今回は Ryzen 1000番台に最適化しているらしい 86Box-Optimized-Zen-32-b5d02a80.zip を使った。以下から入手できる。解凍して任意のフォルダに置く。

_86Box-Optimized [Jenkins]

PCem と同様に ROM set が必要らしいけど、以下から入手できる。

_Releases - 86Box/roms

解凍して、86Box のインストールフォルダ以下に roms というフォルダを作成して、解凍した中身を全部入れる。

86box.exe を実行すれば起動する。Tools → Settings で仮想PCのハードウェア構成を選択できる。

仮想PCの設定を変更して保存するとゲストOSが再起動してしまうので、ゲストOS側で電源を切れる状態にしてから設定を変更したほうが良さそう。ゲストOS起動中に設定変更で再起動してしまうと、次回のOS起動時にスキャンディスクが走ってしまう。

印象。 :

PCem と同様に、86Box にも Windows98 をインストールして動作確認してみたのだけど、やはり処理が遅い…。かなり性能の低いCPUをエミュレーションしないと音が途切れてしまう模様。

通常版バイナリと、最適化版バイナリの両方を動作させてみたけど、速度面の違いは感じられなかった。

ホストOS側にマウスカーソルを戻す。 :

PCem or 86Box のウインドウ内をマウスクリックすると、エミュレータ側でマウスカーソルをキャプチャする状態になるけれど。ホストOS側に戻すのは以下。
  • PCem : Ctrl + End でマウスキャプチャ解除
  • 86Box : F8 + F12 でマウスキャプチャ解除

以上、1 日分です。

過去ログ表示

Prev - 2020/07 - Next
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリで表示

検索機能は Namazu for hns で提供されています。(詳細指定/ヘルプ


注意: 現在使用の日記自動生成システムは Version 2.19.6 です。
公開されている日記自動生成システムは Version 2.19.5 です。

Powered by hns-2.19.6, HyperNikkiSystem Project